尾上菊之助のニュース

TBS「LEADERS II」に歌舞伎界より尾上菊之助の出演が決定!

Smartザテレビジョン / 2017年02月19日06時00分

3月にTBS系で放送されるスペシャルドラマ「LEADERS(リーダーズ)II」に、尾上菊之助の出演が決定した。菊之助演じる浅田は、アイチ自動車のライバル会社・若草自動車の若き常務という役どころ。 本作は、国産自動車の開発にまい進する主人公・愛知佐一郎(佐藤浩市)と、佐一郎を販売面で支え続けた男たちの物語。佐一郎とGM(ゼネラルモーターズ)車販売店「日の出モ [全文を読む]

尾上菊之助 第一子誕生を心待ちに「音羽屋に縁のある名前を…」

WEB女性自身 / 2013年11月01日00時00分

歌舞伎俳優の尾上菊之助(36)が座頭を務める「松竹大歌舞伎」が、11月1日に東京・新宿の日本青年館で初日を迎えた。 今年2月に結婚し、12月に父親になる予定の菊之助は「順調です。(屋号の)音羽屋に縁のある名前を考えています」と嬉しそうに報告。ただ、性別は不明だそうで「エコーで見ると、男になったり女になったりするんです」と首をかしげていた。 また、すい臓がん [全文を読む]

尾上菊之助の新妻に「旦那さんの方がきれい」と嫁いじめ開始

NEWSポストセブン / 2013年03月21日07時00分

尾上菊五郎(70才)と富司純子(67才)の長男・尾上菊之助(35才)との結婚が決まった、播磨屋・中村吉右衛門(68才)の四女・瓔子さん(30才)。梨園の“おかみさん”デビューとなった日、こんな微笑ましい光景があった。現在、菊之助が出演中の『三月花形歌舞伎』(新橋演舞場)の初日(3月2日)でのことだ。富司とともに初めてロビーに立った瓔子さん。 「富司さんは、 [全文を読む]

尾上菊之助と播磨屋4女の結婚の裏に幸四郎家との確執も

NEWSポストセブン / 2013年02月23日07時00分

播磨屋・中村吉右衛門(68才)の4女である波野瓔子(ようこ)さん(30才)と音羽家・尾上家の跡取りである尾上菊之助(35才)の電撃婚は、暗いニュースばかりが続いた歌舞伎界に咲いた久しぶりの明るい話題だった。 だが、ふたりの結婚については、こんな声も上がっている。 「今回の結婚の背景には、松本幸四郎さん(70才)の高麗屋と、音羽屋、播磨屋の長年にわたる確執が [全文を読む]

尾上菊之助 江角、知花と別れ、一般女性と婚約した理由とは

NEWSポストセブン / 2013年02月21日16時00分

尾上家の跡取りである尾上菊之助(35才)と、播磨屋・中村吉右衛門(68才)の4女である波野瓔子(ようこ)さん(30才)の婚約は、暗いニュースばかりが続いた歌舞伎界に咲いた久しぶりの明るい話題だった。 菊之助といえば、これまで江角マキコ(46才)、知花くらら(30才)といった芸能界の美女との交際が伝えられた歌舞伎界きってのモテ男だ。それが一転、結婚相手に選ん [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】古舘伊知郎、歌舞伎座で深々とお辞儀「大麻騒動の芸能人の心境」

TechinsightJapan / 2016年10月27日21時24分

東京・歌舞伎座正面にてこの日、別の演目に出演する歌舞伎俳優・尾上菊之助、弁士・片岡一郎とともに上演前に一言挨拶を行った。 歌舞伎座を背にして報道陣の前に並んで立った3人。舞踏『鷺娘』を披露する尾上菊之助の挨拶に続き、古舘伊知郎が口を開いた。「僕も菊之助さんと一緒に『鷺娘』を踊りたいと言ったんですけど、ダメだと言われて、喋りのほうに回れと言われて」と冒頭から [全文を読む]

寺島しのぶ 長男のお受験対策を井川遥や木村多江に相談する

NEWSポストセブン / 2015年11月07日16時00分

歌舞伎役者が多い出身校といえば、中村吉右衛門や勘三郎、市川染五郎、猿之助などが出ている「暁星」や、市川團十郎や海老蔵、尾上菊之助の出身である「青山学院」がよく知られ、それぞれ幼稚園が付属している。 「歌舞伎役者を目指すなら、そうした“歌舞伎役者御用達学校”のほうが理解があって通わせやすいという考えもあるでしょう。寺島さんは夫がフランス人なので、フランス語 [全文を読む]

新・歌舞伎座開場で注目の役者 海老蔵、菊五郎、菊之助他

NEWSポストセブン / 2013年03月30日07時00分

そして、菊五郎の長男・尾上菊之助(35才)。行儀がよく、まじめで先輩からの信頼が厚いのは、子供の頃から共演も多い海老蔵と対照的。中村吉右衛門の四女・瓔子さん(30才)と結婚、歌舞伎界全体を考えている人物と評価を高めた。今は両家を継ぐ男子2人の誕生に期待が集まる。 女形として、父よりもしっとりとした色気があるといわれ、今、きれいな盛り。40代になると立役が [全文を読む]

博多座・夏の風物詩“船乗り込み”に3万人のファン集まる

Walkerplus / 2017年05月29日20時06分

同公演では、坂田藤十郎をはじめ、尾上菊五郎、人間国宝の中村東蔵(とうぞう)、中村梅玉(ばいぎょく)、中村時蔵(ときぞう)、中村魁春(かいしゅん)、中村鴈治郎(がんじろう)、尾上菊之助ら、豪華な顔ぶれにも注目だ。 チケットは現在発売中。平日・昼の部の席には、まだ空きがあるので、早めに予約しよう!【福岡ウォーカー編集部/杉山はづき】 [全文を読む]

寺島しのぶ、執念実って高笑い

NewsCafe / 2017年05月20日00時59分

血統的には寺島の実弟の尾上菊之助(39)と長男の和史くん(3つ)にもう少しスポットライトが当たってもいい感じがします」 デスク「菊之助は歌舞伎界では当たり前の人だけど、一般的には地味だからな(苦笑)。その点、眞秀は海老蔵と同じく有名な長男・勸玄(かんげん=4つ)とも同い年だし、仲良し。そういう舞台裏の交流を映像で見せてほしいのよ」 記者「ゆくゆく眞秀くんと [全文を読む]

寺島しのぶ 眞秀くん初お目見え叶えた2歳からの超英才教育

WEB女性自身 / 2017年05月13日06時00分

跡継ぎになれるのは、弟・尾上菊之助(39)だけ。 女を呪った 日々を、彼女はこう振り返っている。 《弟が6歳で初舞台を踏んだ時、「どうして年上の私が舞台に立てないの」と腹が立つやら悲しいやらで、それに男中心の梨園ですから、我が家は弟を中心に回っていて、私一人が取り残されていく気がして 》(『週刊現代』15年10月17日号) そのため人間国宝の父・尾上菊五郎 [全文を読む]

寺島しのぶ 眞秀くんデビューの陰に外堀埋めた水面下の2年間

WEB女性自身 / 2017年05月13日06時00分

跡継ぎは、弟・尾上菊之助(39)。 女を呪った 日々について、彼女はこう振り返っている。 《弟が6歳で初舞台を踏んだ時、「どうして年上の私が舞台に立てないの」と腹が立つやら悲しいやらで、それに男中心の梨園ですから、我が家は弟を中心に回っていて、私一人が取り残されていく気がして 》(『週刊現代』15年10月17日号) それから30年以上、母になった彼女は長男 [全文を読む]

中村勘九郎も恋ダンス?時事ネタ、パロディー満載の新作歌舞伎

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日19時46分

かぐや姫(市川猿之助)が、仕える局たちに大けがを負わせるほどの凶暴な性格が原因で、地球での修業を課せられることになり、おじいさん(尾上菊之助)とおばあさん(市川海老蔵)の下で大暴れするという奇想天外なストーリー。 物語の中で演者が“恋ダンス”を披露したり、大流行した“あの太郎”を歌って踊ったりするなど普段の歌舞伎では見られない舞台が展開される。 さらに、中 [全文を読む]

市川海老蔵、片岡愛之助……大人女子の趣味に「歌舞伎」はいかが?

アサジョ / 2017年04月17日18時14分

一昨年の市川海老蔵さんの長男・堀越勸玄くんの初お目見えに続き、去年は尾上菊之助さんの長男・寺嶋和史くんの初お目見え、そして今年に入っては、中村勘九郎さんの長男・波野七緒八くんと次男・哲之くんの初舞台、さらには寺島しのぶさんの息子・寺嶋眞秀くんが初お目見えするなど、ここ数年、歌舞伎界の御曹司たちが続々と登場してきています。 とはいえ、実際に歌舞伎の舞台を観に [全文を読む]

六本木歌舞伎の舞台に立った寺島しのぶ 海老蔵がオファー

NEWSポストセブン / 2017年02月10日07時00分

音羽屋の跡継ぎとなる弟・尾上菊之助(39才)の誕生がきっかけだった。寺島はこう述べている。《歌舞伎の家に女として生まれるということは、私にとってすごく過酷だったんですよ。弟が生まれるまでは「蝶よ花よ」となんでもやらせてもらいましたが、五年後に弟ができると、がらりと世界が変わる。それはまるで天変地異のようでした》 恋路でも深い痛手を負った。幼なじみの市川染五 [全文を読む]

稲森いずみ他、四十路美女たちが独身を貫くワケ

日刊大衆 / 2017年01月03日20時00分

そのルックスと同様、私生活も華やかで、俳優の反町隆史(43)、要潤(35)、五代目尾上菊之助(39)、長谷川博己(39)などと熱愛の噂があった。イケメンとばかりつきあってきたために、もう結婚しなくてもいいと考えているのかも? 芸能界で成功しているということは、それだけ経済的にも充実しているのだろう。男に依存する必要なんてないのかもしれない。自立した女は美し [全文を読む]

吹石一恵ほか「実は二世だった」意外な芸能人ベスト5

日刊大衆 / 2017年01月02日11時00分

彼女は芸能家系で、父は歌舞伎俳優の七代目尾上菊五郎(74)、母は女優の富司純子(71)、弟は五代目尾上菊之助(39)だ。青山学院大学在籍中から劇団の文学座に所属し、2000年に『シベリア超特急2』で映画デビュー。当初は母と比較され悩んだというが、今では日本を代表するアカデミー賞女優だ。 第2位は、その寺島しのぶやPUFFYの吉村由美(41)、蒼井優(31) [全文を読む]

『ネットシネマ・フェスティバル』渋谷ユーロスペースで開催! インターネット配信ならではの個性ある15分のネットシネマ8作品が競い合う!

DreamNews / 2016年11月25日13時00分

また12月3日(土)には、クロージングイベントとして、ネットシネマから生まれた作品でブロードバンドタワー取締役副会長で映画プロデューサーの大和田 廣樹が製作した映画『THE CODE/暗号』(2008年製作・監督:林海象/出演:尾上菊之助、稲森いずみ、貫地谷しほり、成宮寛貴、佐野史郎、松方弘樹、宍戸錠 他)を上映。さらに上映後には『ネットシネマ・フェスティ [全文を読む]

“古舘節”が炸裂!「医療大麻でもやってる?」と活弁した古舘伊知郎に歌舞伎座が喝采!

Movie Walker / 2016年10月27日22時36分

この日はほかに、弁士・片岡一郎の活弁と生演奏が付いた『忠臣蔵』デジタル最長版の上映と、歌舞伎俳優・尾上菊之助による舞踊「鷺娘」を上演。 尾上は「歌舞伎の女形の美がギュッと詰まった演目でございます。“引抜(ひきぬき)”や“ぶっ返り”といった、歌舞伎の特徴でもある衣装の早変わりもありますので、初めてご覧になる外国人のお客様には楽しんでもらえるのでは」と見どこ [全文を読む]

最後の“鬼平”で中村吉右衛門「せがれを切ることに」

Smartザテレビジョン / 2016年10月26日04時00分

また、今作で娘婿・尾上菊之助と共演したことに話が及ぶと、「一生懸命やってくれました。1対1の立ち回りもありまして、せがれを切ることになりました」と言って会場の笑いを誘った。 そして、今作の手応えについては「今まで通りやっていましたが、やっぱり若い頃のようにはいかず、皆さんにご迷惑をおかけしましたけれども、監督さんが丁寧に撮ってくださいましたので、作品とし [全文を読む]

フォーカス