立川志の輔のニュース

電話が怖い! 笑いを届ける落語家の笑えない(!?)睡眠事情

Fuminners / 2015年12月17日11時00分

立川志の輔師匠の3番弟子として、2011年に二つ目に昇進。自分で公演を開くことができる位となり、活躍の場を広げています。エリート街道から落語家への転身…と、めまぐるしい人生を送ってきた志の春さん。これまでは、眠る暇もなかったのではないでしょうか?アメリカで過ごした学生時代、ルームメイトのせいで不眠デビュー!?高校時代は千葉県の学校に通っていた志の春さん。「 [全文を読む]

<日本のお笑いの原点「落語」を英語で>落語を今に生きた芸能として海外にも積極的に届けよう

メディアゴン / 2015年03月10日01時33分

またちょっとした解説と立川志の輔との対談が書籍には掲載されており、その苦労話も含蓄がある。なるほど、英訳する際には言葉遊び的な下げや、あまりにも説明の必要な個所はもたつくため改変しなければならないから、現代の観客に向けて古典落語を語る際と同じ苦労がある。また、同じCDに立川志の輔の英語版「時そば」が収録されているが、こちらはまだまだ不慣れな雰囲気。素人では [全文を読む]

サザンオンリーの4時間半!! TOKYO FMホリデースペシャル 『三井住友銀行presents NEVER STOP CHANGING~サザンオールスターズ・スペシャル~』

PR TIMES / 2013年09月13日13時24分

また、“挑戦し続けること”をテーマに、サザンオールスターズの軌跡をたどりながら、立川志の輔、山崎貴(映画「永遠の0」監督)、泉麻人といった各界著名人からのコメントを紹介。レコーディングエンジニアの中山佳敬氏によるサザンの音楽的変遷の解説や、オリジナルグッズが当たるリスナー参加型クイズなど、サザンファンならずとも必聴のプログラムとなっています。 【ライター内 [全文を読む]

なぜ立川志の輔は月亭方正に対して「業界のタブー」を犯したのか

まぐまぐニュース! / 2017年05月10日17時30分

そんな方正が、ある時立川志の輔師匠の落語を聴く機会があった。中でも人情噺の『ねずみ穴』に感動した方正は、「志の輔師匠に稽古をつけてもらいたい」と考えるようになる。 しばらくして、偶然、他の落語会で志の輔師匠に会った時に、「今言おう」とその場で決心して、「師匠すみません。ネタをつけてもらいたいんですが」と方正は切り出した。当然、志の輔は驚く。と言うのも、落 [全文を読む]

立川志の太郎 夢は「桑田佳祐や矢沢永吉に負けない落語家」

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

『ためしてガッテン』(NHK)でもおなじみの立川志の輔門下の立川志の太郎(31才)。夢は大きく、「矢沢永吉や桑田佳祐にも負けない落語家になりたい」とか。 「2人は日本屈指のエンターテイナー。偉大な師匠から多くを学び、ぼくは落語で2人に立ち向かいたい。そのためにまずは“落語”ではなく、“ぼくの話”を聴きたいと思うお客さんを増やしたい」と、力強く語ってくれた。 [全文を読む]

笑点の新司会者は春風亭昇太!ファンは複雑な心境か

しらべぇ / 2016年05月23日05時30分

タモリや立川志の輔などの名前があがっていたが、無難な内部昇格となった。■歌丸の司会者就任でメンバー入り春風亭昇太は2006年5月の桂歌丸司会者就任に伴い、大喜利メンバー入り。師匠の5代目春風亭柳昇の弟子として新作落語などで力を発揮していたことなどが認められての抜擢となった。メンバー入り当初は持ちネタがなく苦しんでいたが、独身や滑舌の悪さをネタにして徐々にう [全文を読む]

「オトナの夢は、カタチにしよう。」をキャッチフレーズに、夢の実現を応援する「Panasonic リフォーム」の新CMを4月13日より全国でオンエア

PR TIMES / 2016年04月13日12時01分

CMでは、“こだわりのオトナ”代表として俳優の吉田鋼太郎さん、女優の草刈民代さん、落語家の立川志の輔さんを、そしてその夢を叶える「Panasonic リフォーム」のコンシェルジュ役として、女優の板谷由夏さんを起用します。2016年4月からはまず、板谷さんが出演する「コンシェルジュ篇」、吉田さんが出演する「夢を語る 吉田鋼太郎篇」からスタート。今後、「夢を語 [全文を読む]

甘えたり拗ねたり…大宮エリーが推す“大人の男”は立川志の輔!

anan NEWS / 2015年07月28日12時00分

なかでも、立川志の輔師匠は、知り合ったばかりのとき、私の個展にフラッと立ち寄ってくださり『いいもの見せてもらったよ。ありがとうねぇ』とおっしゃるんです。あるときは私が出演した番組を見て『見せていただいたよぉ。よかったよ。頑張ってるねぇ、私も頑張ります』とそれだけ言うためにお電話くださる。洋服もいつもおしゃれで、とにかく粋なんです」 笑福亭仁鶴師匠には、大宮 [全文を読む]

「座右の銘は狂気」100年に一度の天才、落語家・立川談志の生き様が今語られる

AOLニュース / 2015年07月04日10時00分

今回はその公演で披露した「粗忽長屋」と「勘定板」をノーカットでお送、そしてナレーションは、談志が「立川流の最高傑作」ともいわしめた弟子の立川志の輔が担当する。<立川志の輔コメント>残念ながら、私は師匠とは一度も一緒に海外公演に行ったことがないのですが、息子さんが撮影されたプライベートビデオの映像を見てしみじみ思うのは、世界のどこへ行こうが、うちの師匠はいつ [全文を読む]

談志の「粗忽長屋」と「勘定板」をノーカット放送!

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日11時12分

ナレーションは、談志に「立川流の最高傑作」といわしめた弟子・立川志の輔が担当。そんな志の輔から番組にコメントが寄せられた。 ■立川志の輔コメント:残念ながら、私は師匠と一度も一緒に海外公演に行ったことがないのですが、息子さんが撮影されたプライベートビデオの映像を見てしみじみ思うのは、世界のどこへ行こうが、うちの師匠はいつも好奇心いっぱいで動き回っていたん [全文を読む]

イェール大卒→三井物産辞めた落語家が断言!くだらない「自分=個性」など破壊しろ!

Business Journal / 2015年06月22日06時00分

例えば、落語家の立川志の春氏は、米イェール大学を卒業して三井物産に入社後、立川志の輔氏の落語に衝撃を受けて、噺家に“転職”した異色の存在だ。 高学歴で大企業勤務――そんな経歴を捨て、不安定な落語の道に飛び込んだ志の春氏は、2月に『自分を壊す勇気』(クロスメディア・パブリッシング)を上梓した。 今回は、そんな志の春氏に・キャリア設計・前座時代の苦労・目指す落 [全文を読む]

販売再開を切実に願う“ペヤングロス”な人たち! パッケージ刷新のウワサも“変わらないのがよさ”?

週プレNEWS / 2015年01月27日06時00分

「初代は桂小益(現・桂文楽)、2代目は立川志の輔と長きにわたってひとりの方が務めるのが特徴です。“ぺヤングといえば、あのCM!”というブランディングが上手ですね。ほかのカップ焼きそばのCMって、言われたところでパッと思い浮かびませんから」 初代の桂文楽師匠は1975年から17年にわたってCMキャラクターを務めた。そして現在までは、2代目の立川志の輔師匠が [全文を読む]

「10億円BIG」当せん者限定 文化放送、10億円で命名権を販売!?(1日だけ)

PR TIMES / 2014年08月22日18時32分

例えば「文化太郎放送局」など、お申込者の名前を入れた放送局名に改名したり、文化放送の番組にご出演いただくほか、文化放送でパーソナリティを務める立川志の輔さん、弘兼憲史さん、みのもんたさんの協力も取り付け、社を挙げて、様々な形で当せん者の「最強に幸運な人生」を祝福します。 提供内容は下記の通りです。個人向け命名権販売としては国内史上最高額(※1)、また放送 [全文を読む]

「談志の遺言」を勘違い!? 弟子が秘蔵メモを公開

日刊大衆 / 2017年04月28日11時05分

じゃあ、志の輔さんに売りゃあいいじゃん!って」と、兄弟子である立川志の輔(63)の名前を挙げた。また、自宅の庭には、談志の愛した八重桜もそのまま残されており、「俺、死んだら、サクラの木にまいてくれって」という談志の願いにより、サクラの木の下に散骨されたという思い出話も披露された。 さらに志らくは、テレビ初公開だという談志直筆のメモを紹介。談志が亡くなる2か [全文を読む]

NHK『週刊ニュース深読み』小野文恵アナの降板は間違い

メディアゴン / 2017年04月23日07時30分

『鶴瓶の家族に乾杯』の笑福亭鶴瓶や『ためしてガッテン』の立川志の輔と言った、大物芸能人は小野アナを手放すとなったら、抵抗すること予想される、だが、そこは乗り越えるのが制作者の持っている」キャスティング権というものである。【あわせて読みたい】・<作り手の自己満足?>NHK調査報道のナレーターに有名人を起用する無駄遣い・<パソコン未所有と貧困は無関係>NHKが [全文を読む]

空の上で聴く落語の魅力とその歴史 ――全日空寄席

経済界 / 2017年03月17日10時00分

熊倉氏によれば、ここ10年で最も問い合わせが多かったのは、桂文枝と立川志の輔の創作落語だという。 国際線の座席に設置されたタッチパネルから得られたデータによると、たとえば16年12月は全160番組中、落語は18位の人気だったとのこと。演者やネタによって上下はあるものの、安定した人気を維持しているのが落語コンテンツの特徴だ。旅客機ならではの制約あれこれ [全文を読む]

人気落語アニメ「昭和元禄落語心中」で描かれる師匠と弟子の相克

メディアゴン / 2017年02月13日07時50分

談志の師匠の柳家小さんとの関係の修復は、小さんの死後もなされず、談志の死後もなされないまま、寄席を知らないで育った立川志の輔が師匠談志から「立川流の最高傑作」と呼ばれ全国区の人気者となり古典から新作まで縦横に駆使する円熟期を迎えている。孫弟子たちは、寄席のチームプレーではなく一人で高座を務めきる独演会ができるように最初から目標を明確にして育てられる。この年 [全文を読む]

この面白さ、型破り! “落語界の風雲児”立川談志の生誕80年を記念した落語全集が新発売。

PR TIMES / 2016年11月18日11時52分

そして付録の冊子は、談志と親交のあった各界の著名人たちのインタビュー記事や、談志の愛弟子である立川談四楼・立川志の輔・立川談春の特別鼎談などを掲載し、談志の魅力と実像に迫ります。いずれも談志ファン、落語ファン必携の内容です。 『東宝名人会・立川談志大全集』で、稀代の天才落語家・立川談志の型破りな面白さを存分にご堪能ください。 【商品セット内容】 ●CD14 [全文を読む]

<がんばれ!「ENGEIグランドスラム」>このままではスポンサーにも失礼な番組作りだ

メディアゴン / 2016年09月21日07時30分

おなじ「猫の茶碗(猫の皿)」で柳派の流れである柳家小三治や立川志の輔なら、途中でくすぐりを入れなければ、いらついて自分でもやっていられなくなってしまう話だ。「ENGEIグランドスラム」で「猫の茶碗(猫の皿)」をやってもらうなら、ここは春風亭昇太しかないだろう・・・というくらいなことなのであるが、スタッフはそこまで考えたのであろうか。ずっとこの番組を貶してし [全文を読む]

この夏はジャズか?落語か?いや、どっちも楽しむのが正解だ!

@Press / 2016年08月09日09時30分

巻頭記事はジャズ好き落語家・立川志の輔さんと落語好きジャズメン・山下洋輔さんのインタビュー。それぞれがジャズと落語をクロスオーバーさせた話をしてくれています。 清水ミチコさんの「はじめてのジャズ」、中島歩さんの「はじめての落語」などのエッセイ。みうらじゅんさん、藤原ヒロシさん、満島真之介さん、夢眠ねむさん、滝口悠生さん、クリストフ・ルメールさんなど30名 [全文を読む]

フォーカス