百田尚樹のニュース

百田尚樹「週刊文春」新連載「幻庵」を収録! 著者初の電子オリジナル『百田尚樹読本』連載スタートと同時発売

@Press / 2014年12月24日18時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)では、12月25日より、『百田尚樹読本』(文春e-Books)を発売します。電子書籍オリジナル作品になります。 『永遠の0』『海賊とよばれた男』など数々のベストセラー小説を世に送り出してきた百田尚樹さん。最新作『幻庵』の連載が明日発売の「週刊文春」2015年1月1・8日号からスタートします [全文を読む]

百田尚樹×渡部昇一が語る「日本人とは何か」『ゼロ戦と日本刀』を発売 !

@Press / 2013年12月13日11時00分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年12月13日(金)百田尚樹・渡部昇一共著『ゼロ戦と日本刀』を発売します。■「美しく強靭でありながら折れやすい」日本人本書は、300万部のベストセラー小説『永遠の0』の作者・百田尚樹氏と、保守論壇の大御所である渡部昇一氏による日本文明論です。タイトルにある「ゼロ戦」と「日本刀」について [全文を読む]

今年のお騒がせニュースベスト3といえば...『ほぼ日刊 吉田豪』連載176

東京ブレイキングニュース / 2014年12月26日21時20分

この時期になると「今年のお騒がせニュースベスト3」的な企画をいろんな媒体で頼まれるわけですが、今年は百田尚樹騒動と乃木坂路上キス騒動がタブー扱いになっている媒体が多かったのが印象的。タブーがいちばんなさそうな『週刊文春』でも、林真理子が百田尚樹騒動を報道しないマスコミはおかしいと主張したら、次の号で百田尚樹の反論文が掲載されて終わりにされたり、やしきたかじ [全文を読む]

元AKB戸島花と百田尚樹が囲碁でガチ勝負! 勝負の行方はいかに

ニコニコニュース / 2017年01月19日11時00分

AKB48の卒業メンバーで、現在日本棋院の「囲碁大使」として活躍する戸島花さんと、『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』など次々に話題作を世に送り出してきたベストセラー作家、百田尚樹さんの『【新春囲碁対決】百田尚樹 VS AKB48卒業メンバー戸島花~『幻庵』出版記念~』がニコニコ生放送にて配信されました。アマチュア六段の百田さんと囲碁大使の戸島さんの対決の結果 [全文を読む]

百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され...

リテラ / 2016年12月09日17時30分

原作者である百田尚樹センセイだ。〈『海賊とよばれた男』の映画の宣伝に私の名前はほとんど出てこない。映画会社は、百田尚樹の名前を出せば客の入りが悪くなると考えているのかもしれない。たしかにこの三年くらい朝日新聞はじめマスコミから、百田尚樹は極右とかネトウヨというイメージキャンペーンをはられていたからなあ(^^;)〉〈新刊を出しても一切紹介されないし、どれだけ [全文を読む]

【『百田尚樹「殉愛」の真実』 2/23発売】 後妻・さくらの正体、「たかじんメモ」偽装疑惑の真相とは!?

PR TIMES / 2015年02月23日17時54分

「~たかじんの実弟が、怒りの特別寄稿~ 株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2015年2月23日、書籍『百田尚樹「殉愛」の真実』を発売します。 本書は、昨年一月に食道がんで死去した「やしきたかじん」と後妻「さくら」の闘病生活を描いた百田尚樹の『殉愛』における嘘や疑惑の真相を解き明かした作品です。さくら夫人の経歴から遺産相続問 [全文を読む]

百田尚樹が“未亡人に騙されたと言わない俺は男だ!“発言! え、騙されてたの?

リテラ / 2015年02月04日15時30分

厳戒態勢で開催された秘密会合だったようだが、事実上の主催者であるさくら夫人はもちろん、百田尚樹も姿を見せた。さくら夫人はスピーチで「ご心配をおかけして申し訳ありません。本のことは後悔してません」と語り、百田尚樹も挨拶に立ったという。 しかし、さくら夫人は出版を後悔してないようだが、本を書いた当の百田尚樹はどうもかなり後悔しているようだ。 この「偲ぶ会」の直 [全文を読む]

百田尚樹のたかじん本騒動をリツイートしていたら...『ほぼ日刊 吉田豪』連載173

東京ブレイキングニュース / 2014年11月24日13時10分

作詞家の及川眠子さんが批判的なツイートをしたら百田尚樹が「売名行為」と斬り捨てたりの展開になった、たかじん本騒動。基本的にボクはいろいろリツイートするだけで、自分の意見は「やしきたかじん本を作った人が、やしきたかじん作品の作詞を多数手掛けている人に対して『及川さんというのは有名な方だったのですね』とか言い出すのは、さすがに迂闊すぎるよなあと思います」「Co [全文を読む]

テレビ屋にしてベストセラー作家、百田尚樹が「売れる」を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

著作が続々と映像化され、いまや誰もが知るベストセラー作家となった百田尚樹。しかし彼は、ひたすら文学を追求し続けてきた孤高の作家では決してない。テレビマンとして、“人にウケる”ことを考え続け、ひた走ってきた彼が、構成作家という身体能力を生かして文学として昇華したのが百田文学である。テレビ界を共に歩んできた仲間たちが語る、構成作家、百田尚樹の素顔とは? 『ダ・ [全文を読む]

【書評】全メディアから袋叩き。なぜ百田尚樹氏はめげないのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月23日16時15分

デビュー小説『永遠の0』が大ヒット、その後もベストセラー作品を生み出し続けるものの、ご自身の「口の悪さ」が災いしてネットでの炎上やメディアから叩かれることも多々ある百田尚樹氏。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、そんな百田氏がいかにして誹謗中傷罵詈雑言に負けない「鋼のメンタル」を身につけたかを記 [全文を読む]

フォーカス