手嶋龍一のニュース

スコセッシ新作を、外交ジャーナリスト手嶋龍一の解説付きで放送!

PR TIMES / 2014年12月10日16時25分

さらに、外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一による解説も放送される。その収録に際して、手嶋がつぎのようなコメントを寄せている。 「アメリカを代表する雑誌が長編のドキュメンタリーで描かれる―。これだけでも興味を惹かれるのだが、自身も愛読者である巨匠・マーティン・スコセッシが監督を務めたのだから、見逃すわけにはいきません」。「ニューヨーク・レビュー・オブ・ブック [全文を読む]

スパイに学ぶインテリジェンスセンス――手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

経済界 / 2017年03月24日12時00分

20世紀最高のスパイのゾルゲ、二重スパイのキム・フィルビー、スパイからベストセラー作家になったジョン・ル・カレ、ウィキリークス主宰者アサンジ、CIA内部文書を内部告発したスノーデンなど、「畸人」たちの生き様はインテリジェンスセンスを磨く最高のテキストだ。聞き手=本誌/榎本正義「インテリジェンス」は国の命運をも左右する―― 副題に、インテリジェンス畸人伝、と [全文を読む]

「武器なき情報戦」に日本は勝てない? 現代社会を生き抜くための「インテリジェンス」の重要性

週プレNEWS / 2017年02月21日10時00分

膨大で雑多な情報から、決断のよりどころとなる情報をえりすぐるスペシャリストにしてジャーナリスト、手嶋龍一氏はこう指摘する。 そんな彼の近著『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人(きじん)伝』では、戦前に東京で活躍した“伝説のスパイ”リヒャルト・ゾルゲ、現役のインテリジエンスオフィサー(情報戦士)からスパイ作家に転身したジョン・ル [全文を読む]

千利休、切腹の真相とはーー手嶋龍一さんが今月買った10冊

文春オンライン / 2017年08月20日17時00分

(※本文中、機種により表示不可の漢字はカタカナ、俗字に替えました) 01.『利休の生涯と伊達政宗』生形貴重 河原書店 2500円+税 02.『人民元の興亡』吉岡桂子 小学館 1800円+税 03.『現金の呪い』ケネス・S・ロゴフ著 村井章子訳 日経BP社 2800円+税 04.『実録 交渉の達人』原田節雄 日経BP社 1800円+税 05.『彗星パンスペ [全文を読む]

トランプ氏 不動産屋の発想で沖縄問題を判断する可能性

NEWSポストセブン / 2017年01月12日11時00分

佐藤優氏と手嶋龍一氏、インテリジェンスに精通する2人が激流を読み解く。 * * *佐藤優:その中国にとってもアメリカの今後の外交方針は大変気がかりです。トランプ氏は正式な外交関係がない台湾の蔡英文総統と電話会談を行った。台湾は中国の一部であるという「1つの中国」が、トランプ政権では大きく変わる可能性がある。いま中国は、アメリカの台湾政策を慎重に見極めている [全文を読む]

北方領土返還交渉 プーチン大統領の本当の狙いはクリミア

NEWSポストセブン / 2017年01月07日16時00分

* * *手嶋龍一:12月15、16日の安倍・プーチン会談は、日ロ関係の将来を占うものになるだけに、今後の日中関係にも大きな影響を及ぼすことになります。佐藤優:北方領土返還交渉において、プーチン大統領には経済協力とは別の目的があると私は睨んでいます。本当の狙いはクリミアです。 北方領土の引き渡しのために日本はロシアとの平和条約締結に向け交渉を続けています [全文を読む]

オバマとの最後の日米首脳会談を中国はどう受け止めるか

NEWSポストセブン / 2017年01月05日07時00分

インテリジェンスに精通する佐藤優氏と手嶋龍一氏の2人が激流を読み解く。 * * * 手嶋 12月26、27日にハワイの真珠湾でオバマ大統領との最後の日米首脳会談が行われました。実は、この会談の影の主役こそ、トランプ次期大統領です。 昨年3月、当時共和党の有力候補の1人だったトランプ氏は、日韓の核保有を容認する発言をしました。5月のオバマ大統領の広島訪問には [全文を読む]

ヒロシマから世界へ G7外相会合を広島テレビが特集

Smartザテレビジョン / 2016年04月10日00時10分

10日の放送では、サミットや外相会合、現在の世界情勢などについて外交ジャーナリストの手嶋龍一の解説を交えながら、生中継で外相会合の1日目の様子を伝える。また、世界と広島を繋げる企画を通して、世界から見た被爆地ヒロシマと、ヒロシマから世界に向けた思いを発信する。11日は、外相が平和公園を訪問する様子を伝え、アメリカの国務長官が平和公園を訪れた意義やオバマ大統 [全文を読む]

米で話題『日本復興』 日本礼賛ではなく力落ちた米論ずる書

NEWSポストセブン / 2016年04月05日07時00分

外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一氏は、この書を「アメリカの現状を映し出す鏡」と読み解く。 * * * プレストウィッツ氏は、政治学者のチャーマーズ・ジョンソン氏らと共に1980年代の後半に「ジャパン・バッシャー4人組」と呼ばれた一人だ。彼らリビジョニスト(修正主義者)が全盛期にあった当時、NHKのワシントン特派員だった私はプレストウィッツ氏本人に幾度もイ [全文を読む]

主演作『杉原千畝』がヒットの唐沢寿明 ティーチインで御礼

NEWSポストセブン / 2016年01月09日16時00分

さらに、歴史背景や外交官事情を解説するべく、外交ジャーナリストの手嶋龍一氏も登場した。 ポーランドで撮影されたというこの作品。ユダヤ系のエキストラたちが、日本人を見つけては「助けてくれてありがとう」とお礼を言っていたというエピソードを披露。杉原千畝の偉大さを改めて実感していた唐沢だった。 撮影■浅野剛 [全文を読む]

仏はじめ欧米で極右の政党・指導者が確実に支持を広げている

NEWSポストセブン / 2015年12月15日07時00分

そうした“ドミノ”の背景に「悪循環」があると指摘するのは外交ジャーナリストの手嶋龍一氏である。 「いわゆる低所得で3K的な職種を強いられるアルジェリア系や中東からの移民の不満はときに暴動事件に発展する。治安が悪化すると、移民の影響で仕事を奪われたと感じている低所得の白人が、『移民のせいでわが国の社会が壊れる』と主張する政党に投票し、それに対して移民はまた [全文を読む]

KAT-TUN中丸雄一が空気におもねり野党批判と安保法制擁護発言! ジャニーズの先輩・中居正広との違いとは...

リテラ / 2015年09月22日12時45分

さらに、外交ジャーナリストの手嶋龍一が登場して、北朝鮮脅威論を煽り、だからこそ日米安保が重要なのだと自説を展開。安保反対派を「無知」であるかのように語る。もう改めて指摘するのも面倒だが、たとえその脅威が現実にあるとしても、それは個別的自衛権で対応できるのだが......。まあ、それはいい。今回、本稿で取り上げたいのは、その後の中丸の発言だ。例のだまし討ち [全文を読む]

安倍首相が国会を欠席して『ミヤネ屋』で応援団に囲まれ上機嫌! 実は安倍は国会サボリの常習犯だった!

リテラ / 2015年09月04日18時30分

評論家の手嶋龍一にいたっては「総理のアメリカ議会での演説はすばらしかった」などと絶賛してみせるという、ヒドい有り様だった。 しかも、『ミヤネ屋』の収録は大阪・読売テレビで行われるため、安倍首相はわざわざ大阪入りして出演。『ミヤネ屋』のあとは、安倍応援番組というべき『そこまで言って委員会NP』(東京ではネットなし)の収録に参加する予定だが、この状況にネット上 [全文を読む]

「不都合な真実」から7年――。 再びゴアが世界に警鐘を鳴らす!『アル・ゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因』10月1日発売!

PR TIMES / 2014年09月30日11時51分

――手嶋龍一(外交ジャーナリスト・作家) ◆内容 第1章 アース・インク 「高度につながり合い、強固に統合され、大いに相互に作用し合い、技術的な大変革が進行中の新しい経済」という新たな現実に対し、国家政策や地域戦略、長い間受け入れられてきた経済理論はもはや当てはまらない。 第2章 グローバル・マインド 世界のシステムは全体として、国民国家を基盤にしたシス [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第17号 9月5日(金)発売!第17号の特集テーマは、「【没後25年記念特集】開高健――その豊穣なる文章世界」

DreamNews / 2014年09月05日09時00分

――『珠玉』湯川 豊 新境地を開いた遺作『珠玉』奥本大三郎 『輝ける闇』から『珠玉』へ ――フウマ先生に出会うまで坪内祐三 『見た 揺れた 笑われた』の中の 「太った」の持つ意味森枝卓士 『最後の晩餐』極まる食の文章技巧水谷竹秀 輝ける遺書『ベトナム戦記』が意味するもの斎藤貴男 『今日は昨日の明日』から伝わる苦悩と呻吟手嶋龍一 『人とこの世界』に見る、 ル [全文を読む]

KGB 日本人スパイの結婚資金から養育費を負担する例もあり

NEWSポストセブン / 2014年06月18日07時00分

外交ジャーナリストで英国諜報部員を主人公にしたインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』(新潮社)の著者である手嶋龍一さんは、こう話す。 「情報のプロは一見ごく普通の人に見えますよ。特に英国の要員は品がよくて聞き上手。まあ素人では見分けられないでしょう」 すご腕ほどごくごく普通の容姿をしているというし、見抜くのはかなり難しそうだが、常にどこかでスパイは活動し [全文を読む]

講演依頼サイト「東京リーダーズ・バンク」がスタート!!

PR TIMES / 2013年10月08日17時22分

主な講師陣 田原総一朗、竹中平蔵、榊原英資、齊藤精一郎、野口悠紀雄、佐々淳行、手嶋龍一、齋藤孝、田崎真也、坂本光司、服部幸應、夏野剛、藤巻健史、藤巻幸大、東国原英夫、遠藤功、畑村洋太郎、後藤謙次、小室淑恵、古田敦也、杉山愛、堀潤、飯田泰之など 東京リーダーズ・バンク(Tokyo Leaders Bank) http://leaders-bank.toky [全文を読む]

アメリカによる北朝鮮・金書記長の“除去”作戦が始まっている

週プレNEWS / 2013年04月22日12時00分

外交ジャーナリストの手嶋龍一氏はこう解説する。 「アメリカは条件付きながらも北朝鮮に対話を呼びかけていますが、唯一の例外は北朝鮮が内乱状態となり、金正恩第一書記が核を使った攻撃などを企てた場合。在韓米軍などが核兵器、中距離弾道ミサイル、原子炉などの施設を制圧し、金第一書記の身柄を押さえることを想定した作戦計画が準備されています」 北朝鮮に詳しいジャーナリス [全文を読む]

「尖閣に日米安保適用」のヒラリー約束の引き継ぎを死守せよ

NEWSポストセブン / 2012年12月25日16時00分

その中で日本が何を守るべきなのか、外交ジャーナリストの手嶋龍一氏が解説する。 * * * 2012年11月、中国共産党は習近平氏を新しい総書記に選出し、「海洋強国」を目指すと宣言した。中国は強国の証として空母機動部隊を創設し、日本の尖閣諸島を窺う構えだ。北の海に目を転じるとロシアが北方領土に、西の海では韓国が竹島に攻勢を強めており、北朝鮮はミサイル発射で揺 [全文を読む]

フォーカス