安藤勝己のニュース

【フジテレビ】フジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」AndroidTM版ついに配信開始!本日10月23日(金)より配信開始!!

PR TIMES / 2015年10月23日11時35分

競馬評論家・安藤勝己(G1騎手)が監修 オリビエ・ペリエ、武豊、ミルコ・デムーロなど国内外の名だたる騎手達も続々登場!事前登録者数15万人突破の勢いに乗ってフジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」AndroidTM版ついに配信開始!競馬評論家・安藤勝己(G1騎手)が監修オリビエ・ペリエ、武豊、 [全文を読む]

【競馬】さらば鉄人アンカツ! 伝説の名騎乗ベスト5

週プレNEWS / 2013年02月16日10時00分

1月30日、“アンカツ”の愛称で知られる安藤勝己騎手(52歳)が現役引退を発表した。 1976年に地方競馬の笠松でデビュー。その後、2003年に、史上初となる地方競馬から中央競馬(JRA)への移籍を果たすと、引退までの10年間でGI22勝。地方出身騎手のパイオニアとしてはもちろん、その優れた手綱さばきが競馬界に与えた影響は計り知れない。 その偉大な功績をた [全文を読む]

武豊“精密機械なペース配分”で完全復活内幕!「安藤勝己、イチローの進言で鍛え直した」

アサ芸プラス / 2015年12月26日17時56分

尊敬するアンカツさん(安藤勝己元騎手)の助言や、親友の大リーガー、イチローの体調面の進言もあり、(落馬骨折の影響が残る)肩甲骨回りのケアや腰痛対策になる体幹トレなどを個人トレーナーのもとでじっくりとやって鍛え直した効果が表れ始めたのです。天才と称される騎乗術の一つである『体内時計』を生かした逃げで勝ち星を積み上げた」(栗東トレセン関係者) 競馬関係者を驚か [全文を読む]

事前登録者数15万人突破の勢いに乗ってフジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」Android版配信開始!

@Press / 2015年10月23日12時45分

本ゲームは、競馬評論家の安藤勝己(G1騎手)が監修し、競馬好きにはお馴染みの、競馬評論家・井崎脩五郎や世界的騎手のオリビエ・ペリエ、武豊、2015年の日本ダービーを制したミルコ・デムーロをはじめ、横山典弘、蛯名正義、岩田康誠、福永祐一、戸崎圭太、川田将雅など名だたる騎手達が実名実写で登場いたします。また、女優・足立梨花が季節に合わせたキュートな衣装で登場 [全文を読む]

「有馬記念」必勝スペシャル!元騎手・安藤勝己が有力馬を徹底分析(2)

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時56分

◆アサヒ芸能12/22発売(1/1・8年末年始合併特大号)より [全文を読む]

「有馬記念」必勝スペシャル!元騎手・安藤勝己が有力馬を徹底分析(1)

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時55分

そこで、競馬界のレジェンド“アンカツ”こと安藤勝己元ジョッキーが有力馬を徹底分析! 安藤 今年はメンバーがそろってる。「JRAが出走馬を集めるために優遇措置を講じた」なんて聞いたけど、それぐらいのことをしたほうがいいよね。有馬記念ぐらいは馬券を買おうという人もおるだろうからな。正直、今までのメンバーはちょっとさみしいところがあったから‥‥。馬場も改修して、 [全文を読む]

“アンカツ”こと安藤勝己がダービー激走馬をイッパツ診断!(2)オトコ馬はイマイチ?

アサ芸プラス / 2014年05月30日09時57分

◆アサヒ芸能5/27発売(6/5号)より [全文を読む]

“アンカツ”こと安藤勝己がダービー激走馬をイッパツ診断!(1)今年のダービー出走馬イチオシは?

アサ芸プラス / 2014年05月29日09時57分

GI22勝の“ご意見番”アンカツこと安藤勝己氏が激推し馬を公開する! 今年のダービーは、皐月賞組と強い牝馬勢から挑戦してくるレッドリヴェールの戦いになるんじゃないかと、オレは見ているんよ。 その皐月賞組なら、成長力の点で一番に映るワンアンドオンリーがおもしろそうやね。現時点で勝ち切るならこの馬じゃないかと思う。皐月賞は、流れが向いてない中、外を回っていい脚 [全文を読む]

第58回「有馬記念」08年有馬制覇“アンカツ”こと安藤勝己が注目馬を完全診断(3)

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時57分

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より [全文を読む]

第58回「有馬記念」08年有馬制覇“アンカツ”こと安藤勝己が注目馬を完全診断(2)

アサ芸プラス / 2013年12月19日09時57分

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より [全文を読む]

フォーカス