鈴木杏樹のニュース

WEAVER新曲に、鈴木杏樹「涙がこぼれました」

dwango.jp news / 2015年05月20日12時00分

映画「ライアの祈り」で主演を務める鈴木杏樹が、WEAVER『Beloved』に対して「今回、映画『ライアの祈り』の主題歌をWEAVERさんが担当して下さることを知った時、もの凄く嬉しかったのと、“やっと、やっと巡り会えた”という思いを感じました。『ライアの祈り』の上映中、WEAVERさんの曲が流れてきた時、その音の持つ雰囲気と作品の流れがとても自然に結びつ [全文を読む]

永井大や鈴木杏樹登場の舞台でカップル誕生を主宰者願う

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

会見には、宅間のほか、永井大、鈴木杏樹、柄本時生、柴田理恵が登場した。 ストーリーは、とある寂れた村の町おこしイベントに国会議員が視察に来ることを軸に展開される。なんとかして村の人々が議員に良い印象を残そうとするものの、「疫病神」とあだ名をされる旅館「まつばら」の音信不通状態だった長男・富雄が突然帰ってくるため、なんとか議員との接点を回避させようと周囲がド [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】千秋が事務所宛に“オサムグッズ”を募る 「鈴木杏樹さんとか篠原涼子ちゃんとかいる事務所です」

TechinsightJapan / 2016年09月09日20時00分

鈴木杏樹さんとか篠原涼子ちゃんとかいるJMEという事務所です」とまで呼びかけている。 ミスドでは1984年頃から2002年頃まで数々のオサムグッズを景品としてきた。『オサムグッズの原田治展』ではそれらを含めて約1000点の作品が公開されており、貴重な原画も見ることができる。 出典:https://twitter.com/cirol777 (Techinsi [全文を読む]

『相棒』共演者に厳しい水谷豊 唯一の例外は女将・鈴木杏樹

NEWSポストセブン / 2015年03月31日07時00分

「共演者に厳しい水谷さんなんですが、唯一の例外が鈴木杏樹さん(45才)なんです」(前出・番組関係者) 杉下右京が通う小料理店『花の里』の二代目女将・月本幸子役で出演している杏樹。初代女将の益戸育江(51才)から引き継いでの出演だった。 「昨年末、スタジオ収録がほとんどの杏樹さんが珍しく外でのロケだったんです。その日は撮影が深夜に及んだんですけど、水谷さん [全文を読む]

織田裕二、鈴木杏樹に罵倒され“M”に目覚める?

WEB女性自身 / 2013年07月03日00時00分

7月3日、ドラマ『Oh, My Dad!!』(フジテレビ系)の完成披露試写会が都内で行われ、主演の織田裕二(45)を初め、共演の鈴木杏樹(43)らが登壇した。織田は今回、初めての父親役。18年間自分の夢を追い続け家庭を顧みなかった、“だめな父親”に挑戦する。数々のドラマで“できる男”の役を演じてきた織田は「今までの役と今回の役とのギャップにとまどっています [全文を読む]

鈴木杏樹『相棒』打ち上げで「私もロケに…」と直訴

WEB女性自身 / 2013年03月12日00時00分

歓談が始まり、水谷が真っ先に足を向けたのは鈴木杏樹(43)のもとだった。彼女はこのドラマの収録中の2月1日に、夫で外科医の山形基夫さん(享年56)を亡くしたばかりだ。「水谷さんは、ご主人の訃報を知ったときもすぐに連絡を取っていました。水谷さんは日ごろから『相棒』のスタッフや出演者を”家族”と呼び大切にしていますから」(テレビ局関係者)監督、脚本家に続き、レ [全文を読む]

乳がん名医だった鈴木杏樹の夫 遺体は勤務先病院に提供した

NEWSポストセブン / 2013年02月22日07時00分

「自分よりも病院や患者さんを第一に考える人でした」――2月14日、夫・山形基夫さん(享年56)の告別式で、鈴木杏樹(43才)は涙を流しながら、そう挨拶をした。山形さんは、駿河台日本大学病院の外科医として働き、乳がんの名医として評判だった。 「技術はもちろん、思いやりのある医者でした。彼は“患者の病気が治るならば、ぼくの命を引き換えにしてもいい”というのが口 [全文を読む]

急逝した鈴木杏樹の夫 妻のためにオリジナル弁当毎日作った

NEWSポストセブン / 2013年02月07日07時00分

鈴木杏樹(43才)の夫で、駿河台日本大学病院外科部長の山形基夫さん(享年56)が2月1日、滞在先のアメリカで亡くなった。死因は、内臓疾患と伝えられている。 「5年ほど前から肝臓の重い病気にかかっていたそうです。 肝臓の移植手術をするため、昨年末から、ボストン近郊の病院に入院していたんです」(山形さんの知人) しかし、手術直前に容体が急変、結局、手術を受けな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】柄本時生 宅間孝行から「モチベーションが低い」にも「言い訳はしない」

TechinsightJapan / 2017年03月06日14時58分

暗転なし、転換なしのノンストップ・シチュエーションコメディの同作は、温泉旅館が舞台であることから、この日は珍しく和室の広間が会見場になり、キャストの宅間孝行、永井大、柴田理恵、鈴木杏樹、そして柄本時生が旅館の従業員などに扮してマスコミをおもてなし。威勢よく「どうぞー、どうぞー」ととびきりの笑顔でお茶と饅頭を皆にふるまった。 作・演出も務める宅間孝行は、「い [全文を読む]

36歳の仲間由紀恵、「MUSIC FAIR」司会を請けたのは「妊活」の一環?

アサ芸プラス / 2016年02月24日17時59分

現司会者の恵俊彰と鈴木杏樹からバトンタッチされるのは、フジテレビアナウンサーの軽部真一と女優の仲間由紀恵。2人は8代目の司会者となる。 実はこの「MUSIC FAIR」は、現在国内でレギュラー放送されているあらゆるウィークリー番組の中で、継続年数トップを誇る最長寿番組。初回放送は64年8月で現在52年目。3月26日のオンエアをもって司会を卒業する鈴木杏樹[全文を読む]

MUSIC FAIR司会の杏樹・恵が卒業を発表

Smartザテレビジョン / 2016年02月20日14時23分

また、コンサートが終盤を迎えると、番組司会の鈴木杏樹と恵俊彰から、3月いっぱいをもって番組を卒業することが発表された。 '64年からスタートし、ことし2月13日の放送で2600回を迎えた同番組。突然の発表に会場はどよめき、6代目として古手川祐子よりバトンを引き継ぎ、'95年から司会に就任した鈴木は「この番組は素晴らしいアーティストの皆さまや音楽と出会わせ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松任谷由実の結婚式の定番曲は、実は“大事な人を失った人”にも。「死があるから、今を大切に」

TechinsightJapan / 2014年09月15日21時35分

昨年愛する夫と死別した女優の鈴木杏樹にとってもユーミンの歌は、格別の思いがこみ上げるものとなっているようだ。 鈴木杏樹が司会を務めるフジテレビ系『MUSIC FAIR』へ10年くらい前にユーミンが出演したことがきっかけで、プライベートでも行き来する間柄になったという2人。その鈴木が金曜メインパーソナリティーを務める9月12日放送の『ZIP!』(日本テレビ系 [全文を読む]

水谷豊×反町隆のバディが復活…!?「相棒」新シリーズが幕を開ける!

ザテレビジョン / 2017年08月11日05時00分

シリーズ当初から登場し、今や欠かせない存在となっている捜査一課の“両エース”こと伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)、「暇か?」でおなじみの組織犯罪対策5課の角田課長(山西惇)、小料理屋「花の里」女将の月本幸子(鈴木杏樹)といった相棒の人気キャラクターも健在だ。 一方、巨大組織を舞台に権力抗争を繰り広げる存在として、復権を狙う警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石 [全文を読む]

木村拓哉、西島秀俊ら「あすなろ白書」同窓会していた

モデルプレス / 2017年07月30日15時22分

【木村拓哉・西島秀俊/モデルプレス=7月30日】30日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、毎週日曜ひる12時より)に女優の鈴木杏樹がゲスト出演。1993年に同局月9枠で放送し、最高視聴率31.9%を獲得するなど大ヒットしたドラマ「あすなろ白書」のキャスト陣による同窓会エピソードを明かした。◆鈴木杏樹&石田ひかりが明かす”あすなろ会” 同ドラマは石田ひかり [全文を読む]

おいしい仕事を手に入れる男のおいしい料理〈谷原章介の25時ごはん〉(TBS)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月23日11時25分

事務所の力!? と思って調べてみたら、鈴木杏樹、篠原涼子、上地雄輔、千葉雄大らと同じ事務所だった。この日のゲスト・元フジテレビアナウンサーの加藤綾子も系列会社所属。ようやく年季奉公が明け、フジテレビ以外の局にも出演可能になったようで、そんな加藤のTBS初出演がこの番組だったのはそんな事情があるようだ。 さて。番組の中身はというと、谷原が夜型人間のゲストに [全文を読む]

永井大が明かす実父が3年間つけていた「大の青春日記」

WEB女性自身 / 2017年03月19日06時00分

イベントの実行委員長でもあるこの旅館の次男坊(永井)を始め、三男(柄本時生)、仲居たち(柴田理恵、鈴木杏樹)は大張り切りでもてなす。そこへ、「疫病神」と呼ばれる音信不通だった長男(宅間)が町に帰ってきているとの不吉な知らせが 。 「単に言葉の行き違いや勘違いが交錯して、話がどんどん予想外の方向へ。登場人物たちが必死でしていることが間違えているんですから、彼 [全文を読む]

映画『相棒』シリーズの観客動員数が1000万人を突破!水谷豊がファンとの出会いに感謝

Movie Walker / 2017年02月11日14時19分

ドラマ「相棒」シリーズの劇場版第4弾『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』の初日舞台挨拶が2月11日に丸の内TOEIで開催され、水谷豊、反町隆史、山口まゆ、鹿賀丈史、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、神保悟志、小野了、片桐竜次、橋本一監督が登壇。この日で映画『相棒』シリーズの累計の観客動員数が1000万人を突破し、水谷が「感 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(2月9日付)

ガジェット通信 / 2017年02月10日17時00分

■関連映像:マリアンヌ 劇場予告編(http://yahoo.jp/lk2LuZ) 3位 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(http://yahoo.jp/CJQR6J) ■公開日 :2017年2月11日(土) ■監督 :橋本一 ■キャスト:水谷豊、反町隆史、北村一輝、山口まゆ、鹿賀丈史、仲間由紀恵、及川光博、石 [全文を読む]

中居正広の後継者にキスマイ・北山宏光? さだまさしに愛される「高すぎるコミュ力」が話題に

messy / 2017年02月04日19時00分

その時のメンバーは、さだまさしと森山直太朗に加え、恵俊彰、鈴木杏樹、北山陽一、若旦那、ナオト・インティライミ、綾小路翔、瀧山久志がいた。この時の様子を綾小路翔は「流石の面子、常にすべらない話のオンパレード。本当に楽しかったです」と振り返っている。 北山はジャニーズ内でも交友関係が広いそうで、嵐の櫻井翔、関ジャニ∞の大倉忠義、丸山隆平、安田章大、NEWSの加 [全文を読む]

栗原類と天津向が挙動不審なガチオタクに

Entame Plex / 2017年01月26日16時30分

さらに、琴子の父に陣内孝則、入江の父役に石塚英彦、母役を鈴木杏樹が好演。また、原作者・多田かおると生前親交があった溝口稔が、引き続き監督・脚本を担当。 大学生となった琴子が入江を追いかけて、キャンパス内で迷い込んだのはアニメ部。挙動不審で強烈なオタクを演じる栗原は、セリフは少ないながらも強烈なインパクトを放っている。キャスティングの経 [全文を読む]

フォーカス