内田靖人のニュース

日ハム・斎藤佑樹が初回7失点と炎上も…4月26日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月27日07時45分

一死走者なしから2番西田哲朗を振り逃げで出塁を許すと、続く枡田慎太郎にはレフト前ヒット、4番内田靖人を四球で歩かせ一死満塁のピンチを招く。ここを踏ん張りたい斎藤だったが、中川大志にレフト線に2点タイムリー二塁打を浴び失点。さらに、八百板卓丸にタイムリー内野安打、伊志嶺忠には満塁本塁打を浴び、この回だけで7点を失った。 初回に7失点した斎藤だが、2回以降はス [全文を読む]

高卒4年目のブレイクに期待!

ベースボールキング / 2017年03月04日07時45分

今年4年目にあたる打者をみると、高卒2年目に打率.287、17本塁打、68打点を記録した森友哉(西武)をはじめ、2年目の15年にプロ初本塁打を満塁本塁打放った上林誠知(ソフトバンク)、昨季85試合に出場した若月健矢(オリックス)、昨季プロ初本塁打を放った内田靖人(楽天)などがいる。 その中でも、最も期待がかかるのは上林だろう。プロ初本塁打を満塁本塁打とド派 [全文を読む]

楽天のサードといえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月22日10時00分

今季も今江がレギュラー筆頭だが、外野や指名打者での出場が多かったウィーラー、若手の内田靖人、中川大志などもいる。長年固定できていないサードのポジションをモノにする選手は誰になるだろうか。 ◆ 最近10年間のサード 07年 草野大輔(86試合) 08年 草野大輔(99試合) 09年 草野大輔(91試合) 10年 中村紀洋(98試合) 11年 岩村明憲(69 [全文を読む]

松井裕、安楽、オコエ…有望な若手が多い楽天

ベースボールキング / 2017年01月24日07時00分

その他、昨季プロ初本塁打を放った4年目の内田靖人、オコエとともに高校時代高校代表に選ばれた堀内謙伍などがいる。また、楽天の主力野手は銀次が2月で29歳、島内宏明が2月で27歳、岡島が9月で28歳と比較的若い選手が多い。 ここ数年、楽天のドラフトは、その年の有望選手を獲得できている。広島や日本ハムのように育成が上手くいけば、黄金時代を築いてもおかしくないだ [全文を読む]

楽天はオコエ、茂木らが一軍Cスタート 低迷脱却へ若手の成長に期待

ベースボールキング / 2017年01月22日20時46分

二軍では白鷗大出身の日系ブラジル人・フェルナンドが14本塁打、14年に常総学院高からドラフト2位で加入した内田靖人が13本塁打をマーク。同じく二軍で9本塁打の中川大志、6本塁打の西田哲郎は今キャンプ一軍スタートとなっており、成長した姿を首脳陣にアピールしたい。 楽天は今オフ、西武のエースだった岸孝之、ベテラン捕手の細川亨らを獲得。ドラフトでもディフェンス [全文を読む]

楽天がキャンプメンバーを発表 ドラ1・藤平ら新人6名が一軍スタート

ベースボールキング / 2017年01月22日16時20分

◆ 一軍キャンプ ・久米島(2月1日~11日) ▼ 投手 1 松井裕樹 11 岸 孝之 14 則本昂大 16 森 雄大 17 塩見貴洋 19 藤平尚真 20 安楽智大 21 釜田佳直 30 池田隆英 31 美馬 学 38 西宮悠介 42 ハーマン 45 菅原 秀 46 浜矢広大 47 大塚尚仁 52 森原康平 53 高梨雄平 58 辛島 航 59 菊池保 [全文を読む]

楽天の生え抜き野手 今季こそ“2ケタ本塁打”の壁を越えられるか?

ベースボールキング / 2017年01月08日09時00分

その他にも、昨季二軍でチーム2位の13本塁打を放った内田靖人、昨季代打で存在感を示した枡田慎太郎などもいる。今季こそ楽天生え抜き野手の“2ケタ本塁打の壁”を越えてほしいところだ。 ◆ 楽天の年度別生え抜き最多本塁打 【2005年】 なし 【2006年】 塩川達也 1本 【2007年】 草野大輔 8本 【2008年】 横川史学 4本 【2009年】 草野大 [全文を読む]

甲子園のプロ野球スカウト 注目選手を生で見るのは初戦だけ

NEWSポストセブン / 2013年08月20日16時00分

同じく常総学院の内田靖人もバックスクリーン左にホームラン。ちなみに2戦目では捕手として、座ったまま二塁に牽制球を投げて強肩ぶりもアピールした。仙台育英のショート熊谷敬宥はサヨナラ打を含む4安打を放ち勝負強さをアピール、しばしば好守も披露した。 投手では敗れたが、瀬戸内の山岡泰輔投手がストレート、スライダーのキレは評価通りのものを見せた。対戦相手の明徳義塾・ [全文を読む]

フォーカス