田原可南子のニュース

反面教師で冷静に…田原可南子が父・田原俊彦の影響を語る!

anan NEWS / 2016年10月12日22時00分

今回登場してくれたのは、女優として活躍する田原可南子さんです。 * * * 2011年に「ミスマガジン」準グランプリを受賞しデビュー。学業を終えた今年から、本格的に芸能活動を開始。 「出欠や課題にすごく厳しい大学でした。勉強から解放されて、今はいろんなことに挑戦したい気分。ジムに通ったり料理に凝ったり、日々をフルに楽しんでいます。仕事は、演技以外にも幅を広 [全文を読む]

田原俊彦の娘が本名で活動再開 ジャニーズ主演ドラマに出演

NEWSポストセブン / 2015年12月31日07時00分

田原俊彦の娘で、2011年から「綾乃美花」の名前で活動していた田原可南子が本名で再スタートを切る。田原の娘であることを伏せて応募した『ミスマガジン2011』の準グランプリに輝き、2011年に芸能界入り。ドラマや映画に数本出演したが、現在までそれほど目立った活動はしていなかった。その理由が、12月17日に始めた公式ブログで明らかになった。〈高校3年生のときに [全文を読む]

千葉雄大“10歳差純愛”に「心がきれいに」 実生活は?「しょっぱい思いをしてきた」

モデルプレス / 2017年05月10日13時31分

2人のほか岩崎ひろみ、栩原楽人、阿部進之介、萩原みのり、竹内寿、田原可南子、スギちゃん、松田悟志が出演する。 なお、同会見には、篠原圭制作統括も出席した。(modelpress編集部) ■ドラマ『ソースさんの恋』あらすじ 山梨から上京してきた美術大学生の宇野正直(まさなお/千葉雄大)は、コンビニでアルバイトをしている。そのコンビニにソースだけを毎晩8時に買 [全文を読む]

ミムラ&千葉雄大で新ドラマ 10歳差の“燃え上がる恋”

モデルプレス / 2017年03月10日18時59分

2人のほか岩崎ひろみ、栩原楽人、阿部進之介、萩原みのり、竹内寿、田原可南子、スギちゃん、松田悟志が出演する。(modelpress編集部) ■ドラマ『ソースさんの恋』あらすじ 山梨から上京してきた美術大学生の宇野正直(まさなお/千葉雄大)は、コンビニでアルバイトをしている。そのコンビニにソースだけを毎晩8時に買っていく謎の年上美女・ミカ(ミムラ)がいた。 [全文を読む]

小園凌央らがポテトチップスなどのアップデートを検証

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日07時00分

今回登場する有名芸能人の二世は、田原俊彦の娘・田原可南子、ヒロミ&松本伊代夫妻の息子・小園凌央、西郷輝彦の娘・今川宇宙、渡辺徹&榊原郁恵夫妻の息子・渡辺裕太の4人。田原が語る父・俊彦の知られざる素顔など、彼らが話す両親の意外な一面も明らかに! 初回の講座は、カラオケのリモコンとポテトチップスのアップデートの歴史について学習。渡辺らは事前にこれらに関する問題 [全文を読む]

渡部建らが“アップデート”の歴史を振り返る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月29日06時00分

今回は客員教授としてアンジャッシュ・渡部建が、学生に渡辺裕太、紅蘭、柄本時生、田原可南子ら“有名芸能人の二世”を迎え、さまざまなものの“アップデート”を検証。同じ学校出身だという渡辺、紅蘭、柄本だが、学生時代にはほとんど話さなかったという3人のやりとりにも注目! 講義は、昔から有名な食品用ラップフィルム、携帯電話、世界記録について紹介。渡辺らは事前にこれ [全文を読む]

4位IMALU!親が金持ちでも結婚したくない「女性二世タレント」1位は

VenusTap / 2016年08月09日12時40分

1位:梅宮アンナ(梅宮辰夫の長女)(13.0%)2位:坂口杏里(坂口良子の長女)(8.0%)3位:田原可南子(旧芸名:綾乃美花、田原俊彦の長女)(6.2%)4位:IMALU(明石家さんま・大竹しのぶの長女)(5.8%)5位:神田沙也加(神田正輝・松田聖子の長女)(5.7%)6位:三船美佳(三船敏郎の娘)(4.8%)7位:高橋真麻(高橋英樹の長女)(4.7% [全文を読む]

キスマイ藤ヶ谷が見せたジャニーズの元先輩・田原俊彦の娘への「神対応」

アサジョ / 2016年06月25日09時58分

80年代、90年代のテイストが逆に新鮮に映ったようで、日本テレビの同時間帯ドラマで過去最高の視聴率を獲得し、映画化へと繋がりました」 そんな「MARS」には、元ジャニーズで藤ヶ谷の元先輩にあたる田原俊彦の娘、田原可南子も出演している。テレビ局関係者が語る。「可南子ちゃんは大物芸能人の娘ながら控えめな子で、撮影スタッフとキャストでご飯に行った際、端っこのほう [全文を読む]

田原俊彦、逆七光りで大復活!?

NewsCafe / 2016年01月10日16時00分

そして芸名を、昨年暮れから本名の田原可南子にして再スタートしました」 学業優先は立派だが、疑問が湧く。当初は田原に関する質問が出ると、マスクを取り出してノーコメント状態になるパフォーマンスが定番化しつつあったのに、今になって本名で再デビューとは、どういう魂胆なのか。 「まず、学業優先というのは大学のこと。芸能界デビュー当時は高校生で、グラビアや女優業、歌手 [全文を読む]

フォーカス