盛田隆二のニュース

認知症の親をおくる 作家・盛田隆二の場合~NHKEテレ

認知症ねっと / 2016年08月24日12時00分

父親との「ロング・グッドバイ」を語る NHK教育テレビ(Eテレ)の福祉情報番組「ハートネットTV」では、8月24日に「リハビリ・介護を生きる 認知症の親をおくって 父との長いお別れ・作家 盛田隆二」を放送する。 認知症の親の介護と看取りを経験した著名人に話を聞くシリーズを、2回にわたり放送する。1回目は作家の盛田隆二。 盛田は、認知症となった父親の介護体験 [全文を読む]

盛田隆二×中島京子がトークイベント「認知症の父との10年にわたる長いお別れ~作家の介護体験」を開催

日刊大衆 / 2016年05月27日15時30分

『夜の果てまで』『サウダージ』『残りの人生で、今日がいちばん若い日』などで知られる作家の盛田隆二氏。『父よ、ロング・グッドバイ』は、盛田氏が、実父の介護の日々を綴った渾身のノンフィクションだ。重松清氏が「読み進めるのがつらいのに、本を閉じられない。我が身を斬りながら“家族の晩年”を真っ向から描いた作家の覚悟に、圧倒された」(本の帯文)と絶賛するように、誰に [全文を読む]

『父よ、ロング・グッドバイ――男の介護日誌』トークイベントを開催!

日刊大衆 / 2016年10月20日18時30分

『夜の果てまで』の著者・盛田隆二氏の渾身の一冊、『父よ、ロング・グッドバイ――男の介護日誌』は、今年4月に刊行された。10年にわたり実父を介護した日々をつづった著者初のノンフィクションである。 お酒も飲める書店として今年6月にオープンした福岡「Rethink Books」で、盛田氏のトークイベントが行われる。お相手は、映画化された『ペコロスの母に会いに行く [全文を読む]

【書評】無趣味で亭主関白だった父が認知症に……

NEWSポストセブン / 2016年06月18日16時00分

【書評】『父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌』盛田隆二・著/双葉社/1400円+税 【評者】関川夏央(作家) まさに他人事ではない。盛田隆二が十八年間勤めた会社を辞めて作家専業となって間もない頃、わざわざ母が会いたいといってきた。そのとき六十代後半、看護師長から川越市の訪問看護ステーションの設立責任者になっていた母は、四十代前半の息子に、自分が遺伝性パ [全文を読む]

男性作家が綴った、老父の介護体験~「父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌」

認知症ねっと / 2016年06月07日09時18分

ゆっくりと訪れる「家族の晩年」を正面から扱う株式会社双葉社から4月22日、盛田隆二著「父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌」が発売された。アメリカでは、認知症の「少しずつ記憶を失くし、ゆっくりゆっくり遠ざかっていく」さまを「ロング・グッドバイ」と表現する。この本は、ベストセラー作家が、認知症となった父親の介護の日々を綴ったノンフィクション。介護から看取り [全文を読む]

フォーカス