高畑勲のニュース

ジブリ解散の予兆!? 『かぐや姫の物語』予告編に投射された高畑勲の本音とは?

ハピズム / 2013年08月29日19時00分

それは、今年の11月23日に公開予定の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』の予告編である。 これまでのジブリのタッチとは異なり、鉛筆画に色をつけたような、水彩画のような不思議な画質。かなり荒削りな絵なのに、非常に繊細な描写があるその迫力は、大きな話題となっている。そもそも、高畑勲監督作品と宮崎駿監督作品が同一の年に公開されるのは『となりのトトロ』と『火垂るの [全文を読む]

【巻頭大特集】高畑勲、宮崎駿を輩出した名作アニメーション・世界名作劇場と赤毛のアン【口絵】世界名作劇場・人気キャラクターシール。MOE 9月号は、8/3発売!

DreamNews / 2015年08月03日09時00分

【巻頭大特集】高畑勲、宮崎駿を輩出した名作アニメーション・世界名作劇場と赤毛のアン【口絵】世界名作劇場・人気キャラクターシール【BOOK in BOOK】世界名作劇場「赤毛のアン」の美しいしごと・宮崎駿のレイアウト×井岡雅宏の背景画。MOE 9月号は、8/3発売!MOE2015年9月号、8月3日発売!■ 巻頭大特集 ■高畑勲、宮崎駿を輩出した名作アニメーシ [全文を読む]

反戦のふりをした戦争肯定映画『永遠の0』にだまされるな! 本当の反戦とは何か、ジブリ高畑勲監督の言葉をきけ!

リテラ / 2015年07月31日22時00分

スタジオジブリの高畑勲監督の反戦への思いを紹介した記事だ。高畑勲監督といえば、戦争孤児を描いた『火垂るの墓』が有名だ。戦争の悲惨さを描いた同作は、海外からの評価も高く、公開から20年近く経ったいまなお"反戦映画"の名作として受け継がれている。 ところが、当の高畑監督は「『火垂るの墓』は反戦映画じゃない、『火垂るの墓』では戦争を止められない」と語っているのだ [全文を読む]

ジブリ高畑勲がつくるちひろ展が開催、高畑の視点で再発見するいわさきちひろの世界

FASHION HEADLINE / 2017年02月17日10時00分

安曇野ちひろ美術館の開館20周年を記念して3月1日から5月9日まで「高畑勲がつくるちひろ展 ようこそ!ちひろの絵のなかへ」が開催される。 宮崎駿らとスタジオジブリを設立し、常にアニメーションづくりの第一線で活躍してきた高畑がいわさきちひろの絵本と出会ったのは約50年も昔。当時、高畑の長女が保育園から持ち帰った絵本が『あめのひのおるすばん』であったそう。詩の [全文を読む]

名作「パンダコパンダ」(原案・脚本/宮崎駿、演出/高畑勲)のクイズが、無料WEB学習サービス「学びゲット!」に登場!

PR TIMES / 2015年08月10日09時34分

無料WEB学習サービス「学びゲット!」(https://manabiget.jp/)では8月10日より、名作「パンダコパンダ」(原案・脚本/宮崎駿、演出/高畑勲)を算数、国語、英語問題等に仕立てたチャレンジクイズが期間限定で始まります。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7512/148/resize/d7512-148-635333-0 [全文を読む]

『かぐや姫』高畑勲監督が安倍政権を痛烈に批判!「『火垂るの墓』は無力だった...」

リテラ / 2015年03月13日22時30分

本日、『かぐや姫の物語』がテレビ初放映されている高畑勲監督。本サイトでは放映に合わせて、高畑監督と宮崎駿監督の奇妙な友情をお伝えしたが、この2人はアニメ作品を通した友情にとどまらず、繰り返し伝えている共通のメッセージがある。 宮崎駿監督が戦争に反対し、安倍首相を一貫して批判してきたことは有名だが、実は高畑監督もまったく同じように、安倍政権が推し進める"戦争 [全文を読む]

宮崎駿が高畑勲『かぐや姫』を「あれで泣くのは素人」とディス!? でも本音は...

リテラ / 2015年03月13日18時00分

本日、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が日本テレビで放送される。先日のアカデミー賞では残念ながら受賞とはならなかったが、あのピクサーのジョン・ラセターをはじめ、世界が唸った作品がテレビで初放送されるということで注目を集めている。 とはいえ、ラセターも大絶賛しながら「内容はアートだ。アメリカではアート系映画館で公開するべき」と評した本作。日本のお茶の間がどのよ [全文を読む]

<高畑勲監督と宮崎駿監督の違い>第87回アカデミー賞ノミネート候補『かぐや姫の物語』が描き出す女性像

メディアゴン / 2015年01月15日02時08分

岩崎未都里[ブロガー]* * *第87回アカデミー賞の長編アニメーション部門のエントリー20作品に(2015年1月13日現在)、高畑勲監督『かぐや姫の物語』が選ばれていることをご存知の方も多いはず。『かぐや姫の物語』は、米国では2014年10月に公開され高い評価を受け、現時点でノミネート候補、そして受賞有力候補のひとつです。1月15日の最終ノミネート発表を [全文を読む]

ジブリ鈴木敏夫が語る宮崎・高畑両監督のライバル関係

WEB女性自身 / 2013年12月06日07時00分

公開中の宮崎駿監督作品『風立ちぬ』ではプロデューサーを、最新作の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』では企画を担当。両監督の裏側を、たっぶりじっくり話してくれた。鈴木「宮崎駿はアニメーションの手ほどきを高畑さんに受けていましてね。高畑さんのもとで育って、なおかつ新人だった宮さんを抜擢してくれたのも高畑さん。それで高畑さんのデビュー作からずっと監督は高畑勲、絵を [全文を読む]

お互いに尊敬してない!? 鈴木敏夫Pと高畑勲、宮崎駿の不思議な関係

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月22日12時10分

今週末についに公開される、スタジオジブリ最新作にして高畑勲監督にとって最後の作品といわれる『かぐや姫の物語』。これに先駆けて先週末から公開されているのが、ジブリに密着したドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』だ。この中で、高畑勲・宮崎駿という世界に誇る巨匠2人とともに“天才”と称されているのが、プロデューサーの鈴木敏夫。ご存じの通りジブリを語るのに決して外 [全文を読む]

フォーカス