島内宏明のニュース

首位・楽天、“センターライン強化”も好調の要因!?

ベースボールキング / 2017年05月06日18時00分

【昨季センターラインの最多スタメン出場者】 捕手:嶋 基宏(73試合) 二塁:藤田一也(108試合) 遊撃:茂木栄五郎(114試合) 中堅:島内宏明(56試合) 【今季センターラインの最多スタメン出場者】 捕手:嶋 基宏(19試合) 二塁:藤田一也(17試合) 遊撃:茂木栄五郎(24試合) 中堅:島内宏明(26試合) ※5月6日終了時点で楽天は26試合消 [全文を読む]

楽天の生え抜き野手 今季こそ“2ケタ本塁打”の壁を越えられるか?

ベースボールキング / 2017年01月08日09時00分

ドラフト会議でプロ入りした生え抜き選手に限ると、島内宏明が昨季記録した9本だ。島内は昨季9月12日のオリックス戦で、楽天生え抜き野手の壁となっていた“8本の壁”を越えた。10本を越える可能性はかなり高かったが、そこから島内が出場した17試合で1本塁打を記録することができなかった。 ◆ 長打が魅力の中川大志に期待 長打を打てる選手がいないわけではない。山崎 [全文を読む]

陽岱鋼の獲得を目指すオリと楽天 両球団の外野手事情は?

ベースボールキング / 2016年11月23日11時00分

それでも、日本人でチームトップの9本塁打を記録した島内宏明が、シーズン終盤からセンターのレギュラーに定着。レフトにはチーム最多の27本塁打をマークしハッスルプレーが魅力のウィーラー、ライトにはシーズン途中に加入したペゲーロがいる。今季ライトで107試合に先発出場した岡島は、シーズン終盤に調子を落とし、ベンチを温める機会が多かった。さらに、12年盗塁王の聖 [全文を読む]

“両打ちの柳田”楽天・田中和基が一軍昇格…巨人・桜井も一軍へ 16日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月16日15時07分

現在一軍外野手は岡島豪郎、島内宏明、ペゲーロの3人で埋まっているが、少ないチャンスを物にして飛躍のきっかけをつかみたい。 また巨人は、昨季ケガで1試合の登板に終わった桜井俊貴を一軍登録した。 16日の公示は以下の通り。 <5月16日の公示情報> ※再登録=5月26日以降 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 25 金沢岳/捕手 ■東北楽天ゴールデンイーグルス [全文を読む]

楽天まさかの首位 好調の理由は“2年目に強い”梨田監督の若手活用術

文春オンライン / 2017年05月14日11時00分

試合後のヒーローインタビューで本人は『チャームポイントは腕を振れること』と言ってましたけど、彼にうってつけの場面でした」(菅原の大学時代を知る記者) 6日の西武戦では6年目の島内宏明が7番から3番に抜擢されて、5打数3安打3打点の大活躍。 「島内は、これまでポテンシャルは高いけど、自分は守備固め要員でいいや、と思っちゃうようなボンヤリしたタイプだった。その [全文を読む]

【楽天】島内、好守直後に追撃5号も1点届かず惜敗

スポーツ報知 / 2017年05月14日08時00分

島内宏明外野手(27)は8回、チームに勢いをもたらす左越え5号ソロ。7回にはダイビングキャッチを披露するなど攻守に奮闘したが、わずかに及ばなかった。それでも、好ゲームを続けるチームは、ヤフオクDに舞台を移す第2戦での巻き返しを誓った。 最後の打者・伊志嶺が空振り三振に倒れると、スタンドはソフトバンク・ファンの歓声に包まれた。1点を追う9回、2死二、三塁。あ [全文を読む]

【楽天】島内、好守&完封阻止弾「またあした勝てるように頑張りたい」

スポーツ報知 / 2017年05月13日18時40分

◆ソフトバンク3―2楽天(13日・熊本) 楽天・島内宏明外野手(27)が攻守にわたって孤軍奮闘した。 まずはセンターでの守備だ。2点ビハインドの7回に、明石が放った左中間を抜けそうな当たりをダイビングキャッチ。梨田監督も「素晴らしい。あれはよく捕ってくれた」と絶賛のファインプレーを見せて、チームをもり立てた。 すると、その勢いがバットにも乗り移った。3点を [全文を読む]

『2年目のジンクス』など関係なし!快進撃を支える茂木栄五郎

ベースボールキング / 2017年05月07日11時30分

過去の生え抜き選手による最多本塁打はというと、島内宏明が昨季マークした9本塁打。9月12日のオリックス戦で9本に到達しながら、残りの出場17試合では不発に終わり、ファン待望の“生え抜き2ケタ本塁打”達成を逃している。 ここまでの茂木の打棒を見る限り、よほどのことがなければ2ケタ本塁打は間違いないだろう。その“よほどのこと”を避けるため、5日の西武戦ではス [全文を読む]

楽天打線が20安打10得点と大爆発!ウィーラーが4番で起用されたワケ

ベースボールキング / 2017年05月07日09時00分

今季初めて3番に座った島内宏明が1本塁打を含む3安打3打点の活躍をみせれば、開幕から打撃不振で苦しんでいたウィーラーは4番で出場し猛打賞の大暴れ。腰の違和感により『2番・指名打者』で出場したペゲーロは3安打、2四死球と全打席出塁。『6番・左翼』でスタメン出場した聖沢諒も3安打2打点と、この日の楽天は5人の猛打賞、20安打10得点と打線が大爆発。梨田昌孝監督 [全文を読む]

楽天20安打!打順組み替えズバリ3番島内大当たり

スポニチアネックス / 2017年05月07日07時01分

外国人トリオを2~4番に固定してきた打線を組み替え、今季初めて3番に入った島内宏明外野手(27)が初回の先制右中間二塁打、8回にダメ押しの右越え4号2ランなど3安打3打点の活躍と梨田昌孝監督(63)の起用が的中した。20安打は今季プロ野球での1試合最多安打となった。 積み上げた20安打に敵地の西武ファンもため息をつくしかない。8―1の8回無死一塁。島内は2 [全文を読む]

フォーカス