手嶋龍一のニュース

スコセッシ新作を、外交ジャーナリスト手嶋龍一の解説付きで放送!

PR TIMES / 2014年12月10日16時25分

さらに、外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一による解説も放送される。その収録に際して、手嶋がつぎのようなコメントを寄せている。 「アメリカを代表する雑誌が長編のドキュメンタリーで描かれる―。これだけでも興味を惹かれるのだが、自身も愛読者である巨匠・マーティン・スコセッシが監督を務めたのだから、見逃すわけにはいきません」。「ニューヨーク・レビュー・オブ・ブック [全文を読む]

スパイに学ぶインテリジェンスセンス――手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

経済界 / 2017年03月24日12時00分

20世紀最高のスパイのゾルゲ、二重スパイのキム・フィルビー、スパイからベストセラー作家になったジョン・ル・カレ、ウィキリークス主宰者アサンジ、CIA内部文書を内部告発したスノーデンなど、「畸人」たちの生き様はインテリジェンスセンスを磨く最高のテキストだ。聞き手=本誌/榎本正義「インテリジェンス」は国の命運をも左右する―― 副題に、インテリジェンス畸人伝、と [全文を読む]

「武器なき情報戦」に日本は勝てない? 現代社会を生き抜くための「インテリジェンス」の重要性

週プレNEWS / 2017年02月21日10時00分

膨大で雑多な情報から、決断のよりどころとなる情報をえりすぐるスペシャリストにしてジャーナリスト、手嶋龍一氏はこう指摘する。 そんな彼の近著『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人(きじん)伝』では、戦前に東京で活躍した“伝説のスパイ”リヒャルト・ゾルゲ、現役のインテリジエンスオフィサー(情報戦士)からスパイ作家に転身したジョン・ル [全文を読む]

“死の白鳥”も飛んだ――トランプVS金正恩に迫る正面衝突

デイリー新潮 / 2017年04月08日05時59分

また北は何かやってくるでしょうし、その時米国は座視できるのか」 外交ジャーナリストの手嶋龍一氏も言う。 「注目すべきは、従来和戦を巡る大統領の決断を、軍事作戦を含めてNSC(国家安全保障会議)が支えてきましたが、今度は軍事作戦の策定・実施は国防総省が担うようになったこと。外交や情報など各機関の調整はNSCの役割ですが、こと軍事作戦は国防総省が立案、トランプ [全文を読む]

ウィキリークス、“史上最大CIA機密”流出 笑うのは

デイリー新潮 / 2017年03月14日16時59分

外交ジャーナリストの手嶋龍一氏は言う。 「CIAも逆境ですが、実は今、政権への反発からNSC(国家安全保障会議)でも大量に辞職者が出ようとしています。米国の安全保障を担う根幹部分が揺らいでいることが心配です」 水面下で続く米露の情報戦争。今回の米国の苦境を招き、笑っているのが誰かは明らかだろう。 「週刊新潮」2017年3月23日号 掲載 [全文を読む]

トランプ「軍事攻撃」リスト 第1弾は“イエメン急襲”、北朝鮮も?

デイリー新潮 / 2017年03月04日05時58分

外交ジャーナリストの手嶋龍一氏も言う。 「しかも、この7カ国以外でも、米国がいつ武力を発動してもおかしくないという意味で、プロフェッショナルたちが今最も注視しているのは北朝鮮です。空爆というオプションがテーブルに載るかもしれません」 “トランプの世界”では、いつ非常事態が生じても不思議ではない――。 「週刊新潮」2017年3月2日号 掲載 [全文を読む]

フォーサイスはスパイ小説を超える生き方を歩んだ

文春オンライン / 2017年02月26日17時00分

インテリジェンスに詳しい作家の手嶋龍一さんが、本書の読みどころを案内する。 ◆◆◆ 文句なしに面白い――昨今、そんな新刊に出遭うことは、万馬券に当たるほどの幸運と言っていい。フォーサイス少年はスピットファイアーを駆って大空を飛びたいと憧れていた。ケンブリッジ大学の入試面接でも「パイロットになりたい」と告げ、安全だが退屈な人生を拒んでしまう。まさしく筋金入り [全文を読む]

トランプ氏 不動産屋の発想で沖縄問題を判断する可能性

NEWSポストセブン / 2017年01月12日11時00分

佐藤優氏と手嶋龍一氏、インテリジェンスに精通する2人が激流を読み解く。 * * *佐藤優:その中国にとってもアメリカの今後の外交方針は大変気がかりです。トランプ氏は正式な外交関係がない台湾の蔡英文総統と電話会談を行った。台湾は中国の一部であるという「1つの中国」が、トランプ政権では大きく変わる可能性がある。いま中国は、アメリカの台湾政策を慎重に見極めている [全文を読む]

北方領土返還交渉 プーチン大統領の本当の狙いはクリミア

NEWSポストセブン / 2017年01月07日16時00分

* * *手嶋龍一:12月15、16日の安倍・プーチン会談は、日ロ関係の将来を占うものになるだけに、今後の日中関係にも大きな影響を及ぼすことになります。佐藤優:北方領土返還交渉において、プーチン大統領には経済協力とは別の目的があると私は睨んでいます。本当の狙いはクリミアです。 北方領土の引き渡しのために日本はロシアとの平和条約締結に向け交渉を続けています [全文を読む]

オバマとの最後の日米首脳会談を中国はどう受け止めるか

NEWSポストセブン / 2017年01月05日07時00分

インテリジェンスに精通する佐藤優氏と手嶋龍一氏の2人が激流を読み解く。 * * * 手嶋 12月26、27日にハワイの真珠湾でオバマ大統領との最後の日米首脳会談が行われました。実は、この会談の影の主役こそ、トランプ次期大統領です。 昨年3月、当時共和党の有力候補の1人だったトランプ氏は、日韓の核保有を容認する発言をしました。5月のオバマ大統領の広島訪問には [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース