田邊昭知のニュース

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<田邊昭知・田辺エージェンシー社長>(3)SMAP解散騒動でも動いた

アサ芸プラス / 2016年09月18日09時57分

電話1本でやすやすと記事の痕跡を消し去った田邊氏だが、業界内では別の実力者がこのスキャンダルの行方を見守っていたという。大手事務所関係者が田邊氏の動静を明かす。「タレントの人気一つで趨勢が目まぐるしく変わる業界ですが、勝ち残った大手事務所のトップたちは意外に相通じた仲。家族のようにゴルフや雀卓を共にすることでお互いの出方を探り合う意味もあるようです。しかし [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<田邊昭知・田辺エージェンシー社長>(2)夏目を復帰させた大きな影響力

アサ芸プラス / 2016年09月17日17時57分

この完膚なきまでの情報封殺劇に動いたのが、夏目の所属する事務所「田辺エージェンシー」の田邊昭知社長(77)だというのだ。「田邊氏といえば、1961年に堺正章、かまやつひろしらとともに結成した『田辺昭知とザ・スパイダース』のリーダーです。バンドではドラム兼バンマスを務め、プレーイングマネージャーとしても辣腕ぶりを発揮して、その後、事務所を独立。73年に田辺エ [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<田邊昭知・田辺エージェンシー社長>(1)有吉・夏目の「デキ婚」報道の謎

アサ芸プラス / 2016年09月17日09時57分

突如、湧き上がった「デキ婚」報道の裏である力が動いていた。これが芸能界のドンの実力の一端なのか。その支配力は他を圧倒している──。「これを真夏の怪談と呼ばずして何と呼べばいいのか。新聞の1面を飾る特大芸能ニュースが、当日の情報番組やワイドショーなどテレビでは一切報じられなかったわけですからね」(ベテラン芸能デスク) 8月24日付の日刊スポーツの1面を飾った [全文を読む]

有吉弘行&夏目三久"妊娠報道"のウラに大手芸能プロの権力争いが浮上

東京ブレイキングニュース / 2016年08月29日18時01分

その社長である田邊昭知氏に配慮し、また退社した日本テレビの看板番組の「バンキシャ」のMCまで務めるなど田邊昭知氏の寵愛を受けている夏目三久に気を遣っているというのが一般的な見方だ。では、この様な報道がなぜ表に出たのか? 「田邊氏の追い落としを画策している芸能界のドンと言われている人物が、御用メディアのスポーツ紙を使って書かせたとみられています」(スポーツ紙 [全文を読む]

“不倫疑惑”RIP SLYME・SUが夏フェスも欠席! 芸能界にどっぷりで「ヒップホップ、ダセー」の声

日刊サイゾー / 2017年05月26日20時30分

さらに、RIP SLYMEは芸能界の重鎮・田邊昭知率いる田辺エージェンシーの所属で、芸能界にどっぷり。田辺を敵に回せば芸能界に戻ることはできませんから、“偉い人”の指示に従うしかない」(芸能記者) 一方、ネット上では、「ここまでチキンとは」「堂々としてろよ。だせえな」「モテ男キャラだと思ってたのに、ガッカリ」「ヒップホップってだせー」といった声が相次いでい [全文を読む]

『ワイドナショー』で川谷絵音に優しすぎるフォロー! 松本人志の大手事務所タブー批判はやっぱり口先だけだった

リテラ / 2017年05月07日23時20分

ベッキーとの不倫でバッシングを受けただけでなく、ほのかりんととデート中に未成年飲酒させたことが発覚して芸能活動を休業、一時はこのまま芸能界追放か、とまでいわれていたが、芸能界のドン・田邊昭知会長率いる田辺エージェンシーに移籍したとたん、あっさりと復帰を果たしたというわけだ。 しかも、この復帰に、メディアからは一切バッシングが起きない。休業を発表してもラスト [全文を読む]

夏目三久「有吉との妊娠スキャンダル」から一転して“大売り出し”のある計画

アサ芸プラス / 2017年05月04日09時57分

「夏目アナを寵愛している所属事務所の田邊昭知社長(78)の意向もあり、有吉との結婚は遠のいたと考えていい。夏目アナは有吉にホレ込んでいたようですが、大恩ある社長に背くわけにはいかないでしょう」 夏目といえば、日本テレビのエースアナとして頭角を現すも09年、皮肉にも、のちに妊娠騒動が起きる彼女が「コンドームを持って」ほほえむベッド写真が流出して、結果的に同局 [全文を読む]

堺正章、かまやつさんの面白エピソードを披露 遅刻の言い訳トップは「明日だと思った」

エンタメOVO / 2017年05月02日19時37分

会の終了後、ザ・スパイダースの6人(堺正章、井上順、井上堯之、大野克夫、加藤充、田邊昭知氏)が囲み取材に応じた。 堺は「かまやつさんの素晴らしさを再認識する、そういう気持ちで終われました」と晴れやかな表情を見せつつ「リハーサルで、みんなが定位置についた時は何かジーンときてね。それでふと横を見ると、かまやつさんがいない。あの人が持っていた役割、スパイダース [全文を読む]

中居正広、新事務所設立との観測広がる…木村以外の元SMAPメンバー引き連れか

Business Journal / 2017年04月20日20時00分

大手芸能事務所、田辺エージェンシーの田邊昭知社長の後押しを受けて芸能事務所を新設し、中居が社長になるというもの。事務所を設立すれば所属タレントも必要となり、そこで木村拓哉以外の元SMAPメンバーである稲垣吾郎、草なぎ剛、香取を一手に引き受けようという計画だといいます。そこで中居側としては、香取との共演を通じて、メンバーの絆をファンや関係者へアピールしようと [全文を読む]

ゲス川谷に電撃復帰プラン?大手プロ”4月契約説”で高まる反発

デイリーニュースオンライン / 2017年03月24日09時00分

“芸能界のドン中のドン”こと田邊昭知社長(78)のサポートもあってか、「田辺エージェンシー」のグループと契約内定したと報じている。 ちなみに川谷は、昨年10月14日にTwitterで「2018年に復帰なんて言っていない」と今後に言及していたが、報道では「そもそも川谷本人は当初から休むつもりなどまったくなかった」という。たしかに2018年の復帰ではなさそうだ [全文を読む]

「マツコ・有吉弘行・坂上忍」テレビ界“新ビッグ3”を徹底比較(2)有吉はギャラが安い?

アサ芸プラス / 2017年03月18日17時57分

所属事務所の社長で、夏目を寵愛する芸能界のドン・田邊昭知氏が激怒。番組を干されるのではないかと心配されていた。結局、司会を務める番組が終了することはありませんでした。というのも、テレビでの毒舌ぶりが浸透してしまいましたが、素顔の有吉はシャイで正直な芸人。現場では、引き算の笑いができる司会者としてすこぶる評価が高い」(芸能デスク) 芸人にありがちな自分が前に [全文を読む]

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(1)研ナオコが声を詰まらせた

アサ芸プラス / 2017年03月06日17時57分

俺の兄貴分で、「ハッピー&ブルー」を引っ張り上げてくれた、昭ちゃん(田邊昭知社長)のところ(「田辺エージェンシー」)だったからよけいにね。若手時代にはハッピー&ブルーの公演で前座も務めてもらった。 彼女が捕まったあと、ハワイで偶然会ったんだよ。「そんな大麻なんてやめたほうがいいよ」 と声をかけたら、「いや~」 って声を詰まらせて、申し訳なさそうにしてたな。 [全文を読む]

清水富美加「所属事務所VS幸福の科学」ドロ沼戦争がエグすぎる!(1)事務所の損失は10億円

アサ芸プラス / 2017年03月04日17時57分

また、もう一人の“ドン”と呼ばれる田辺エージェンシーの田邊昭知社長も、ウンザリしたように『勝手にやればいい‥‥』とサジを投げてしまい、後ろ盾を失った本間社長はホトホト困り果ててしまったようです」(前出・芸能関係者) 芸能界の実力者たちも、相手が「巨大宗教団体」では手に負えなかったのかもしれない。 [全文を読む]

Kis-My-Ft2も飯島氏と共に独立へ? 工藤静香のインスタ波紋でジャニーズ大混乱

tocana / 2017年02月23日08時00分

「飯島氏は、田辺エージェンシー田邊昭知社長を窓口に、SMAPメンバーの独立を打診しているようです。このままでは、遅かれ早かれ木村拓哉以外のメンバーは独立か引退をしてしまう。そうなる前に、別事務所を作ってジャニーズと利益関係も継続させる方向のようです。幻となったSMAP独立を、個々のメンバーで今度は行うつもりのようです。 その中に、飯島氏が育て上げたKis [全文を読む]

【清水富美加問題】今後、メディアはレプロ擁護にまわる!? 完全に“芸能界”vs“幸福の科学”という図式へ

tocana / 2017年02月22日09時00分

「今回は、幻冬舎の見城徹社長、田辺エージェンシーの田邊昭知社長を中心とした連合ができているようで、週刊誌での本間社長のインタビューやスポーツ新聞の情報統制など、完璧な状況を整えているというウワサがあります。父親の会社倒産や借金、安すぎると話題になった給料に対しての反論は完璧。今週以降はテレビ各局もレプロ擁護の体制となるでしょうね。今回の騒動は、近年稀に見 [全文を読む]

夏目三久キャスターは企業CMの出演を直ちに止めるべき

メディアゴン / 2017年02月13日07時30分

今回指摘しているCMの場合、 堺雅人氏も夏目三久氏も田辺エージェンシー(田邊昭知社長)所属であるから、上記番組を放送する日本テレビと、TBSには当該プロダクションから報告があったはずである。報告があったとすれば、今もCM放送が続くことから、日本テレビとTBSの幹部がニュースキャスター夏目三久氏の商業CM出演を、特に問題がないと判断したのか。それとも、問題は [全文を読む]

元SMAP“キムタク以外”4人の独立は既定路線! 受け皿となる「田辺エージェンシーの元専務」の存在とは

日刊サイゾー / 2017年01月26日11時00分

この4人の陰に見え隠れしているのは、タモリや堺雅人、夏目三久らが所属する大手芸能プロ「田辺エージェンシー」の田邊昭知社長の存在だ。 SMAPをジャニーズから独立させようと、当時チーフマネジャーだった飯島三智女史が田邊社長の元へ相談に行っていた話はすでに報じられているが、その後、キムタクの裏切りで独立に失敗。飯島女史はジャニーズ事務所どころか、事実上、芸能界 [全文を読む]

2017年を騒がせる「離婚&結婚」激ヤバ真相を先取り公開!(2)あの「芸能界のドン」が…

アサ芸プラス / 2017年01月14日17時57分

「芸能界のドン」こと田辺エージェンシー・田邊昭知社長(78)と元歌手の小林麻美(63)の夫妻だ。 田邊社長は91年、当時所属タレントだった小林と17年にわたる極秘交際の末、妊娠・出産を経て結婚。それぞれ52歳と37歳という年の差婚だった。〈生まれた時点では未婚の母でしたが、あまり深く考えませんでした。たとえ結婚できなくとも、好きな人の子どもだから、絶対に産 [全文を読む]

なぜ焼肉店で?元SMAP中居派4人が”キムタク抜き慰労会”を開いた真意

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日09時10分

田邊昭知会長(78)は独立騒動の発端となった元マネージャーI氏の後見人的存在になるはずだったキーマンで、中居派4人組が当てつけのように紅白に合わせて解散式が開けたのも、田辺グループの庇護下に入っているからではないか」 マチャアキといえば、2012年公開の草なぎ主演の映画『任侠ヘルパー』で共演を果たしている。ただし、週刊誌記者は、 「大御所でありながら、それ [全文を読む]

大晦日4人SMAP慰労会をめぐる熾烈な情報戦の裏に何が? 独立めざす中居vsジャニーズの戦いは第二幕へ

リテラ / 2017年01月04日13時41分

堺は、田辺エージェンシーの田邊昭知社長とはスパイダース時代から親分子分の間柄で、現在は系列の個人事務所所属だが、タモリとならんで田辺エージェンシーの"顔"のひとりだ。 [全文を読む]

フォーカス