山下洋輔のニュース

国民的人気者「タモリ」はこうして生まれた。その宿命と運勢とは

まぐまぐニュース! / 2017年02月02日17時30分

タモリの人生を転回させた運命的な出会いとは ハナモゲラ ある日、ジャズミュージシャンの中村誠一さんは、山下洋輔等とのライブを終えたあと、ホテルの一室で打ち上げパーティーに興じていました。仲間内だけで騒いでいたはずがいつのまにか見知らぬ男が部屋にいて一緒に馬鹿騒ぎしていたのに気づきます。 「こいつは誰だ?」と思った中村さんは得意の「ハナモゲラ語」でその男に [全文を読む]

高岡早紀、23年ぶりのニューアルバムはジャズ! デビュー25周年記念のコンサートも決定!

okmusic UP's / 2014年09月06日15時00分

同作は22年ぶりに配信シングルとしてリリース、世界的なジャズ・ピアニストの山下洋輔との共演で、新たな一面を披露した。同曲は、戦後間もなく平野愛子がヒットさせ、その後東洋人として初のアカデミー賞を受賞した女優・歌手のナンシー梅木が英語でカヴァーした“和製ジャズ"の名曲。高岡早紀によるカヴァーは、この日本語/英語のメドレーですが、映画エンディングの切ない余韻と [全文を読む]

清泉女子大学が5月8日にジャズピアニストの山下洋輔氏のフリーLIVEを開催 -- 「旧島津公爵邸竣工100年記念ライトアップ&イベント」の一環

Digital PR Platform / 2017年04月27日08時05分

そのイベントの一つとして、5月8日(月)にジャズピアニストの山下洋輔氏のフリーLIVEを開催。山下氏の祖父は建築家の山下啓次郎氏で、旧島津公爵邸の建築にも携わった。※イベントの申し込みは終了。 「旧島津公爵邸竣工100年記念ライトアップ&イベント」は、旧島津公爵邸の落成披露の行われた1917年5月8日からちょうど100年となる2017年5月8日を中心とした [全文を読む]

旧島津公爵邸竣工100年を記念し、清泉女子大学が5月7~9日にライトアップ&イベントを開催 -- 幻想的なライトアップとイベントで「100年の美」を祝う

Digital PR Platform / 2017年03月25日08時05分

また、島津邸建築に関わった建築家・山下啓次郎の孫にあたるジャズピアニストの山下洋輔氏によるコンサートなども行われる。 清泉女子大学の本館である「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」は、日本の近代建築の礎を築いた英国人ジョサイア・コンドル晩年の代表作として知られ、2012年には東京都指定有形文化財に指定された。同館はほぼ当時のままの姿で残されており、今も現役の学舎と [全文を読む]

能楽師 一噌幸弘CDデビュー25周年記念公演で山下洋輔、坂田明らと再共演 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールで8月1日(月)開催

@Press / 2016年07月08日09時30分

それを記念し、「東京ダルマガエル」にも参加したジャズ・フュージョン界の巨匠たち、山下洋輔(ピアノ)、坂田明(サクスフォン)、渡辺香津美(ギター)、仙波清彦(パーカッション)が25年振りにゲストとして一同に会し、2016年8月1日(月)、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールで記念公演を行います。 一噌幸弘は、10代の終わりからライブハウスで演奏をはじめ、 [全文を読む]

山下洋輔2万字インタビュー&マキタスポーツのJ-POPライナーノーツを掲載 フリーの電子版音楽雑誌「ERIS」第10号が3月5日発行

@Press / 2015年02月26日10時30分

エリス メディア合同会社(本社:東京都渋谷区)発行のフリー(無料)の電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」第10号(3月5日発行)は、世界で活躍するジャズ・ピアニストでエッセイスト、小説家でもある山下洋輔への2万字ロング・インタビュー、そして斬新な音楽ネタで各方面から注目を集める芸人/ミュージシャン、マキタスポーツによるJ-POPのCDライナーノーツを掲載 [全文を読む]

伝説の「全冷中」 山下洋輔筆頭に赤塚不二夫、タモリら参加

NEWSポストセブン / 2014年07月11日07時00分

昭和50年、冷やし中華が冬に食べられないことに憤慨したピアニストの山下洋輔が、その“差別”に立ち向かうべく結成した『全国冷し中華愛好会』。略して、全冷中。 赤塚不二夫や坂田明、黒鉄ヒロシ、まだ世に出ていないタモリ他、錚々たるメンバーが名を連ねた。「冷し中華」についてナンセンスな議論を戦わせ、持論を会報や雑誌で展開。一般人を含め会員は1000名にも上り、「第 [全文を読む]

「俺のやる事に意味なんかあるわけないだろ!」 タモリ本出版ラッシュから考察する森田一義論

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月30日09時20分

博多のホテルで宴会をしていた、ジャズミュージシャンの山下洋輔らの部屋へ歌いながら乱入したことがタモリが世に出るきっかけとなったことは有名な話だ。籐製のゴミ箱をかぶって虚無僧をやってふざけていた中村誠一からそれを取り上げ、2人でメチャクチャなハングル語の応酬をしたり踊ったりなどして、誰だかわからないまま場を盛り上げ、明け方に「失礼しました」と言って帰ろうす [全文を読む]

タモリが振り返る「俺の人生で最も楽しかった時期」はいつ?

太田出版ケトルニュース / 2013年12月17日10時46分

伝説のバーでの乱痴気騒ぎの実態とは? * * * タモリが福岡でジャズピアニストの山下洋輔と出会い、東京に呼ばれて芸を披露したのが、新宿コマ劇場の裏にあった小さなバー『ジャックの豆の木』。ここには様々な文化人や業界人が集まっており、その面子は山下のほか、筒井康隆、赤塚不二夫、高平哲郎など、そうそうたる顔ぶれだった。 タモリは赤塚宅に居候しながら、夜な夜なこ [全文を読む]

知られざる「怪人」タモリ伝(7)タモリが立てた“4つの戒律”

アサ芸プラス / 2013年11月21日10時00分

「僕は『山下洋輔トリオ』の一員で参加していて、終わってからホテルの部屋でどんちゃん騒ぎ。そしたらドアが半分だけ開いていたものだから、タモリが目ざとく入ってきたんだよ」 当時のタモリは大分県でボウリング場の支配人。かつては早稲田大学のジャズ研究会に籍を置いており、その時代の仲間が渡辺貞夫のスタッフにいたため、訪ねて行ったのである。 タモリが目にした部屋では [全文を読む]

タモリ「サングラスの奥に秘めた“カネ・タブー・放送事故”」(4)盟友・山下洋輔氏が明かす“タモリの32年の苦悩”

アサ芸プラス / 2013年11月07日10時00分

無名時代のタモリを故・赤塚不二夫氏らとともに「発掘」したメンバーの一人であるジャズピアニストの山下洋輔氏(71)。今でも交流を続け心を開き合っている、いわば長年の盟友だ。山下氏が語る「生身のタモリ」の“苦悩”とは──。 まずは、32年という長寿番組で、ギネスブックにも認定された番組なんだから、続けてもやめてもいいんだろうけど、いずれにしてももう十分でしょう [全文を読む]

【山下洋輔や佐渡裕などジャンルを超えた巨匠達がその才能を絶賛】ジャズ作曲家=挾間美帆(はざまみほ)メジャー・デビュー

リッスンジャパン / 2012年11月14日20時00分

国立音楽大学在学中から、山下洋輔や佐渡裕をはじめとするジャズ/クラシックの巨匠たちがその作・編曲の才能に惚れ込み、共演を重ねてきた作曲家、挾間美帆が11月14日にアルバム『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』でメジャー・デビューを飾った。国立音楽大学を卒業後、さらなる飛躍を求めて、2010 年にニューヨークの名門マンハッタン音楽院大学院ジャズ作曲科に2年間留学。 [全文を読む]

清泉女子大学が10~12月に秋の本館(旧島津公爵邸)見学ツアーを開催 -- 竣工100年を迎えた歴史ある邸内を散策

Digital PR Platform / 2017年07月27日08時05分

100年前の落成披露式典で演奏された薩摩琵琶の再演や、島津邸建築に携わった建築家・山下啓次郎氏の孫にあたるジャズピアニストの山下洋輔氏によるコンサートが行われた。 同大では、学生ガイドによる本館(旧島津公爵邸)の見学ツアーを春と秋に開催しており、今年も10月~12月に秋のツアーを行う。概要は以下の通り。 ◆秋の本館見学ツアー 【開催日時】 ・10月 11日 [全文を読む]

高岡早紀、3年ぶり新アルバムで和ボッサに挑戦 - 娘もコーラス参加

マイナビニュース / 2017年07月25日13時19分

さらに、自ら作詞を手がけた「I see your face」(作曲:山下洋輔)ほか、新曲4曲も収録。デビュー曲の作詞者・真名杏樹による「永遠のダンサ」(作曲:小泉P克人)は、今の高岡をイメージして書き下ろされたスロー・サンバで、高岡の娘もコーラスに参加している。 CD発売記念ライブは、9月27日に名古屋、28日に神戸、30日に東京にて開催。Deluxe E [全文を読む]

室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて

DreamNews / 2017年05月23日18時00分

1997年より五年間、「横濱ジャズプロムナード・シンフォニックインジャズ」で、神奈川フィルハーモニー管弦楽団とオーケストレイションコラボレイターならびに指揮者を務め(小松一彦氏等と)、日本を代表するジャズミュージシャン(山下洋輔、坂田明、斉藤徹、板橋文夫、林栄一各氏等)と共演した。作曲作品は管弦楽曲から室内楽、独奏曲、歌曲、合唱曲、ミュージカルから放送音楽 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

クラシック以外でも意欲的な活動が続き、ジャズピアニスト山下洋輔氏とのコンサートでは新境地を開いた。長年、病院や施設での訪問演奏にも力を注ぎ、被災地に演奏を届ける活動も精力的に続けている。 また、2016年12月から大谷康子の10年プロジェクト「ヴァイオリン賛歌」をHakuju Hallでスタートさせ、2017年11月は第2回目を迎える。 CDは「R.シュ [全文を読む]

2016年10月8日(土)「マキシマム」 ~楽器と電子音響の極限の出逢い~ スリーシェルズ所属の磯部英彬プロデュース開催

DreamNews / 2016年09月21日16時30分

2006年モリナーリ国際作曲賞第1位(カナダ)、2007年AIC/MostlyModern国際作曲コンクール第1位(アイルランド)、2009年度武満徹作曲賞第2位(審査員:ヘルムート・ラッヘンマン)、2010年第5回JFC作曲賞(審査員:近藤譲)、2011年、第6回ユルゲンソン国際作曲賞第2位(ロシア)、TOKYOEXPERIMENTALFESTIVAL― [全文を読む]

この夏はジャズか?落語か?いや、どっちも楽しむのが正解だ!

@Press / 2016年08月09日09時30分

巻頭記事はジャズ好き落語家・立川志の輔さんと落語好きジャズメン・山下洋輔さんのインタビュー。それぞれがジャズと落語をクロスオーバーさせた話をしてくれています。 清水ミチコさんの「はじめてのジャズ」、中島歩さんの「はじめての落語」などのエッセイ。みうらじゅんさん、藤原ヒロシさん、満島真之介さん、夢眠ねむさん、滝口悠生さん、クリストフ・ルメールさんなど30名 [全文を読む]

最先端のアートと音楽と食が出会う「特殊音樂祭2016」和光大学で7月16日に開催!

DreamNews / 2016年07月04日09時00分

2006 年モリナーリ国際作曲賞第1位(カナダ)、2007 年 AIC/Mostly Modern 国際作曲コン クール第1位(アイルランド)、2009 年度武満徹作曲賞第2位(審査員:ヘルムート・ラッヘン マン)、2010 年第5回 JFC 作曲賞(審査員:近藤譲)、2011 年、第 6 回ユルゲンソン国際作曲賞第2 位 ( ロ シ ア ) 、 TOKY [全文を読む]

7月1日渋谷にて山本和智の作曲による驚愕の打楽器協奏曲「ネオ・エスノ」が 初演。

DreamNews / 2016年06月27日18時00分

2006年モリナーリ国際作曲賞第1位(カナダ)、2007年AIC/MostlyModern国際作曲コンクール第1位(アイルランド)、2009年度武満徹作曲賞第2位(審査員:ヘルムート・ラッヘンマン)、2010年第5回JFC作曲賞(審査員:近藤譲)、2011年、第6回ユルゲンソン国際作曲賞第2位(ロシア)、TOKYOEXPERIMENTALFESTIVAL― [全文を読む]

フォーカス