和田一浩のニュース

中日・和田一浩が引退!残した名言がカッコよすぎる 「99回キツい思いをしても、1ついいことは絶対にある」

AOLニュース / 2015年09月19日12時00分

先日、今季限りでの現役引退が報道された中日ドラゴンズ・和田一浩。今年45人目の2000本安打を達成、43歳、遅咲きの苦労人がマウンドを去ることを惜しむ声は多い。 キャッチャーとして社会人から西武に入団したももの、当時の西武には伊東勤、中嶋聡という名捕手が在籍していた。二人の壁に阻まれ、レギュラーに定着したのは外野手にコンバートされたプロ入り6年目30歳。高 [全文を読む]

最近10年で40発はゼロ 長年課題の右打ちの日本人外野手

ベースボールキング / 2017年03月18日11時15分

最高が2010年に37本塁打を記録した和田一浩(当時中日)で、08年の吉村裕基(当時横浜)の34本と続く。ちなみに、シーズン30本塁打以上記録した右打ちの日本人外野手は、この10年だと和田と吉村のみ。20本塁打以上放った選手をみても、鈴木が昨季29本塁打記録する前の年の5年間は、内野手登録も当時左翼で出場していた中田のみで、長距離砲が極端に少ないという状況 [全文を読む]

移籍先で安打が多かったFA野手

ベースボールキング / 2017年02月05日11時15分

4位 1018安打 和田一浩(中日:08年~15年) 成績:1010試 率.290 本142 点538 ☆1000安打以上放ったFA移籍組では、1010試合と最も出場試合数が少ない和田一浩。シーズン途中に故障離脱した14年、現役最終年の15年がシーズン100安打に届かず。その他の年はコンスタントに安打を放ち、中日で1018安打を記録した。 5位 979安 [全文を読む]

最近10年で開幕戦に本塁打が多かったチームは?

ベースボールキング / 2017年03月30日11時00分

◆ 12球団の開幕戦本塁打ランキング 1位 16本 巨人 内訳:ラミレス(2本)、片岡治大(2本)、長野久義(2本)、ロペス(2本)、ゴンザレス(1本)、イ・スンヨプ(1本)、高橋由伸(1本)、小笠原道大(1本)、村田修一(1本)、アンダーソン(1本)、坂本勇人(1本)、亀井善行(1本) 2位 10本 西武 内訳:中島宏之(2本)、G.G.佐藤(2本)、 [全文を読む]

【プロ野球】WBCとケガ。「神の右手」と引き換えに川崎宗則が負傷! 極限状態が引き起こしたアクシデント集

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日16時05分

(球団名は当時の在籍チーム) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■和田一浩:究極の消化不良? 2004年のアテネ五輪で銅メダル獲得に貢献し、2005年は自身の初タイトルとなる首位打者と最多安打を獲得するなど、名実ともに球界を代表する打者となった和田一浩(西武)。 2006WBCの代表チームにも当然のように選ばれたが、なんと [全文を読む]

「リーグMVP」に輝いた選手の翌年成績は?

ベースボールキング / 2016年11月29日07時45分

和田一浩と金子千尋は翌年苦しむ 一方で、安定した成績を残している印象の和田一浩(中日)、金子千尋(オリックス)などは意外にも翌年に成績を大きく落としている。和田は10年に打率.339、37本塁打、93打点を記録するも、統一球が導入された11年は二軍落ちを経験するなど、打率.232と1割近く数字を落としてシーズンを終えた。 14年に最多勝、最優秀防御率の [全文を読む]

各球団最後の「打率3割3分以上」は誰だった?

ベースボールキング / 2016年11月24日10時00分

中日、日本ハム、楽天は5年以内に打率3割3分以上達成した選手は現れていないが、10年に和田一浩(中日)、田中賢介(日本ハム)一番遠ざかっている楽天もリックの08年。全球団が、10年以内に打率3割3分以上を記録した選手を輩出したという結果になった。 ◆ 各球団最後の「打率3割3分以上」 ※規定打席到達者 【日本ハム】 田中賢介 .335(2010年) 【ソ [全文を読む]

パからセへ、FA移籍した野手は意外と多い?

ベースボールキング / 2016年11月22日07時45分

◆ セとパで活躍した2人のスラッガー その中でも目立った働きを見せたのが、小笠原道大と和田一浩の2人だろう。小笠原は06年オフにFA宣言し、日本ハムから巨人に移籍した。日本ハム時代には首位打者を2度(02、03年)獲得。06年には本塁打王と打点王のタイトルも手にし、リーグMVPにも輝いた。 07年に巨人へ移籍すると、主に3番打者として打率.313、31本 [全文を読む]

FA選手の流出が多い球団は?

ベースボールキング / 2016年11月05日11時00分

94年オフにダイエー(現ソフトバンク)へ移籍した工藤公康、石毛宏典を始め、清原和博、和田一浩、涌井秀章といった中心選手が次々と他球団へ移籍。また、松井稼頭央や中島裕之(現中島宏之)は活躍の舞台を海外に移した。昨オフも脇谷亮太が国内FA権を行使して、古巣の巨人に戻った。 また最もFAの流出が少なかったのは、04年に球団が消滅した近鉄と、05年に新規参入した楽 [全文を読む]

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(3)MVP選手に猛烈ダメ出し

アサ芸プラス / 2017年03月19日09時56分

悪い例が、元中日の和田一浩ですよ。上半身と下半身の動きがそろう、武士のようなぎこちない打撃フォームだった。あれはダメ。3年間アドバイスしたけど、結局、習得できなかった」 球団関係者はこれに苦笑いする。「和田は落合政権中にシーズンMVPも獲ったし、優勝にはずいぶん貢献していますよ。それなのにコキ下ろすとはね。15年オフ、当時の谷繁監督はGMの落合氏に『和田は [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース