吉田照幸のニュース

東野圭吾原作映画「疾風ロンド」公開で“笑”撃を受ける観客続出!「自分でも引くぐらい笑いっぱなしだったwww」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月10日15時00分

さらに監督をドラマ「あまちゃん」やコント番組「となりのシムラ」などの演出でお茶の間に笑いを提供し続けている吉田照幸が担当し、笑える仕掛けがあちこちに詰まった作品に仕上がった。 観客からは「阿部寛を周りの人が冷めた目で見てんのがめっちゃ笑えたwww」「子供にすら見下される阿部ちゃんの神妙な表情がツボ!」「ムロさんいい味出しててニヤニヤしてしまったよ」「自分 [全文を読む]

阿部寛、大倉忠義、大島優子が“白銀”の世界を駆け回る

Smartザテレビジョン / 2017年03月10日19時02分

監督は社会現象まで巻き起こした連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年NHK総合ほか)で演出を担当し、柔軟な発想と感性でユーモアを描き出し、2017年冬に公開を予定している映画「探偵はBARにいる3」(配給=東映)の監督にも抜てきされた吉田照幸が担当。 また脚本は吉田照幸と、ドラマ「相棒」シリーズでも知られるハセベバクシンオーが手掛けた。 ■ストーリー:医 [全文を読む]

映画『疾風ロンド』吉田照幸監督インタビュー 「スタッフに“つまらない”と言われて『GoPro』を使うアイディアが出てきた」

ガジェット通信 / 2016年12月02日11時00分

監督を務めたのは、NHK『サラリーマンNEO』『あまちゃん』演出として知られる吉田照幸さん。『ガジェット通信』では吉田監督にインタビュー。作品の見どころや撮影時のエピソードなどをお聞きしました。 「原作にない部分を東野先生にアイディアをいただいた」 --まず、吉田監督にとって東野圭吾さんの作品を撮ることに、どのような意味があったのか、お聞かせいただければ [全文を読む]

阿部寛、大倉忠義と困惑!アドリブで「どっちがどうする?」

Movie Walker / 2016年11月26日12時34分

阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、濱田龍臣、志尊淳、吉田照幸監督が登壇した。阿部は「雪山の魅力やアクション、コメディと、いろんなものが楽しめる映画に吉田監督が仕上げてくれました」と映画をアピールした。 アドリブ満載だったという本作で、阿部は「監督が撮影終わりにカットをかけてこない時があって」と苦笑い。「初日に雪穴に落ちるシーンも、僕が落ちて大倉くんが [全文を読む]

東野圭吾作品の中で異彩を放つ“笑撃”の雪山サスペンス『疾風ロンド』映画公開迫る!手掛かりはスキー場のテディベア?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月05日15時00分

■映画「疾風ロンド」 公開日:2016年11月26日(土) 原作:東野圭吾 監督:吉田照幸 脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸 出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子 ほか ■東野圭吾最新作発売中! 『恋のゴンドラ』(単行本)11月1日発売 『雪煙チェイス』(文庫書き下ろし)11月29日発売予定 ※掲載内容は変更になる場合があります。 [全文を読む]

阿部寛「この楽曲を置いて他にない」B’z主題歌スペシャル映像が解禁!

Entame Plex / 2016年09月13日08時00分

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の演出で日本中に一大ブームを巻き起こした吉田照幸が監督を務め、キャストには阿部のほか、関ジャニ∞の大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、生瀬勝久、柄本明など個性豊かな実力派俳優陣が集結。超巨大スキーリゾート地を舞台に、「雪に埋められた生物兵器」「要求は3億円」「しかし犯人 [全文を読む]

B'zが阿部寛主演「疾風ロンド」主題歌を書き下ろし!

Smartザテレビジョン / 2016年09月13日08時00分

本作でメガホンを取る吉田照幸監督は大のB'zのファン。過去には「サラリーマンNEO」(NHK総合ほか)内にて同アーティストの「ultra soul」を使用したコントを制作したことも。 今回主題歌を決める際に「ロックでギターリフがカッコいい曲を書く、日本で一番心に残るメロディーを歌う人」という吉田監督たっての希望により、B'zにオファーをしたところ快諾。本 [全文を読む]

阿部寛が“雪男”宣言「どの現場に行っても雪が降る」

Movie Walker / 2016年06月06日16時52分

阿部寛、大倉忠義、大島優子、濱田龍臣、志尊淳、吉田照幸監督が登壇した。阿部は「例年より雪が少なかったのですが、行った日に大雪が降って。僕は“雪男”で、どの現場に行っても雪が降るんです。逆に今回は良かったなと」と笑顔を見せた。 『エヴェレスト 神々の山嶺』(16)でエベレストでのロケを経験している阿部は「エベレストに行ったから大丈夫でしょ!と、上から目線で言 [全文を読む]

雑談にもルールがある! 「トークのうまい人」と思われたいなら?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月16日06時30分

今回、ご紹介するのは『“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール』(渡瀬 謙/大和出版)と『「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!』(吉田照幸/ SBクリエイティブ)。個人的な感想としては、『“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール』の方がハードルは低く、コミュニケーションが苦手な方で [全文を読む]

30代まで芽が出なかった…『あまちゃん』演出家が語る「尖っているのに愛される企画の作り方」

Business Journal / 2014年08月31日16時00分

『発想をカタチにする技術』(吉田照幸/著、日本実業出版社/刊)は、30代まで芽が出ず退職を考えていたという異色のNHKディレクター・吉田照幸氏の番組制作での経験を交えながら、尖っているのに愛される企画のつくり方・通し方、アイデアの発想法などを紹介する一冊だ。 ■企画を実現させるための3段階のリサーチ 何か企画を立てるとき、吉田氏は3段階のリサーチをしてい [全文を読む]

「NHKにはない、NHKにしかできない番組」を作り上げた人物が考える、“ありきたり”の壊し方とは?

PR TIMES / 2013年11月08日15時51分

本書では、30代まで芽が出ず退職を考えていたものの、その後、 「サラリーマンNEO」を生み出し、「あまちゃん」の演出も担当することとなった異色のNHKディレクター、 吉田照幸氏(2013年9月よりNHKエンタープライズ エグゼクティブプロデューサー)の番組制作での 経験を交えながら、尖っているのに愛される企画のつくり方・通し方、アイデアの発想法などを紹介 [全文を読む]

ためるなキケン!「グチを吐かないことが美徳」が不健康な理由

BizLady / 2017年03月12日17時00分

それでは上手なグチの言い方とは?今回は、NHKの敏腕エグゼクティブ・プロデューサーである吉田照幸さんの新著『折れる力 流されたほうがうまくいく』を参照しつつ、ご紹介していきます。■「グチを言わないのが美徳」というポリシーに固執しない!「あの子はグチを言わないからエラい」というのは、どの職場でも聞かれることではないでしょうか。でも、どんなに理不尽なことでも受 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大倉忠義の“ジャニーズカット”にムロツヨシが不満 「僕の時は簡単に撮ってさ!」

TechinsightJapan / 2016年11月27日21時00分

メガホンをとった吉田照幸監督が大倉忠義に「ここはジャニーズで」とキメ顔を求めたシーンがあり、大倉自ら「ジャニーズカット」と呼んでいる。ただ、同じシーンに映るムロツヨシは納得がいかないようだ。 東野圭吾氏の長編サスペンス小説『疾風ロンド』を実写化した本作は、盗まれた新型炭疽菌を巡ってスキー場を舞台に繰り広げられる“笑撃のサスペンス”映画となっており、スキーや [全文を読む]

大島優子のシースルー衣装にムロ「透けてるから見てしまう」

Smartザテレビジョン / 2016年11月26日18時00分

11月26日に公開初日を迎えた映画「疾風ロンド」の舞台あいさつが行われ、主演の阿部寛の他、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、濱田龍臣、志尊淳、それに吉田照幸監督が登壇した。 吉田監督は「映画は作って半分、見ていただいて初めて完成であると伊丹十三さんも言われていました。本日を迎えてうれしいです」とあいさつ。またムロからは、大島のシースルー衣装に「透けてるから見 [全文を読む]

大島優子がスノボの腕前を披露!「疾風ロンド」撮影秘話を明かす

Walkerplus / 2016年11月25日15時47分

今回も、クールでサスペンスフルな映画になるんだろうなと思ってたんですけど…びっくりでした(笑)」 「あまちゃん」の演出でも手腕を発揮した吉田照幸が監督×コミカルな役柄にも定評のある阿部寛が主演という化学反応で、笑いが散りばめられた一級のエンターテインメント作になっているのだ! 「本当に、いただいた台本からは想像できない仕上がりで(笑)。そのギャップで、完成 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(11月24日付)

ガジェット通信 / 2016年11月25日14時00分

■関連映像:メン・イン・キャット 予告編(http://yahoo.jp/h9uEga) メン・イン・キャット 劇場予告編(http://yahoo.jp/F9Eal8) 4位 『疾風ロンド』(http://yahoo.jp/hY_PiG) ■公開日 :2016年11月26日(土) ■監督 :吉田照幸 ■キャスト:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、 [全文を読む]

映画「疾風ロンド」に出資し、様々なプロモーションを実施!

PR TIMES / 2016年11月16日14時26分

東野氏自身がスノースポーツが盛り上がることを願い書き上げたという原作の映画化である今作は、「長野県野沢温泉スキー場」を舞台に、主演の阿部寛扮する医科学研究所員が繰り広げる、シリアスな中に笑いが混在する笑撃サスペンスで、監督は、「サラリーマンNEO」(NHK/2004年)や「あまちゃん(NHK/2013年)」などの演出を手掛けた吉田照幸が担当した。 ・映画『 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子のイタズラに大倉忠義がイラッ!? 「顔が雪にペチャっと…」

TechinsightJapan / 2016年10月13日21時56分

原作者の東野圭吾氏から「スキーやスノーボードのシーンは、本当に好きな人が見ても納得できるようにしてほしい」と頼まれたという吉田照幸監督は「東野先生から“これは見たことがない”と褒められて涙が出そうになった」と大感激。阿部も「東野さんが野沢温泉に来てくれた。颯爽と滑って来られて撮影を1時間見て帰られました。本当に喜んでくれたという話だったんで、(自分も)喜 [全文を読む]

関ジャニ∞大倉が恥ずかしい過去を暴露!「好きな子の横でオナラしちゃって…」

Movie Walker / 2016年10月13日20時57分

主演を務めた阿部寛のほか、大倉忠義(関ジャニ∞)、大島優子、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、柄本明、吉田照幸監督といった豪華な顔ぶれが一堂に会した。 アーバンドッグ ららぽーと豊洲 シーサイドデッキで行われたイベントでは、本作の舞台となった雪山をイメージしたホワイトカーペットを歩いて登壇者が登場し、雪山にちなんだ“笑撃”エピソード [全文を読む]

関ジャニ∞・大倉忠義らの雪上アクションが公開!

Smartザテレビジョン / 2016年07月23日14時52分

本作の監督を務めるのは、連続テレビ小説「あまちゃん」('13年NHK総合ほか)の演出で日本中に一大ブームを巻き起こした吉田照幸氏。主演はシリアスな演技のみならず、コミカルな演技にも定評がある稀代の名優・阿部寛が務める。 その他、関ジャニ∞・大倉忠義や元AKB48のメンバーで女優として自然な演技が高く評価されている大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、 [全文を読む]

フォーカス