城島健司のニュース

ネクフル、KTNテレビ長崎に動画オンデマンドサイトを提供開始 - 動画サイト無料構築サービス「necfru yours」を提供 - http://ktn-odm.co.jp/

5 / 2016年01月28日14時00分

KTNオンデマンド:http://ktn-odm.co.jp/テレビ長崎は、ネクフルの「necfru yours」を導入することで、放送番組のストリーミングによるオンデマンド配信事業に進出し、まずは同局が2013年4月から放送を開始し月1回制作放送を行ってきた、元プロ野球選手の城島健司氏とプロゴルファーの金谷多一郎が出演する「城島健司と金谷多一郎のモア☆ゴ [全文を読む]

阪神・城島の記念館が5月末で閉鎖 母は「役割終えたかな」

4 / 2012年05月21日07時00分

阪神・城島健司(35)がかつてない危機に瀕している。5月11日に座骨神経痛のために登録抹消。その後、手術を受けることも発表され、前半戦の出場は絶望的となった。弱り目に祟り目か、そんな城島に悲しいニュースが飛び込んできた。出身地の長崎・佐世保にある「城島健司ベースボール記念館」(2001年開館)が、5月末をもって閉館するというのだ。 佐世保駅から松浦鉄道で3 [全文を読む]

城島健司が臨時コーチ就任要請を拒否、ホークスより釣りが大事だった!?

3 / 2017年02月02日09時58分

ソフトバンクホークスが、OBの城島健司氏に臨時コーチ就任を要請したが、時間の調整がつかずに諦めていたことが明らかになった。 ソフトバンクは昨年あと少しのところでリーグ優勝を逃し、日本シリーズ出場をかけたクライマックスシリーズでもファイナルステージで敗退。チーム再建に向けてリーダーシップあふれる城島氏の力を借りたかったと見られる。「チームは理由を『調整がつか [全文を読む]

第二の清原和博か!?元メジャーリーガー城島健司の激変ぶりがヤバすぎる!

3 / 2016年04月30日09時59分

2012年に現役を引退、現在は野球からから離れて“釣り師”として悠々自適の生活を送っている城島健司氏が、佐世保観光名誉大使に就任。4月26日、佐世保市役所で就任の挨拶を行った。 中学生の時まで佐世保で暮らしていた城島氏は、「佐世保には名物がいっぱいある。微力ながらアピールしていければ」と抱負を語った。よくある微笑ましいニュースだが、城島氏の髪型が現役時代と [全文を読む]

「城島健司さん(佐世保市)」が突然長崎新聞の釣り欄に登場

3 / 2013年02月25日07時00分

50センチ超の巨大なクロ(メジナ)を1匹ずつ、両手に抱え、満面の笑みを浮かべる元阪神タイガースの城島健司氏(36)が写っていた。 城島氏の趣味が釣りであることは有名な話。昨年9月に涙の引退発表をして以来、表舞台にあまり姿を見せなかったが、地元・長崎の釣り大会「第24回丸銀ロングラン釣りダービー」に参加、クロの部で見事2位に入賞していた。記事には、〈久々の5 [全文を読む]

阪神 城島健司一塁転向で金本知憲がベンチスタートの危機説

3 / 2012年02月27日07時00分

* * * スポーツ紙デスクA:「張り切っているといえば阪神のベテラン、城島健司が気を吐いている。ただ、これが波紋を呼んでいる」 在阪スポーツ記者B:「膝の状態から捕手起用が難しいため、城島は一塁の練習を始めたんですが、城島が使ってるのは新井貴浩のファーストミットだった。これを見て落ち込んでいるのが若手の大和です。和田豊監督からは、『今年から新井を一塁、 [全文を読む]

谷繁氏が認める“凄い”捕手とは?

2 / 2017年04月19日11時45分

「例えば、同世代でいうと古田敦也さん、阿部慎之助、城島健司。また、矢野燿大さんもどちらかというと打っていたじゃないですか。よくそんな集中力というか、体力的に持つなと…」 谷繁が挙げたのは、同じ時代に活躍した4人の捕手だ。 ◆ 黄金期を支えた主軸たち 捕手として野村克也氏に次いで2人目の通算2000安打を達成した古田氏は、2年目に打率.340でセ・リーグの [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会の4番打者といえば…

2 / 2017年03月01日06時45分

正捕手として活躍した城島健司は2試合に出場。決勝の韓国戦では、無安打に終わったが4番で出場した。 【2009年】 村田修一(4試合) 稲葉篤紀(3試合) 城島健司(2試合) ◆ 第3回は阿部が初戦を除き6試合で4番 大会3連覇を逃した第3回大会は、第1ラウンド初戦を除いて阿部慎之助(巨人)が6試合で4番に座った。 オランダとの第2ラウンドGame4で3安 [全文を読む]

どうなる?侍ジャパンの正捕手問題

2 / 2017年02月26日15時00分

2009年の第2回大会は、城島健司と阿部慎之助、石原慶幸という3人。前回大会はメジャー挑戦のタイミングと重なって不参加だった城島が満を持しての参戦。攻守でチームを引っ張った。 そして2013年、第3回大会は阿部慎之助、炭谷銀仁朗、相川亮二という3人。阿部が「4番・捕手」の大黒柱としてチームを牽引したが、ベスト4で敗退。3連覇の夢が潰えた。 このように、日 [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

2 / 2017年01月03日17時05分

城島健司(1997年・ダイエー) 120試合:打率.308(432打数133安打)/15本塁打/68打点/6盗塁/OPS.820 城島健司のブレイクは高卒3年目。その打撃力でオールスターゲーム・捕手部門1位(戦後最年少)にも選ばれた。 ■五十嵐亮太(2000年・ヤクルト) 56試合:11勝4敗/1セーブ/防御率3.11/90奪三振/WHIP1.00 初 [全文を読む]

フォーカス