安藤勝己のニュース

【フジテレビ】フジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」AndroidTM版ついに配信開始!本日10月23日(金)より配信開始!!

PR TIMES / 2015年10月23日11時35分

競馬評論家・安藤勝己(G1騎手)が監修 オリビエ・ペリエ、武豊、ミルコ・デムーロなど国内外の名だたる騎手達も続々登場!事前登録者数15万人突破の勢いに乗ってフジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」AndroidTM版ついに配信開始!競馬評論家・安藤勝己(G1騎手)が監修オリビエ・ペリエ、武豊、 [全文を読む]

【競馬】さらば鉄人アンカツ! 伝説の名騎乗ベスト5

週プレNEWS / 2013年02月16日10時00分

1月30日、“アンカツ”の愛称で知られる安藤勝己騎手(52歳)が現役引退を発表した。 1976年に地方競馬の笠松でデビュー。その後、2003年に、史上初となる地方競馬から中央競馬(JRA)への移籍を果たすと、引退までの10年間でGI22勝。地方出身騎手のパイオニアとしてはもちろん、その優れた手綱さばきが競馬界に与えた影響は計り知れない。 その偉大な功績をた [全文を読む]

武豊“精密機械なペース配分”で完全復活内幕!「安藤勝己、イチローの進言で鍛え直した」

アサ芸プラス / 2015年12月26日17時56分

尊敬するアンカツさん(安藤勝己元騎手)の助言や、親友の大リーガー、イチローの体調面の進言もあり、(落馬骨折の影響が残る)肩甲骨回りのケアや腰痛対策になる体幹トレなどを個人トレーナーのもとでじっくりとやって鍛え直した効果が表れ始めたのです。天才と称される騎乗術の一つである『体内時計』を生かした逃げで勝ち星を積み上げた」(栗東トレセン関係者) 競馬関係者を驚か [全文を読む]

事前登録者数15万人突破の勢いに乗ってフジテレビ×オルトプラスの新作競馬ゲーム「ダービーロード presented by みんなのKEIBA」Android版配信開始!

@Press / 2015年10月23日12時45分

本ゲームは、競馬評論家の安藤勝己(G1騎手)が監修し、競馬好きにはお馴染みの、競馬評論家・井崎脩五郎や世界的騎手のオリビエ・ペリエ、武豊、2015年の日本ダービーを制したミルコ・デムーロをはじめ、横山典弘、蛯名正義、岩田康誠、福永祐一、戸崎圭太、川田将雅など名だたる騎手達が実名実写で登場いたします。また、女優・足立梨花が季節に合わせたキュートな衣装で登場 [全文を読む]

「有馬記念」必勝スペシャル!元騎手・安藤勝己が有力馬を徹底分析(2)

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時56分

◆アサヒ芸能12/22発売(1/1・8年末年始合併特大号)より [全文を読む]

「有馬記念」必勝スペシャル!元騎手・安藤勝己が有力馬を徹底分析(1)

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時55分

そこで、競馬界のレジェンド“アンカツ”こと安藤勝己元ジョッキーが有力馬を徹底分析! 安藤 今年はメンバーがそろってる。「JRAが出走馬を集めるために優遇措置を講じた」なんて聞いたけど、それぐらいのことをしたほうがいいよね。有馬記念ぐらいは馬券を買おうという人もおるだろうからな。正直、今までのメンバーはちょっとさみしいところがあったから‥‥。馬場も改修して、 [全文を読む]

“アンカツ”こと安藤勝己がダービー激走馬をイッパツ診断!(2)オトコ馬はイマイチ?

アサ芸プラス / 2014年05月30日09時57分

◆アサヒ芸能5/27発売(6/5号)より [全文を読む]

“アンカツ”こと安藤勝己がダービー激走馬をイッパツ診断!(1)今年のダービー出走馬イチオシは?

アサ芸プラス / 2014年05月29日09時57分

GI22勝の“ご意見番”アンカツこと安藤勝己氏が激推し馬を公開する! 今年のダービーは、皐月賞組と強い牝馬勢から挑戦してくるレッドリヴェールの戦いになるんじゃないかと、オレは見ているんよ。 その皐月賞組なら、成長力の点で一番に映るワンアンドオンリーがおもしろそうやね。現時点で勝ち切るならこの馬じゃないかと思う。皐月賞は、流れが向いてない中、外を回っていい脚 [全文を読む]

第58回「有馬記念」08年有馬制覇“アンカツ”こと安藤勝己が注目馬を完全診断(3)

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時57分

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より [全文を読む]

第58回「有馬記念」08年有馬制覇“アンカツ”こと安藤勝己が注目馬を完全診断(2)

アサ芸プラス / 2013年12月19日09時57分

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より [全文を読む]

第58回「有馬記念」08年有馬制覇“アンカツ”こと安藤勝己が注目馬を完全診断(1)

アサ芸プラス / 2013年12月19日09時56分

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より [全文を読む]

得意&不得意で成績激変「万券騎手16人」で大儲け!(1)東京2400メートルは蛯名騎手が堅実!

アサ芸プラス / 2017年02月11日09時56分

すると、万馬券に直結する“意外な新常識”が見えてきた! あの名ジョッキー、アンカツこと安藤勝己さんでさえ、引退後に「中山はトリッキーでいい思い出が少ない」と語っていたが、超一流騎手でも苦手なコースはあるものだ。ただでさえ人気になりやすいだけに、買い時と外し時が馬券収支に大きく関わってくる。◇「東京ダート1300メートルの戸崎は消し」 16年のリーディングジ [全文を読む]

角居勝彦調教師、平日開催GI誕生の動きに懸念表明

NEWSポストセブン / 2016年12月24日16時00分

とはいえ中山の2歳オープン時代、角居厩舎はエキゾーストノート(2004年、安藤勝己騎乗)で勝っています。デビューから2戦乗ってもらった鞍上を確保できたこともあって東のオープンを使ったのですが、その後はクラシック戦線には乗れず、最後は障害に転向。ホープフルSが平地での最後の勝利でした。 この年のラジオたんぱ杯覇者はヴァーミリアン。クラシック戦線では結果を出 [全文を読む]

安田美沙子が語る有馬記念の思い出「ウオッカが馬群に沈んで頭が真っ白になった」後に待っていた歓喜

週プレNEWS / 2016年12月23日06時00分

* * * ダイワメジャーとアンカツ(安藤勝己騎手)のコンビが頂点を極めた2006年マイルチャンピオンシップ(GⅠ)のプレゼンターとして、小雨降りしきる京都競馬場に来場。 その翌年にはフジテレビ系列で放送された『うまなで~UMA to NADESHIKO~』にレギュラー出演していた安田美沙子は、もはや筋金入りの馬女。 会話の中にも、「手前を替える」とか、 [全文を読む]

2大外国人騎手「デムーロvsルメール」の激突全舞台裏!(2)デムーロのエージェント変更でどうなる?

アサ芸プラス / 2016年12月02日12時56分

「過去に安藤勝己を担当し、大きな成功をもたらした辣腕エージェント。恐らく今後は、川田が乗っているサトノアーサー(牡2)、リナーテ(牝2)、タイセイスターリー(牡2)などのうち、どれかをデムーロに回すのではないでしょうか。川田で結果を出せないようならデムーロでいく、と。それらを預託する池江泰寿、須貝尚介、矢作芳人の各調教師とは昔から強いつながりもありますしね [全文を読む]

天才・武豊「“前人未踏”通算4000勝」を彩ったレース秘話!(2)ゴール後にムチがない…!?

アサ芸プラス / 2016年10月01日17時56分

3馬身ほど出遅れ、さらに3コーナーで安藤勝己のローゼンクロイツにぶつけられた。「レース後、アンカツには渋い顔をしていました」(競馬関係者) 2つの大きな不利がありながら、しかも外々を回り、4コーナーでは前に迫っていく。そこからムチを連発すると、前団を置き去るようにかわしていった。坂を上がってからは、ほぼ独り舞台。ゴール手前では手綱を抑えるほどだった。ディー [全文を読む]

「5着に入っても300円」武豊騎手も問題視する地方競馬と中央競馬の賞金「格差」わずか2日間で今年の収入を稼いでしまった高知の名手・永森大智騎手はJRAに移籍するのか

Business Journal / 2016年09月01日00時00分

「過去に安藤勝己元騎手、小牧騎手や岩田騎手、内田騎手といった代表的な地方出身騎手は大抵、JRAに移籍する前にワールドオールスタージョッキーズ(ワールドスーパージョッキーズシリーズを含む)を経験しています。地方の騎手にとって貴重なJRAでの騎乗体験。中には、その感触がJRA移籍のきっかけになった方もいるかもしれませんね。永森騎手もまだ29歳。1勝を含めた第3 [全文を読む]

ブエナビスタと激戦、秋華賞馬レッドディザイア死す......挑戦を続けた馬生と、残された「3つの希望」

Business Journal / 2016年05月22日17時00分

牝馬クラシックでブエナビスタの手綱を取った安藤勝己元騎手も、「ブエナビスタとのクラシックは、あの馬の存在なくして語れない。四位クンとはヒリヒリするような駆け引きで、レースが終わる度に、センスがあるコンビと称賛した。乗ったことないのに、凄く印象深い馬」と追悼のコメントを残している。多くの人にとって、レッドディザイアはその印象を深く残していたのだ。 現在、レ [全文を読む]

武豊騎手「還暦まで現役」は可能か? レジェンドたちの足跡とその可能性

Business Journal / 2016年05月06日17時00分

中央では、笠松から移籍して大活躍した安藤勝己氏が52歳で引退。増沢末夫氏が54歳。岡部幸雄氏が56歳で引退しています。いずれ劣らぬレジェンドぞろいですが、武騎手も当然その中に入っておかしくありませんし、実績や記録の面ではむしろNo.1。ファンが期待するのも当然ではないでしょうか」(記者) トップの実力があれば、還暦近くまで現役を続けることも夢ではないようだ [全文を読む]

さあ「世紀の一戦」! 史上空前レベルの皐月賞(G1)を前に、ある「悩み」に揺れるファンが続出!?

Business Journal / 2016年04月15日15時00分

現在は競馬評論家で、現役時代は中央G1競走22勝した"アンカツ"こと安藤勝己氏も、今年の皐月賞を「世紀の一戦」とまで表現しており、その注目度は例年の比ではない。どの馬が勝っても競馬史にその名を深く刻みつけることになるだろうし、勝利馬に対し否が応にも「世界」を意識してしまう人も多いはずだ。 怪物だらけの競演に対し、ファンも落ち着いてはいられない。ネット上に [全文を読む]

フォーカス