大竹寛のニュース

復活を目指す巨人・杉内 由伸監督が見守る中、投球練習!

ベースボールキング / 2017年02月01日20時00分

山口俊、森福允彦、陽岱鋼といったFA組に注目が集まる中、巨人の二軍キャンプでは、11年オフにソフトバンクからFAで加入した杉内俊哉、13年オフに広島からFA移籍した大竹寛が、初日からブルペンに入り投げ込みを行った。 杉内は高橋由伸監督が見守る中、大竹寛は変化球のキレを確かめるよう捕手を務めた相川亮二に投げ込んだ。杉内は故障の影響で昨季、プロ15年目にして一 [全文を読む]

巨人・大竹寛を抹消、戸根が昇格…オリは吉田一を抹消 26日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月26日15時11分

巨人は26日、大竹寛の出場選手登録を抹消した。 大竹寛は今季8試合に先発し、4勝3敗の防御率5.15。5月10日の阪神戦は6回途中6失点も、打線の援護があり白星をつかんだが、17日ヤクルト戦では5回4失点。25日の阪神戦では3回6失点でKOされた。 代わって3年目左腕・戸根千明が昇格。戸根はイースタン・リーグで18試合に登板し、1勝1敗7セーブ、防御率2. [全文を読む]

ベテランが苦境…今こそ若虎の奮起に期待 25日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月25日14時46分

今日対峙する巨人先発・大竹寛とは、今季早くも3度目の対戦。ここまで0勝1敗と勝利こそないが、計12イニングで9点を奪っている。 個別の対戦成績では、高山が5打数2安打1四球、中谷が3打数2安打と好相性。そのほかにも北條が2本塁打、糸原は3打席で1安打1四球と若手がよく打っている。 阪神の先発は、ここまで5勝1敗、防御率2.36のメッセンジャー。4月から好投 [全文を読む]

“巨人キラー”福井がシーズン初登板 26日の予告先発

ベースボールキング / 2017年04月25日17時45分

一方の巨人は、大竹寛が先発。古巣戦となるが、昨季は広島を相手に2試合登板して1勝1敗、防御率3.97という成績を残している。 前回ホームでの対戦では3連戦で計29失点と赤ヘル打線に打ち込まれているだけに、今度こそ強力打線を抑え込みたいところだ。 【パ・リーグ】 楽天(則本昂大)-ロッテ(スタンリッジ) <Koboパーク宮城 18時00分> オリックス(金 [全文を読む]

【4月16日プロ野球全試合結果】楽天・聖澤諒が劇的サヨナラ打、阪神・原口文仁の決勝打で首位広島に勝ち越し

サイクルスタイル / 2017年04月16日22時30分

■巨人、大竹寛が7回途中無失点…完封リレーで中日に勝利巨人は4月16日、ナゴヤドームで中日と対戦。先発の大竹寛投手が7回途中無失点の好投を見せ、2-0で勝利した。巨人の大竹と中日・先発の吉見一起投手がともに好投。6回まで両チームともに無得点が続いた。均衡が破れたのは7回表。巨人は走者二塁の好機を作ると、阿部慎之助内野手が適時打を放って1点を先制。9回表には [全文を読む]

巨人、大竹寛が7回途中無失点…完封リレーで中日に勝利

サイクルスタイル / 2017年04月16日17時25分

先発の大竹寛投手が7回途中無失点の好投を見せ、2-0で勝利した。 巨人の大竹と中日・先発の吉見一起投手がともに好投。6回まで両チームともに無得点が続いた。均衡が破れたのは7回表。巨人は走者二塁の好機を作ると、阿部慎之助内野手が適時打を放って1点を先制。9回表には、走者一、三塁の場面で、亀井善行外野手が適時打を放って貴重な追加点を挙げ、2-0とした。 投げて [全文を読む]

巨人、完封リレーで大竹寛が2勝目 中日は7回1失点の吉見が開幕3連敗

ベースボールキング / 2017年04月16日17時11分

● 中日 0 - 2 巨人 ○ <6回戦 ナゴヤドーム> 巨人が先発・大竹寛の好投もあり3カードぶりの勝ち越し。対する中日は今季初の完封負けを喫し、巨人戦は2カード連続の負け越しとなった。 巨人は両チーム無得点のまま迎えた7回、先頭の3番坂本が右翼への二塁打でチャンスメイクすると、続く4番阿部が、中日先発・吉見の内角球を右翼線へ弾き返し均衡を破った。9回も [全文を読む]

【プロ野球】谷口雄也(日本ハム)が今季絶望…。復活を祈願して、ここ10年のカムバック賞受賞者を紹介!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月14日16時05分

大竹寛(広島/2012年受賞) 右肩痛、右でん部肉離れ、右手小指の粉砕骨折と故障続きの大竹寛(広島/現・巨人)だったが、2012年はそれらを振り払うかのような大活躍。 前半戦で6連勝を飾り、オールスターゲームにも出場。シーズンではキャリアハイの11勝を挙げて、オフの侍ジャパンマッチでは日本代表にも選出された。 同年に結婚を発表していたこともあり、妻の内 [全文を読む]

DeNA平良拳太郎が誕生 巨人出身の人的補償選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年01月09日12時00分

(選手の年齢はすべて移籍当時)▼ A.一軍実績のほとんどない二軍の若手13年 一岡竜司 投手/23歳(広島⇔大竹寛)☆2年連続二桁勝利を挙げていた大竹寛の人的補償は、巨人で二軍のクローザーを務めていた一岡竜司。プロ2年間で一軍通算登板は13試合ながらも、今回の平良と同じく直前までプエルトリコのウインターリーグに派遣されるなど球団の期待は高かった。ちなみに当 [全文を読む]

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日16時06分

FA選手獲得本気度:◎ FA選手成績リンク度:◎ ■3連覇は果たしたけれど…… 2013年のFA獲得選手:大竹寛(広島)、片岡易之(現・治大/西武) 2014年の結果:リーグ優勝 2014年はリーグ3連覇と球団創設80周年が重なっていたこともあり、是が非でも勝ちたい年だった。それだけに気持ちの入り方も大きく、2013年オフに大竹寛(広島)と片岡易之(現・ [全文を読む]

フォーカス