白井文吾のニュース

球春捕れたて大放出!プロ野球「覆面スクープ座談会」(3)“自作自演”説が流れる斎藤佑樹

アサ芸プラス / 2017年04月30日09時56分

有力候補だった小笠原道大二軍監督(43)に難色を示されたこともあって、白井文吾オーナー(89)が「他に適任がいない」と、鶴の一声で前ヘッドコーチだった森監督の内部昇格案をゴリ押しして就任させた経緯もあります。予想どおりの低迷でチームの士気も上がらず、早くも選手たちが「シーズン中に解任されるんじゃないか」とまでささやいている始末です。C 解任といえば、昨季夏 [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(1)身の危険を感じて退任を申し入れ

アサ芸プラス / 2017年01月15日09時56分

そんな状況に業を煮やし、事実上の電撃解任を断行したのだが、それを白井文吾オーナー(88)に進言、裏で画策していたのが落合氏だったという事実が発覚すると、GMの責任を問う抗議が球団に殺到。ナゴヤドームでは「落合GMは去れ!」のボードを掲げたファンと球団側が衝突するなど、落合批判はエスカレートしていった。名古屋の球界関係者が嘆息する。「森繁和監督(62)が代 [全文を読む]

落合GM退任の中日 森新監督主導のチーム作りに好感触

NEWSポストセブン / 2017年01月08日07時00分

「球団副社長に昇格して“院政”を続けるとみられていたが、Bクラス続きでファンの心も離れ、白井文吾オーナーもかばいきれなくなった」(中日新聞関係者) 結果、森繁和新監督主導のチーム作りが進むと好意的に受け止められている。 「森監督はコーチ時代に自ら海外視察を繰り返すなどドミニカを中心とする中南米ルートに人脈がある。これから発表される新外国人の活躍で一気にB [全文を読む]

中日・落合GM「1月末クビ」決定と「鎌倉デート」の真相(1)4年連続Bクラスに白井オーナーも…

アサ芸プラス / 2016年12月10日17時56分

だが、そんな状況でも、白井文吾オーナー(88)は事あるごとに「落合は悪くない」と擁護。コストカットの手腕も評価し、全幅の信頼を口にしていた。谷繁元信前監督(45)のシーズン途中解任に際してGMの責任を問う声が上がってもなお、その姿勢は変わらなかったのだ。 ところが、である。その雲行きが急転したのは9月、シーズン最終盤だった。スポーツライターが語る。「谷繁前 [全文を読む]

掛布の31、立浪の3などプロ野球の背番号争奪戦ドラマ

NEWSポストセブン / 2016年12月07日16時00分

「中日では2009年に球団記録の2480安打を放った立浪和義が引退し、“背番号『3』を永久欠番に”というファンの署名活動まであったが、白井文吾・オーナーと落合博満監督(当時)は、“森野将彦(38)に『3』を渡す”と決めて発表し、猛反発を食った。結局、森野は辞退。『3』は立浪と同じPL学園の後輩として2011年に入団した吉川大機が継いだが、入団わずか2年で [全文を読む]

巨人はFA選手に総アタック? プロ野球「戦力補強」覆面座談会

日刊大衆 / 2016年10月24日12時00分

唯一の後ろ盾である白井文吾オーナーが落合を信じきってるからねえ。子飼いの森繁和が監督に就任したことは、まだまだチーム内で落合GMの権力が健在ってことなのかな。 [全文を読む]

中日低迷の原因は落合GMの補強失敗か 谷繁監督とも確執

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

8年間の監督生活で中日をリーグ優勝4回、2007年には日本一に導いた圧倒的な実績を、白井文吾オーナーに買われてのことだった。 しかし、その後の中日は谷繁兼任監督のもと2014年4位、2015年は5位と低迷。谷繁氏が専任監督となった今年は、シーズン半ばに監督と佐伯貴弘・守備コーチが休養に追い込まれ、ついに最下位に終わった。低迷の原因は、落合GMの補強失敗にあ [全文を読む]

中日・白井オーナーに直撃 「落合GMの評価は凄く高い」

NEWSポストセブン / 2016年10月03日07時00分

「名古屋でメシを食っている以上、表立ってはいえないが、やはり最も大きいのは白井文吾オーナーの責任だろう。白井オーナーは自他ともに認める落合GMの後ろ盾。落合氏の“独裁”は、その近すぎる関係の上に成り立っている。ここにメスを入れない限り、監督や主力選手を入れ替えても状況は変わらない」 本誌は落合GM体制の命運を握る白井オーナーを直撃した。今季最終戦が東京ド [全文を読む]

プロ野球「ストーブリーグ」の地雷原!(1)オリックス・糸井の株が急騰中

アサ芸プラス / 2016年10月02日17時56分

遺恨があるうえ、白井文吾オーナー(88)が「代わりならいくらでもいる」と発言したことで、FA権行使は避けがたい状況となっている。「平田はヤクルトと相思相愛だ、と聞いているが‥‥」(前出・球界OB) [全文を読む]

「暗黒球団」に転落させた中日・落合博満GMの全悪行(1)独自理論のドラフト結果は…

アサ芸プラス / 2016年08月28日17時56分

実は落合博満GM(62)が白井文吾オーナー(88)に『このままでは来年につながらない。すぐに谷繁をクビにしてください』と直訴したそうです」 白井オーナーがたまたまナゴヤドームに観戦に訪れた7月下旬のヤクルト戦で、ヤジに激怒した平田がファンとトラブルを起こした。ただ、その試合のヤジには「谷繁を辞めさせろ!」というものが多かったことも一因だったというが、「実際 [全文を読む]

激震の中日が内部崩壊…反オーナー派による「落合降ろし」が!?

週プレNEWS / 2016年08月25日06時00分

「谷繁監督が白井文吾(ぶんご)オーナーを訪ね、落合GMの編成手腕のまずさを直訴したんです。これに落合GMが激怒し、ふたりの対立は決定的に。今回、シーズン途中、異例の解任劇となったのは世間の関心がリオ五輪に集中し、『谷繁切り』のニュースが目立たずに済むと考えたのに加え、シーズンオフになると自らの責任も追及されかねないと考えた落合GMが先手を打ったともいわれ [全文を読む]

谷繁監督休養でも勝てない中日「落合・白井降ろし」の予兆

NEWSポストセブン / 2016年08月23日07時00分

「今回の一件は、白井文吾・球団オーナーの後ろ盾を得た落合博満・GMが、監督に責任を押し付けたもの。落合GMは監督に相談もせず、ベテラン勢を切ったり、補強もすべて自分で仕切っていた。それらが全くうまくいかなかった結果の低迷ですから、谷繁監督含め球団関係者は“GMの契約は来年1月に切れる。それまでの我慢だ”という気持ちでなんとか頑張っていた。 にもかかわらず [全文を読む]

中日、谷繁監督「解任」で歴史的暗黒時代に突入…勝手に選手解雇する落合GMの横暴

Business Journal / 2016年08月13日07時00分

また、落合GMは白井文吾オーナーと蜜月関係にありますが、白井オーナーは今回の件について『(落合GMの)意見は聞いた』『(落合GMがトップを務める)編成面には責任はない』と語っています」 突然の解任劇の背景には、2人の確執の影響もあったのだろうか。しかし、当然ながら、不振の責任は落合GMも問われるものだろう。現在、後任の人選は小笠原道大2軍監督を軸に進められ [全文を読む]

3年連続Bクラスの中日が「落合GM解任」であの大物を招へい?(1)白井オーナーと蜜月になった理由

アサ芸プラス / 2016年07月09日09時56分

そして、質問をぶつけられた相手こそ、ドラゴンズのオーナーにして、親会社である中日新聞社の白井文吾会長(88)だった。 白井オーナーは、その場でこう明言した。「3年間Bクラスですからね。さすがに今年であがってもらいます」 ある球団関係者が続ける。「その話は、瞬く間に球団内に広がりました。落合GMの後ろ盾は白井オーナーですから、そのオーナーが言ったのなら今年で [全文を読む]

中日・落合GMの“豪腕支配”で谷繁監督が八方ふさがり(2)ドラフトでも谷繁監督の意見が通らない

アサ芸プラス / 2016年02月09日01時56分

白井文吾オーナー(88)が球団の人気向上と中日新聞社全体の販促のことも考え、1位だけは若いスター候補の獲得にこだわったんです。そもそもオーナーは落合GMにとって監督時代からの強力な“後ろ盾”。敵に回すわけにはいかないとGMも受け入れた。でも2位以下は前年同様に全員が大学・社会人の選手を指名し、GMの意見が今回も押し通されましたからね。ドラフト後、谷繁監督 [全文を読む]

「あと1勝したかった」山本昌に引退決意させたオーナーの一言

NEWSポストセブン / 2015年10月19日07時00分

決断したのは9月25日、白井文吾オーナーとの面談時だった。 「それまでは半々でした。もしオーナーから“来年も頑張ってくれ”と言われたら現役を続けるつもりでいたけど、オーナーからの一言は“今までよく頑張ったな”でした(笑い)。そう言われて“もういいや”って思えたんです。 記録へのこだわりはありましたが、谷繁(元信)監督、和田(一浩)、小笠原(道大)が引退を決 [全文を読む]

プロ野球”ストーブリーグ”を騒がす球界スキャンダル爆弾「谷繁監督VS落合GMが噴出した中日」

アサ芸プラス / 2015年10月18日17時56分

盟友の佐伯貴弘二軍監督が解雇されるという情報を聞きつけた谷繁監督が白井文吾オーナー(87)に直談判し、急転、一軍コーチに引き上げるという事態にまで発展したのだ。一触即発の関係となった両者だが、今季限りで選手を引退し監督専任となったばかりの谷繁監督に、落合GMが早くも「後任争いバトル」をけしかけている。「落合GMは谷繁監督を一刻も早く辞めさせたいようです。引 [全文を読む]

大学生野手にA級多いドラフト オコエ瑠偉はハズレ1位が有力

NEWSポストセブン / 2015年10月09日07時00分

駒大OBの森繁和ヘッドコーチをパイプ役にするとか、少々動きが不気味です」(スポーツジャーナリスト) しかし、中日は親会社・中日新聞が販路として重要視する岐阜が生んだ久々のスター、高橋純平(県岐阜商)の指名をめぐり、落合GMが指名回避と報じられ、これをみた白井文吾オーナーが激怒したという。それ以来、蜜月と言われた落合GMとオーナーの関係を含めたフロントの不和 [全文を読む]

中日・谷繁監督がオーナーに迫った”捨身直訴”事件「実績の乏しさで意見が通りにくい?」

アサ芸プラス / 2015年10月06日05時56分

絶対に常勝軍団を作ると自負している』と口にしていたといいます」 落合GMが現在の地位にいるのは、監督通算8年で4度のリーグ優勝、5度の日本シリーズ進出という抜群の成績を残し、後ろ盾となる白井文吾オーナー(87)の信頼が厚いからだと言われてきた。その結果、来季も落合GMが残ることになれば、窮屈なポジションに置かれた谷繁監督が契約満了を待たずに辞任するシナリオ [全文を読む]

急激な若返り進む中日 起死回生に落合博満GMの監督再登板説

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

「蜜月といわれた落合博満GMと、白井文吾オーナーの関係が怪しくなってきた。きっかけは今年のドラフト候補。目玉選手である高橋純平(県岐阜商)は、親会社・中日新聞が販路として重要視する岐阜が生んだ久々のスターで、誰もが絶対に指名するものだと思っていた。ところが落合GMが現役時代から関係の深いスポーツ紙上で指名回避と報じられ、これを見たオーナーが激怒したのです [全文を読む]

フォーカス