星新一のニュース

AIが書いた小説を特別公開。創作方法も解説します

文春オンライン / 2017年05月10日17時00分

小説は有名な星新一賞に応募された作品で、この試みに挑戦する研究室の佐藤理史さんによる、製作の成り立ちがわかる書き下ろし解説つきです。創作の過程がくっきりしたところで、もう一度、小説を読むと印象が変わるかもしれません。 ◆◆◆ short short story 人狼知能能力測定テスト (第4回星新一賞応募作品)大上幽作 Ogami Yusaku 人狼ゲーム [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

第2位の星新一は、「あの膨大な数のショートショートはどういう発想から生まれたのかを知りたいから」(23歳/その他学生/男性)というように、ショートショートの発想の原点を期待する声が多く寄せられました。 また、全体で第6位となった中島敦には、高校生の回答が多く集まりました(全体回答数:45に対し、高校生の回答数:26[57.8%])。「高校の授業で『山月記 [全文を読む]

佐々木希、壇蜜、岡田将生らが主演に決定 本人コメント到着

モデルプレス / 2014年01月22日16時06分

1001作の珠玉の短編小説を残した「ショートショートの神様」星新一原作のオムニバスドラマ「星新一ミステリーSP」(フジテレビ系)が、2月15日(土)よる9時より放送される。今作に出演が決まったのは、小日向文世、勝村政信、マキタスポーツ、佐々木希、壇蜜、遠藤憲一、岡田将生など、豪華俳優陣。出演者はそれぞれ星新一ワールドに共感し、その独特の世界観の中で、魅力あ [全文を読む]

AIが小説を書く、その仕組みと未来

Forbes JAPAN / 2016年12月21日17時30分

AI小説家が書いた小説が、「第3回星新一賞」の一次審査を突破した。コンピュータの感性は、どこまで育ってきたのか。”その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった。部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している。”(「コンピュータが小説を書く日」より引用)この小説の書き手は、人間 [全文を読む]

最後の希望? 東京藝大[本は自己投資! 第5回]

Forbes JAPAN / 2016年10月26日12時00分

星新一にこんなショートショートがある。ある大企業が、新入社員の中から特に知能の高いものを選び出した。選ばれたのは4人。周囲は羨望の目で眺めるが、会社は彼らに不可解な命令を下す。給料やボーナスは特別に多く払う。経費も好きなだけ使ってかまわない。その代わり何もしてはならない。生産的なことは一切してはならない、というのである。海辺の寮に隔離された彼らは、釣りをし [全文を読む]

ショートショートの神、星新一の才能は遺伝だった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日17時30分

氏の作風の魅力は、短くまとめられた1話の中にも奇想天外な発想力と壮大なスケール、さらに思いもよらないオチが詰まっていることにあるが、そのずば抜けた発想力の才能は星製薬の創業者である父・星 一氏から受け継がれたものであるということがよく分かるのが、2015年に復刊された『三十年後』(星一 星新一 星マリナ/新潮社)だ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュース [全文を読む]

星新一の入手困難なショートショート50編以上を集めた文庫本

NEWSポストセブン / 2013年10月09日07時00分

【書籍紹介】『つぎはぎプラネット』星新一/新潮文庫/704円 没後15年経てなお高い人気の星新一。その入手困難な作品を50編以上集めた一冊。収録作は、過去へ行き父親を殺した男を描く『タイム・マシン』、科学の知識を使った児童向けの謎解き問題『犯人はだれ?』、なんでも答える電子計算機が「役に立たない生物は?」という問いに、意外な回答をする『正確な答』などバラエ [全文を読む]

星新一のショートショート風味でお届けするSFホラー! 『世界の闇図鑑』第5話「機械人がやってくる」

おたぽる / 2017年05月01日22時00分

人間の歴史を観賞していたのだ、と説明すると、 「それってはるか大昔の話よね? 人間なんてもう一匹もいないもの」 機械人の妻が言い、機械人の私はうなずいた――おしまい 「機械VS人類」のベタな侵略SFホラー! 終盤のひっくり返し方が星新一のショートショートみたい! 21世紀にこうした作品が見られるのは懐かしいを通り越して逆に新鮮である。 イラストは加藤礼次郎 [全文を読む]

又吉直樹氏ゲスト登壇!秋山真太郎氏(劇団EXILE)による受賞作朗読も 第1回『ショートショート大賞』贈呈式を開催

@Press / 2016年06月23日10時30分

僕は星新一さんだけでなく、江坂遊さん、井上雅彦さん、太田忠司さん、北野勇作さん、高井信さんたちの作品を読ませていただき、ショートショートのおもしろさ、すばらしさを知りました。それからずっと、ショートショート集を出して、ショートショートをみんなに知ってほしいという思いがあり、こうして作家になりました。本を出して、なおのこと強く感じるようになりましたが、自分一 [全文を読む]

「ショートショートの神様」星新一の孫弟子が紡ぐ18の物語

NEWSポストセブン / 2015年06月01日16時00分

【書評】『家族スクランブル』田丸雅智/小学館/1404円 【評者】末國善己(文芸評論家) ショートショートは、斬新なアイディアと予測もつかない結末を、原稿用紙20枚くらいの短い分量で描くジャンルで、星新一、都筑道夫、筒井康隆、阿刀田高といった有名な作家も得意としていた。 昨年、初の単行本『夢巻』と第2作品集『海色の壜』を立て続けに刊行した田丸雅智は、ショー [全文を読む]

フォーカス