菅原道真のニュース

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

学問の神様として有名な菅原道真公ですが、実は梅の花をこよなく愛していたって知っていました? 今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』は、北野天満宮の菅原道真公と梅にまつわる不思議な伝説を紹介しています。 京都の梅の名所「北野天満宮」 2月の京都の人気スポットと言えばやはりここを外すことは出来ないでしょう。「嵐電」の北野白梅町駅から徒歩5分ほどの場所にある北 [全文を読む]

逆境に負けない力を得られる!?天満宮のご利益とは【1月25〜29日】

ANGIE / 2017年01月24日17時00分

学問の神様・菅原道真公を祀る、全国の天満宮の縁日です。道真公は6月25日に生まれ、2月25日に亡くなられたことから、毎月25日は「天神さんの日」と呼ばれています。 なかでも1月は新年最初の天神さんの縁日ということで、受験生をはじめ、多くの参拝客が訪れるんですよ。年明けから3月までの受験シーズン、受験生にとってはまさに凍りつくような緊張の時季かも知れませんが [全文を読む]

菅原道真公を祀る学問の神!5分で知る北野天満宮の見どころ

Walkerplus / 2016年09月23日14時14分

平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公を祀り、全国に約12000社鎮座する天神社・天満宮の総本社。“北野の天神さま”と親しまれ、特に学問の神様としての信仰が篤く、多くの学生が参拝に訪れる。菅原道真公を祀る本殿は、1607(慶長12)年に豊臣秀頼公が造営したもので国宝に指定され、その八棟造と称される桃山建築はまさに絢爛豪華。また、毎月25日は縁日で境 [全文を読む]

合格パワーをもらおう! 受験の神様がいる神社仏閣

マイナビ進学U17 / 2015年12月18日12時03分

■合格祈願の王道といえば、学問の神様で有名な天満宮「合格祈願といえば天満宮」といわれるほど、受験生から絶大な信頼を誇る神社ですが、どうして天満宮が受験にご利益があるといわれているか、知っていますか?そもそも天満宮は、学問の神様として有名な「菅原道真」を祭神としています。生前の菅原道真は、一流の学者、政治家、文人として活躍していたことから、芸術や学問の道を志 [全文を読む]

【恐怖】現代人も祟られる?ごくごく身近に潜む日本の怨霊たち

しらべぇ / 2015年05月29日19時00分

北野天満宮にまつられている神様、菅原道真。今となっては神様ですが、昔は怨霊。どれほど恐ろしい祟りがあったかというと… ■「道真追放」の陰謀に加わった6人が次々と… 菅原道真は、幼少期から優れた才能を見せ、昇進を重ねて右大臣にまで上りつめたほど。 しかし、エリート家系でもないのにぐんぐん出世する道真は、当時政治の実権を握っていた藤原氏にとっては面白くないも [全文を読む]

これからの行楽シーズンにもオススメのスポット!福岡県にある太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)で天神さまのパワーを感じてみよう

GOTRIP! / 2017年04月30日13時30分

なぜ牛なのかというと、菅原道真と牛とは深い関わりがあるからだそう。 一番の関わりでは菅原道真は乙丑(きのとうし)の年に生まれ、亡くなった日が丑の月の丑の日。ほかにも諸説ありますが、牛が刺客から菅原道真を守った、菅原道真の墓の場所を牛が定めた、など縁のある話があります。 また「なで牛」と呼ばれ、牛の像の頭を撫でると知恵がつくとも言われています。 自身の悪い部 [全文を読む]

旅行する大切な人に渡しておきたいお守り。太宰府天満宮の旅行お守りと航空お守り

GOTRIP! / 2016年01月16日10時06分

こちらには天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社、太宰府天満宮があります。 学問の神様菅原道真公をお祀りする神社として全国的な有名な神社ですが、この地に旅行に関するお守りがある事をご存知でしょうか? 今回はそんな旅行をする大切な人に渡しておきたいお守りが手に入る、太宰府天満宮についてご紹介したいと思います。 ・太宰府の天神様とは? 天神さまとは菅原道真公の [全文を読む]

菅原道真と在原業平がコンビを組んで事件を解決! 歴史ミステリコミック『応天の門』

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月05日07時20分

“学問の神様”、菅原道真。平安きっての歌人、在原業平。 関連情報を含む記事はこちら もしもこの2人が京で起こる怪事件に挑む名探偵だったら? 『SP 警視庁警備部警備課第四係』の灰原薬が大胆な着想で挑むミステリコミック『応天の門』(新潮社)の第1巻が発売された。 平安時代の京、宮廷では藤原家が勢力を誇り、政事をすべて掌握しようと目論んでいた。その頃、都では連 [全文を読む]

勝谷誠彦 菅原道真なら言う「中国とはつきあわないでいい」

NEWSポストセブン / 2012年09月29日07時00分

寛平9年、菅原道真の建議によって、それまで長く続けられていた遣唐使が廃止になった。894年なので「白紙に戻す遣唐使」と年号を覚えたものだ。その結果、日本では独自の文化が発達した。それが国風文化なのだ。まさにいまに至る日本国の文化文明の基礎は、実にこの時期に築かれたと言っていいだろう。 廃止の理由はいくつかあったが、私の理解としては「命がけで行くほどの意味が [全文を読む]

菅原道真がノンスタ井上裕介を呪っていたことが発覚! 占い師「当て逃げ事故は呪いが原因」

tocana / 2017年03月23日09時00分

「あの交差点のすぐ近くに若林天満宮という、“冤罪の恨み”を晴らす神様でもある菅原道真を祭る神社があります。ここは道路の拡張でかつての参道が削られた場所でもあり、恨みを晴らしきれなかった怨念がいまも周辺に散らばっているという見方もあるんです。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/03/post_12702.html】 しかも、道 [全文を読む]

フォーカス