宮本武蔵のニュース

本当の宮本武蔵は脱力系!?山田裕貴、初主演舞台の熱演が話題!

Woman Insight / 2016年08月21日16時30分

鬼才・前田司郎さん×カメレオン俳優・山田裕貴さん主演の本格時代劇『宮本武蔵(完全版)』が、8月19日(金)、東京・東京芸術劇場シアターイーストにて、ついに開幕! 前田さん主宰の劇団「五反田団」初の本格時代劇として書き下ろされ、2012年に上演された「宮本武蔵」に新たに加筆し、“完全版”として上演されている本作には、前田作品の中では異例とも言える“イケメン” [全文を読む]

約400年前、2度の大地震のあと宮本武蔵は熊本へ移住していた!復興の度に強く生まれ変わってきた熊本への移住を宇梶剛士さん扮する宮本武蔵がアツく勧める『くまもと移住前夜・宮本武蔵』 本日公開。

PR TIMES / 2017年02月15日14時12分

個性あふれる人気劇団「ヨーロッパ企画」も参戦! 熊本県は、この度、移住定住と観光誘客を促進するためのPR動画『くまもと移住前夜・宮本武蔵』を制作いたしました。 剣豪・宮本武蔵は57歳のときに肥後熊本藩の細川忠利に招かれ、熊本に移住しました。「なぜ、武蔵が熊本に移住したのか?」今回のPR動画では、その理由を新解釈で描きます。宮本武蔵役には、武蔵が熊本に来た年 [全文を読む]

<板垣恵介の漫画「刃牙道」>日本人が持つ吉川英治・創作「宮本武蔵」への誤解を解く?

メディアゴン / 2015年10月23日12時00分

柴川淳一[郷土史家]* * *筆者は先日、「<板垣恵介の漫画「刃牙道」が描く宮本武蔵の真実>佐々木小次郎は剣豪武蔵のライバルだったのか?」(http://mediagong.jp/?p=12715)という記事を書いた。筆者の挙げた論点は三つ。1. 日本人は、吉川英治の小説以来、宮本武蔵を誤解している気がする。2. 板垣恵介の漫画「刃牙道」は武蔵に対する誤解 [全文を読む]

宮本武蔵に挑んだ、7つの「勝敗を超越した勝負」とは?木下昌輝氏最新作『敵の名は、宮本武蔵』2月25日(土)発売!

PR TIMES / 2017年02月25日10時37分

デビュー作でいきなり直木賞候補となった気鋭の歴史小説家が放つ最新作!株式会社KADOKAWAより、木下昌輝著『敵の名は、宮本武蔵』を2月25日(土)に発売いたします。本作は、7人の敵側から見た宮本武蔵を描いた、著者渾身の連作短編です。[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3075/resize/d7006-3075-371872- [全文を読む]

山田裕貴が“伝説の剣豪”に コメント到着

モデルプレス / 2016年08月22日14時38分

【山田裕貴/モデルプレス=8月22日】俳優の山田裕貴が主演をつとめる舞台「宮本武蔵(完全版)」が19日、東京芸術劇場 シアターイーストにて開幕。鬼才・前田司郎氏が演出する脱力的な空間で、山田が宮本武蔵を滑稽かつ白熱して演じきっている。同作は、伝説の剣豪として世に名を知らしめるも、その内面は臆病な男、宮本武蔵を描く会話劇。五反田団初の本格時代劇として2012 [全文を読む]

山田裕貴「イケメン反抗期」乗り越え今…“道場破り”が抜擢のきっかけに「かけがえのない経験」 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年08月12日21時31分

そして、8月19日には初の主演舞台「宮本武蔵(完全版)」が幕を開ける。同作への出演のきっかけを作ったのは、「“道場破り”のようにワークショップを受けた」こと。そこで前田司郎監督と出会い、認められ、映画「ふきげんな過去」(2016年)と続けて抜てきされた。モデルプレスでは、今回、山田にインタビューを実施。今後のさらなる活躍が期待される彼の内側に迫った。◆山田 [全文を読む]

<板垣恵介の漫画「刃牙道」が描く宮本武蔵の真実>佐々木小次郎は剣豪武蔵のライバルだったのか?

メディアゴン / 2015年10月12日15時00分

武蔵の国のイメージらしいが、板垣恵介は現代に蘇る「宮本武蔵」を描き出そうとしている。圧巻は「刃牙道」単行本第8巻第68話「佐々木某」である。国家権力に比肩するほどの私的権力を有する徳川老人が現代に蘇った武蔵に質問する。 「かの天才美剣士佐々木小次郎は剣豪武蔵の好敵手だったのか?」対する武蔵。考え込む。徳川老人の質問を含め8ページ分考えている。というより、一 [全文を読む]

<逃亡した武蔵や小次郎がいない史実?>吉川英治の「宮本武蔵」は創作だからこそ面白い

メディアゴン / 2015年07月24日11時02分

中でも昭和十年から連載した新聞小説「宮本武蔵」は大人気となった。「宮本武蔵」は何度も映画、テレビ、舞台で演じられ、漫画や絵物語にアレンジされている。吉川英治は何度と無く講演依頼を受け、そのつど繰り返し言い続けてきた次のような言葉がある。 「私は一小説家です。歴史学者ではありません。『小説宮本武蔵』は取材、調査はしたけれども、あくまで私の描写による創作された [全文を読む]

鬼邪高・村山役で注目の山田裕貴。舞台『宮本武蔵(完全版)』で初座長を務める

Woman Insight / 2016年08月16日21時00分

WI 今度の舞台『宮本武蔵(完全版)』で脚本・演出を務めるのは、映画『ふきげんな過去』でご一緒した前田司郎監督ですよね。きっかけは、前田監督のワークショップということですが。監督のワークショップなどはよく行かれるんですか? 山田 世間的に“イケメン”のくくりになっていることもあり、少しアイドルっぽい印象を持たれることが多くて、正直に言うと、腹が立つことも [全文を読む]

なぜ宮本武蔵ほどの剣豪が「果たし合いには応じるな」と教えたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月01日18時08分

江戸時代初期、兵法者としてその名を広く知られた宮本武蔵。現代でも多くのファンを持つ剣豪ですが、圧倒的強さにも関わらず、戦いを避けるどころか立ち去ることもあったといいます。いったいなぜなのでしょう。無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』では、宮本武蔵の信条を紹介するとともに、そこに見える「現代の働き方との共通点」を記しています。 宮本武蔵は試合をしない [全文を読む]

フォーカス