田中健二のニュース

「タトゥOK」「パンチパーマOK!」「元ヤンキー大募集!?」強い個性をまとめ上げる型破りマネジメントで毎年売上を伸ばしている「農業法人ベジフルファーム」 代表田中健二氏が明かす最強の組織論ついに発売!

DreamNews / 2017年02月22日14時00分

株式会社 洋泉社(東京都千代田区/代表取締役社長:江澤隆志)は、「タトゥOK」「パンチパーマOK!」「元ヤンキー大募集!?」強い個性をまとめ上げる型破りマネジメントで毎年売上を伸ばしている「農業法人ベジフルファーム」代表田中健二氏が明かす最強の組織論『組織は人 元ヤン農業法人の鬼アツ経営論』(定価:本体1,400円+税)を2月27日(月)発売します。【内容 [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:新潟明訓高(新潟)

ゲキサカ / 2015年12月29日12時10分

第94回全国高校サッカー選手権 新潟明訓高(新潟) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 新潟明訓高関連ニュース ▼全国大会日程 1回戦 vs那覇西高(沖縄) ■出場回数 16年ぶり6回目 ■監督 田中健二 ■主将 MF加藤潤 ■今季成績 [総体](全国初戦敗退) 1回戦 0-1 大阪桐蔭高(大阪1) [リーグ戦] プリンスリ [全文を読む]

【パンチパーマ優遇、メタル社歌、千葉県産キャビアetc.】元ヤン社長の農業革命!日本の農業を救うのは“ヤンキー魂”!

PR TIMES / 2017年04月15日10時30分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5069/506/resize/d5069-506-451445-0.jpg ]著者は千葉県富里市で農業生産法人ベジフルファームを経営する田中健二氏。中学高校時代はヤンキーで、暴走族グループ「鉈出殺殺(なたでここ)」の初代総長でした。18歳で家業である農産物市場の運営会社に入り、仲卸・物流・管理・営業な [全文を読む]

[SEVENDAYS FOOTBALLDAY]:自分の中の“おまもり”(新潟明訓高・田中健二監督)

ゲキサカ / 2016年12月22日21時43分

「以前はこんな舞台で戦えるなんて想像していなかった」という田中健二はチームの成長と同時に、自身の確かな成長を広島の地で改めて実感していた。 富山一高や星稜高が相次いで冬の日本一に輝くなど、近年はメキメキと全国規模でその存在感を高めている北信越の高校サッカー。中でもプリンスリーグに5チームを送り込んでいる新潟のレベルアップは目覚ましい。昨シーズン、今シーズン [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]左SB溝脇が決勝点!全員が積極的にゴール目指し続けた阪南大高が初のプレミア昇格!

ゲキサカ / 2016年12月18日20時40分

これからもっと積み重ねて行きたい」と田中健二監督が語ったように、阪南大高同様に着実に一歩踏み出しているだけに、来季はより飛躍の一年にしたいところだ。 (取材・文 安藤隆人)▼関連リンク 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ [全文を読む]

[MOM1970]新潟明訓DF坂井雄大(3年)_本職SBのCBがクレバーな守りで完封!

ゲキサカ / 2016年12月17日06時16分

この日、浜松開誠館高が見せた勇敢な攻撃を新潟明訓高が90分間、食い止めることができたのは田中健二監督が「あの子がすごくクレバーに、ポジショニングを上手にとってくれたので相手に背後を突かせなかった」と称えたDF坂井雄大の活躍が大きい。 身長は175cmでCBとしては小柄。田中監督も「あの子はSBの子。絶対にCBの体格ではないけど、ボール扱いがすごく上手なので [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]「戦うという部分では、一年間で一番良いゲーム」をした新潟明訓が浜松開誠館撃破!!

ゲキサカ / 2016年12月17日06時00分

選手たちには『今日は戦う日だよ』と声をかけて試合に挑んだ」(田中健二監督)と臨戦態勢で応戦。競り合いの対策として、急きょ抜擢した180cmのCB入山慶斗を中心に粘り強い守りで浜松開誠館の攻撃を跳ね返し続けた。 そうした中、試合の鍵となったのは、前日夜に降った雨の影響でぬかるんだピッチ中央の状態だ。「切り替えの所でボールを奪われるとミサイルのような攻撃が飛ん [全文を読む]

[MOM1940]新潟明訓MF榎並洸(3年)_仕留め役としての役割忘れず、終了間際に劇的V弾

ゲキサカ / 2016年11月08日18時17分

この日、運動量の部分など自分の持ち味を発揮して攻守で役割を果たした榎並については、田中健二監督も「よく頑張っていた」と評価していた。 「(狙いは)真ん中でもらってサイドにはたいたり、抜け出しだったり。決めきるところが課題なんでもっと前に行って自分の足元の技術とか運動量を活かしていきたい」と榎並。決勝では帝京長岡高と対戦する。5月のプリンスリーグ北信越の帝京 [全文を読む]

「選手権予選」「逃げないで」戦ってきたプリンス北信越王者・新潟明訓、後半40分の決勝点で新潟連覇王手

ゲキサカ / 2016年11月08日17時01分

新潟明訓・田中健二監督が「今年の西高は相当強い」と評した新潟西に押し込まれる時間帯もあった。だが、今年のプリンスリーグ北信越王者である新潟明訓は、今年の世代の特長である技術の高さを活かしたパスワークと、繰り返しDFの背後を突いたFW三富優介(3年)の動き、MF関口正大主将(3年)のドリブル突破などでジャブを打ち続け、終了間際の一撃によって強敵を沈めた。 0 [全文を読む]

[選手権]餅山ハット!中村3アシスト!東福岡、新潟明訓下して市船との3回戦へ!!

ゲキサカ / 2016年01月02日23時51分

「分析していても理屈じゃないヒガシさんの強さ」と田中健二監督は東福岡のセットレプレーを警戒していたが、「ゴールエリアの対角線上の端を狙っている」(中村健)というライナー性のボールを、餅山がファーサイドで頭でねじ込んで、東福岡がリードを2点に広げる。 後半6分に2点を追わなければならなくなった新潟明訓・田中監督は、その5分後にMF中村亮太朗(3年)を投入する [全文を読む]

[MOM1653]新潟明訓MF加藤潤(3年)_中盤の底でチームを支え続けた主将が「見せ場をつくろうと上がり」ダメ押し弾をアシスト

ゲキサカ / 2016年01月01日18時04分

キャプテンに対して田中健二監督の評価も高い。「キャプテンシーが強過ぎて悩んでいる部分もあるんですけど、(新潟明訓は)加藤のチームなので。加藤がいるから攻撃ができる。いまはチームのバランスを考えながらプレーしてくれています。地味なんですけど、評価してあげたい。上がりたい部分をおさえてプレーしているのが彼の良さ」とアンカーとしての役割を全うする加藤に賛辞を贈 [全文を読む]

[選手権]苦しみながらも新潟明訓が選手権初勝利!!終盤の2Gで那覇西退ける

ゲキサカ / 2015年12月31日19時59分

「この試合だけは自分たちの良さを出したかった」と田中健二監督が臨んだ新潟明訓は、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2を敷き、中盤の両サイド、MF高橋怜大(3年)とMF関口正大(2年)が高い位置を取って起点となってサイドから攻撃を仕掛け、2トップのFW田辺大智(3年)とFW坂田純(3年)にボールを集める。 MF津嘉山海(2年)がこの試合最初のシュートを放った [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]選手権のダークホース、新潟明訓は敗戦も評価高める戦いぶり

ゲキサカ / 2015年12月14日19時40分

2回戦では当初、クラブユース日本一の横浜FMの攻撃を警戒してブロックディフェンスを敷くことも想定されていたが、「彼らには引かせたくなかった」という田中健二監督の指示で前からのチェイシングを試み、連動した守備でパスコースを消すなど前半を無失点で切り抜けた。 後半の1点目、2点目は相手アタッカーの能力の高さに屈した失点。だが、中村の代役を務めた3年生MF渋木理 [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]電光石火の3点先取、新潟明訓が尚志振り切る

ゲキサカ / 2015年12月12日07時45分

新潟明訓・田中健二監督がこう語ったように、お互い手の内を知り合った一戦となったこの試合。「先に点を取らないと勝てないと思った。1点ではなく、2、3点取らないといけないと思っていた」と田中監督が語ったように、立ち上がりから攻勢に出たのは新潟明訓だった。 攻撃のキーマン・中村亮太朗を怪我で欠くが、代わりに入ったトップ下の渋木理、左MF高橋怜大、右MF関口正大 [全文を読む]

[選手権予選]「全国に行かないといけないチーム」が示した成長、新潟明訓が16年ぶりV!:新潟

ゲキサカ / 2015年11月16日06時59分

新潟明訓・田中健二監督が語ったように、全国の上位を狙えるほどの実力を持ったチーム同士の決戦を、制した意義はとてつもなく大きい。毎年のように実力十分と言われながらも、突き破れなかった壁を突き破った新潟明訓。この試合で得た自信と手応えを、1か月半後の選手権で披露せんと、既にモチベーションは高まっている。 (取材・文 安藤隆人)組み合わせ抽選会は11月16日!! [全文を読む]

[MOM1560]新潟明訓FW田辺大智(3年)_ラストチャンスで大ブレーク

ゲキサカ / 2015年11月04日06時46分

田中健二監督は「全国でも上のレベルで戦えるぐらいのFWだと思う」と話したが、現在の姿を想像することはできなかったという。夏まで左SBを務めていた田辺大智のFWへのコンバートは、苦肉の策から生まれたものだった。 大ブレークのきっかけは、最後通牒だ。「こんなことは、あまりないのですが……」と指揮官は苦笑いを浮かべた。田辺は中学時代からの定位置だったサイドバック [全文を読む]

[選手権予選]コンバート策で覚醒の新潟明訓が4発快勝、堂々の決勝進出:新潟

ゲキサカ / 2015年11月04日06時32分

新潟明訓の田中健二監督は「ポジションは5人ぐらい変えた。なかなか正しいピースをはめられずにいたが、夏の遠征で良い形になった。それに、12月に(プリンスリーグ北信越を優勝したことで出場権を得た)プレミアリーグ参入戦が残っているので、負けたらこのチームでの活動は最後という考え方をせず、刺激せずに進めている。あとは、相手が真っ向勝負をして来ることで、こちらの良さ [全文を読む]

[MOM1512]新潟明訓FW田辺大智(3年)_圧巻の2発!総体の先発SBがFW転向で脅威の存在に

ゲキサカ / 2015年10月03日20時13分

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [9.26 adidas Cup in TOKYO 新潟明訓高3-2帝京三高 RKUフットボールフィールド] 新潟明訓高の田中健二監督が「これだけ馬力とパンチ、走力があるのはなかなかいない」とその能力を絶賛するストライカーが現れた。FW田辺大智(3年)は帝京三高戦の試合開始直後に先制ゴールをサイドネットへ突き刺すと [全文を読む]

テレマークス、スマートフォン向け3D脱出ゲーム「脱出セヨ 女神の棺」をリリース

DreamNews / 2015年08月20日09時00分

スマートフォンアプリの企画・開発を行う株式会社テレマークス(本社:文京区、代表:田中健二)は、2015年8月19日より脱出ゲーム「脱出セヨ 女神の棺」をGoogle Play/App Storeにて配信を開始致しましたので、お知らせいたします。■製品情報 タイトル名: 脱出セヨ 女神の棺ジャンル: リアルタイム3D脱出ゲームダウンロード価格: 無料対応OS [全文を読む]

[総体]強風対策が的中、“新潟のタレント軍団”新潟明訓が4強進出

ゲキサカ / 2015年06月06日08時16分

勝った新潟明訓の田中健二監督は「こんなに偏ることはない。序盤で(強豪に)当たってしまうと、重要な試合に累積警告や負傷が響いてくる可能性がある。その点で問題なく勝ち上がれたことが一番良かった。2点目がなかなか取れないところが少し苦しかったが、風が想定外に強過ぎたので、内容面では割り切るしかなかった」と大会および試合の状況を考慮した上で及第点を与え、次戦を見据 [全文を読む]

フォーカス