吉永小百合のニュース

吉永小百合 TV初のロングインタビュー 自らの半生と今後の夢を語る

PR TIMES / 2013年07月12日13時57分

「映画・夢千代・原爆詩」夢一途に前へ 8月4日(日)19:30~ 放送 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」は、テレビ初となる吉永小百合さんのロングインタビューを放送します。番組では、高倉健、渥美清、石原裕次郎、渡哲也、ら共演者や、山田洋次、市川崑などの巨匠たちとのエピソードにはじまり、ドラマや映画の撮影秘話、さらに原爆をテーマにした詩 [全文を読む]

吉永小百合のプレミアムトークショー開催。終戦70年、今年一番の映画『母と暮せば』公開記念

PR TIMES / 2015年10月06日12時42分

大女優、吉永小百合が映画に込められた想い、母親の愛情の深さや世界の平和を語ります[画像: http://prtimes.jp/i/14571/17/resize/d14571-17-674319-2.jpg ]ホテルニューオータニ大阪 開業30周年企画松竹120周年記念映画『母と暮せば』公開記念「吉永小百合シネマトーク&グルメ」http://www.ne [全文を読む]

岸惠子+吉永小百合 対談&写真集 『歩いて行く二人 岸 惠子 吉永小百合』 7月3日(木)発売!!

PR TIMES / 2014年07月03日09時27分

日本を代表する、大女優二人が奇跡のコラボレーションを果たした、対談&写真集 『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合』を、世界文化社より7月3日に刊行します。日本映画界を代表するお二人が、初めて対談したのは、2009年秋 『家庭画報』の取材でのこと。対談の終わりは、岸さんの 『パリでお会いしましょう!』 という一言で締めくくられました。その4年後、20013年 [全文を読む]

吉永小百合、言葉の端々に感じる「女優魂」

アサ芸プラス / 2012年11月06日10時59分

堀川は、その真摯な姿が吉永小百合の美点であり、また欠点ではないかと思えた。 岡田社長からの指名がなければ、もともと「傷のあるリンゴのような女優」が好きな堀川にとって、吉永が持つ清潔感は無縁のはずだった。そんな印象が変わったのは、クランクインを前に何度か会話してのことだった。 「表には出さないけど、実は言葉の端々に“女優魂”が眠っていると感じたんですよ。ああ [全文を読む]

吉永小百合、落馬が原因で歌手活動休止

アサ芸プラス / 2012年10月26日11時00分

日本が誇るマドンナの吉永小百合だけに、その結婚においても、親族や限りない数のファンをいかに納得させるかに苦心する。そして選んだのは、戒厳令下のままに強行することだった‥‥。 今年、歌手デビュー50周年を迎えた三田明は、吉永小百合(67)にとって“弟弟子”にあたる。昭和を代表する作曲家・吉田正の門下生として「美しい十代」でデビューし、同じく吉田門下生の吉永と [全文を読む]

吉永小百合、挙式の夜に脅迫電話が

アサ芸プラス / 2012年10月31日11時00分

【関連記事】 吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(1)車の中での密会 吉永小百合「ソープ嬢も乗り気でした」 吉永小百合、近視が招いた「夢千代」の色香 吉永小百合「原爆が憎いなんていえません」 吉永小百合、言葉の端々に感じる「女優魂」 [全文を読む]

吉永小百合、5人だけの極秘結婚式

アサ芸プラス / 2012年10月30日11時00分

【関連記事】 吉永小百合、近視が招いた「夢千代」の色香 吉永小百合「原爆が憎いなんていえません」 吉永小百合「ソープ嬢も乗り気でした」 吉永小百合、落馬が原因で歌手活動休止 吉永小百合、挙式の夜に脅迫電話が [全文を読む]

吉永小百合「ソープ嬢も乗り気でした」

アサ芸プラス / 2012年10月24日10時59分

【関連記事】 吉永小百合、近視が招いた「夢千代」の色香 吉永小百合「原爆が憎いなんていえません」 吉永小百合、落馬が原因で歌手活動休止 吉永小百合、5人だけの極秘結婚式 吉永小百合、挙式の夜に脅迫電話が [全文を読む]

吉永小百合「原爆が憎いなんていえません」

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時59分

【関連記事】 吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(4)「くわえてしゃぶる」エロ俳句 吉永小百合「ソープ嬢も乗り気でした」 吉永小百合、挙式の夜に脅迫電話が 吉永小百合、近視が招いた「夢千代」の色香 吉永小百合、落馬が原因で歌手活動休止 [全文を読む]

武井咲、忽那汐里の同期は逸材揃い 「平成の吉永小百合」も

NEWSポストセブン / 2012年06月19日16時00分

彼女が通うのは2008年に映画で共演した吉永小百合の母校・早稲田大学だ。吉永からは「(女優業で)何か困ったことがあったら連絡して」と声をかけられ、連絡先を交換した。 芸能界入りのきっかけとなった2006年のコンテストの同期は武井咲、忽那汐里らいま注目の女優たち。受賞後は東京までレッスンに通い、移動の飛行機では参考書を読むなど学業にも力を入れた。 「当面の目 [全文を読む]

フォーカス