井伊直弼のニュース

直虎ブームで再注目 井伊直弼の遺体が消えていた

NEWSポストセブン / 2017年02月13日07時00分

「井伊家」といえば、直虎以上に有名なのが、井伊直弼(なおすけ)だ。誰もが歴史の授業で一度はその名を聞いたことがあるだろう。その直弼の遺体の所在をめぐって、今、大きな謎が持ち上がっている。 * * * 激動の幕末、徳川幕府の大老として日本の近代化への道筋を示したと評される井伊直弼。一方で、明治維新を牽引した志士たちの視点からは「悪玉」として説明される人物だ。 [全文を読む]

後水尾天皇VS徳川家、孝明天皇VS井伊直弼の暗闘史

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

しかし大老・井伊直弼は条約締結を敢行。これに怒った孝明天皇は、公家を通じて、縁故のある薩長はじめ有力大名に天皇の意思を「内勅」として伝えた。 尊皇の志が厚い水戸藩はこの「内勅」を重視し、攘夷運動を激化させていった。 そのなかで反幕府勢力の一掃をはかった井伊直弼は、「安政の大獄」と呼ばれる激しい思想弾圧を加えた。その結果、井伊は、安政7年(1860年)、水 [全文を読む]

ご存知ですか? 3月24日は「桜田門外の変」の日です

文春オンライン / 2017年03月24日07時00分

安政7年3月3日の朝、江戸幕府の大老で彦根藩主の井伊直弼は、上巳(じょうし)の嘉節(桃の節句)の賀詞を述べるため、江戸城に登城した。その日は西暦でいえば、157年前のきょう、1860年3月24日にあたる。この時季の江戸には珍しく大雪が降りしきるなか、桜田門近くに差しかかった約60名の直弼の一行を、周辺で待ち伏せしていた水戸浪士ら18名が斬りこんだ。双方が攻 [全文を読む]

時代考証家・稲垣史生によるエッセイ集『考証 風流大名列伝』(立東舎文庫)発売を記念し、紗久楽さわが描く大名イラストTシャツが、販売スタート!

PR TIMES / 2016年12月02日12時31分

立東舎文庫『考証 風流大名列伝』のカバーにフィーチャーされた徳川宗春のほか、各章扉を飾った細川忠興、安藤信正、浅野長矩、柳生宗矩、伊達綱宗、井伊直弼など人気大名たちの華麗な姿が、繊細なタッチはそのままにTシャツにプリントされています。 また、TODの商品解説ページには、紗久楽さわによる一言コメントも掲載されているので、紗久楽の創作の裏側を覗き見る楽しみも [全文を読む]

“昼は島、夜はお城で芸術の秋を楽しむ”瀬戸内国際芸術祭と同時に巡れる 高松市が「アートatナイトフェスティバル」を開催

@Press / 2016年10月04日10時30分

「アートatナイトフェスティバル」http://www.takamatsu-kankou.net/about/detail/15■主なプログラム・高松藩主・松平頼聰(よりとし)と彦根藩主・井伊直弼の娘、弥千代姫との“愛の絆”が題材のナイトスクリーン影絵・香川県で生まれた讃岐岩(サヌカイト)による生演奏・地元の彫刻家や高校生らが制作した石行灯とテナーサックス [全文を読む]

瀬戸内国際芸術祭とあわせて楽しむナイトイベント 高松市が「アートatナイトフェスティバル」を開催

@Press / 2016年08月23日10時30分

高松藩主・松平頼聰(よりとし)と彦根藩主・井伊直弼の娘、弥千代姫との“愛の絆”を題材にしたナイトスクリーンでの影絵の上映や、香川県で生まれた讃岐岩(サヌカイト)による生演奏、地元の彫刻家や高校生らが制作した石行灯とテナーサックスのストリート演奏が織りなす“和と洋のコラボレーション”などが満喫できる、まさに芸術の秋にふさわしいイベントです。 また、直島など [全文を読む]

超歌劇『幕末Rock』黒船来航 新キャラクター、新キャスト発表!!

PR TIMES / 2016年06月23日11時49分

追加キャスト発表! 勝海舟 役:岩崎大/井伊直弼 役:吉岡佑 超歌劇『幕末Rock』は2014年12月に、[超歌劇=ウルトラミュージカル]として、吉谷光太郎氏の脚本・演出で舞台化され、本格Rockの楽曲の数々と圧巻の雷舞(ライブ)演出を、若手実力派俳優たちがミュージカルで表現し、全公演満席。立見もでる注目作となりました。原作ゲーム、アニメの世界観をそのまま [全文を読む]

18歳から政治・選挙を考える――無料で体験する永田町・霞が関(1)

政治山 / 2015年10月11日12時00分

憲政記念館は江戸時代、桜田門外の変で暗殺された大老・井伊直弼の屋敷があった場所です。1860年3月24日午前9時ごろ、ここから桜田門に至る道中を、井伊直弼を駕籠(かご)に乗せた彦根藩士総勢60人の大名行列が練り歩き、桜田門外に差し掛かったところで水戸・薩摩藩の浪士らに襲われ、殺害されました。 この事件で幕府の権威は失墜し7年後の1867年10月14日、徳 [全文を読む]

美食と歴史をともに味わう!「安政の大獄」の前から続く静岡県・三島の鰻

しらべぇ / 2015年10月07日06時30分

■大老・井伊直弼による「安政の大獄」は安政5年から画像出典:Wikimedia安政といえば、ちょうど今年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台となった時代。幕府大老の井伊直弼が、開国に反対する志士や諸大名を次々と処罰し、長州の吉田松陰が処刑された「安政の大獄」でもなじみ深い元号だろう。桜屋の創業は、それよりも2年さかのぼる。■歴史を感じさせる店内の風格建物は [全文を読む]

「花燃ゆ」ついに吉田松陰が非業の死へ!

Smartザテレビジョン / 2015年04月20日19時45分

また、井伊直弼を演じる高橋英樹とのシーンについて、「この人はものすごい偉い人だし、怖い人だという存在感を出していただきました。井伊直弼は敵でもあるんですけど、当時の幕府の現状という“状態”でもあったと思います。 その“状態”に対して、言葉を掛けられる喜びを感じながらお芝居させていただきました。 最期は自分自身が一番、社会の中で大事だと思っていることを言わ [全文を読む]

フォーカス