石川歩のニュース

ロッテ、石川歩と角中勝也の復帰戦で黒星「同じ相手に同じ球場でやられっぱなしは、さすがにダメ」

サイクルスタイル / 2017年05月23日22時33分

先発はワールド・ベースボール・クラシックの開幕・キューバ戦でも先発した石川歩投手。さらに、昨季の首位打者・角中勝也も戦列に復帰し4番で先発出場をはたした。 しかし石川は初回、ソフトバンク打線につかまり2失点を喫すると、4回裏にも1失点するなど精彩を欠いた。指名打者で打席に立った角中は1安打を放つも決定的な仕事はできなかった。打線もソフトバンクの先発・東浜巨 [全文を読む]

【ロッテ】超草食系の石川歩がキューバ戦で見せた別人のような姿

文春オンライン / 2017年03月10日07時00分

ドラフト指名選手の仮契約が完了した際に行う記者会見にはこれまで沢山、立ち会わせていただいたが、その中でも忘れられない出来事の一つが、2013年12月に都内ホテルで行われた石川歩投手(東京ガスからドラフト1位で入団)の会見だ。 会見が始まるや、某民放テレビ・キー局のスポーツディレクターが手を挙げた。「石川選手の夢を教えてください」。よくあるオーソドックスな質 [全文を読む]

オリックスが打線爆発で6連勝…ロッテは石川歩が3回5失点KO

サイクルスタイル / 2017年04月11日21時02分

対するロッテは、先発の石川歩投手が3回5失点と乱調。打線も沈黙し、投打ともに振るわなかった。 [全文を読む]

【ロッテ】ライバルはダルビッシュ? マリーンズの果敢なYouTube戦略

文春オンライン / 2017年03月17日11時00分

だから、今年の春季キャンプでは侍ジャパンの石川歩投手にカメラを持たせて撮影した映像、選手たちによる新外国人のマット・ダフィー選手のサプライズ誕生日会の映像、英二投手コーチの解説付きブルペン映像、キャンプ最終日に行う手締めの輪の中からの映像なども撮影をしてみた。一時期、当てに行く打撃(冒険をせずにある一定の再生回数を安定的に目指す映像撮影)が目立った反省も踏 [全文を読む]

【WBC2017】侍ジャパン、WBC初戦の先発は石川歩…小久保監督「飄々さを出してほしい」

サイクルスタイル / 2017年03月06日19時55分

小久保監督は初戦となるキューバ戦の先発を石川歩(ロッテ)と明言。3月1日に行われた台湾プロ選抜との対戦では、得意のシンカーが冴えわたり3回を投げて1失点6奪三振と好投していた。指揮官は石川について「あの飄々さを明日も出てほしい。そういうピッチングスタイルも踏まえて開幕の先発にした」と期待を寄せた。 キューバには、昨季までロッテで今季からソフトバンクのデス [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・投手編》今年の最多登板、最多投球回数は? 裏タイトル獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月14日17時05分

【最多完投】 石川歩(ロッテ)/涌井秀章(ロッテ):5完投 大谷翔平(日本ハム):4完投 涌井と並んで、同じくロッテの石川歩が最多の5完投。特に石川はうち3試合で完封勝利。初の最優秀防御率タイトルを獲得し、完封数もトップ。投手陣に不安が残るロッテだが、投げきれるこの2人を中心に来季の構想をしっかり練りたい。 【最多与死球】 小石博孝(西武):与死球13 [全文を読む]

千葉ロッテ・石川歩のカーブ かつての前田健太そっくりの評

NEWSポストセブン / 2014年02月07日07時00分

* * * 新人王候補なら、千葉ロッテ1位指名の石川歩(25、東京ガス)だって負けてない。やはり、シーズン当初から先発ローテーション入りすると見ている。中部大当時とは人間が変わった。よほど何か悔しいことがあったのではないか。 ピッチングに“意地”が見えるようになった。相手に合わせるように弱々しく笑わなくなった。そのぶん、とんがった投球になった。 もともと [全文を読む]

西武・ウルフ、ソフトB・サファテを抹消…ロッテは石川を登録 22日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月22日15時09分

さらにロッテは石川歩を登録。不振から4月19日に登録抹消されていた石川は、あす23日のソフトバンク戦で先発する予定となっている。 22日のプロ野球公示は以下の通り。 <5月22日の公示情報> ※再登録=6月1日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス =抹消= 20 寺原隼人/投手 58 サファテ/投手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 12 石川歩/投手 [全文を読む]

早くも自力V消滅 ロッテ・伊東監督「上を見ていくしかない」

ベースボールキング / 2017年05月17日09時00分

補強も必要だが、角中勝也、石川歩といった現有戦力組の一軍復帰も待たれる。16日に行われた楽天との二軍戦で、昨季首位打者と最多安打の二冠に輝いた角中勝也が、故障から実戦復帰。二軍で再調整中の石川歩も同日の試合に先発し、7回を5安打1失点に抑えた。 暗いニュースが多い中、角中と石川の一軍復帰が間近なのは、明るい話題。上位とのゲーム差を縮めるためにも、連敗を止 [全文を読む]

畠山までも…主力の離脱が相次ぐヤクルト 19日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月19日15時15分

また、パ・リーグではロッテの石川歩が登録を抹消された。 昨年の最優秀防御率はここまでまさかの3戦3敗。防御率も7.62と絶不調に苦しんでいる。特に18日のソフトバンク戦は、5回を投げて6失点。復調の兆しも見られないマウンドを終え、伊東監督は二軍降格を決断した。 昨季は与四球率1.22と無駄な走者を出さない投球が光っていたが、今季の与四球率は6.23。武器 [全文を読む]

フォーカス