与謝野鉄幹のニュース

知られざるドンの条件

文春オンライン / 2017年02月24日07時00分

与謝野鉄幹・晶子の血を受け継ぎ、ヨーロッパで高等教育を受け、東大が物足りなくて英ケンブリッジ大に転校したほどの秀才が、だ。内田本人が見ているわけではないのに、公衆の面前で己の「偏見」を詫び、臆面もなくおべっかを使う。 以後、彼が何を語っても、もやしっ子にしか見えなくなった。無論、その候補者は二度と選挙に出られないほどの大差で75歳(当時)の現職区長に惨敗を [全文を読む]

小池百合子都知事vs.ドン内田氏の"仁義なき千代田区長選"

東京ブレイキングニュース / 2017年01月20日20時20分

でも顔は関係ないです!だって与謝野ブランドだもん! あの妻子のある与謝野鉄幹の元に走り、「君、死にたもうことなかれ」とうたった情熱の歌人・与謝野晶子のひ孫ですよ! 案の定、出馬会見で「小池知事と内田元幹事長の代理戦争」について聞かれ、「戦争反対」と言っちゃった信氏。でもそこのところだけテレビで放映されても、一般の人は「なんのこっちゃ!」と思ったでしょう。 [全文を読む]

小松菜奈×菅田将暉「溺れるナイフ」運命的な出会い、初めてのキス…ロケ地&ストーリー徹底解説

モデルプレス / 2016年10月24日16時29分

かつて与謝野鉄幹・与謝野晶子夫妻や石井柏亭など多くの文化人たちの社交の場であり、歴史的建造物の保存・活用を目的に設立された。 (modelpress編集部) ■映画『溺れるナイフ』 出演:小松菜奈 菅田将暉 重岡大毅(ジャニーズWEST) 上白石萌音 志磨遼平(ドレスコーズ) 原作:ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(講談社「別フレKC」刊) 監督:山戸結希 脚 [全文を読む]

文豪は洋食がお好き!東京・老舗の洋食店と文士たちの意外なエピソード

サライ.jp / 2016年06月23日11時30分

明治40年(1907)にアメリカ・ヨーロッパへの遊学を前に、与謝野鉄幹が幹事となり、その送別会が開かれました。 また二葉亭四迷は朝日新聞の特派員として明治41年(1908)にロシアへ赴任。その壮行会が上野精養軒で行われました。しかし二葉亭四迷は帰国途中に客死。その追悼式の会場も上野精養軒でした。 これらの会に参加し、自身の作品の中でも名前を挙げているのが、 [全文を読む]

奥出雲の夏祭りで【恋い】の短歌が行燈に灯される 入選作品には賞品も!「短歌で読む恋いうた」募集

@Press / 2016年05月13日16時30分

町内にある渓谷「鬼の舌震」も、美しい姫を恋い慕うワニ(日本海のサメのこと)の片思いの伝説が残っており、明治の歌人、与謝野鉄幹・晶子夫妻が山陰吟行の際に訪れ短歌を詠まれております。そんな「恋」と「短歌」と縁の深いことから「短歌で詠む【恋いうた】」を開催し、今年で5回目を迎えます。●企画概要与謝野夫妻の山陰吟行を記念し、奥出雲三成本町通り商店会では、2011年 [全文を読む]

天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

TABIZINE / 2015年03月28日13時00分

この地は日本の代表的な詩人、北原白秋や与謝野鉄幹らがかつて旅した場所でもあります。天草の風景は詩人たちに深い感銘を与え、旅の間にたくさんの短歌が詠まれました。 (C)天空の船 全室に専用露天風呂が付き、誰にも邪魔されることなく、存分にくつろげそう。 (C)天空の船 (C)天空の船 空と繋がる癒し空間 (C)天空の船 プールは外国のリゾート地のようなリッチな [全文を読む]

30歳過ぎておバカはイタい!?男性が下すジャッジポイント【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年02月26日06時15分

「妻をめとらば才たけて みめ美わしく情けある」とは、明治の詩人・与謝野鉄幹の「人を恋ふる歌」の冒頭。お嫁さんにするなら、賢くて才能があり、姿や瞳が美しく、心優しい人がいい…という意味ですが、男性が持つ理想の女性像っていつの時代も変わらないんだなぁ、と思わされます。まぁ、そんな女性はあっという間に誰かのお嫁さんになってしまうんでしょうけど。≪女はおバカなほう [全文を読む]

9割が「夫の出世には妻にも責任」と考えても「家事の分担は均等」な最近の女子

ITライフハック / 2014年06月06日17時00分

かの与謝野鉄幹が「人を恋うる歌」にて妻をめどらば才たけて、顔麗しく情けあると歌ったように「才たける」とは、男を本人がそう気が付いていないよう上手に操縦できるという意味なのかもしれない。■アンケート結果全容と座談会の詳しい内容はこちら■トーキョー女子映画部■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■Web・ネット [全文を読む]

恋愛小説だけにとどまらない淳一の世界~渡辺淳一先生を偲んで

クオリティ埼玉 / 2014年05月07日13時01分

「君もコクリコわれもコクリコ」では与謝野鉄幹、晶子夫妻を。 そして「花埋み」では埼玉の偉人の一人、日本初の女医荻野吟子を題材にした。 これらの伝記物は、淳一イズムによって主人公が浮き彫りにされていて大変読みやすく、偉人の光と影を知ることができる。 人生1世紀時代。60歳で定年を迎えてあとは余生という発想は今や旧い。 「生涯現役、一生感動」その教えを昭和か [全文を読む]

ハヤシライスの語源はHashed beef with Riceが転訛したもの?

NEWSポストセブン / 2013年01月23日07時00分

今から99年前、詩人で彫刻家の高村光太郎と智恵子が、両家の親、友人の与謝野鉄幹・晶子夫妻らが見守るなか披露宴をあげた場所でもあった。 森鴎外が愛し、中国へ派遣される芥川龍之介は壮行会を開き、太宰治が処女作品集出版記念会を開くなど、数々の文豪に愛されてきた精養軒を、作家の山藤章一郎氏が訪れ、開業以来のメニュー・ハヤシライスについて綴る。 * * * 冬の某日 [全文を読む]

フォーカス