風間杜夫のニュース

風間杜夫 つかこうへい流の役者観をどんな芝居でも心がける

NEWSポストセブン / 2014年05月25日16時00分

映画『蒲田行進曲』やドラマ『スチュワーデス物語』など1980年代に人気作への出演で知られるようになった俳優の風間杜夫は、幼少期は雑誌の表紙を飾るほど活躍した人気子役だった。子役を辞め早稲田大学第二文学部演劇専修へ入学し、劇団を結成して演劇人として活動していた頃に出会った『蒲田行進曲』作者で演出家の故つかこうへいさんとの思い出を語る風間の言葉を、映画史・時代 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】堀ちえみが風間杜夫と2ショット 『スチュワーデス物語』から34年、今も緊張

TechinsightJapan / 2017年02月03日16時00分

タレントの堀ちえみが、2月2日の情報番組で久しぶりに俳優の風間杜夫と対面したことをブログで報告している。1980年代の人気ドラマ『スチュワーデス物語』で訓練生と担当教官を演じた2人、堀は34年経った今でも風間に会うと緊張するそうだ。 スチュワーデス(現:客室乗務員)訓練生たちの青春をドキュメンタリータッチで描いたドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系・19 [全文を読む]

「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible(オーディブル)」Audible「ハリー・ポッター」シリーズ発表会

PR TIMES / 2016年11月10日18時03分

“Hear the Magic”A Pop-up Harry Potter Experience from Audible内覧会に俳優 風間杜夫さんが登場、本作を朗読された感想を語ってくださいました。Amazon.com, Inc.の関連会社であるAudible, Inc.(以下、Audible)は、「ハリー・ポッター」シリーズのデジタル・オーディオブック [全文を読む]

独演会も開催する風間杜夫 落語に魅せられた理由とは

NEWSポストセブン / 2016年04月06日07時00分

楽屋の風間杜夫(66)は、びっしりと鉛筆書きしたノートに目を通し、低く小さな声で噺をさらっている。茨城・下妻での落語独演会。この日用意した演目は「湯屋番」と「火焔太鼓」の2席。タバコをくゆらせながら、ひたすらノートを読み、呟き続ける。 楽屋を出た風間は、出世作となった映画『蒲田行進曲』の出囃子が流れる中、高座に上がった。「世田谷三軒茶屋に生まれ、都会生活を [全文を読む]

高座にも上がる俳優・風間杜夫 熱心さで落語通も納得させる

NEWSポストセブン / 2014年06月07日16時00分

1996年に出演した舞台で落語家役を演じたことから、俳優の風間杜夫は落語家としても活動している。落語を通じて教わったセリフに対する考え方について風間が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる「週刊ポスト」の連載シリーズ「役者は言葉でできている」から抜粋してお届けする。 * * * 風間杜夫は舞台・映画・テレビと幅広く活躍してきた。そして近年で [全文を読む]

森繁久彌「セリフなんて覚えてきちゃダメ」と風間杜夫に説明

NEWSポストセブン / 2014年05月27日16時00分

子役を経て早稲田大学第二文学部演劇専修へ入学、劇団を結成して演出家の故・つかこうへいさんと出会った俳優の風間杜夫は、主演した映画『蒲田行進曲』がヒットしたことで活躍の場所を広げていった。敵役として共演した故森繁久彌さんとの思い出を語る風間の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 風間杜夫は主役に抜擢された1982年の映画『蒲田行進曲 [全文を読む]

風間杜夫×片瀬那奈の婚活映画「こいのわ」11月18日公開!場面写真も披露

映画.com / 2017年05月25日12時00分

[映画.com ニュース] 風間杜夫と片瀬那奈が主演を務め、婚活をテーマに描いた「こいのわ 婚活クルージング」が、ロケ地となった広島で11月11日に先行公開された後、11月18日から全国公開されることがわかった。合わせて、風間と片瀬の姿をとらえた場面写真も披露された。 「デスノート」や「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」を手がけた金子修介監督が、広島県庁の [全文を読む]

俳優・風間杜夫 朗読 Audible「ハリー・ポッター」シリーズ第三巻「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」配信開始第三巻のオーディオブック化は日本初!!

@Press / 2017年03月15日12時00分

Audibleでは、「ハリー・ポッター」シリーズ全7作品のデジタル・オーディオブックを、映画や舞台で活躍し、高い演技力が魅力の俳優・風間杜夫さんの新朗読で、昨年2016年11月より順次配信しています。これまでに同シリーズ第三巻以降が日本でオーディオブック化されたことはなく、日本初のオーディオブック化となります。Audible第一巻「ハリー・ポッターと賢者の [全文を読む]

「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible(オーディブル)」より俳優・風間杜夫 朗読「ハリー・ポッターと秘密の部屋」が配信開始

PR TIMES / 2016年12月22日11時05分

新朗読版は、映画、舞台で活躍し、高い演技力が魅力の俳優・風間杜夫さんを起用。第一巻「ハリー・ポッターと賢者の石」は、11月9日の配信以来、子供はもちろん幅広い年齢層の方々にお楽しみいただいており、続編への期待の声を多数いただくなど、好評を博しています。第三巻「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の配信は、2017年3月を予定しています。[画像: https [全文を読む]

いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」オーディオエンターテインメントサービス「Audible(オーディブル)」より「ハリー・ポッター」が俳優・風間杜夫さんによる新朗読で全シリーズ登場

PR TIMES / 2016年11月09日18時04分

新朗読版は、映画、舞台で活躍し、高い演技力とエンターテイメント性が魅力の俳優・風間杜夫さんを起用。キャラクターの多い「ハリー・ポッター」シリーズにふさわしい、八面六臂の演じ分けられた朗読により、まさにパフォーマンスと呼ぶにふさわしい良質のエンターテインメントに仕上げることで、子供はもちろん、「大人のためのハリー・ポッター」をお楽しみいただけます。シリーズ第 [全文を読む]

風間杜夫 今も仕事の軸とする「舞台」の魅力を語る

NEWSポストセブン / 2016年04月10日07時00分

俳優・風間杜夫(66)は9歳のときに子役でデビューした。テレビや映画、雑誌『冒険王』の表紙モデルなどで活躍したものの、「俳優を一生の仕事にするなら、子役の仕事はやめたほうがいい」との俳優・米倉斉加年からの助言もあって、少年は芸能界から一時離れる。「小学校5年くらいまでは学校に行けないほど忙しかったんですけど、6年生になった頃から仕事が減ってきて、それを寂し [全文を読む]

小泉今日子と風間杜夫が演じる“夫婦の倦怠期” 舞台『家庭内失踪』

WEB女性自身 / 2016年03月25日06時00分

不思議な岩松ワールドに迷い込んでいます」 そう語るのは、現在、舞台『家庭内失踪』に出演中の風間杜夫(66)。作・演出は岩松了、後妻役を小泉今日子が演じる。物語は夫婦の寝室シーンから始まる。小野ゆり子が演じる前妻との娘・かすみは、夫と関係がギクシャクすると実家に帰ってくる。そこへ、かすみの夫の命令でかすみを連れ戻しに部下が来る。さらに変装した男・望月が野村を [全文を読む]

小泉今日子と風間杜夫が倦怠感ある夫婦演じる『家庭内失踪』

NEWSポストセブン / 2016年03月20日16時00分

同作は作・演出が岩松了氏で、出演者は小泉今日子、風間杜夫、小野ゆり子、落合モトキ、坂本慶介、岩松了。高校教師・野村(風間)の後妻となった女、雪子を演じるのが小泉で、定年退職後の夫婦の倦怠感を描くとともに、そこに雪子にとっては血のつながらない前妻の娘・かすみ(小野)が夫との生活がイヤだと現れ、微妙な3人の関係が展開される。 雪子がかすみの夫の部下・多田(落 [全文を読む]

小泉今日子演じるヒロインを翻弄? 落合モトキが『家庭内失踪』の見どころを紹介!

anan NEWS / 2016年03月10日20時00分

舞台『家庭内失踪』でこれを演じるのは小泉今日子さんと風間杜夫さん。その組み合わせだけで面白そうな予感大。 「初日の稽古の冒頭30分で、すでにふたりの間にマンネリ化した夫婦の空気が表現されていて、そのあまりの面白さに笑ってしまいました」 と話すのは、夫婦の前に現れ、ふたりの関係性を揺るがしてゆく若い男・多田を演じる落合モトキさん。 「淡々としたセリフのやり取 [全文を読む]

<37年ぶり舞台「熱海殺人事件」>つか芝居のDNAを感じさせた、愛娘女優・愛原実花

メディアゴン / 2015年12月14日07時30分

その後、三浦洋一さんから風間杜夫さんに受け継がれ、風間・平田のコンビは熱狂的な支持を獲得。小説として1982年につかさんが直木賞を受賞した「蒲田行進曲」は、深作欣二監督で映画化され大ヒット。つかこうへい・風間杜夫・平田満のトリオは人気と地位を不動のものとしました。伝説として聞いた当時の公演は、残念ながら見ていません。しかし「新劇の甲子園」と呼ばれ野田秀樹さ [全文を読む]

風間杜夫 84才で亡くなった母の思い出とその後の人生を語る

NEWSポストセブン / 2015年01月25日07時00分

今回はNHK連続テレビ小説『マッサン』で、主人公夫妻を人情深く支えるニシン漁師の網元・森野熊虎役を演じる風間杜夫さん。女手ひとつ家族を支えた母との思い出を語る。 * * * おふくろの死は突然だった。84才だったが、保険の外交員の仕事をしていたし、90才までは生きると思っていた。 危篤の知らせを飲み屋で聞いて、病院に駆けつけたが、もうおふくろの意識はなかっ [全文を読む]

風間杜夫が父の思い出語る「座卓をひっくり返したことも」

NEWSポストセブン / 2015年01月23日07時00分

NHK連続テレビ小説『マッサン』で、主人公夫妻を人情深く支えるニシン漁師の網元・森野熊虎役を演じる風間杜夫さんが、亡き母、そして父の思い出を語った。 * * * 「トモちゃんは学芸会ではつらつとしている」 “トモちゃん”とは住田知仁(すみだともひと)というぼくの本名で、舞台の上では普段のもじもじした姿が一変する、と幼稚園で知り合いの父母に言われたらしく、お [全文を読む]

『プリンセス トヨトミ』チームによる新作映画、次は「ノブナガ」!

NeoL / 2016年06月28日07時52分

前作と同様、綾瀬はるかさんという素敵な女優とまたタッグを 組むことができ、今回はさらに濱田岳くんや風間杜夫さんという名俳優が加わっ て下さり、今から作品の完成が楽しみです。 今回私は信長役に初挑戦。プレッシャーも感じますが、今までにない新しい信長 を作っていきたいと思います。 今回の舞台は「本能寺の変」。誰もが知る歴史の謎に迫るミステリー映画を、この最高の [全文を読む]

7月11日「人志松本のすべらない話」は人選ミス?各話を寸評・採点してみたらこうなる

メディアゴン / 2015年07月17日07時10分

小籔1「吉本新喜劇・島田一の介」:△普段全然売れることなど意識せずにひっそりと芸人をやっている新喜劇の先輩が、風間杜夫が見ている舞台でいつもより張り切っていたという話。この先輩の普段の言動をまず喋るという形できれいなフリが入っていたが、筆者があんまりおもしろく思えなかったのは「風間杜夫」がピンと来ないからだろうなあ。出川2「ベッドシーン」:〇出川がドラマで [全文を読む]

小池栄子、共演者から絶賛される“器用さ“ コンプレックスを乗り越えて女優業に邁進

メンズサイゾー / 2015年03月10日00時45分

そんな小池について『マッサン』で彼女の父親役を務める風間杜夫(65)は「失礼ですけど意外にもキチッとした芝居ができる」とVTRでコメント。小池は先輩俳優からの褒め言葉に照れるように喜んだ。「小池さんは過去の雑誌インタビューやテレビ番組などで、女優を志して芸能界入りを決意したと何度も話しています。デビュー当時はどんなにオーディションを受けても『そんなに太って [全文を読む]

フォーカス