大友克洋のニュース

A BATHING APE presents 大友克洋 × 河村康輔 コラボレーション展 Re:construct in TOKYO

PR TIMES / 2014年05月13日15時42分

大友克洋と河村康輔のジョイントエキシビションが BAPEXCLUSIVE 青山で開催 A BATHING APE presents 大友克洋 × 河村康輔 コラボレーション展【 Re:construct in TOKYO】 が2014年5月24日(土)~6月8日(日)の期間 BAPEXCLUSIVE 青山 で開催。 会場では「大友克洋×河村康輔×A BAT [全文を読む]

これは見逃せない!「大友克洋×河村康輔コラボレーション展」開催

Woman Insight / 2014年05月14日20時00分

『AKIRA』や『スチームボーイ』、『SHORT PEACE』などの作品でお馴染みの漫画家・アニメーション監督の大友克洋さん。今回、コラージュアーティスト河村康輔さんとまたコラボします! “A BATHING APE presents 大友克洋 × 河村康輔 コラボレーション展 Re:construct in TOKYO”ということで、昨年の京都の「BAP [全文を読む]

タワレコ渋谷店SpaceHACHIKAIで『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』 6月3日(土)より開催決定!

PR TIMES / 2017年05月22日15時00分

日仏の作家総勢79人による大友克洋トリビュートイラストに加え、本邦初展示のイラスト含む大友克洋原画展示も! タワーレコード渋谷店では、世界的な人気を誇る漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』を、同店8階の催事場”SpaceHACHIK [全文を読む]

宮城県登米市出身で、日本を代表する世界的漫画家 大友克洋先生による陶板レリーフ作品 仙台空港に設置決定

@Press / 2014年09月26日13時00分

当協会の通算508作品目となるこのパブリックアート作品は、宮城県登米市出身の世界的漫画家、大友克洋(おおともかつひろ)先生が仙台空港のために特別に描き下ろした原画をもとにした陶板レリーフ作品で、現在熱海の工房で制作中です。【事業概要】1.当事業の目的:(1) 世界的漫画家、大友克洋先生制作原画の壁画による、空港および周辺地域の活性化。(2) 大友克洋先生 [全文を読む]

デジタルハリウッド大学公開講座:大友克洋GENGA展の舞台裏 3331ArtsChiyoda デザインディレクター佐藤直樹のクリエイティブワークとは

PR TIMES / 2012年05月11日15時14分

ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学では、3331 Arts Chiyodaのデザインディレクター、佐藤直樹氏をお招きし、【大友克洋GENGA展の舞台裏 3331 Arts Chiyodaデザインディレクター佐藤直樹のクリエイティブワーク】と題して公開講座を開催いたします。 1994年に『WIRED 日本版』の創刊から参加 [全文を読む]

アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ受賞記念『TRIBUTE TO OTOMO』日仏同時刊行記念 TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION開催

PR TIMES / 2017年05月22日15時10分

この度、大友克洋のフランス・アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ日本人初受賞、及び、氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト集『TRIBUTE TO OTOMO』の日仏同時刊行を記念し、日本とフランスがマンガを通して文化には国境がないことを訴える、日仏文化交流の展示会として『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITIO [全文を読む]

トミカ・ストII・原哲夫・大友克洋と夢のコラボレーション!TOYOTA「C-HR」CROSSOVER THE WORLD総再生回数350万回越えの注目動画が遂にCM化!

PR TIMES / 2017年03月24日11時07分

本CMは「CROSSOVER THE WORLD」をテーマに、トミカやストリートファイターIIなどの人気コンテンツや「北斗の拳」の作者である原哲夫氏や「AKIRA」の作者である大友克洋氏と制作を進めた作品となっています。[画像1: https://prtimes.jp/i/23195/3/resize/d23195-3-675240-1.jpg ]CMカッ [全文を読む]

大友克洋が手がけたポスターが集合する『POSTERS』展 代官山で開催

太田出版ケトルニュース / 2014年02月18日13時34分

2月28日(金)より、東京・代官山の「AL」にて、漫画家、映画監督の大友克洋のポスターを集めた展覧会『「POSTERS」 ~OTOMO KATSUHIRO×GRAPHIC DESIGN~』が開催される。 同展は、2013年に紫綬褒章を受章し、短編アニメーション『火要鎮(ひのようじん)』で文化メディア大賞を受賞した漫画家、映画監督の大友克洋が関わったポスター [全文を読む]

雑誌編集長+書店員が選ぶ!「この一冊は凄かった」 第4回 BestMagazineAward 「雑誌大賞」 受賞雑誌発表!

PR TIMES / 2012年09月26日15時21分

--------------------------------------------------------【雑誌大賞】グランプリ 『芸術新潮』 4月号 「大友克洋の衝撃」 (新潮社)準グランプリ 『Domani 』 6月号 「バッグサイズ」 (小学館)【TREND MAKE MAGAZINE賞】「カーヴィーダンス/樫木裕実」『FYTTE』(学研パブリ [全文を読む]

大友克洋展「TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION」が開催決定 日仏作家の作品を展示

アニメ!アニメ! / 2017年05月22日15時00分

漫画家・大友克洋氏のアングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ日本人初受賞、および大友氏に影響を受けた日仏の作家79名によるトリビュートイラスト集『TRIBUTE TO OTOMO』の日仏同時刊行を記念し、このたびタワーレコード渋谷店8Fの催事場“SpaceHACHIKAI”にて「TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION」の開催が決定し [全文を読む]

『AKIRA』から30年! 江口寿史、岸本斉史、松本大洋、貞本義行、浦沢直樹…超豪華作家80人が大友克洋ワールドを描き下ろす!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日17時00分

世界中に多くのファンを持つ大友克洋の代表作『AKIRA』から30年。世界の第一線で活躍する作家たちが、トリビュートイラストで大友ワールドを描き下ろした『TRIBUTE TO OTOMO』が2017年1月26日(木)に発売される。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 同書は、フランスを代表する作家ブノワ・ペータースの序文に始まり、ヒメネス、士郎正宗、 [全文を読む]

「これまた売り切れ確定じゃないか! 絶対欲しい!」大友克洋、『芸術新潮』7月号に新作マンガ掲載決定でファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月24日17時40分

『AKIRA』『童夢』といった世界的人気漫画を生み出し、世界中に多くのファンを持つ漫画家・大友克洋。2016年6月25日(土)発売の『芸術新潮』7月号にて、大友の新作漫画『悪いロボットも死んだら地獄に行くの?』が発表されることが明らかとなった。これには多くのファンが「なにぃぃぃ~大友の新作だとぅ!? 絶対買う!」「やばい! これは是が非でも欲しい」と大興奮 [全文を読む]

大友克洋×河村康輔コラボ展、ベイプ青山で開催。限定Tシャツ発売

FASHION HEADLINE / 2014年05月13日17時45分

「ア ベイシング エイプ(A BATHING APE)」は、アニメーターの大友克洋とコラージューティスト河村康輔によるコラボレーション展「リコンストラクト イン トーキョー(Re:construct in TOKYO)」を5月24日から6月8日まで「ベイプ エクスクルーシブ(BAPE EXCLUSIVE)」青山にて開催する。 本展は、「ベイプギャラリー(B [全文を読む]

大友克洋のすべてを網羅したポスター展が代官山で開催

FASHION HEADLINE / 2014年02月14日12時00分

大友克洋によるポスターを集めた作品集『POSTERS OTOMO KATSUHIRO×GRAPHIC DESIGN』の出版を記念して、書名と同名のポスター展が2月28日より東京・代官山のギャラリー「AL」で開催される。 同書籍は、『アキラ(AKIRA)』を始めとする著作漫画の販促ポスターから、監督映画作品の宣伝ポスター、ビジュアルを提供した企業やイベントの [全文を読む]

『AKIRA』の予言は「2020年東京オリンピック」だけではなかった!

tocana / 2014年02月03日19時00分

30年前に大友克洋が近未来の混沌とした世界を描いたSFアクション漫画『AKIRA』(講談社)。その漫画の舞台が2020年に開催される東京オリンピックを控えたものだとして「作者の大友克洋は、予言者だったのだろうか?」と話題になっている。しかも、大友克洋は過去のインタビューの中で、1本1本の線に「雲になれ」「建物になれ」と、呪いを込めて描いたと語っている。そう [全文を読む]

AKIRAを大音響で!爆音大友克洋開催。オールナイトで初公開作品も

FASHION HEADLINE / 2013年11月26日12時00分

東京・吉祥寺のバウスシアター(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23)は、12月7日から20日まで爆音で大友克洋作品を上映するイベント「爆音大友克洋2013~画面に埋め込まれた音、音の中の未来~」を開催する。 『アキラ(AKIRA)』の35mmフィルム版(11日、15日)及びデジタルリマスター版(7日、19日)、『メモリーズ(MEMORIES)』(18日、 [全文を読む]

東京荒廃で縁起が悪い?『AKIRA』アートに驚きの声 渋谷パルコに改めて聞いた

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年05月25日04時00分

大友克洋氏の『AKIRA(アキラ)』をモチーフにしたアート作品が5月17日、改装中の渋谷パルコに登場した。工事現場を囲った壁に、『AKIRA』の主人公である金田正太郎が、トレードマークのバイクにまたがった姿で描かれている。このニュースを受けてネットでは、東京オリンピックの中止を連想させる『AKIRA』をモチーフにしたのには何らかの意図があるのでは?といった [全文を読む]

タワレコ渋谷で大友克洋トリビュート展 日仏作家の作品と大友氏本邦初展示の原画を紹介

映画.com / 2017年05月22日15時40分

[映画.com ニュース] 「AKIRA」などで知られる大友克洋氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展「TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION」が、東京・タワーレコード渋谷店で6月3日から開催される。大友氏の本邦初展示となるイラストを含む原画も展示される。 同展は、毎年1月末にフランス西部の都市アングレームで開催される [全文を読む]

渋谷PARCO建替え工事仮囲いを「アートウォール」として活用

PR TIMES / 2017年05月16日15時00分

漫画家・映画監督の大友克洋氏 2019年東京を舞台にした『AKIRA』株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三、以下パルコ)は、建替えのため一時休業中の渋谷PARCOの工事仮囲いを「アートウォール」として活用し、情報発信を行うことにより、公園通りエリアのにぎわい創出と来街者の増加に貢献いたします。世界的アーティストである漫画家・映画監督 [全文を読む]

2017年1月26日(木)『TRIBUTE TO OTOMO』発売!世界の一線級の作家たち約80人か゛トリヒ゛ュートイラストて゛大友克洋の世界を描き下ろす!

PR TIMES / 2016年12月16日15時48分

その時を経て、世界の一線級の作家たち約80人か゛トリヒ゛ュートイラストて゛大友克洋の世界を描き下ろす! フランスを代表する作家フ゛ノワ・ヘ゜ータースの序文に始まり、ヒメネス、士郎正宗、谷口シ゛ローなと゛なと゛ 、 総勢約80人の世界の第一線の作家たちの描き下ろしか゛き゛っしり収録されています。 2017年の「アンク゛レーム国際漫画祭」開催日に、フランス版 [全文を読む]

フォーカス