倉本寿彦のニュース

打てる遊撃手が減少 打撃に期待がもてる選手は?

ベースボールキング / 2017年01月15日11時00分

レギュラーに定着した倉本寿彦(DeNA)がシーズン終盤まで打率3割を超えていたが、最終的には打率.294でフィニッシュ。あと一歩で3割が届かなかった。 一方のパ・リーグはベストナインを受賞した鈴木大地(ロッテ)の打率.285が最高で、次いで茂木栄五郎(楽天)の.278、安達了一(オリックス)の.273と続き、今宮健太(ソフトバンク)と中島卓也(日本ハム)の [全文を読む]

レギュラーの証?初めての「規定打席」

ベースボールキング / 2017年01月02日11時15分

2年目の倉本寿彦(DeNA)は開幕スタメンを掴むと春先から打撃好調。シーズン終盤まで3割をキープするなどDeNAのCS初出場に貢献。今季は初の打率3割を狙う。 シーズン中盤戦からDeNAの1番センターに定着した桑原将志(DeNA)も5年目で初の規定打席到達だ。15年までの4年で121試合、294打席だった男が133試合、522打席に出場。ホームランも11 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

■DeNA ≪開幕オーダー≫ 1 三 白崎浩之 2 中 荒波翔 3 一 ロペス 4 左 筒香嘉智 5 右 ロマック 6 遊 倉本寿彦 7 二 柴田竜拓 8 捕 戸柱恭孝 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 中 桑原将志 2 二 エリアン 3 右 梶谷隆幸 4 左 筒香嘉智 ◎ 5 一 ロペス ○ 6 遊 倉本寿彦 ◎ 7 三 白崎浩之 ○ 8 捕 高城俊人 ◎= [全文を読む]

DeNA・田中浩康「つなぐ気持ち」で2安打、移籍後初打点もマーク

サイクルスタイル / 2017年04月08日12時42分

2点を追う四回に倉本寿彦を一塁に置いて、中日先発の大野雄大からタイムリー三塁打。同点の五回には勝ち越しのタイムリー二塁打を放っている。 2本のタイムリーに田中は「後ろにつなぐ気持ちでいきました。気を緩めず、引き続き頑張ります!」と力強くコメントした。 新天地で活躍する田中にファンからは、「今日の浩康はいい働きをしてくれた」「田中はDeNAに来て良かった」 [全文を読む]

不安定な巨人・山口鉄也 大矢氏「状態がよくない」

ベースボールキング / 2017年04月07日10時00分

先頭の倉本寿彦にセンター前に運ばれると、続く白崎浩之を右飛に打ち取ったが、戸柱恭孝に1球もストライクが入らず四球を与え、山口鉄はここで降板。後を受けたルーキーの谷岡竜平が二死満塁から梶谷に適時打を許し、山口鉄は0回1/3を投げて1安打、1四球、2失点で敗戦投手となった。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた大矢明彦氏は、「今日(6日)の山口は腕が [全文を読む]

ドラ9・佐野に続け!DeNAもうひとりの“下剋上”男

ベースボールキング / 2017年03月28日11時30分

DeNAの内野事情といえば、ロペスの一塁と倉本寿彦の遊撃は固まっているものの、二塁は昨年も石川雄洋が87試合、エリアンと宮崎敏郎が42試合ずつと固定できず。三塁も白崎浩之が78試合、エリアンが39試合で山下幸輝が35試合と、二塁・三塁はレギュラーを固定して戦うことができなかった。 今オープン戦では三塁手として12試合に出場したシリアコ。失策2つで守備率. [全文を読む]

レギュラーに定着したシーズンのOP戦はどうだった?

ベースボールキング / 2017年03月18日10時00分

◆ 鈴木誠也の昨季OP戦成績は? 昨季野手では鈴木誠也(広島)、原口文仁(阪神)、桑原将志(DeNA)、倉本寿彦(DeNA)などがレギュラーに定着した。一軍に定着を目指し、若手選手などはオープン戦で必死にアピールを続ける。 そこで気になるのが、オープン戦の勢いをそのままにシーズンでも大活躍していたかということ。近年レギュラーに定着した選手たちのオープン戦( [全文を読む]

ロッテ・涌井、不安の残る3回3失点 伊東監督「開幕投手にしては寂しいね」

ベースボールキング / 2017年03月11日19時25分

続く5番シリアコにもレフト前に運ばれ、再び満塁とされたが、宮崎敏郎を三邪飛、倉本寿彦を二ゴロに打ち取り最少失点で切り抜ける。 2回も一死後、四球と安打で一死一、二塁とされると、2番田中浩に2点タイムリーを浴びた。3回は無失点に抑えたが、得点圏に走者を背負うなど、3回を投げて6安打3四死球3失点と苦しいマウンドとなった。 試合後、伊東勤監督はエースの投球に「 [全文を読む]

中堅・ベテランからレギュラーを奪った若手といえば…

ベースボールキング / 2017年03月03日11時00分

その他、倉本寿彦(DeNA)、茂木栄五郎(楽天)などは、複数の選手とのポジション争いを制しショートのレギュラーを掴んでいる。レギュラーが固定されていると、若手がポジションを奪う可能性が少なくなる。そんな中でも、わずかなチャンスをモノにした選手が、レギュラーに定着した印象だ。 [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

【日本ハム=北海道】 鍵谷陽平 瀬川隼郎 玉井大翔 大累 進 【ソフトバンク=福岡県】 中田賢一 二保 旭 笠原大芽 牧原大成 本多雄一 吉村裕基 【ロッテ=千葉県】 涌井秀章 唐川侑己 有吉優樹 島 孝明 吉田裕太 福浦和也 大木貴将 清田育宏 【西武=埼玉県】 豊田拓矢 斉藤彰吾 【楽天=宮城県】 岸 孝之 阿部俊人 【オリックス=大阪府】 岸田 護 [全文を読む]

フォーカス