萩生田光一のニュース

加計学園問題まとめ 「要注意発言」で振り返る

文春オンライン / 2017年05月20日07時00分

重要人物の萩生田官房副長官と義家文科副大臣の発言は? 萩生田光一 官房副長官 「本件について、ここまで詳しいやりとりをしたという記憶は私はございません」 FNNニュース 5月19日 問題の文書の中に登場する重要人物が、学部設置の認可を判断する文部科学省の義家弘介副大臣と、萩生田光一官房副長官だ。 5月18日、日刊ゲンダイが計8枚に及ぶ文書を全文公開してい [全文を読む]

第二の「君の名は。」誕生なるか、日本と中国が合作映画の製作協定締結を加速へ―中国メディア

Record China / 2017年03月21日09時20分

2017年3月19日、中国メディアの信報網は、萩生田光一官房副長官が17日に北京を訪問し、中国政府関係者との間で日中合作映画の製作協定締結を加速させることで合意したと伝えた。 萩生田光一官房副長官は、日中国交正常化45周年の記念イベントに出席するため、17日に北京入りした。滞在は3日間を予定しており、文化交流を通して両国関係の改善を図る狙いだという。 記事 [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

怒りをテレビカメラにさらしていた萩生田光一官房副長官(東京選出)や石原伸晃東京都連会長の気分に配慮する必要もない。 だが、小池の「崖から飛び降りる」という勇ましさは、面倒くさいことを避け、人の心にかまわずショートカットしたがる彼女の性格とも深くつながっているのではないかと、ふと思う。 一例がある。防衛大臣に就任して間もないころだ。 「防衛省の天皇」と異名を [全文を読む]

小池知事 安倍官邸の「空気支配力」の怖さを熟知

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

メディア出身の彼女は、小池都政に80%近い支持があっても、安倍首相はなにやら得体の知れない世論の空気を味方に付けていて、正面切って戦うのは不利と感じ取っているからではないか」 そんな小池氏の足元を見て自民党が「ご自身の立ち位置さえも決められない知事」(萩生田光一・官房副長官)と“二重党籍”批判で反転攻勢をかけると、小池氏も決断を迫られた。 懸案の五輪費用分 [全文を読む]

中国外交担当トップが訪日、日本の政府要人と次々会談―仏メディア

Record China / 2017年06月01日10時00分

楊国務委員は、菅義偉官房長官や萩生田光一官房副長官、岸田文雄外相、自民党の二階俊博幹事長らとも会談した。菅官房長官とは31日、経済や観光での協力を促進させることで一致し、萩生田官房副長官とは日中関係改善を中心に積極的な意見交換を行った。 30日に行われた岸田外相との会談は1時間20分に及んだ。北朝鮮の核・ミサイル問題で国連と緊密に連携すること、日中韓の対 [全文を読む]

大メディア、安倍政権に取り込まれ不利な情報は流さぬ状況に

NEWSポストセブン / 2017年05月31日07時00分

首相が大手紙や民放キー局の社長や会長と相次いで会食して手なずける一方、2014年の総選挙前には側近の萩生田光一氏を通じて民放各局に“報道の公平中立を守るように”という圧力文書を配って恫喝もした。そのアメとムチの結果、いまや大メディアは政権にすっかり取り込まれ、安倍政権に不利な情報があっても報じなくなった。 今回の読売の前川氏の報道は、さらに進んで、メディア [全文を読む]

前川前次官会見で田崎スシローがアクロバティック安倍官邸擁護!「菅さんが言ってるから文書は嘘」「読売記事はスクープ」

リテラ / 2017年05月27日14時00分

文部科学省が勝手になにかつくった文書なのではないか、という主張なんです」 どうしてなんの客観的証拠も示さないまま、菅義偉官房長官や萩生田光一官房副長官が「言ってない」というのは本当で、前川氏の証言がウソという前提になるのか。あげく、文科省が勝手につくった文書とは......。これにはさすがの小倉も「これだけ重要な問題で、文科省ってそんな勝手に文書つくるもの [全文を読む]

オヤジ的表現「揉みってる」「夜の特打ち」ネットで案外好評

NEWSポストセブン / 2017年05月22日16時00分

2016年11月、自民党の萩生田光一官房副長官が、国会での野党議員による怒れる質問スタイルについて「本当に田舎のプロレス。ロープに投げて帰ってきて空手チョップで一回倒れて、みたいなやり取りの中でやっている。私は茶番だと思ってる」と述べた。 これに対し、プロレスを冒涜されたと感じたファンから怒りの火の手があがる。そして鈴木みのる、小島聡、タイチ、馳浩衆議院議 [全文を読む]

加計学園"総理のご意向"文書「流出」の舞台裏 背後に見え隠れする「麻生vs菅」の構図

東洋経済オンライン / 2017年05月18日11時20分

無理だと思う」「学校ありきでやっているという誤解を招くので、無理をしない方がいい」と、安倍首相に最も近いひとりとされる萩生田光一官房副長官ですら消極的な見解を述べている点が興味深い。 [全文を読む]

安倍首相の加計学園疑惑に決定的証拠! 官邸が文科省に「総理のご意向」の文書、萩生田官房副長官も圧力

リテラ / 2017年05月17日18時38分

これは官邸の最高レベルが言っていること〉⚫️安倍首相の側近・萩生田光一官房副長官が「総理の意向」と文科省に圧力 [全文を読む]

日韓首脳会談の早期開催で合意、安倍首相は慰安婦合意の履行促す―中国メディア

Record China / 2017年05月11日21時00分

萩生田光一官房副長官が明らかにした。両首脳はできるだけ早く会談することで合意した。安倍首相は日中韓首脳会談の早期開催、文大統領の早期の来日を歓迎する意を表明した。 文大統領は日韓合意について、国内には「慎重な意見を言う人もいる」と説明。「両国の発展のため、歴史問題を賢く解決する必要がある」と話した。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で安倍昭恵夫人の政府職員“私物化“が次々発覚! 私塾の事務局まで

リテラ / 2017年04月14日11時57分

この転勤は森友問題発覚以前に決まっていたというが、萩生田光一官房副長官は「ちょうどいいタイミング。事態が沈静化するまで向こうにいたらいい」と発言していたという証言を同誌は紹介。安倍政権としては渡りに船で、谷氏にすべての責任を押し付けたまま"逃避"させるらしい。 だが、いくら政府が谷氏のファクス文書を「職務上作成したものではない」「行政文書ではない」と言い [全文を読む]

<アベノミクス>財界・官界が弱体化、政権のチェック機能働かず―“安倍一強”に独走許す

Record China / 2017年03月28日05時50分

トップの局長に萩生田光一氏(自民党衆院議員)ら総裁特別補佐官が就任したことが大きい。かつて人事は基本的に各省庁に委ねられ、「霞が関の人事部長」は官房副長官(総務省などの事務次官経験者)が担う慣例になっていたが、それを官邸が動かすようになった。この結果、官邸の特命チームがトップダウンで各官庁を差配するようになった。官僚も自分の人事を握る官邸の意向には逆らえな [全文を読む]

日本の「歌舞伎」公演が盛況、着物姿で鑑賞する中国人女性も―北京市

Record China / 2017年03月21日18時30分

同日午後に行われた招待公演には、在日本中国大使館の程永華大使や日本の萩生田光一官房副長官、在中国日本大使館の横井裕大使なども鑑賞に駆け付けた。人民網が伝えた。 歌舞伎は日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。400年以上の歴史を誇る。今回上演されたのは、「義経千本桜」や「恋飛脚大和往来」、「藤娘」など名作3演目。役者の華麗な演技や絢爛な衣裳で、歌舞伎の様式美、独 [全文を読む]

官邸の秘策「都議&衆院W選で小池旋風止め」

プレジデントオンライン / 2017年03月04日11時15分

特に、小池氏と対峙する自民党東京都連の下村博文会長や萩生田光一官房副長官といった首相側近が敗北する可能性も指摘されている。自民党幹部は「今の『小池旋風』に対抗するためには、『核爆弾』並みのインパクトを持って勝負に出るしかない」と現状を解説する。今のところ国会日程はスムーズになると見込まれており、5月の大型連休以降はいつでも解散できる「空白状態」になりそうだ [全文を読む]

安倍トランプ"ゴルフ会談"で本当の人間力が試されている!|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2017年02月11日18時36分

萩生田光一官房副長官と言えば「田舎のプロレス」発言で昨年注目を浴びたが、実は同じ会合でもっと味わい深い発言をしている。それが安倍首相に関する次の言葉である。 《首相はおぼっちゃま育ちの割には不良と付き合うのが上手だ。荒っぽい政治家と堂々と話すことができる。》 ここでいう「不良」とは、トランプ、プーチン、フィリピンのドゥテルテ、トルコのエルドアン大統領のこと [全文を読む]

“被害妄想“百田尚樹が今度はテレビ攻撃!「地上波はおぞましいくらい左翼的」「私も憲法改正を言うからお呼びがかからない」

リテラ / 2017年01月24日22時00分

事実、14年末の解散総選挙の際には、在京キー局に萩生田光一自民党筆頭副幹事長の名義で"圧力文書"を一斉に送付、15年春には『報道ステーション』の古舘伊知郎氏、『NEWS23』の岸井成格氏、『クローズアップ現代』の国谷裕子氏など、官邸から目をつけられていたキャスターたちが次々と降板に至った。そしていまや、ワイドショーや夜のニュース番組を見れば、ほとんどが安倍 [全文を読む]

政界注視!「2018年1月2日」の大イベント

プレジデントオンライン / 2017年01月12日15時15分

国内の大きなリスクとしては、首相の女房役である菅義偉官房長官や萩生田光一官房副長官、下村博文東京都連会長らの選挙区で野党の共闘が実現した場合、当選できる保証がなかったことだ。 国外のリスクは、米国のトランプ新政権がどのような方向に舵を切るか読み切れなかったことだ。1月に衆院解散を断行した場合、1月20日に米大統領に就任するトランプ氏が持論のTPP離脱を表 [全文を読む]

都議会自民はなぜ、取材を受けないのか?

プレジデントオンライン / 2016年12月27日17時30分

都議会自民党は自民都連の幹部でもある萩生田光一内閣官房副長官を通して、菅長官に老練な政治手法を教えてもらうのがいいと思う。知事に対抗する手段が、「握手拒否とヤジ」では、あまりに稚拙ではないだろうか。 雑誌プレジデントでは、小池百合子東京都知事による連載「東京ビッグバン」、飯島勲内閣参与(特命担当)による連載「リーダーの掟」、橋下徹さんによる連載「橋下通信」 [全文を読む]

政界失言集、「田舎のプロレス」発言の萩生田光一など

NEWSポストセブン / 2016年12月27日07時00分

萩生田光一・官房副長官も負けてはいない。野党の国会対応を「田舎のプロレス」と揶揄。同じ自民党のプロレス出身議員・馳浩氏から「オレと勝負するか」とスゴまれると陳謝した。 ※週刊ポスト2017年1月1・6日号 [全文を読む]

フォーカス