佐藤義則のニュース

【プロ野球】オリックスの佐藤さん!? 40歳でノーヒットノーランにパンチパーマ…。名字と球団の不思議な関係

デイリーニュースオンライン / 2017年03月02日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■オリックスで活躍した「佐藤姓」のパイオニア ■佐藤義則(1976年/阪急1位) オリックスが誇る「佐藤姓」の選手の筆頭といえば、“ヨシボール”を武器に活躍した佐藤義則。 日本大からドラフト1位で入団すると、即戦力として活躍し1年目で新人王を獲得。その後は低迷期もあったが、1985年に21 [全文を読む]

山田久志の日本記録12年連続開幕投手が途切れた日

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

心配顔の上田利治監督に、山田が社交辞令で“監督の思うようにしてください”と告げたところ、オープン戦絶好調の佐藤義則が開幕投手に指名された」(スポーツ紙記者)という。 試合後、上田監督は「佐藤は山田の偉大さがわかっただろう」とコメント。山田は17年連続2ケタ勝利も途切れ、翌年に現役を引退した。 【試合データ】 1987年4月10日(西宮球場) 阪急6-6南海 [全文を読む]

【プロ野球】ソフトバンクV奪回へのウイークポイントは中継ぎ左腕。「ポスト森福」は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日17時05分

そのときの阪神のコーチは、現在のソフトバンクの投手コーチ・佐藤義則。そういった縁でも期待したくなる投手だ。 ■【穴】笠原大芽 ■2016年成績 1軍登板なし 今季で入団6年目の笠原大芽。昨季はウエスタン・リーグで9勝を挙げ最多勝を獲得。オフにはWBSC U-23ワールドカップに同僚の真砂勇介らとともに日本代表の一員として出場し、優勝に貢献した。 本来は先 [全文を読む]

江本孟紀氏 プロ野球キャンプ絶好調報道「ええ加減にせぇ」

NEWSポストセブン / 2017年03月02日07時00分

5球団競合指名のドラ1ルーキー・田中正義(22、ソフトバンク)も、佐藤義則投手コーチが〈マー君(田中将大、28)より上〉(2月2日、日刊スポーツ)と大絶賛。〈正義「8割の力」でバットへし折った〉(2月10日、大阪日刊スポーツ)と報じられたが、2月23日の紅白戦で2回4四球の“コントロール難”が露呈した。 プロの目から見ても、この時期の報道は割り引いて読む [全文を読む]

各球団の開幕投手最年長は誰?

ベースボールキング / 2017年02月24日09時00分

【広島】 大野豊(42歳7カ月 / 98年) 【オリックス】 佐藤義則(40歳6カ月 / 95年) 【ロッテ】 村田兆治(40歳4カ月 / 90年) 【阪神】 下柳剛(38歳10カ月 / 07年) 【中日】 川上憲伸(38歳9カ月 / 14年) 【西武】 高橋直樹(38歳2カ月 / 83年) 【近鉄】 鈴木啓示(37歳6カ月 / 85年) 【日本ハム】 [全文を読む]

「野球殿堂」ってなんだ?

ベースボールキング / 2017年01月16日07時30分

【平成29年・競技者表彰候補者】▼ プレーヤー表彰赤星憲広 伊東 勤 川相昌弘 桑田真澄 斉藤和巳 佐々岡真司 佐藤義則 高津臣吾 立浪和義 野村謙二郎 松永浩美 タフィ・ローズ 小林雅英(☆) 佐伯貴弘(☆)田口 壮(☆) 豊田 清 (☆)▼ エキスパート表彰 大沢啓二 岡田彰布 権藤 博 田淵幸一 土橋正幸 長池徳士 平松政次 星野仙一 ランディ・バー [全文を読む]

背水のウインターリーグ参戦も松坂大輔に冷たい視線。バッシング逃れすら虚しい?

週プレNEWS / 2016年12月15日10時00分

佐藤義則投手コーチは、キャンプでフォーム改造を提案したものの、松坂に拒否されて以来、完全にそっぽを向いているし、野球理論にうるさい工藤公康監督も松坂の小手先のフォームでの投球はナンセンスと完全に見放しています。 いくら孫正義オーナーの肝煎(きもい)りで入団したといっても、来季復活できないようだと、先はない。そのあたりは本人も覚悟の上でしょう」 そんな松坂が [全文を読む]

【プロ野球】いざ25年ぶりの大舞台へ! カープの日本シリーズ名場面をプレイバック!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月20日16時05分

舞台を西宮球場に移した第3戦では1点リードの3回表、阪急の先発・佐藤義則から満塁ホームランを放ち、リードを広げた。 さらに第7戦、1対2と1点を追う6回に長嶋は山田から再びホームランを打ち、2対2の同点とする。その後、広島は7回に3点を挙げ勝ち越し、8回にも2点と追加点を奪い、7対2で勝利。4年ぶりの日本一に輝いた。長嶋はこのシリーズで、3本塁打10打点と [全文を読む]

【プロ野球】「動かざること山の如し」。チームに日常を取り戻した楽天・梨田昌孝監督。名将の1年目を振り返る!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月19日17時05分

短期間ながら、監督代行は佐藤義則投手コーチから大久保博元2軍監督へと代わるなど迷走した。 大久保監督が就任し、一致団結で仕切り直した2015年は「Smart & Spirit 2015 一致団結」のスローガンとは裏腹に、田代富雄打撃コーチのシーズン途中での退団などもあり、チームは瓦解した。 ■開幕から打順をほぼ固定した 今季の梨田楽天は過去2年にはない「落 [全文を読む]

プロ野球覆面座談会「裏ネタ」ラストスパート!(3)盤石ソフトバンクに介在するひとつの不安

アサ芸プラス / 2016年08月17日05時56分

工藤公康監督(53)と佐藤義則投手コーチ(61)の間に微妙な溝ができつつあるらしいんだ。工藤監督も佐藤コーチと同じ投手出身。ただ佐藤コーチは工藤監督よりも9歳年上で、これまでコーチとしてもダルビッシュ有や田中将大ら多くの名投手を育ててきた実績がある。その強い自負心から、佐藤コーチが工藤監督と話し合いもせずに「俺は投手管轄のトップなんだから」と独断で物事を決 [全文を読む]

フォーカス