大竹寛のニュース

【巨人】大竹寛、5回大松に2点二塁打浴びる…打線は由規の前に1安打

スポーツ報知 / 2017年05月17日19時48分

◆巨人―ヤクルト(17日・東京ドーム) 巨人先発の大竹寛は2回以降は毎回走者を許しながら粘り強い投球を見せていたが、5回に失点した。 2死から雄平に右翼線二塁打されると、バレンティンへは大きく外す四球で一、二塁。ロッテから移籍後初スタメンとなった大松には右中間フェンスの最上部で跳ね返る特大の二塁打を浴び、2点を失って0―4とリードを広げられた。 一方の打線 [全文を読む]

【巨人】大竹寛、初回2失点 山田&雄平にタイムリー浴びる

スポーツ報知 / 2017年05月17日18時19分

◆巨人―ヤクルト(17日・東京ドーム) リーグトップタイの5勝目を狙う巨人・大竹寛だが、初回に失点した。 1死から2番・藤井に中越え二塁打を浴びると、3番・山田には外角の変化球を中前にはじき返された。藤井が生還しヤクルトに先取点を奪われた。 山田はすかさず二盗。続く雄平には左中間フェンス直撃の適時二塁打を浴び、2点目を許した。 [全文を読む]

【17日の予告先発】巨人・大竹寛VSヤクルト・由規

スポーツ報知 / 2017年05月16日17時32分

【セ・リーグ】 ◆巨人・大竹寛―ヤクルト・由規(18時・東京ドーム) ◆阪神・能見―中日・バルデス(18時・甲子園) ◆広島・大瀬良―DeNA・ウィーランド(18時・マツダスタジアム) 【パ・リーグ】 ◆楽天・則本―日本ハム・加藤(18時・盛岡) ◆ロッテ・スタンリッジ―西武・高橋光(18時15分・ZOZOマリン) ◆オリックス・松葉―ソフトバンク・東浜( [全文を読む]

巨人FAトリオ全滅に渡辺主筆が喝! 「見る目ない。スカウトはダメだ」バッサリ切り捨て…大ナタ予感の不穏な気配

夕刊フジ / 2017年05月12日17時06分

先発大竹寛が投球数90を過ぎると崩れ、6回無死満塁から押し出し四球。救援陣も失点を重ね、一気に3点差まで詰め寄られた。 9回にも抑えのカミネロが一発を浴び、9-7でなんとか逃げ切り。高橋由伸監督(42)は「それぞれがいい打撃をしてくれた」と打線をたたえる一方、大勝に水を差すような大竹の投球には「まあ、そうですね」と多くを語らなかった。 それでも白星を贈られ [全文を読む]

巨人・大竹寛 課題残る3勝目 由伸監督「もう1イニング…」

スポニチアネックス / 2017年05月04日07時01分

◇セ・リーグ 巨人4―1DeNA(2017年5月3日 東京ドーム) 巨人・大竹寛が6回0/3を6安打1失点で3勝目を挙げた。6回1死一、二塁で筒香、ロペスを連続三振に抑えるなど、9奪三振の内容に「(ピンチでは)腕が振れるだけ振っていこうと思った」と振り返った。 7回に連打を浴びて降板したことには「7回は投げきりたかった」と反省した。高橋監督は「ボール自体は [全文を読む]

巨人・大竹寛 プロ16年目の意地3勝目 初登板初先発ドラ2水野に投げ勝つ

スポニチアネックス / 2017年05月03日21時19分

◇セ・リーグ 巨人4―1DeNA(2017年5月3日 東京ドーム) プロ16年目の巨人・大竹寛投手(33)が6回0/3を6安打1失点、9奪三振。プロ初登板初先発のDeNAドラフト2位・水野に投げ勝ち、3勝目(1敗)を手にした。 吠えた。3―1で迎えた6回。1死一、二塁で4番・筒香を見逃し、2回に先制ソロを許した5番・ロペスを空振りといずれも直球で連続三振に [全文を読む]

復活を目指す巨人・杉内 由伸監督が見守る中、投球練習!

ベースボールキング / 2017年02月01日20時00分

山口俊、森福允彦、陽岱鋼といったFA組に注目が集まる中、巨人の二軍キャンプでは、11年オフにソフトバンクからFAで加入した杉内俊哉、13年オフに広島からFA移籍した大竹寛が、初日からブルペンに入り投げ込みを行った。 杉内は高橋由伸監督が見守る中、大竹寛は変化球のキレを確かめるよう捕手を務めた相川亮二に投げ込んだ。杉内は故障の影響で昨季、プロ15年目にして一 [全文を読む]

阿部慎之助と相性悪い投手 広島から移籍の大竹寛と杉内俊哉

NEWSポストセブン / 2014年08月18日07時00分

最も露骨に「反・阿部」の姿勢を示しているのは、今季、広島からFA移籍した大竹寛だとされる。8月10日の中日戦に先発、6回3分の2を1失点に抑えて8勝目を挙げた大竹は、阿部に代わって女房役を務めたルーキーの小林誠司を手放しで褒めた。 「小林との意思疎通がうまくいったのが勝因です」 巨人番記者が語る。 「この日の試合、谷繁元信を迎えた打席で、小林から出た内角 [全文を読む]

広島オーナー ドラ1大瀬良に「FA移籍大竹寛よりいい」と喜ぶ

NEWSポストセブン / 2014年02月13日07時00分

オーナーは「こりゃ、(FAで巨人に移籍した)大竹寛よりいい!」なんて大喜びでしたよ。 ※週刊ポスト2014年2月21日号 [全文を読む]

【巨人】ドラ1吉川尚「7番・二塁」で初スタメン…ヤクルト戦スタメン発表

スポーツ報知 / 2017年05月17日17時15分

大竹寛投手(33)は菅野らに並ぶリーグトップの5勝目を狙うマウンドで、今季ヤクルト戦初登板。ヤクルト・由規投手(27)は2011年8月20日以来、2097日ぶりの東京ドームの登板になる。 【ヤクルトスタメン】 1(中)坂口、2(三)藤井、3(二)山田、4(右)雄平、5(左)バレンティン、6(一)大松、7(捕)中村、8(遊)谷内、9(投)由規=右 【巨人スタ [全文を読む]

フォーカス