百田尚樹のニュース

今年のお騒がせニュースベスト3といえば...『ほぼ日刊 吉田豪』連載176

東京ブレイキングニュース / 2014年12月26日21時20分

この時期になると「今年のお騒がせニュースベスト3」的な企画をいろんな媒体で頼まれるわけですが、今年は百田尚樹騒動と乃木坂路上キス騒動がタブー扱いになっている媒体が多かったのが印象的。タブーがいちばんなさそうな『週刊文春』でも、林真理子が百田尚樹騒動を報道しないマスコミはおかしいと主張したら、次の号で百田尚樹の反論文が掲載されて終わりにされたり、やしきたかじ [全文を読む]

百田尚樹「週刊文春」新連載「幻庵」を収録! 著者初の電子オリジナル『百田尚樹読本』連載スタートと同時発売

@Press / 2014年12月24日18時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)では、12月25日より、『百田尚樹読本』(文春e-Books)を発売します。電子書籍オリジナル作品になります。 『永遠の0』『海賊とよばれた男』など数々のベストセラー小説を世に送り出してきた百田尚樹さん。最新作『幻庵』の連載が明日発売の「週刊文春」2015年1月1・8日号からスタートします [全文を読む]

小林よしのりさん「百田尚樹の件は言論弾圧ではない」とブログで語り賛否

ガジェット通信 / 2017年06月07日22時55分

6月2日、一橋大学の学園祭である第21回KODAIRA祭‏ 実行委員会のアカウント(@KODAIRAfes)が、6月10日に予定されていた小説家・百田尚樹さんの講演会が中止になったとツイート。波紋が広がった。 【百田尚樹氏講演会中止のお知らせ】 6月10日に予定されておりました百田尚樹氏講演会は中止と相成りました。協力者の皆様、講演会を楽しみにして下さった [全文を読む]

警視庁に殺害予告…百田尚樹、犯罪被害をカミングアウト

デイリーニュースオンライン / 2015年07月12日12時00分

作家・百田尚樹氏(59)への逆風が吹き止まない。 「永遠のゼロ」のヒットで、ベストセラー作家の名をほしいままにしていたのも今は昔。度重なる舌禍騒動などで評価を急落させている。 「歌手、やしきたかじん氏の晩年を描いた疑惑だらけの〝ノンフィクション〟『殉愛』をめぐる騒動がケチのつき始めだった。その後も炎上騒ぎを繰り返し、6月末の自民党の若手議員による勉強会での [全文を読む]

元AKB戸島花と百田尚樹が囲碁でガチ勝負! 勝負の行方はいかに

ニコニコニュース / 2017年01月19日11時00分

AKB48の卒業メンバーで、現在日本棋院の「囲碁大使」として活躍する戸島花さんと、『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』など次々に話題作を世に送り出してきたベストセラー作家、百田尚樹さんの『【新春囲碁対決】百田尚樹 VS AKB48卒業メンバー戸島花~『幻庵』出版記念~』がニコニコ生放送にて配信されました。アマチュア六段の百田さんと囲碁大使の戸島さんの対決の結果 [全文を読む]

今こそ、たかじん妻・さくら氏のメディア登場を期待する|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年05月12日17時00分

週刊誌、そして『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)が書いた。この報道を「あかるクラブ」の理事はいったん否定した。しかし今回一転して認めた。真意はわからないが、何か「妻さくら氏」をめぐる風向きが変わってきたことは感じる。 ついでにいうと『百田尚樹「殉愛」の真実』の読みどころのひとつは「OSAKAあかるクラブ」の件のほかにも「桃山学院高等学校に対する遺贈金放棄 [全文を読む]

【『百田尚樹「殉愛」の真実』 2/23発売】 後妻・さくらの正体、「たかじんメモ」偽装疑惑の真相とは!?

PR TIMES / 2015年02月23日17時54分

「~たかじんの実弟が、怒りの特別寄稿~ 株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2015年2月23日、書籍『百田尚樹「殉愛」の真実』を発売します。 本書は、昨年一月に食道がんで死去した「やしきたかじん」と後妻「さくら」の闘病生活を描いた百田尚樹の『殉愛』における嘘や疑惑の真相を解き明かした作品です。さくら夫人の経歴から遺産相続問 [全文を読む]

百田尚樹が“未亡人に騙されたと言わない俺は男だ!“発言! え、騙されてたの?

リテラ / 2015年02月04日15時30分

厳戒態勢で開催された秘密会合だったようだが、事実上の主催者であるさくら夫人はもちろん、百田尚樹も姿を見せた。さくら夫人はスピーチで「ご心配をおかけして申し訳ありません。本のことは後悔してません」と語り、百田尚樹も挨拶に立ったという。 しかし、さくら夫人は出版を後悔してないようだが、本を書いた当の百田尚樹はどうもかなり後悔しているようだ。 この「偲ぶ会」の直 [全文を読む]

テレビ屋にしてベストセラー作家、百田尚樹が「売れる」を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

著作が続々と映像化され、いまや誰もが知るベストセラー作家となった百田尚樹。しかし彼は、ひたすら文学を追求し続けてきた孤高の作家では決してない。テレビマンとして、“人にウケる”ことを考え続け、ひた走ってきた彼が、構成作家という身体能力を生かして文学として昇華したのが百田文学である。テレビ界を共に歩んできた仲間たちが語る、構成作家、百田尚樹の素顔とは? 『ダ・ [全文を読む]

作家・百田尚樹 資料読みと執筆に没頭し3か月で3回倒れる

NEWSポストセブン / 2012年09月06日07時00分

【著者に訊け】百田尚樹/著『海賊とよばれた男(上・下)』(講談社/各1680円) 時は1953年3月某日。一隻のタンカーが神戸港を出港した。当時日本で唯一米国メジャーと提携関係になかった民族系石油元売会社〈国岡商店〉の日章丸である。コロンボ沖にて暗号電文を受信した同船は急遽目的地を変更してイラン・アバダン港に入港。そして復路はマラッカ海峡を迂回するなどして [全文を読む]

「稀勢の里に『カエルの楽園』が力を与えた」百田尚樹の自慢は本当か? 新横綱はネトウヨの広告塔に

リテラ / 2017年01月26日12時22分

心が折れかけていたが、その後、〈発想を広げるために池井戸潤や百田尚樹ら人気作家の小説を読み、合気道を習ってへその下に力を入れて下半身を強化。食事では揚げ物を避け、体幹を鍛えた。15年からは安定感が徐々に戻り、昨年は初の年間最多勝。低迷を打破した〉という。 この共同電を複数の新聞社が記事にすると、ツイッターですぐに反応したのが記事に名前のあった百田尚樹センセ [全文を読む]

「毎日新聞社 虎ノ門ニュースにキレる」 番組での百田尚樹さん・石平さんの発言に抗議文が届く

ガジェット通信 / 2016年12月15日19時10分

12月13日、作家の百田尚樹さん(@hyakutanaoki)が『Twitter』にて 先週「虎ノ門ニュース」宛に、毎日新聞社から、番組内容について抗議がありました。謝罪と訂正をしなければ法的手段に訴えるというものです。 私たちはこれを一種の言論弾圧と見なし、本日(13日)、このことを大々的に取り上げて放送しました。興味のある方はユーチューブでご覧下さい。 [全文を読む]

何度でも言おう 『永遠の0』は反戦作品じゃない、平和ボケの戦争賛美ファンタジーだ!

リテラ / 2015年07月31日20時00分

なぜならば、原作者である百田尚樹のファンのみならず、百田の極右歴史修正主義、差別的言動、言論弾圧発言などを忌み嫌うリベラルな人たちですら、「『永遠の0』は反戦映画である」と捉える向きがあるからだ。 ゆえに、本サイトだけは、なんと言われようとも、こう断言し続けなければならないだろう──『永遠の0』は、「反戦小説」でも「命の大切さを訴える物語」でもない、ネト [全文を読む]

さくら夫人が『殉愛』の検証本『百田尚樹「殉愛」の真実』の出版差し止めを申し立て!

リテラ / 2015年03月30日12時00分

作家の百田尚樹が、歌手でタレントのやしきたかじん(享年64歳)の"後妻"家鋪さくら氏の証言をもとに書いた『殉愛』(幻冬舎)。この「純愛ノンフィクション」の嘘やデタラメを暴いた『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社、以下『殉真』)の刊行から約1カ月が経ち、「殉愛騒動」は新たな局面を迎えた。 「さくらさんが宝島社を相手取り、『殉真』の出版差し止めの仮処分を裁判所に [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

(2)好きな作家は、「東野圭吾」、「村上春樹」、「百田尚樹」が上位を占める。(3)本を読む男性は、「ロマンチック」で「レディファーストを心がけている」人の割合が高く、「一人の人を長く愛せる」、「好きな人とは会って話したい」など結婚生活に向く回答があった。■調査概要対象:全国20歳~39歳の男性400名期間:2014年12月8日~12月10日方法:インターネ [全文を読む]

『殉愛』騒動が法廷へ! 百田尚樹の「文春」「新潮」への圧力の全貌も明らかに

リテラ / 2015年01月27日22時00分

本サイトでも度々報じてきた百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)騒動だが、まだまだ尾を引きそうだ。『殉愛』とさくら夫人をめぐって起こされた2つの裁判が、いよいよ今年から本格始動するからだ。 まず、『殉愛』で名誉を毀損されたとやしきたかじんの長女が版元の幻冬舎に対し出版差し止めを求めて提訴した裁判は、その第1回口頭弁論が1月21日、東京地裁で行われた。この裁判、百田がツ [全文を読む]

「ブックオフ流2014年売上年間ランキング」発表! ~話題の作品から根強い人気の定番作品まで中古ならではのランキング~

@Press / 2014年12月04日15時00分

【年間ランキング詳細】http://www.bookoffonline.co.jp/files/special/rank2014.html2014年 中古書籍総合ランキング1位【純文学小説】永遠の0/百田尚樹(文庫・2009年7月発売)2位【ミステリー】モンスター/百田尚樹(文庫・2010年3月発売)3位【ミステリー】イニシエーション・ラブ/乾くるみ(文庫 [全文を読む]

トーハン調べ10月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2014年11月05日15時00分

百田尚樹氏の「フォルトゥナの瞳」は先月の18位から5位にランクアップ。トーハン調べ10月期月間ベストセラーを発表いたします。第1位は人気コミックのノベライズ「ハイキュー!! ショーセツバン!!(4)」。人気の「妖怪ウォッチ」関連書は、今月もベスト10内に4点がランクイン。毎年新刊がランクインする「毎日かあさん」は今回も3位に初登場し好調です。百田尚樹氏の [全文を読む]

いま一番愛されている作家がクラシック愛を語る百田尚樹『至高の音楽』を発売!

@Press / 2013年11月20日11時00分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年11月27日(水) 百田尚樹著『至高の音楽』(CD付)を発売します。 ■「百田節」で味わうクラシックの名曲 『海賊とよばれた男』で2013年の本屋大賞を受賞した百田尚樹氏は、19歳のときにベートーヴェン「エロイカ」でクラシック音楽にめざめて以来、ほぼ毎日クラシックを聴いている筋金入り [全文を読む]

百田尚樹が描く“主人公”は他人のために、世の中のために戦う

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

作品のみならず、その言動にも多くの視線が注がれている作家・百田尚樹。テレビの放送作家を経て50歳で小説家デビュー。今年、57歳で『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞。年末には『永遠の0』映画公開も控え、ついに本作がオリコン歴代文庫売り上げ1位も獲得! 『ダ・ヴィンチ』10月号ではそんな百田尚樹を徹底特集。読者の選んだ作品の感動エピソードや、雑誌でしか読めな [全文を読む]

フォーカス