瀬戸内寂聴のニュース

【女性チャンネル♪LaLaTV】「命を見つめて 日野原重明と瀬戸内寂聴の対話」ほかドキュメンタリー、ドラマ、映画など1月に<瀬戸内寂聴特集>を放送!

PR TIMES / 2016年12月27日14時08分

2017年元旦1/1(日)ほか 瀬戸内寂聴からの独占新春メッセージも放映!CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:寺嶋博礼)では、来年1月に人生の大先輩たちによるスペシャル対談「命を見つめて 日野原重明と瀬戸内寂聴の対話」、悩める人々の人生 [全文を読む]

ホリエモン×寂聴さん この掛け算は予測不能!

PR TIMES / 2014年03月04日16時12分

テレビでも話題騒然となった「ホリエモン×寂聴さん」のココだけの話株式会社ブックウォーカーと株式会社KADOKAWA 角川学芸出版ブランドカンパニーは、電子書籍『瀬戸内寂聴×堀江貴文 対談 1.~16.』の配信を、3月3日(月)より直営電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」などにて開始しました。NEWSRELEASE2014年3月4日株式会社ブックウォーカ [全文を読む]

「爆笑問題・太田光が訊く瀬戸内寂聴の戦後70年」 7月19日(日)放送

PR TIMES / 2015年07月02日16時30分

TBSラジオ 「ラジオワールド 戦後70年特別番組 爆笑問題・太田光が訊く瀬戸内寂聴の戦後70年 放送日時:7月19日(日)夜11時~11時55分 TBSラジオでは、戦後70年の節目の今年、戦争の風化を防ぎ、平和について改めて考えるきっかけとなる様々な特別番組をお送りします。 7月19日(日)夜11時から放送の「ラジオワールド」は、戦後70年特別番組として [全文を読む]

瀬戸内寂聴の作品集アプリケーションがApp Storeに登場

PR TIMES / 2012年07月05日09時19分

株式会社G2010(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:船山 浩平)は、瀬戸内寂聴の作品集アプリケーション『瀬戸内寂聴作品集』を、2012年7月4日よりiPad/iPhone向けアプリケーションとしてApp Storeにて販売を開始しました。アプリ内では初期ラインナップとして「伝記小説シリーズ・恋と革命に生きた女たち」8作品をそれぞれ追加購入することがで [全文を読む]

”日本女性の強さ”を代表する瀬戸内寂聴×沢尻エリカ 夢の対談が実現

dwango.jp news / 2017年03月03日18時16分

3/5(日)19時より「瀬戸内寂聴×沢尻エリカ 麗しの京都巡礼~愛に生きた女たち~」がBS-TBSにて放送される。 ここで瀬戸内寂聴が住む庵、“寂庵”にて、沢尻エリカと瀬戸内寂聴の夢の対談が実現する。強い日本女性代表のこの2人の対談に注目が集まる。 94歳と30歳という年齢差に加え、異なる業界で生きる2人。自らの生きざまを糧に未来を切り開いてきたその姿は、 [全文を読む]

濡れ場チャレンジの村川絵梨、瀬戸内寂聴からの手紙に涙「やってよかった」

Movie Walker / 2016年08月06日17時18分

瀬戸内寂聴による同名小説を映画化した『花芯』の初日舞台挨拶が8月6日にテアトル新宿で開催され、村川絵梨、林遣都、安藤政信、藤本泉、落合モトキ、毬谷友子、安藤尋監督が登壇。初めての濡れ場とヌードに挑戦した村川が、原作者の瀬戸内からの手紙に瞳を潤ませた。 瀬戸内寂聴がまだ新進作家の頃に発表し、“子宮”という言葉が多く出てくる事から、“子宮作家”と批判を浴びた問 [全文を読む]

瀬戸内寂聴原作 映画『花芯』 村川絵梨・妖艶な女性を演じて新境地を切り開く

NeoL / 2016年05月22日12時51分

8月6日(土)よりテアトル新宿他にて瀬戸内寂聴原作の同名小説初の映画化となる『花芯』が公開となる。本作は、新進作家として瀬戸内寂聴がまだ瀬戸内晴美として「新潮同人雑誌賞」を受賞するも、1957年の発表当時批評家から「子宮作家」との批判を浴び、長く文壇的沈黙を余儀なくされた、鮮烈な恋愛文学。 主人公・園子を演じるのは村川絵梨。肉体の悦びに目覚め、 世間の常識 [全文を読む]

瀬戸内寂聴が説く、男の生き方 「プレイボーイになって女をたくさん泣かせたっていいじゃない」

週プレNEWS / 2016年01月30日06時00分

93歳になった今も現役の作家として書き続け、僧侶として説き続け、女として恋し続けている瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)先生。 週刊プレイボーイ本誌が50周年の節目の今年、人生の大大大先輩が語る「恋愛」「人生」そして「幸せ」とは? *** ―寂聴先生の師僧で作家の今東光(こん・とうこう)さんは以前、『週刊プレイボーイ』で人生相談をされていました(1975 [全文を読む]

若き男との恋愛や亡き文豪を描く瀬戸内寂聴短編集「わかれ」

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

【著者に訊け】瀬戸内寂聴さん/『わかれ』/新潮社/1512円 【本の内容】 91才・女性画家の「先生」と、女たらしの50才、カメラマンの「翔太」は、年齢差を超えて本音を通わせ合う仲。自分が関係を持った女性とのことを赤裸々に明かす翔太は、先生の心を温めるが、ある日、突如姿を消してしまう──表題作「わかれ」のほか、今は亡き吉行淳之介や武田泰淳のことを描いた「約 [全文を読む]

瀬戸内寂聴の伝記小説シリーズ・恋と革命に生きた女たち 8作品を電子書籍として配信開始

PR TIMES / 2012年06月29日18時03分

株式会社G2010(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:船山 浩平)は、瀬戸内寂聴の伝記小説シリーズ・恋と革命に生きた女たち8作品を、2012年6月28日より各電子書籍ストアにて配信を開始致しました。 <今だからこそ読んでほしい、瀬戸内寂聴が描いた8名の女たち> 瀬戸内寂聴は37歳で「田村俊子」を書き始めてから、「かの子撩乱」「女徳」と伝記小説を書き継い [全文を読む]

フォーカス