浜田宏一のニュース

浜田宏一氏、大田弘子氏、藻谷浩介氏ら滝川クリステル司会の「NHK」の国際討論番組で「日本経済の未来」について議論

@Press / 2014年01月23日16時00分

討論の参加者は、アメリカから、持続可能な地域経済モデル“スモールマート革命”を提唱し、注目を集める経済学者で作家のマイケル・シューマンさん、公益社団法人会社役員育成機構の代表理事、ニコラス・ベネシュさん、ドイツから、ミュンヘン大学教授のフランツ・ヴァルデンベルガーさん、スイス・ダボスからは、エール大学名誉教授で内閣官房参与の浜田宏一(はまだ こういち)さん [全文を読む]

<アベノミクスの落とし穴(2/2)>日銀金融緩和限界で、今度は「異次元の財政出動」を提言―「理論と実態」乖離、米国で失敗例が続出

Record China / 2017年04月10日11時00分

内閣官房参与の浜田宏一米エール大学名誉教授が昨年、シムズ理論により「目からウロコが落ち考えを変えた」と記したことから、注目されるようになった。「デフレは貨幣的現象でありマネーを増やせば物価は必ず上がる」というのが、異次元金融緩和を推し進める黒田春彦日銀総裁らリフレ派の主柱理論だった。シムズ氏は昨年8月、「ゼロ金利の下では、マネーを増やしても物価を上げる効果 [全文を読む]

アベノミクスは終わった…海外主要メディアによる「死刑宣告」を比較

まぐまぐニュース! / 2015年11月23日20時00分

国内では前々から、安倍政権の経済ブレーンである浜田宏一内閣参与(イェール大学名誉教授)や岩田規久男日銀副総裁(前学習院大学教授)らのリフレ派経済学に対して、ケインズ派の大御所・伊東光晴の『アベノミクス批判』(岩波書店)を筆頭に、多くのエコノミストがコテンパンと言えるほどの批判を浴びせていて、本誌も一貫してその一翼を担ってきたが、内閣府が16日発表した6~ [全文を読む]

財政健全化目標は風前の灯 外圧利用が裏目に――財務省

経済界 / 2017年04月26日09時04分

首相ブレーンの浜田宏一氏も支持する「シムズ理論」は金融緩和より財政政策で物価上昇を目指し、米国や中国など諸外国は財政拡張路線に転じている。 財務省は財政再建派である経団連の榊原定征会長を財政制度等審議会の新会長に充てるなどして、何とか官邸を説得しようとしているが、望み薄だ。 [全文を読む]

シムズ理論への言及「急浮上」 消費税増税「再延期の狙い」?

J-CASTニュース / 2017年02月25日16時00分

とりわけアベノミクス生みの親ともいわれる安倍晋三首相のブレーン、浜田宏一・内閣官房参与(米エール大名誉教授)が2016年秋以降、シムズ理論に「衝撃を受けた」と公言して、アベノミクスの手詰まりを認めたと話題になったこともあり、一気に知名度が上がった形だ。ただ、財政健全化の棚上げを正当化するものとの危惧も出ている。浜田参与の言及がきっかけで注目シムズ教授の理論 [全文を読む]

「消費増税再延期」がデフレ退治の必須条件だ 政府のブレーンがノーベル賞学者に従うワケ

東洋経済オンライン / 2017年02月25日13時00分

アベノミクスの生みの親、浜田宏一・内閣官房参与(米イェール大学名誉教授)が、消費税率引き上げを再延期すべきとの認識を示した。すべての食料品とエネルギーを除いた「コアコア」のインフレ率が現状の0.1%から上昇して1.5%水準で安定すれば、消費税率を年間1%ずつ引き上げても安心だが、それまでは据え置くべきとの主張だ。 消費税率は現行の8%から2019年10月に [全文を読む]

ノーベル経済学者の発言を「歪める」マスコミ 経済ニュースの裏側から投資戦略を考える

東洋経済オンライン / 2017年02月13日08時00分

同氏が安倍首相らと面談する機会はなかったが、浜田宏一・内閣官房参与がシムズ教授の講演に影響を受けた経緯があり、同氏の発言をわれわれ投資家は注目していた。ターナー氏と同様に、財政政策による成長率を高める政策をシムズ教授が語れば、それが間接的ではあっても安倍政権の政策判断に影響を及ぼす可能性がある。シムズ教授は都内でいくつかの講演を行ったが、筆者はそれらに直接 [全文を読む]

アベノミクス危機 浜田教授がすがる“シムズ暴論”

文春オンライン / 2017年02月10日07時00分

アベノミクスの生みの親、内閣官房参与の浜田宏一・米エール大名誉教授(81)の“師匠”が来日した。2011年にノーベル経済学賞を受賞した米プリンストン大学教授のクリストファー・シムズ氏(74)だ。 シムズ氏が「時の人」となったのは、昨年11月。浜田氏が日経新聞紙上でアベノミクスの成果が思うように出ていないことを認めて、「考えが変わった」とし、そのきっかけをシ [全文を読む]

「アベノミクス異次元緩和・円安」ヤリ玉の“トランプ砲”、市場をかく乱=日米首脳会談の「取引」材料に―政府・日銀苦慮

Record China / 2017年02月02日10時20分

アベノミクスの理論的な支柱である浜田宏一内閣官房参与(エール大学名誉教授)は5年前に、日本のエコノミストの会で「日本経済低迷の元凶は円高である」と強調。円高ドル安の是正に総力を挙げて取り組むべきだと提言していた。実際、安倍晋三首相や黒田東彦日銀総裁は浜田氏の進言を受けて、アベノミクス「異次元緩和⇒円安」の流れを誘導。黒田総裁は2013年3月21日の就任記者 [全文を読む]

財政審会長が異例の痛烈批判、「アベノミクスは失敗」=消費増税先送りに「大義はない」―デフレ脱却「困難」

Record China / 2016年06月20日05時40分

アベノミクスは岩田規久男日銀副総裁や浜田宏一内閣府参与らリフレ(インフレ志向)派が推進した政策だが、私は失敗したと考える。第2次安倍政権発足以来3年半。黒田春彦日銀総裁は異次元金融緩和により、2年以内に消費者物価指数で2%のインフレにすると約束したが、総裁就任以来3年以上経っても、この目標は遠のくばかり。「17年度中に達成する」と目標時期を延期したが、こ [全文を読む]

フォーカス