肝付兼太のニュース

スネ夫にホラーマン…声優・肝付兼太さん死去に悲しみの声

しらべぇ / 2016年10月24日14時10分

画像は81プロデュース公式サイトのスクリーンショット24日、「ドラえもん」の2代目スネ夫役や「アンパンマン」のホラーマン役などで知られる声優・肝付兼太さんが20日に肺炎のため死去したことが所属事務所のサイトで発表された。80歳だった。■「ジャイアン、仲良くしてくれ...」26年間にわたって演じ続けたスネ夫やホラーマンのほか、「にこにこぷん」のじゃじゃまるや [全文を読む]

スネ夫死す!またもや“封印”されたアニメ『ドラえもん第一作』の存在

デイリーニュースオンライン / 2016年10月29日13時06分

声優の肝付兼太さんが肺炎のため、亡くなった。享年八十。 「7月くらいに『アンパンマン』の劇場版(注1)を娘と観に行ったんですが、ホラーマン役の肝付さんの声が、ものすごく枯れてて、元気が無くてビックリしました。収録したのはもっと前でしょうが、相当に衰弱されてたんですね」(40歳代のアニメファン) まずは肝付兼太さんのご冥福を祈りたい。 肝付さんは鹿児島県出身 [全文を読む]

「スネ夫はジャイアンを探しに行ったんだね」=声優・肝付兼太さんの死を中国ネットユーザーも悼む

Record China / 2016年10月25日12時10分

2016年10月25日、アニメ「ドラえもん」のスネ夫の声などを演じた声優の肝付兼太(本名=兼正)さんが亡くなったことに、中国のネットユーザーからも悲しみと哀悼の声が上がっている。 肝付さんは今月20日、肺炎のため80歳で亡くなっていたことが分かった。「ドラえもん」では1973年にジャイアン役を、79年からはスネ夫役を25年以上にわたり演じたほか、「おそ松く [全文を読む]

「今頃たてかべさんと再会してるのかな」『ドラえもん』初代スネ夫役の声優・肝付兼太氏が死去

おたぽる / 2016年10月24日21時00分

24日、『ドラえもん』のスネオ役で知られる声優・肝付兼太氏が20日、肺炎のため死去したと所属事務所の「81プロデュース」が発表した。80歳だった。 肝付氏は、1935年生まれ。NHKの『話の泉』という番組の公開録画を見に行ったことがキッカケで俳優を志すも、「映画俳優をやれる容姿ではない」と祖母に諭され、顔出しよりもラジオドラマで声のみで出演する「声優」の仕 [全文を読む]

肝付兼太さん死去にアンパンマンファンの親泣く「子供もホラーマンが大好き」

しらべぇ / 2016年10月24日18時00分

声優・肝付兼太さんが20日に肺炎のため死去したことが事務所により本日発表され、多くのファンが悲しみのコメントをTwitterなどのSNSに残している。肝付さんは『ドラえもん』のスネ夫役や、『おそ松さん』のイヤミ役などさまざまなキャラクターを演じてきたが、いま小さな子供を持つ親世代にとってもっとも印象的なのが『アンパンマン』のホラーマン役だろう。■ホラーマン [全文を読む]

『ドラえもん』スネ夫役などでおなじみの声優・肝付兼太さん死去

ガジェット通信 / 2016年10月24日14時30分

アニメ『ドラえもん』の先代の骨川スネ夫役などでおなじみの声優・肝付兼太さんが10月20日に亡くなったと報じられた。80歳だった。 『アンパンマン』のホラーマン、『にこにこぷん』のじゃじゃ丸などでもおなじみだが、『ドラえもん』スネ夫役の他、初主演だという『ジャングル黒べえ』の黒べえをはじめ、往年の藤子不二雄作品には、ほとんど出演しているのではというくらいであ [全文を読む]

ご存知ですか? 4月2日はドラえもん放送開始の日です

文春オンライン / 2017年04月02日07時00分

左から肝付兼太、野村道子、大山のぶ代、小原乃梨子、たてかべ和也の声優陣 ©共同通信社 テレビ朝日版『ドラえもん』は当初、月~土の夕方に10分間の帯番組として始まり、これとあわせて4月8日からは日曜朝の30分番組として全国放送も開始された。人気はうなぎ登りで、毎夕の放送はコンスタントに16~20%の視聴率を記録。劇場版も翌80年3月公開の『ドラえもん のび [全文を読む]

1位は圧倒的なポイントで山寺宏一さん! 人気声優200人が本気で選んだ本当にスゴイと思う声優BEST25

ガジェット通信 / 2017年01月09日22時30分

今回、 1位 山寺宏一 代表作:新世紀エヴァンゲリオン 加持リョウジ役など 2位 野沢雅子 代表作:ドラゴンボール 孫悟空役など 3位 藤原啓治 代表作:クレヨンしんちゃん 野原ひろし役など 4位 沢城みゆき 代表作:ルパン三世 峰不二子役など 5位 関智一 代表作:ドラえもん スネ夫役など 6位 田中真弓 代表作:ワンピース ルフィ役など 7位 高山み [全文を読む]

とんねるずも歌っていた!ウルトラマン歴代主題歌・挿入歌を網羅した全263曲・12枚組BOX発売

okmusic UP's / 2016年11月25日12時23分

歌唱メンバーも豪華な面々が揃っており、アニソン四天王であるささきいさお・水木一郎・堀江美都子をはじめ、京本政樹、影山ヒロノブ、肝付兼太、とんねるず、つるの剛士、宮野真守、THE ALFEEといった様々なジャンルのアーティストが歴代のウルトラマンソングを担当したものを網羅している。ブックレットには、作曲家解説、楽曲解説、作品データ、歌詞などを掲載。全263曲 [全文を読む]

ウルトラマンシリーズ総結集!豪華顔ぶれの263曲収録CD-BOX発売

dwango.jp news / 2016年11月25日12時01分

アニソン四天王さきいさお・水木一郎・堀江美都子はじめ、京本政樹、影山ヒロノブ、肝付兼太、とんねるず、つるの剛士、宮野真守、THE ALFEEなど豪華歌唱者陣となっている。 ブックレットには、作曲家解説、楽曲解説、作品データ、歌詞などを掲載。全263曲。総収録時間15時間超。 全192ページの解説&歌詞ブックレット付きの豪華パッケージを、是非手に取ってもら [全文を読む]

幻の(!?)OPも!! TV初登場!忍者アニメの金字塔「忍風カムイ外伝」ニューテレシネHD版

PR TIMES / 2016年09月01日11時45分

他にも、「ドラえもん」(1979年~2005年版)のジャイアンとスネ夫でお馴染みの立壁和也(現在はたてかべ和也)や肝付兼太、「銀河鉄道999」でメーテルを演じた池田昌子、「パーマン」のパーマン1号役の三輪勝恵、「ルパン三世」シリーズ・次元役などで知られる小林清志など、そうそうたる豪華声優陣が様々な役柄を演じています。江戸時代・寛文年間末を舞台に、真の自由に [全文を読む]

レベルの高さにビックリ! 声真似主によるフルボイス二次創作『のび太の人類補完計画』

ガジェット通信 / 2016年07月06日19時30分

という動画、しょっぱなの『新世紀エヴァンゲリオン』次回予告の葛城ミサトからはじまって、大山のぶ代さん版の『ドラえもん』、三石琴乃さん版の『のび太ママ』、肝付兼太さん版の『スネ夫』などなど、ドラえもんとエヴァンゲリオンに登場するキャラを声真似主が演じている。そのクオリティには驚愕することうけ合いである。 手塚治虫先生など、さまざまな漫画家のタッチでパロディ [全文を読む]

興行40億突破も…『ドラえもん』はまだ大山のぶ代のイメージ?

しらべぇ / 2016年05月11日21時00分

『ドラえもん』(テレビ朝日)は大山のぶ代、小原乃梨子、肝付兼太、たてかべ和也らが約26年にわたり声優を担当。日本人の子供はほぼ100%見ているといっても過言ではない国民的アニメとなった。2005年3月、旧声優陣が高齢となったことから、全員が降板。ドラえもん役は水田わさびに引き継がれ、現在に至る。■まだまだ大山のぶ代のイメージが強い長年ドラえもんの声を担当し [全文を読む]

『おかあさんといっしょ』ポコポッテイトからガラピコぷ~にチェンジもお兄さんお姉さんは“ノーチェン”希望!!

おたぽる / 2016年02月02日14時00分

肝付兼太、よこざわけい子、中尾隆聖が声を当てているのも強さの秘訣かもしれない。 [全文を読む]

鈴木砂羽が初代ドラえもん声優・大山のぶ代を熱演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月11日13時52分

野比のび太の声優、小原乃梨子役を猫背椿、源静香の声優・野村道子役を田中美里、骨川スネ夫の声優、肝付兼太役を鈴木拓、“ジャイアン”こと剛田武の声優・たてかべ和也役を小川直也が演じる。 [全文を読む]

千葉テレビが『おそ松くん』を再放送! 『おそ松さん』ブームに便乗しているけど「正直でよろしい!」と好評

おたぽる / 2015年11月17日20時00分

おそ松は『機動戦士ガンダム』のセイラ・マスで知られる井上瑤、チョロ松は『ポケットモンスター』シリーズのサトシで知られる松本梨香、トド松は『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイで知られる林原めぐみ、ほかにも大平透(デカパン)、田中真弓(チビ太)、肝付兼太(イヤミ)といった豪華声優陣が名を連ねている。 もう一点、千葉テレビは『おそ松くん』のほかに、現在『平成天才 [全文を読む]

赤塚アニメ「おそ松くん」全86話がチバテレで!

Smartザテレビジョン / 2015年11月16日21時31分

声の出演に井上瑤、肝付兼太、田中真弓、大平透らがキャスティングされている。 11月17日(火)放送の第1話では、赤塚台にやって来たイヤミがおそ松の家で悪巧みをしようとするが、六つ子に完敗。腹を立てたイヤミはチビ太と一緒にデカパン研究所へ。だがそこで、間違って歯の生える薬を飲んでしまう。 赤塚不二夫生誕80周年のことし、新“おそ松”の第2クールの放送も決まり [全文を読む]

“差別表現”も「忠実に再現する」と公言!藤子・F・不二雄の幻アニメ『ジャングル黒べえ』復活と、東映ビデオの決意

おたぽる / 2015年09月04日08時00分

同作の主人公はピリミー国の王様の息子・ジャングル黒べえ(声:肝付兼太)。黒べえを中心に、毎度てんやわんやの騒動を起こす内容で、当時の子どもたちを夢中にさせた。なお、「ウラウラ」「ベッカンコ」「これジャングルの常識!」など、“黒べえ語”も大流行。 そんな同アニメが、再放送以来、実に20数年ぶりに復活とあって、ファンは「うらうら!べっかんこ!」「ウ~ラウラウ [全文を読む]

「のび太のくせに生意気だ」アニメ『ドラえもん』で言い出したのは――声優・たてかべ和也の通夜で明かされたエピソード

おたぽる / 2015年06月26日20時00分

「この日、たてかべさんの55年の親友で、初代・スネ夫の声優を務めた肝付兼太さんが、囲み取材に応じてくれたんです。その思い出話の中で、肝付さんは『ジャイアンと一緒にのび太をいじめるときに、僕がアドリブで「のび太のくせに生意気だ」と言ったんです。これはアドリブだったんですけど、言った時に金魚鉢(アフレコスタジオ内)が賑やかになりましてね。「余計なことを言って [全文を読む]

アニメ『ドラえもん』の声を初めて聞いた故・藤本弘氏の感想

NEWSポストセブン / 2014年10月10日16時00分

* * * 大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、千々松幸子(のび太のママ)……。力のある声優陣です。その後、リニューアルする2005年3月18日まで、26年間にわたって、この方々には、『ドラえもん』を支えていただきました。 早速、できあがったパイロット版を先生のところに持って [全文を読む]

フォーカス