加藤勝信のニュース

加藤勝信 一億総活躍担当大臣を迎え、「結婚・婚活応援シンポジウム」を開催

PR TIMES / 2016年02月15日19時23分

最後に、加藤勝信 一億総活躍担当大臣より将来世代への応援メッセージをいただき、本シンポジウムは閉会となりました。[画像2: http://prtimes.jp/i/13881/6/resize/d13881-6-516825-1.jpg ]加藤勝信 一億総活躍担当大臣のご挨拶「少子化が進んでおり、人口減少も厳しい状況です。地方の元気を取り戻すために、安倍 [全文を読む]

<批判こそ全体主義?>「一億総活躍社会」批判は現代の多様な価値観に即していない

メディアゴン / 2015年10月11日08時00分

加藤勝信「一億総活躍担当相」が何をすべき役職で、どのような仕事が期待されているのかが見えてこない、という批判。拉致問題なども担う加藤勝信氏が、一億総活躍大臣に就任したものの、果たして十分な活躍ができるのか。そもそも「一億総活躍」に取り組む人材として適切なのか? といったオプションもつく。しかし、この批判への回答こそ、「一億総活躍社会」がその表現の古さとは裏 [全文を読む]

今年は子育て世代の投票率が上がる?86.2%が投票に行くと回答-【こそだて】アンケート

DreamNews / 2016年03月29日11時30分

●少子化・男女共同参画担当・加藤勝信大臣の認知は4.2%止まり。 2013年調査時の森雅子氏7.6%、2015年有村治子氏4.7%と、 特命大臣の宿命か歴代大臣で認知率が上がらない。●マイナンバー制度については約半数が理解。 しかし、ほとんど理解していない人も22%。 回答者プロフィール 集計総数 379人 男女比 7:93(男性28人 女性351人)中心 [全文を読む]

安倍改造内閣が抱えた丸川、河野の時限爆弾。ポスト待ち議員70名の反乱も!

週プレNEWS / 2015年10月14日06時00分

加藤勝信一億総活躍相(59歳)、丸川珠代環境相(44歳)、河野太郎行革担当相(52歳)といった人事はプチサプライズだった。 「今回の改造の目玉は一億総活躍大臣。アベノミクス第2ステージを支える新3本の矢を実現する新設大臣です。首相はそのポストに側近の加藤勝信前官房副長官を当てた。一見、お友達人事のように映るが、ここには別の意図も見え隠れします。 それは派閥 [全文を読む]

安倍母のコネで入閣? 加藤1億総活躍相の詐術指南がエグい!「国民を国家に奉仕させるため『家族』を使え」

リテラ / 2015年10月09日13時05分

19人中9人が初入閣となったが、そのなかでも「目玉人事」として話題を集めたのが、「1億総活躍社会」担当相・拉致問題担当相に抜擢された加藤勝信氏である。 加藤氏は大蔵省(現・財務省)出身、第二次安倍内閣では内閣官房副長官を務め、安倍首相のスピーチライターのひとりではないかとも目される人物。メディアは加藤氏を「政策通」などと称えている。 だが、大臣抜擢の真相は [全文を読む]

「ノー残業デー」から「プライムフライデー」まで、官民動く=過労死防止・生産性向上めざす―働き方改革待ったなし

Record China / 2017年02月13日08時20分

働き方改革実現会議は3月末に実行計画を取りまとめるが、加藤勝信・働き方改革担当相が日本記者クラブでこのほど会見し、「同一労働同一賃金と長時間労働改善など働き方改革で生産性と賃上げの向上につなげたい」と表明。昨年12月にまとめた政府のガイドライン案には盛り込まなかった退職手当についても、「退職手当なども裁判で争えるよう、それを保証するような法制度は考えてい [全文を読む]

婚活サポートコンソーシアムコラボ【ルナルナ×IBJ】

PR TIMES / 2017年01月31日14時31分

また、加藤勝信一億総活躍担当大臣は、「血縁や地縁が弱まる中、学校での『学縁』に加え、職場での『職縁』が結婚への手がかりとなっている。企業が連携して結婚相手を紹介する仕組みを広げるべきだ」と発言されました。そこで婚活サポートコンソーシアムは未婚化・少子化問題の解決策のひとつとして『職縁』を広げるため、今回は『ルナルナ』を運営するエムティーアイと総合婚活サービ [全文を読む]

長時間労働なのに低生産性…外国記者の疑問に小室淑恵氏ら「評価基準に問題があった」

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月19日16時02分

約1カ月後の同年11月、それまでに集まった約4万筆の署名を加藤勝信・働き方改革担当相や塩崎恭久厚労相に手渡していた。 ●「生産性が低い原因は、論理的ではない仕事が非常に多いこと」 会見では、外国人記者から、日本の生産性が低いことと長時間労働との関連について質問があった。 小室氏は「企業の管理職の評価基準に、部下の時間あたり生産性を高めるということがまったく [全文を読む]

日本人の「長時間労働」改善を阻む壁とは…労働者の権利に手厚いフランスとの「文化の違い」

週プレNEWS / 2017年01月19日10時00分

メスメール 安倍政権は「一億総活躍社会」実現の一環として、昨年秋に「働き方改革実現会議」という私的諮問会議を発足させ、新たに加藤勝信氏を「働き方改革担当大臣」に任命する等、この問題に関して積極的に取り組んでいます。そこで大きな課題となっているのが、日本で一般的な残業の習慣を改め、オフィスを早く出て帰宅できるようにしようという、いわゆる「ワーク・ライフ・バ [全文を読む]

当社初の受賞 「平成28年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」で「内閣府特命担当大臣奨励賞」を受賞

PR TIMES / 2016年12月22日11時42分

12月20日(火)に中央合同庁舎において表彰式が執り行われ、加藤勝信 国務大臣・内閣府特命担当大臣より賞状が授与されました。なお、本表彰の受賞は、当社としては今回が初めてとなります。・内閣府発表: http://www8.cao.go.jp/souki/barrier-free/h28hyoushou/index.html「バリアフリー・ユニバーサルデザイ [全文を読む]

フォーカス