松中信彦のニュース

最後の三冠王・松中信彦が振り返る19年の現役生活 「あの頃はバッティングを極めたと思いました」

週プレNEWS / 2016年05月26日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白した対談インタビュー第2回!(聞き手/野球評論家・橋本清) ●前編参照→「『三冠王のプライドは全部もう消えてま [全文を読む]

松中信彦が明かした現役引退の心情 「三冠王のプライドは全部もう消えてました」

週プレNEWS / 2016年05月18日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白!(聞き手/野球評論家・橋本清) * * * 橋本 松ちゅん(松中の愛称)、長い間、ご苦労さまでした! 自分も [全文を読む]

【プロ野球】次なる”中年の星”は誰?マサに続く今年の40歳選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日16時00分

(年齢は昨年末時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年度プロ野球選手年齢ランキング(降順) 1位:山本昌 50歳(投手/中日→引退) 2位:中嶋聡 46歳(捕手/日本ハム→引退) 3位:斎藤隆 45歳(投手/楽天→引退) 4位:谷繁元信 45歳(捕手/中日→引退) 5位:和田一浩 43歳(外野手/中日→引退) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松中信彦選手をホークス公式ツイッターが激励「用行舎蔵は世の雑音」

TechinsightJapan / 2015年10月02日14時30分

福岡ソフトバンクホークスからの退団を決意した松中信彦選手が10月1日、ヤフオクドームにてホークスでの最後の試合を終えた。今後も他球団から声がかかれば現役を続けたいと望む松中選手にホークスの公式ツイッターが熱いメッセージを送り、ファンの反響を呼んでいる。 松中信彦選手は、9月29日に自由契約により福岡ソフトバンクホークスからの退団とともに現役続行の意志を示し [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

前年まで工藤を師匠と慕った城島や松中信彦が恩返しの一発を放って勝利すると、続く第2戦もダイエーが連勝して優位に立つ。 ところが、いつもと勝手の違う「移動日なし」で行なわれた福岡ドームの第3戦で風向きが変わる。この変則日程は、ダイエー側の手違いで、日本脳神経外科学会の日程とダブルブッキングしたことで生じたものだ。 慌ただしく移動しながら、長嶋監督は打線を組み [全文を読む]

【プロ野球】《ホークス背番号列伝・第3回》個性的&骨太。何かと話題を振りまいた「背番号3」の選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日17時05分

佐々木誠(1989年~1993年) 松永浩美(1994年~1997年) 吉永幸一郎(1998年) 松中信彦(2000年~2015年) (※カッコ内は背番号3を背負っていた年) 「ほぉ……」と感じた方も多いのでは? 何かと個性的だったり、お騒がせだったりと、ホークスファンの印象に残る選手達ばかりである。そんな背番号3を背負った選手たちの共通点を見てみよう。 [全文を読む]

19年間の現役生活で松中信彦が語った松坂とダルビッシュ 「大輔は常に真っすぐ勝負、力と力の勝負をしてくれた」

週プレNEWS / 2016年06月03日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白した対談インタビュー第3回! 前回は三冠王獲得時を振り返り、そのプレッシャーと苦悩も明かしたが…。(聞き手/野 [全文を読む]

松中信彦 唯一の悔いは息子2人に活躍を見せていないこと

NEWSポストセブン / 2016年03月29日11時00分

昨年12月、松中信彦(42)は19年間在籍したソフトバンクを自由契約となった後も、他球団からのオファーを待ち続けた。しかし、2月末までにオファーがなかったため3月1日に引退会見を開いた。 首位打者2回、本塁打王2回、打点王3回。2004年には史上7人目、平成では唯一の三冠王に輝いた。球団から華やかな「花道」を準備してもらって当然の存在だが、どんなにボロボ [全文を読む]

ギャンブル王・松中信彦引退の原因は「素行不良」!? 球界に居場所なく、行く先は「公営競技」しかない?

Business Journal / 2016年03月16日17時00分

あれほどの選手なのにテストすら受けられなかった訳ですからね」(スポーツ紙記者) 昨年限りでプロ野球・福岡ソフトバンクホークスを退団した松中信彦内野手が1日、福岡市内で会見し現役引退を正式に発表した。 「出場機会を求めて昨季限りでソフトバンクを退団して他球団のテストを受けるつもりが、そのテストすらオファーがありませんでした。本人はソフトバンクで指導者をしたい [全文を読む]

【プロ野球】キャンプ始動も引き取り手なし…松中信彦はどうなる?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月08日17時00分

しかし、その中にかつての主砲・松中信彦の名前は聞かれない。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■NPBじゃなきゃ、ダメなんです! 「自分の居場所がない」と、ソフトバンクを退団。11球団どこでもウエルカムで新天地からの誘いを待っていた松中だが、シーズンを終えても年を越しても、その誘いはなく、とうとうキャンプが始まった。春季キャ [全文を読む]

【プロ野球】超大物・松中信彦の移籍先が決まらない”3つの理由”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月29日16時00分

今オフ、19年在籍したソフトバンクを退団し、現役続行を宣言した松中信彦(42)の去就がまだ決まらない。現役唯一の三冠王獲得。実績ある左の代打はノドから手の出るほどほしい球団は数多い。 しかし、ここまで松中に手を挙げた球団はなく、自身で編成にオファーをかける事態に至っている。レジェンド・松中の去就はなぜ決まらないのか。少し考察してみよう。 ※野球の見方が変わ [全文を読む]

ガングロの松中信彦に少年 外国人と思い「サインプリーズ」

NEWSポストセブン / 2014年02月14日07時00分

普段から番記者としてつぶさに様子を見届けている、在版紙A記者、在京紙B記者にスポーツジャーナリストのC氏が加わり、各球団の外国人事情と自主トレが松中信彦にもたらした悲劇(?)について語り合った。 A:面白いのは大型補強したソフトバンクですね。外国人が7人に増えて、どんな状況になるか。外国人同士の情報の伝達はイマイチだったみたいで、メキシコから来たカニザレ [全文を読む]

6月5日(火)、“球ドル”松中みなみ×立花陽香がUストで「ソフトバンク×巨人」を応援対決!

週プレNEWS / 2012年06月02日00時51分

出演は、ソフトバンク・松中信彦選手の親戚で、ベースボールエキスパート2級の認定証を持つ松中みなみ。高校時代、野球部のマネージャーで、巨人・小笠原などのモノマネを特技とする熱狂的巨人ファンの立花陽香。 当日は、二人がこよなく愛している福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツの試合の中継を見ながら、互いのチームの応援し、時にプロ野球への想いを熱く語り合う。 [全文を読む]

鍛えて美しい体に!元ミス・ユニバース日本代表が福岡のジムで直接指導

Walkerplus / 2017年04月13日17時00分

記者発表では、トータル・ワークアウト代表のケビン山崎氏や、2015年ミス・ユニバース日本代表の宮本エリアナさん、アビスパ福岡の井原監督、ライジングゼファーフクオカのジョシュ・ペッパー氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、元ソフトバンクホークスの松中信彦氏が登場。 同施設で、定期的に特別レッスンを行う予定の宮本さんは、「ミス・ユニバースとしての活動を通して学ん [全文を読む]

【プロ野球】侍ジャパン監督を退任した小久保裕紀氏はどこへいく? 指揮を執りそうなチームを大胆予想!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日17時05分

そのときには投手コーチに斉藤和巳氏、バッテリーコーチに城島健司氏、さらに2軍監督に松中信彦氏が就くとなればオールドファンにとってはたまらないのだが……。 ■史上初・生え抜き以外の巨人軍監督は? 筆者はソフトバンクの監督にはならない可能性が高いと見るが、そうだとするとどこの監督になるのか? それは……、巨人。 その理由を挙げていこう。まず、生え抜き以外の監督 [全文を読む]

WBC侍ジャパン 決勝T進出でも観客は知らない「ベンチ裏パニック」!(3)中田翔が好調の意外なワケ

アサ芸プラス / 2017年03月23日09時56分

立浪氏や宮本慎也氏(46)らが容赦なく追い出され、松中信彦氏(43)は旧知の小久保監督に挨拶しようとケージ内に入ると、「お前、入れないぞ」と小久保監督に追い払われてムッとするシーンも。 その一方で、ネット裏では激しい情報戦が繰り広げられていた。強化試合の段階からメジャー30球団のスカウトが勢ぞろい。4、5人のチームを組んで来日している球団まであった。前出・ [全文を読む]

【プロ野球】岸孝之(楽天)を見ると思い出す。西武からパ・リーグ他球団に移籍して活躍したピッチャーたち

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日17時05分

この時期のダイエーは、小久保裕紀を筆頭に城島健司、松中信彦、井口忠仁(現・資仁)と、後に主力となる選手たちが次々と入団。チームは過渡期にあった。城島とバッテリーを組んだ工藤は、打たれるとわかっていながら城島のサインに従い、そして打たれた。 マウンドを降りた工藤は城島に対して「なぜあの配球だったのか、なぜ打たれたのか」を懇々と説明していった。そうして城島を [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

その流れは松中信彦、松田宣浩と今も続いている。 ■球団、競技の垣根を超えた自主トレ 近年は、交流戦やWBCなどの影響で球団の垣根を越えた選手同士の交流が、一昔よりも活発になっている。その特徴は自主トレにも表れている。 よく見られるのは母校の先輩・後輩が一緒に行うパターンで、西岡剛(阪神)は母校・大阪桐蔭の後輩である平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)ら「チ [全文を読む]

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

ちなみに同時期のソフトバンクは、松中信彦の5億円、小久保裕紀の3億円を筆頭に10人もの1億円プレーヤーを輩出していた。 それでも日本ハムは2006年、2007年とリーグ連覇を果たしているのだから、やはり費用対効果の高い球団経営という点では球界屈指と言えるかもしれない。 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

フォーカス