遠藤周作のニュース

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』神をどう見るのか?【ネタバレ注意】

メディアゴン / 2017年02月01日07時40分

もちろん遠藤周作の原作小説『沈黙』を、読んでいたから見たいと思った。原作も息の詰まる小説であった。当時の筆者の読書ノートには「キリスト教と武士道の殉教に対する類似した考え方など、学ぶことはたくさんある」と書いてある。小説のあとには篠田正浩監督の映画『沈黙 SILENCE』(1971年)も見ている。篠田監督と遠藤周作自身による脚本・脚色である。井上筑後守に岡 [全文を読む]

小松菜奈、ハリウッドデビューは「壁にぶつかった」監督&共演者は絶賛

モデルプレス / 2017年01月17日20時33分

同作は、スコセッシ監督が遠藤周作の「沈黙」を完全映画化した歴史大作。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧下の長崎を舞台に、棄教したとされる師の真実を確かめるために日本を訪れた宣教師の目を通して、人間にとって本当に大切なものとは何かを描く。 ◆小松菜奈がハリウッドデビュー 隠れキリシタンの村人・モニカ役を務め、同作がハリウッドデビューとなる小松は、スコセッ [全文を読む]

中村蒼“悪魔”の裏の顔暴く「興味が湧いている」

モデルプレス / 2017年01月03日06時00分

◆中村蒼の役どころは? 同作は昭和55年に発表された遠藤周作氏の医療ミステリーが原作。優秀な美人外科医の主人公・大河内葉子(田中麗奈)は、社交的で明るく患者からの評判もいいが、幼い頃からあらゆる出来事に対して心が動かず、無感動かつ無道徳な裏の顔を持っており、ターゲットとなる人物が現れると衝動的に悪事を犯す。 中村が演じるのは、葉子が務める病院に駆け込んでき [全文を読む]

田中麗奈が涙「お別れするのは寂しい」「幸せな2ヶ月間」

モデルプレス / 2017年03月25日08時00分

◆田中麗奈がクランクアップ「とても強烈な役だった」 同作は、昭和55年に発表された遠藤周作氏の医療ミステリーが原作。優秀な美人外科医の主人公・大河内葉子(田中)は、社交的で明るく患者からの評判もいいが、幼い頃からあらゆる出来事に対して心が動かず、無感動かつ無道徳な裏の顔を持つ。ターゲットとなる人物が現れると衝動的に悪事を犯す心理サスペンスを描く。 大河内葉 [全文を読む]

フジテレビ、あの社員がトップに

NewsCafe / 2017年03月16日11時30分

今週発売の週刊現代が「スクープ! フジテレビ亀山社長6月退場 新社長は遠藤周作の一人息子」と報じ、現在フジ専務の遠藤龍之介氏(60)が新社長に内定したと伝えている。 視聴率低迷久しいフジだが、その責任を取る格好で亀山千広社長(60)が退任、遠藤氏が後任になるというのだが…。 「フジ、そしてフジサンケイグループの最高権力者である日枝久会長(79)が決断したと [全文を読む]

“悪魔”ぶりが話題の田中麗奈、倖田來未と「恐怖を感じました」「理解しがたい人」本音で語る “裏の顔”

モデルプレス / 2017年02月21日08時00分

◆ドラマ「真昼の悪魔」とは 同作は昭和55年に発表された遠藤周作氏の医療ミステリーが原作。優秀な美人外科医の主人公・大河内葉子(田中麗奈)は、社交的で明るく患者からの評判もいいが、幼い頃からあらゆる出来事に対して心が動かず、無感動かつ無道徳な裏の顔を持っており、ターゲットとなる人物が現れると衝動的に悪事を犯す。 ある日、葉子が務める病院に作家志望の青年・難 [全文を読む]

塚本晋也『沈黙』で「40キロ台に」壮絶ダイエット!スコセッシ監督のために殉教覚悟

Movie Walker / 2017年02月03日09時41分

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙-サイレンス-』(公開中)のトークイベントが2月2日にROUTE BOOKSで開催され、塚本晋也と映画評論家の森直人が登壇。劇中で敬虔な信者・モキチ役を演じた塚本が、体重を「40キロ台にした」と壮絶ダイエットに挑んだことを明かした。 本作はキリシタン弾圧下の長崎を舞台に、長崎に潜入した若き司祭 [全文を読む]

中村蒼、結婚後の“変化”に照れ笑い

モデルプレス / 2017年02月01日14時19分

遠藤周作の医療ミステリーを実写化 同作は、昭和55年に発表された遠藤周作氏の医療ミステリーが原作。優秀な美人外科医の主人公・大河内葉子(田中)は、社交的で明るく患者からの評判もいいが、幼い頃からあらゆる出来事に対して心が動かず、無感動かつ無道徳な裏の顔を持っており、ターゲットとなる人物が現れると衝動的に悪事を犯す心理サスペンスである。 中村が演じるのは [全文を読む]

窪塚洋介がスコセッシ映画の舞台挨拶で政権批判!「この国のみっともない政府は自国の弱者には目も向けない」

リテラ / 2017年01月27日11時10分

遠藤周作の代表作『沈黙』を『タクシードライバー』『グッドフェローズ』などの巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』が今月21日に日本でも公開された。 冷徹に肉体的・精神的拷問を指示する筑後守を演じたイッセー尾形を筆頭に、窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、小松菜奈ら日本人キャストの演技は海外メディアでも高く評価されている。 そんな『沈黙- [全文を読む]

スコセッシ監督渾身の1本! 信じるって何だ? 映画『沈黙ーサイレンス』

Suits-woman.jp / 2017年01月21日09時00分

バイオレンス色の強いギャング映画を手がけることで有名なスコセッシ監督が、今回選んだのは日本へ渡った司祭と、隠れキリシタンについて描いた、遠藤周作原作の『沈黙』です。28年かけてついに完成した渾身の1本 『沈黙-サイレンス-』 監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセ [全文を読む]

フォーカス