円谷英二のニュース

「特撮の神様」の生涯に迫る『円谷英二 特撮の軌跡展』

太田出版ケトルニュース / 2014年04月02日11時06分

4月2日(水)より、東京・新宿の新宿タカシマヤにて、特撮ヒーロー番組「ウルトラマンシリーズ」を生み出した円谷英二の軌跡をたどる展覧会『円谷英二 特撮の軌跡展』が開催される。 円谷英二(1901~1970)は、怪獣映画や空想特撮映画で腕をふるい、“特撮の神様”と称された人物。1963年には、特撮技術を研究・開発する円谷プロダクションを設立し、ウルトラQやウル [全文を読む]

―大人気の純金ウルトラマンシリーズ最新作 ―SGC 108万円の「純金 ガラモン」を発売

@Press / 2014年07月29日13時30分

また、「純金 ガラモン」は7/30(水)より横浜高島屋で開催される「円谷英二 特撮の軌跡展」(8/11(月)まで)にて初登場いたします。これまで即日完売をしてきた「純金ウルトラマン(大)」「純金ウルトラセブン(大)」(ともに限定1体)の大人気の純金シリーズ最新作。より細やかな細工が求められるガラモンの表情や質感を、純金で見事に再現した、贅沢な逸品にご注目く [全文を読む]

― SGC 春の“純金”新商品のご紹介 ―1,080万円の金の「ウルトラセブン」、108万円の「カネゴン」が登場

@Press / 2014年04月02日16時45分

■ウルトラシリーズ 第二弾 ウルトラセブンが「円谷英二展」にあわせ本日より先行販売開始!「ゴールド ウルトラセブン(中・小)」および 「ゴールド カネゴン(中・小) 」は、4月15日よりSGCの直営店舗である新宿高島屋4階ゴールドショップ・日本橋高島屋6階ゴールドショップ・横浜高島屋5階ゴールドショップにて販売開始となります。また、新宿高島屋での「円谷英二 [全文を読む]

宝田明が「ゴジラ」「キングコング」について語る。「伊福部昭百年紀Vol.5」コンサート(4月30日渋谷で開催)

DreamNews / 2017年03月14日12時00分

1962年の『妖星ゴラス』から特撮助手として特撮スタッフに加わり初代東宝特技監督である円谷英二に師事、数々の東宝特撮映画製作に関わる。1973年の『ゴジラ対メガロ』では、円谷英二、有川貞昌の後を受け三代目の東宝特技監督となった。東宝映画、引いては日本を代表する特殊撮影技術者である。主な作品『ゴジラ対ヘドラ』『激動の昭和史 沖縄決戦』『地球攻撃命令 ゴジラ対 [全文を読む]

4月30日「伊福部昭百年紀Vol.5」のプレトークは中野昭慶監督vsムトウユージ監督。 つまりはゴジラ対クレヨンしんちゃん!!!

DreamNews / 2017年02月21日09時00分

1962年の『妖星ゴラス』から特撮助手として特撮スタッフに加わり初代東宝特技監督である円谷英二に師事、数々の東宝特撮映画製作に関わる。1973年の『ゴジラ対メガロ』では、円谷英二、有川貞昌の後を受け三代目の東宝特技監督となった。東宝映画、引いては日本を代表する特殊撮影技術者である。主な作品『ゴジラ対ヘドラ』『激動の昭和史 沖縄決戦』『地球攻撃命令 ゴジラ対 [全文を読む]

伊福部昭百年紀vol.5 宣伝動画公開(2017年4月30日渋谷)! 特撮映画を彩る、ゴジラ、キングコング、大魔神などスペクタクルサウンドを聴け!

DreamNews / 2016年12月19日13時30分

1962年の『妖星ゴラス』から特撮助手として特撮スタッフに加わり初代東宝特技監督である円谷英二に師事、数々の東宝特撮映画製作に関わる。1973年の『ゴジラ対メガロ』では、円谷英二、有川貞昌の後を受け三代目の東宝特技監督となった。東宝映画、引いては日本を代表する特殊撮影技術者である。主な作品『ゴジラ対ヘドラ』『激動の昭和史 沖縄決戦』『地球攻撃命令 ゴジラ対 [全文を読む]

50年経ったからこそわかる巨匠・円谷英二の言葉の意味

NEWSポストセブン / 2016年12月18日07時00分

●撮影/山崎力夫 取材・文/鵜飼克郎 ※週刊ポスト2016年12月23日号 [全文を読む]

伊福部昭百年紀Vol.5開催決定!シン・ゴジラの伊福部楽曲も演奏!

DreamNews / 2016年12月12日09時00分

1962年の『妖星ゴラス』から特撮助手として特撮スタッフに加わり初代東宝特技監督である円谷英二に師事、数々の東宝特撮映画製作に関わる。1973年の『ゴジラ対メガロ』では、円谷英二、有川貞昌の後を受け三代目の東宝特技監督となった。東宝映画、引いては日本を代表する特殊撮影技術者である。主な作品『ゴジラ対ヘドラ』『激動の昭和史 沖縄決戦』『地球攻撃命令 ゴジラ対 [全文を読む]

ウルトラマンの原点へ!究極のコレクションが熱い!!

Walkerplus / 2016年11月19日12時00分

今なら予約特典(11月30日まで)として「円谷英二サイン入り『遊星から来た兄弟』復刻台本」がついてくる。『ウルトラマン』の人気エピソード 第 18 話「遊星から来た兄弟」(1966年11月13日放送)の台本(南川竜・金城哲夫)を完全復刻。表紙には、特撮の神様・円谷英二の当時使用していたサイン入り!【東京ウォーカー/土井祐希】 [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(1)<宝田明・獣人雪男>初代「ゴジラ」の主役が“唯一の封印作”を初激白

アサ芸プラス / 2016年11月19日05時57分

雪男の造形に関しては、特技監督の円谷英二さんのこだわりだったと思う。──世界に冠たる“特撮の神様”ですね。宝田 僕が戦時中に満州で観た「ハワイ・マレー沖海戦」は、あまりの迫力に映画館で立ち上がって拍手をした。それを円谷さんに告げたら「ああ、あれはミニチュアを使った特撮だよ」って言われて、心底びっくりしたね。──この「獣人雪男」も「ゴジラ」と同じく本多猪四郎 [全文を読む]

コンテンツリーグ、「怪獣だから……」という理由で撮影許可がもらえない、哀しき怪獣街ぶら番組『ウルトラ怪獣散歩』のDVD第5弾『ウルトラ怪獣散歩 ~伊豆/須賀川・会津若松 編~』を本日発売。

DreamNews / 2016年09月28日12時00分

シャボテン公園、伊東マリンタウン、伊豆ぐらんぱる公園など人気スポットを訪問&地元グルメを満喫! 雨でロケ中断となり、撮れ高をかせぐためにMCメフィラス星人が大奮闘! ■福島編(15、16話): 円谷英二監督の故郷・須賀川市で、監督ゆかりの名所を訪問。通りにあふれるウルトラマンや怪獣たちと記念撮影! 会津若松では、若松城や猪苗代湖を訪れ、喜多方ラーメンやあ [全文を読む]

これがウルトラの原点だ!『ウルトラマン トレジャーズ』発売決定!

@Press / 2016年09月08日15時30分

(c)円谷プロ ★先行予約特典 【事前予約者の方に“もれなく”円谷英二サイン入り「遊星から来た兄弟」】 復刻台本『ウルトラマン』の人気エピソード 第18話「遊星から来た兄弟」(1966年11月13日放送)の台本(南川竜・金城哲夫)を完全復刻。表紙には、特撮の神様・円谷英二の当時使用していたサイン入り! ■特典付き先行予約お申し込みはこちら 『ウルトラマン [全文を読む]

円谷英二監督の故郷をぶらり「ウルトラ怪獣散歩」

Smartザテレビジョン / 2016年08月05日16時00分

第15話・第16話ではウルトラマンの故郷「M78星雲 光の国」と姉妹都市提携を結んでおり、円谷英二監督の故郷でもある福島県須賀川市で、怪獣たちが名所の散策をしながら町おこしの協力をすることに!? 大河ドラマ「八重の桜」('13年NHK総合ほか)の舞台としても注目を集めた会津若松では、若松城や猪苗代湖を訪問。喜多方ラーメンやあわまんじゅうなどの地元グルメを [全文を読む]

【給兵艦、工作艦、電纜敷設艇、甲標的母艦、急設網艦……】日本海軍の「働くフネたち」。どんな船だかわかりますか?

PR TIMES / 2016年07月06日15時22分

[画像1: http://prtimes.jp/i/2535/742/resize/d2535-742-190866-2.jpg ]戦国映画&ドラマ50選、円谷英二の特撮技術歴史群像8月号では、映画・ドラマ好きにはたまらない記事を2本掲載。1.カラー企画「必見!戦国時代劇50」では、この夏ぜひ見て頂きたい、編集部厳選の戦国映画・ドラマ50本を徹底紹介。黒澤 [全文を読む]

Googleロゴが本日冥王星に最接近する探査機を記念したアニメーションに

ITライフハック / 2015年07月14日10時00分

7月7日に『Googleロゴが日本の特撮の神様、円谷英二の生誕114周年を記念したミニゲームに!』でGoogleのホリデーロゴが日本の特撮の神様を記念したミニゲームになっているのをお伝えした。本日のGoogleロゴは、2006年に打ち上げられた冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」の冥王星観測開始を記念したアニメーションロゴになっている。この探査機、つい先日 [全文を読む]

「特撮の父」円谷英二氏の生誕114年でGoogleトップにウルトラマンが

インターネットコム / 2015年07月07日14時30分

今日7月7日は、「特撮の父」と呼ばれた円谷英二氏の114回目の誕生日だ。円谷氏の生誕114周年を記念して、Googleジャパンのトップページでは、円谷氏が長年制作で培った特撮技術の一部が、ミニゲームで体験できる。 祝日や記念日など、特別な日だけに現れるGoogleのロゴ「Doodle」も、今日は「ウルトラマン」になっている。 制作には円谷プロが協力した。 [全文を読む]

色々アウト!?円谷英二生誕のロゴに曾孫が物言い「色々アウアウな気がする」

秒刊SUNDAY / 2015年07月07日10時54分

そう「円谷英二」の誕生日。え?誰?いやいやみなさん恐らくごぞんじですよ。そうウルトラマンを始めとする特撮映画を立ち上げた円谷プロダクションの初代社長なのです。ーGoogleのロゴで遊べる円谷英二の誕生を祝うためGoogleのロゴで本日はミニゲームを遊ぶことが出来ます。合計10個ぐらいの、やって覚える、メイドインワリオ系なミニゲームを遊ぶことが出来る。割りと [全文を読む]

Googleロゴが日本の特撮の神様、円谷英二の生誕114周年を記念したミニゲームに!

ITライフハック / 2015年07月07日09時00分

ところで本日のGoogleロゴは、特撮の神様と呼ばれ、多くの特撮作品を世に送り出した円谷プロを創立した円谷英二の生誕114周年を記念するミニゲームになっている。全部で10種類のミニゲームが遊べるようになっており、それぞれをクリアしていくことで、ストーリーが完成する。なお、マウスでのクリックよりもタッチ操作のほうが確実にクリアできるのでスマホやWindows [全文を読む]

【芸能コラム】「フランケンシュタインの恋」のルーツ? 日本が生んだSF映画「変身人間シリーズ」とは…

エンタメOVO / 2017年05月19日18時33分

(うち2作は、『ゴジラ』(54)を生んだ本多猪四郎監督&円谷英二特技監督の黄金コンビ作)。いずれもSFスリラーに分類されるが、その中で最もラブストーリーの色合いが濃いのが『ガス人間第1号』だ。 東京都内で次々と銀行の金庫から現金が強奪される怪事件が発生。それは、体を自由にガス化できる“ガス人間”の仕業だった。ガス人間は手に入れた金で、思いを寄せる日本舞踊の [全文を読む]

北朝鮮版の【怪獣映画】が想像以上に素晴らしい…! 金正日が国家予算を注いだ傑作の内容とは?

tocana / 2017年04月21日15時00分

それもそのはず、特撮は円谷英二門下の中野昭慶、スーツアクターには前年(1984年)の『ゴジラ』でゴジラを演じたばかりの薩摩剣八郎など、世界に誇る東宝特撮の精鋭スタッフが、この撮影のために日本から招聘されていたのだ。彼らは、金正日の別荘に宿泊し好待遇を受けたという。そして監督には「韓国の黒澤明」と呼ばれた申相玉(シンサンオク)が抜擢された。作品は金日成主席の [全文を読む]

フォーカス