鈴木哲夫のニュース

小泉進次郎「入閣拒否」安倍官邸に宣戦布告の一部始終

WEB女性自身 / 2015年10月07日06時00分

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は次のように話す。 「10年間は復興関係の仕事をやると決めている進次郎氏には、目先の入閣など眼中にない。安倍政権に媚びるつもりもない。自民党の異端児を貫き通すはず。進次郎氏の眼中にあるのは 20年の東京五輪後ではないか。高齢化、少子化がさらに進み、消滅する自治体が出てくるでしょうから」 10月1日から遡ること1週間。弛緩した空 [全文を読む]

創刊50周年、ビジネス経済誌「経済界」の最新号が発売!「この国の行方」を特集します。

DreamNews / 2015年01月16日10時00分

「経済再生の道筋をしっかりつける年に」榊原定征(経団連会長)主役不在の2015年 混沌の中、日本が進むべき道寺島実郎(日本総合研究所理事長)「不退転の決意でデフレ脱却に向けあらゆる手段を」本田悦朗(内閣官房参与)「正念場を迎える2015年の日本経済」武藤敏郎(大和総研理事長)「人類の生命を救うエレクトロニクスが必要」佐々木 正(シャープ元副社長)新春特別座 [全文を読む]

切れ者論客4人が意見!「靖国参拝は是か非か」(4)政治ジャーナリスト・鈴木哲夫

アサ芸プラス / 2014年01月24日09時55分

参拝はまさにここしかないタイミングで行われました。日本と中韓との関係を考えても最悪の状態が続いており、これ以上悪くなりません。年が明ければ、国会も始まり、沖縄の選挙、都知事選と新たな政治課題が出てきます。また、国民も去年のことは去年のこと、新たな気持ちで年明けをという空気になりますから。 安倍さんは国民にとって必要な経済の問題に取り組み、参院選を勝ち、下地 [全文を読む]

ずれる論点 豊洲百条委は“吊るし上げ”が成果のドッチラケ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年04月06日09時26分

都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。 「豊洲問題には3つの段階があります。①なぜあの土地なのかという『第1期』②浜渦氏がどういう交渉をしたのかという『第2期』③なぜ土壌汚染対策費の大部分を東京都が出すことになったのかという『第3期』。百条委では、浜渦氏が副知事を辞めた後の第3期の調査は行われていません。都民の疑問に答えるためには、そこまでき [全文を読む]

移転か改修か どう転んでも小池知事苦しめる4300億円問題

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年03月31日09時26分

仮にリスクがどちらも同程度ならば、やはり業者や消費者にとってどちらが『安心』できる市場なのか、このあたりが小池知事の最終的な判断の材料になってくるでしょう」(都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏) この「難題」をクリアしないと、小池知事は“最終決断”を下せない。 [全文を読む]

石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(3)崩れゆく石原ファミリー

アサ芸プラス / 2017年03月13日12時55分

鈴木哲夫(ジャーナリスト):58年福岡県生まれ。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリーに。新著「誰もかけなかった東京都政の真実」(イースト・プレス)が絶賛発売中。 [全文を読む]

石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(2)2人は本当に敵対しているか…

アサ芸プラス / 2017年03月13日05時55分

鈴木哲夫(ジャーナリスト):58年福岡県生まれ。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリーに。新著「誰もかけなかった東京都政の真実」(イースト・プレス)が絶賛発売中。 [全文を読む]

石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(1)肝心の部分は「記憶にない」

アサ芸プラス / 2017年03月12日17時55分

鈴木哲夫(ジャーナリスト):58年福岡県生まれ。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリーに。新著「誰もかけなかった東京都政の真実」(イースト・プレス)が絶賛発売中。 [全文を読む]

女子アナからお笑い芸人まで――小池都知事が都議選で擁立する「くのいち部隊」の顔ぶれ

週プレNEWS / 2017年03月12日06時00分

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が語る。 「現在、公認候補として発表されているのは12名。いずれも現職都議や区議ら、元都議たちです。そして、この12名に加えて、すでに『希望の塾』出身の新人候補など約20名が決まっているようです。しかも、そのほとんどが女性候補といわれています」 なぜ、女性ばかりなのか? 「小池さんは、初の女性都知事ですし、待機児童や保育など [全文を読む]

豊洲市場移転と石原慎太郎元知事の「闇」と「嘘」…崩れる科学的調査への信用

Business Journal / 2017年02月22日06時00分

ジャーナリストの鈴木哲夫氏に話を聞いた。●安全と信頼「確かに知事の仕事量は膨大で、何もかも細かいことまですべて知っているということはないでしょう。しかし、知事というのは都民の税金を使うための決裁をするわけですから、知らなかったとしても、立場上の責任は逃れられないと思います」 豊洲市場で問題視されている、盛り土をせずに中が空洞のコンクリートの箱を埋めるという [全文を読む]

フォーカス