今宮健太のニュース

川崎が復帰 ソフトBの内野手事情は?

ベースボールキング / 2017年04月04日11時15分

ソフトバンクの内野手事情をみると、川崎が11年までソフトバンクに所属していた時代は、遊撃手として不動の地位を築いていたが、現在は今宮健太がレギュラーを務める。 今宮は13年から4年連続でゴールデングラブ賞を受賞し、球界を代表する遊撃手に成長した。ただ昨季リーグワースト2位の打率.245、プロ通算打率は.241と打撃に課題を抱える。 二塁は川崎が11年まで在 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AAA浦田直也×ソフトバンク今宮選手が「ラブラブ」 試合後一緒に食事へ

TechinsightJapan / 2016年09月13日15時41分

プロ野球・ソフトバンクホークスの試合を本拠地・福岡ヤフオク!ドームで観戦した彼は仲間たちと「今宮健太」のウチワで応援、試合後には今宮選手とご飯を食べに行く間柄だ。今宮選手行きつけのお店ではスターの来店に「二人ともめっちゃイケメーン!」とテンションが上がっていた。 パフォーマンスグループAAAのリーダー兼メインボーカル・浦田直也が福岡通で、しかもソフトバンク [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフトバンク)/松田宣浩(ソフトバンク)/角中勝也(ロッテ):5三塁打 三塁打部門ではルーキーの茂木栄五郎(楽天)と2年目の西野真弘(オリックス)が1位。フレッシュな走力を見せつけた。 【最多四球】 柳田悠岐(ソフトバンク):100四球 中村晃(ソフトバンク) [全文を読む]

福岡ソフトバンクホークス松田選手、柳田選手、今宮選手が出演 アンダーアーマー新ムービー「 UA BASEBALL STYLE FW16 」 2016年9月15日(木)より公開

PR TIMES / 2016年09月15日15時33分

http://www.underarmour.co.jp/baseball/style/この度、アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役CEO :安田 秀一)は寒い冬でもアスリートに快適なトレーニングを可能にするアンダーアーマー ベースボールの2016 秋冬商品の発売に伴い、アンダーアーマー契約選手である福岡ソフト [全文を読む]

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

■犠打王 【セ・リーグ】 菊池涼介(広島) 小林誠司(巨人) 11個 荒木雅博(中日) 中村悠平(ヤクルト) 9個 【パ・リーグ】 中島卓也(日本ハム) 27個 今宮健太(ソフトバンク) 21個 パ・リーグでは2013年から3年連続で今宮健太が最多犠打をマークしていたが、今季は中島がトップ快走中。小技の帝王に新たな称号が増える予感がする。 セ・リーグは昨 [全文を読む]

川崎宗則海外移籍でSB後釜ショートに今宮健太の名前が挙がる

NEWSポストセブン / 2012年01月25日07時00分

“流しのブルペンキャッチャー”として知られるスポーツジャーナリストの安倍昌彦氏は、シアトル・マリナーズに移籍した不動のショート・川崎宗則の穴を埋める存在として、ドラフト1位で入団した3年目・今宮健太の名前を挙げる * * * 川崎宗則が君臨していた「遊撃手」のレギュラーポジションは、今季3年目の今宮健太が奪う。大分・明豊高からドラフト1位入団。川崎と同様、 [全文を読む]

【5月10日プロ野球全試合結果】阪神は6連勝でストップ、DeNA・平良拳太郎がプロ初勝利、ソフトバンク・今宮健太がサヨナラ打

サイクルスタイル / 2017年05月10日22時51分

■阪神、大逆転劇の再現ならずも巨人を追いつめた「ただでは負けないところが素晴らしいね」阪神は5月10日、東京ドームで巨人と対戦。6連勝中の勢いを随所に見せるも、先発の岩貞祐太投手が巨人打線につかまり、9-7で敗れた。阪神は0-2と2点ビハインドで迎えた2回表、無死二、三塁の好機を作ると、鳥谷敬内野手が犠飛を放って1点を返す。さらに続く好機に糸原健斗内野手が [全文を読む]

『松田宣浩・今宮健太 × UNDER ARMOUR なんしよーと?クリパしよーと!!』開催

PR TIMES / 2016年12月19日17時21分

~福岡ソフトバンクホークスの名三遊間コンビが、“マネキン・チャレンジ“にも初挑戦!~ 株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役 CEO:安田 秀一)は、アンダーアーマーの契約選手である、福岡ソフトバンクホークス松田宜浩選手と今宮健太選手の2016年シーズンの活躍を記念して、『松田宣浩・今宮健太 × UNDER ARMOUR なんしよーと?クリパしよー [全文を読む]

『松田宣浩・今宮健太 × UNDER ARMOUR なんしよーと?クリパしよーと!!』福岡ソフトバンクホークス 松田宣浩選手、柳田悠岐選手、今宮健太選手の活躍を記念し、イベント開催および限定商品発売

PR TIMES / 2016年12月07日17時58分

12月18日(日)、アンダーアーマー ブランドハウス福岡天神にて アンダーアーマーを日本で展開する株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役CEO:安田秀一)は、福岡ソフトバンクホークス所属の契約プロ野球選手である松田宣浩選手、柳田悠岐選手、今宮健太選手の2016シーズンにおける素晴らしい成績を祝し、イベントを開催すると同時に限定商品の発売を行います。 [全文を読む]

【プロ野球】打撃開眼! ソフトバンク・今宮健太が王手をかけた2004年・谷佳知以来の快記録とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月25日17時05分

日本ハムとの頂上決戦で、なにより興味深かったのはソフトバンク・今宮健太が放った9号ソロだ。 その理由は相手がエース級の活躍をみせる有原航平だったこと、ゲームを決める先制決勝弾になったことではない。身長171センチの小兵選手が自身初のシーズン2ケタ本塁打に王手をかけた、という意味で興味を惹かれたからだ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

開幕時の“ベストメンバー”は本当にベストだったのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ソフトバンク ≪開幕オーダー≫ 1 右 福田秀平 2 二 本多雄一 3 中 柳田悠岐 4 指 内川聖一 5 一 明石健志 6 三 松田宣浩 7 左 中村晃 8 遊 今宮健太 9 捕 斐紹 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 右 城所龍磨 [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパンは1年前からどう変遷したのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日16時00分

投手10名: 牧田和久(埼玉西武)、井納翔一(横浜DeNA)、澤村拓一(巨人)、松葉貴大(オリックス)、又吉克樹(中日)、西野勇士(千葉ロッテ)、大瀬良大地(広島)、武田翔太(福岡ソフトバンク)、藤浪晋太郎(阪神)、松井裕樹(東北楽天) 捕手4名: 嶋基宏(東北楽天)、會澤翼(広島)、伊藤光(オリックス)、小林誠司(巨人) 内野手7名: 松田宣浩(福岡ソ [全文を読む]

女子人気急増中(ハート)柳田選手、今宮選手のカップリンググッズ第二弾

PR TIMES / 2015年04月21日14時32分

福岡ソフトバンクホークスは、柳田悠岐選手と今宮健太選手のカップリンググッズ「ぎたみやグッズ」の第二弾5アイテムを4月21日(火)より販売いたします。 <”ぎたみや”とは?> 昨年全試合に出場し、ホークスの主力選手として活躍する柳田悠岐選手、今宮健太選手の組み合わせの呼称。体格、プレースタイルが異なる両選手の出場機会が増えるに従い、女子ファンの熱視線を集め、 [全文を読む]

【交流戦】ソフトバンク、投打で中日を圧倒…東浜巨が完投で今季6勝目

サイクルスタイル / 2017年05月30日23時20分

8-2とリードして迎えた7回裏には、今宮健太内野手や柳田の適時打でさらに2点を追加した。 投げては、先発の東浜巨投手が9回2失点の完投で今季6勝目。敗れた中日は、先発の吉見一起投手が、5回8失点と誤算だった。 [全文を読む]

ソフトバンク、内川聖一が決勝弾…好救援の五十嵐亮太が今季4勝目

サイクルスタイル / 2017年05月18日22時21分

8回表には、川崎宗則内野手の適時二塁打や今宮健太内野手の適時打などで3点を追加。9回表には、指名打者・デスパイネが今季第10号となるソロ本塁打を放ち、7-2とリードを広げた。 投げては、2番手で登板し好救援を見せた五十嵐亮太投手が今季4勝目。対するオリックスは6回までは互角の勝負を見せるも、終盤に投手陣が打ち込まれた。 ソフトバンクファンからは、「うっちー [全文を読む]

活躍光る『2009年・高卒ドラフト組』

ベースボールキング / 2017年05月13日13時00分

また、ソフトバンクの今宮健太も早くから頭角を現し、主力選手として活躍している野手のひとり。 甲子園で最速154キロを記録するなど、高校時代は投手としてもその才能を見せつけたが、プロ入り後は高い身体能力をいかした守備で大活躍。2013年から昨年まで4年連続でゴールデングラブ賞に輝いている。◆ 虎の下位指名組が開花? さらに、新たに開花の兆しを見せているのが [全文を読む]

ソフトバンク、今宮健太のサヨナラ打で3連勝も…ファンは不振の柳田悠岐を心配

サイクルスタイル / 2017年05月10日22時31分

今宮健太内野手に劇的なサヨナラ打が飛び出し、3-2で勝利した。 ソフトバンクは1-2と1点ビハインドで迎えた5回裏、2死二塁の好機を作ると、今宮が適時打を放って同点。その後は互いのリリーフ陣が踏ん張り2-2のまま延長戦へ。そして迎えた10回裏、ソフトバンクは走者二、三塁の好機を作ると、今宮がセンターへはじき返す適時打を放ち試合を決めた。 投げては、10回に [全文を読む]

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月29日16時05分

■1位:山田哲人(ヤクルト) 1992年7月16日生/24歳 年棒:3億5000万円 ■2位 筒香嘉智(DeNA) 1991年11月26日生/25歳 年棒:3億円 ■3位 大谷翔平(日本ハム) 1994年7月5日生/22歳 年棒:2億7000万円 ■4位 藤浪晋太郎(阪神) 1994年4月12日生/23歳 年棒:1億6000万円 ■5位 今宮健太(ソフト [全文を読む]

日本ハム、連敗を10で止めた…中田翔、目覚めの今季第1号が決勝弾

サイクルスタイル / 2017年04月27日22時40分

ソフトバンクはその裏、今宮健太内野手の内野安打などで1点差までに詰め寄る粘りを見せるも、あと一歩及ばなかった。 投げては、先発の加藤貴之投手が7回無失点の好投を見せ、勝利に貢献。4番手に登板した増井浩俊投手が今季初勝利を挙げた。敗れたソフトバンクは、4番手の森唯斗投手が誤算だった。 [全文を読む]

ソフトB・千賀、今季2勝目 工藤監督「中盤以降は安心」

ベースボールキング / 2017年04月18日22時25分

ソフトバンクは1点を追う5回、今宮健太のタイムリー、デスパイネの3ランで4点を奪い逆転に成功。6回にも今宮のタイムリー、8回にも内川聖一の2点タイムリーで3点を加え、この日の攻撃陣は15安打10得点を挙げた。 先発した千賀滉大が3回までに3点を失ったが、4回以降はロッテ打線を無失点に抑え、8回3失点にまとめ、今季2勝目を手にした。 勝利したソフトバンクの [全文を読む]

フォーカス