萩生田光一のニュース

政界失言集、「田舎のプロレス」発言の萩生田光一など

NEWSポストセブン / 2016年12月27日07時00分

萩生田光一・官房副長官も負けてはいない。野党の国会対応を「田舎のプロレス」と揶揄。同じ自民党のプロレス出身議員・馳浩氏から「オレと勝負するか」とスゴまれると陳謝した。 ※週刊ポスト2017年1月1・6日号 [全文を読む]

第二の「君の名は。」誕生なるか、日本と中国が合作映画の製作協定締結を加速へ―中国メディア

Record China / 2017年03月21日09時20分

2017年3月19日、中国メディアの信報網は、萩生田光一官房副長官が17日に北京を訪問し、中国政府関係者との間で日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意したと伝えた。 萩生田光一官房副長官は、日中国交正常化45周年の記念イベントに出席するため、17日に北京入りした。滞在は3日間を予定しており、文化交流を通して両国関係の改善を図る狙いだという。 記事 [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

怒りをテレビカメラにさらしていた萩生田光一官房副長官(東京選出)や石原伸晃東京都連会長の気分に配慮する必要もない。 だが、小池の「崖から飛び降りる」という勇ましさは、面倒くさいことを避け、人の心にかまわずショートカットしたがる彼女の性格とも深くつながっているのではないかと、ふと思う。 一例がある。防衛大臣に就任して間もないころだ。 「防衛省の天皇」と異名を [全文を読む]

「内部文書」の真偽焦点=民進、攻勢強める―加計学園問題

時事通信 / 2017年05月17日20時33分

この中には、首相側近の萩生田光一官房副長官が「農林水産省などの協力が必要」「私の方で整理しよう」と発言したなどの具体的な記述がある。「副大臣レク」といった用語や、自民党総務会手続きなどにも触れており、官僚出身の民進党議員は「本物だ」と断言した。 [時事通信社] [全文を読む]

安倍首相の加計学園疑惑に決定的証拠! 官邸が文科省に「総理のご意向」の文書、萩生田官房副長官も圧力

リテラ / 2017年05月17日18時38分

これは官邸の最高レベルが言っていること〉⚫️安倍首相の側近・萩生田光一官房副長官が「総理の意向」と文科省に圧力 [全文を読む]

改憲覆面レスラーを前に民進ガチンコプロレスはなるか

スポニチアネックス / 2017年05月16日10時01分

昨年11月、萩生田光一官房副長官が野党の国会対応について「田舎のプロレス」と発言した際には猛反発。「(国会の場で)ガチンコのプロレスをやってやろう」と鼻息を荒くしていた。 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を巡り与党側が描くスケジュールは5月18日の衆院通過。民進党は強行採決に至れば金田勝年法相の不信任決議案を提出する構えを見せて、けん制して [全文を読む]

日韓首脳会談の早期開催で合意、安倍首相は慰安婦合意の履行促す―中国メディア

Record China / 2017年05月11日21時00分

萩生田光一官房副長官が明らかにした。両首脳はできるだけ早く会談することで合意した。安倍首相は日中韓首脳会談の早期開催、文大統領の早期の来日を歓迎する意を表明した。 文大統領は日韓合意について、国内には「慎重な意見を言う人もいる」と説明。「両国の発展のため、歴史問題を賢く解決する必要がある」と話した。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

日韓首脳が電話会談、北朝鮮問題で連携確認 慰安婦合意にも言及

ロイター / 2017年05月11日16時41分

萩生田光一官房副長官が電話会談後に記者会見で明らかにした。 会談は午後2時35分から約25分間にわたって行われた。安倍首相は冒頭、文大統領の就任に祝意を示した上で「韓国は日本にとって戦略的利益を共有する重要な隣国」と述べた。 北朝鮮情勢を巡っては、首相が「北朝鮮が非核化に向けた真剣な意思と具体的行動を示すことが重要」との認識を示し、文大統領側も同調した。 [全文を読む]

「28度は不快」=クールビズめぐり―副大臣会議

時事通信 / 2017年05月11日16時28分

議長を務める萩生田光一官房副長官は「環境省として、よく検討を加えてほしい」と促した。ただ、環境省の担当者は「28度は冷房の設定温度ではなく室温であり、あくまで目安。体調に合わせて下げてもらっていい」と困惑している。 [時事通信社] [全文を読む]

改憲めぐる安倍首相答弁で釈明=萩生田官房副長官

時事通信 / 2017年05月11日12時38分

萩生田光一官房副長官は11日午前の衆院議院運営委員会理事会で、安倍晋三首相の憲法改正に関する国会答弁について「国会を軽視するものではない」と釈明した。その上で「批判は真摯(しんし)に受け止め、今後とも言葉を尽くし、国会に対する責任を十分に果たしたい」と理解を求めた。 これに対し、民進党側は「丁寧な答弁、真摯な国会対応を要求する」と指摘。佐藤勉委員長も「より [全文を読む]

フォーカス