城島健司のニュース

ネクフル、KTNテレビ長崎に動画オンデマンドサイトを提供開始 - 動画サイト無料構築サービス「necfru yours」を提供 - http://ktn-odm.co.jp/

DreamNews / 2016年01月28日14時00分

KTNオンデマンド:http://ktn-odm.co.jp/テレビ長崎は、ネクフルの「necfru yours」を導入することで、放送番組のストリーミングによるオンデマンド配信事業に進出し、まずは同局が2013年4月から放送を開始し月1回制作放送を行ってきた、元プロ野球選手の城島健司氏とプロゴルファーの金谷多一郎が出演する「城島健司と金谷多一郎のモア☆ゴ [全文を読む]

阪神・城島の記念館が5月末で閉鎖 母は「役割終えたかな」

NEWSポストセブン / 2012年05月21日07時00分

阪神・城島健司(35)がかつてない危機に瀕している。5月11日に座骨神経痛のために登録抹消。その後、手術を受けることも発表され、前半戦の出場は絶望的となった。弱り目に祟り目か、そんな城島に悲しいニュースが飛び込んできた。出身地の長崎・佐世保にある「城島健司ベースボール記念館」(2001年開館)が、5月末をもって閉館するというのだ。 佐世保駅から松浦鉄道で3 [全文を読む]

城島健司が臨時コーチ就任要請を拒否、ホークスより釣りが大事だった!?

アサ芸プラス / 2017年02月02日09時58分

ソフトバンクホークスが、OBの城島健司氏に臨時コーチ就任を要請したが、時間の調整がつかずに諦めていたことが明らかになった。 ソフトバンクは昨年あと少しのところでリーグ優勝を逃し、日本シリーズ出場をかけたクライマックスシリーズでもファイナルステージで敗退。チーム再建に向けてリーダーシップあふれる城島氏の力を借りたかったと見られる。「チームは理由を『調整がつか [全文を読む]

第二の清原和博か!?元メジャーリーガー城島健司の激変ぶりがヤバすぎる!

アサ芸プラス / 2016年04月30日09時59分

2012年に現役を引退、現在は野球からから離れて“釣り師”として悠々自適の生活を送っている城島健司氏が、佐世保観光名誉大使に就任。4月26日、佐世保市役所で就任の挨拶を行った。 中学生の時まで佐世保で暮らしていた城島氏は、「佐世保には名物がいっぱいある。微力ながらアピールしていければ」と抱負を語った。よくある微笑ましいニュースだが、城島氏の髪型が現役時代と [全文を読む]

「城島健司さん(佐世保市)」が突然長崎新聞の釣り欄に登場

NEWSポストセブン / 2013年02月25日07時00分

50センチ超の巨大なクロ(メジナ)を1匹ずつ、両手に抱え、満面の笑みを浮かべる元阪神タイガースの城島健司氏(36)が写っていた。 城島氏の趣味が釣りであることは有名な話。昨年9月に涙の引退発表をして以来、表舞台にあまり姿を見せなかったが、地元・長崎の釣り大会「第24回丸銀ロングラン釣りダービー」に参加、クロの部で見事2位に入賞していた。記事には、〈久々の5 [全文を読む]

阪神 城島健司一塁転向で金本知憲がベンチスタートの危機説

NEWSポストセブン / 2012年02月27日07時00分

* * * スポーツ紙デスクA:「張り切っているといえば阪神のベテラン、城島健司が気を吐いている。ただ、これが波紋を呼んでいる」 在阪スポーツ記者B:「膝の状態から捕手起用が難しいため、城島は一塁の練習を始めたんですが、城島が使ってるのは新井貴浩のファーストミットだった。これを見て落ち込んでいるのが若手の大和です。和田豊監督からは、『今年から新井を一塁、 [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

城島健司(1997年・ダイエー) 120試合:打率.308(432打数133安打)/15本塁打/68打点/6盗塁/OPS.820 城島健司のブレイクは高卒3年目。その打撃力でオールスターゲーム・捕手部門1位(戦後最年少)にも選ばれた。 ■五十嵐亮太(2000年・ヤクルト) 56試合:11勝4敗/1セーブ/防御率3.11/90奪三振/WHIP1.00 初 [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

1999年に日本一になった王監督のダイエーは、シーズン序盤に扇の要である城島健司を故障で欠いたとはいえ、充実した戦力で翌2000年もパ・リーグを制覇した。 一方の巨人は、長嶋監督がFAで移籍した江藤智(あきら)に背番号「33」を譲り、現役時代の「3」を再び背負ったシーズン。ペナントレースは夏場から独走し、9月24日の中日戦で二岡智宏がサヨナラ本塁打を放っ [全文を読む]

【プロ野球】《“捕手のドラ1”を振り返る》名捕手が多数出現! 歴代“捕手ドラ1”の通算成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月15日17時05分

(◆=捕手以外での出場多数、★=現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“捕手ドラ1”の通算成績 【1965年】 大塚弥寿男(早稲田大→東京オリオンズ) 229試合:打率.178/4本塁打/16打点/0盗塁 1軍実働=7年 【1966年第1次】 ◆須山成二(広陵高→広島) 【野手】4試合:打席なし 【投手】2試合: [全文を読む]

【プロ野球】《引退選手のドラフトをプレイバック》派手さはないが存在感抜群。サブロー(ロッテ)がバットを置いた

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日16時05分

【セ・リーグ】 広島:山内泰幸(日本体育大) 巨人:河原純一(駒澤大) 横浜:紀田彰一(横浜高) 阪神:山村宏樹(甲府工高) ヤクルト:北川哲也(日産自動車) 中日:金森隆浩(立命館大) 【パ・リーグ】 日本ハム:金村秀雄(仙台育英高) ダイエー:城島健司(別府大附属高) ロッテ:大村三郎(PL学園高) 西武:富岡久貴(東京ガス) 近鉄:田中宏和(桜井商 [全文を読む]

阪神金本 集客マシンとしてまだまだ手放せないと球団関係者

NEWSポストセブン / 2012年07月24日07時00分

阪神の戦力構想の上で、ヒザの故障でマスクを被れなくなった城島健司の穴は大きい。 “捕手事情”は厳しく、「先発投手より先に捕手が降板する」と揶揄されるほどの状態。藤井彰人と小宮山慎二を軸に若手育成を目論んでいたが、藤井の故障に加え、小宮山の経験不足が響く。 「6月27日の中日戦で先発マスクを被ったのが小宮山。初回無死一、三塁のピンチで先発・岩田のワンバウンド [全文を読む]

井口引退セレモニーに集結「ホークス・ダイハード打線」の追憶!

アサ芸プラス / 2017年09月27日09時58分

試合後の引退セレモニーでは、ロッテで二遊間を組んだことのある阪神・西岡剛や、自主トレを共に行ってきた阪神・鳥谷敬ほか、ダイエーホークス時代の監督・王貞治氏、チームメイトの城島健司氏、川崎宗則のVTRコメントがバックスクリーンに映し出され、現地には柴原洋氏、小久保裕紀氏、斉藤和巳氏が足を運び、花束を手渡した。 井口自身も中軸を務めた、泣く子も黙る「ダイハー [全文を読む]

[6月8日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年06月08日06時00分

Others 森尾 由美(タレント、1966) 三村 マサカズ(さまぁ~ず:タレント、1967) TERU(GLAY:ミュージシャン、1971) 大谷 ノブ彦(ダイノジ:タレント、1972) レイザーラモンRG(タレント、1974) 城島 健司(野球、1976) 中村 仁美(アナウンサー、1979) [全文を読む]

里崎氏が語る捕手の打撃力

ベースボールキング / 2017年06月05日10時00分

90年代から00年代にかけて古田敦也氏、城島健司氏、矢野燿大氏、阿部慎之助など打てる捕手が多く存在した。しかし、昨季12球団で規定打席に到達した捕手は、リーグワーストの打率.204に終わった小林誠司(巨人)のみ。 今季は3人の捕手が規定打席に到達しているが、近藤健介(日本ハム)は捕手登録も指名打者や外野での出場が多く、12球団で規定打席に到達した捕手は実 [全文を読む]

メジャーから日本人野手“消滅”の可能性も……イチロー・青木の巻き返しに期待

ベースボールキング / 2017年05月27日23時55分

【MLBでプレーした日本人野手】 ※「☆」は現役 01-☆:イチロー(外野手) 01-03:新庄剛志(外野手) 02-09:田口 壮(外野手) 03-12:松井秀喜(外野手) 04-10:松井稼頭央(内野手) 05-08:井口資仁(内野手) 05 :中村紀洋(内野手) 06-09:城島健司(捕 手) 07-10:岩村明憲(内野手) 08-12:福留孝介( [全文を読む]

打てる捕手が減少 投手出身・江本氏の考えは?

ベースボールキング / 2017年05月19日10時00分

古くは野村克也氏、田淵幸一氏をはじめ、最近では古田敦也氏、城島健司氏、阿部慎之助など打てる捕手が存在した。しかし、昨季は12球団で規定打席に到達した捕手は、小林のみ。その小林はリーグワーストの打率.204だった。90年代から00年代にかけて多くいた“打てる捕手”も、近年はかなり減少している。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏は、9 [全文を読む]

谷繁氏と“野村克也”「あの数字がなかったら…」

ベースボールキング / 2017年04月21日11時45分

2003年に城島健司氏が捕手として2人目のフルイニング出場を成し遂げたが、当時は野村氏しかいなかった。 しかし、その野村氏をもう1つの記録で超える日がやってくる。プロ27年目、2015年7月28日の阪神戦に「8番・捕手」で先発した谷繁氏は、野村氏の持っていたプロ野球の最多出場記録3017試合を更新する。 最終的には3021試合まで数字を伸ばしたが、本人が「 [全文を読む]

谷繁氏が現役捕手に警鐘!?「もっと泥臭く」

ベースボールキング / 2017年04月21日11時15分

◆ 捕手併用の時代!? かつては、谷繁氏をはじめ、古田敦也氏、城島健司氏、阿部慎之助など、各球団に“正捕手”と呼ばれる絶対的な存在がいた。 しかし近年は、打てる捕手が少ないことも影響しているのか、複数の捕手を併用する球団が多く、2016年に規定打席に到達した捕手は、WBCで正捕手を務めた巨人の小林誠司だけだった。 また昨年は、先発マスクで100試合以上に [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパン監督を退任した小久保裕紀氏はどこへいく? 指揮を執りそうなチームを大胆予想!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日17時05分

そのときには投手コーチに斉藤和巳氏、バッテリーコーチに城島健司氏、さらに2軍監督に松中信彦氏が就くとなればオールドファンにとってはたまらないのだが……。 ■史上初・生え抜き以外の巨人軍監督は? 筆者はソフトバンクの監督にはならない可能性が高いと見るが、そうだとするとどこの監督になるのか? それは……、巨人。 その理由を挙げていこう。まず、生え抜き以外の監督 [全文を読む]

阪神にマジック143が点灯!「今年は優勝」と思うファンの割合は…

しらべぇ / 2017年03月29日21時00分

それから現在まで、城島健司氏や福留孝介、新井貴浩両選手や、西岡剛内野手などFAや元メジャーリーガーを高額年俸で次々と獲得しているものの、結果を出すことができていない状況。かろうじて2014年にクライマックスシリーズを制し、日本シリーズに出場したものの、福岡ソフトバンクホークスに歯が立たず、完敗している。■今年優勝の可能性は?昨年は優勝した広島東洋カープに、 [全文を読む]

フォーカス