宮沢賢治のニュース

【巻頭大特集】宮沢賢治賞受賞記念「藤城清治 光の贈りもの ―宮沢賢治の世界を描く―」【とじこみ付録】藤城清治×宮沢賢治 スペシャルステッカー。MOE 7月号は、6/3発売!

DreamNews / 2015年06月03日09時00分

【巻頭大特集】宮沢賢治賞受賞記念「藤城清治 光の贈りもの ―宮沢賢治の世界を描く―」【とじこみ付録】藤城清治×宮沢賢治 スペシャルステッカー。【特集】手紙と切手でたどる、わちふぃーるど「ダヤンと切手博物館」。MOE 7月号は、6/3発売!MOE2015年7月号、6月3日発売! ■ 巻頭大特集 ■ 宮沢賢治賞受賞記念 藤城清治 光の贈りもの ―宮沢賢治の世界 [全文を読む]

鈴木亮平の演技に「神々しい」監督が絶賛!

Smartザテレビジョン / 2017年05月29日11時26分

東京・銀座の「いわて銀座プラザ」にて、6月17日(土)にスタートする「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(WOWOWプライム)の関連イベントが行われた。 本作では宮沢賢治が愛した食や音楽を切り口に、今まであまり語られてこなかった、賢治の青春時代が描かれる。同イベントに登場した御法川修監督は、「(一般的な)イメージとは違う、一人の青年としての宮沢賢治を描きたかっ [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 宮沢賢治を語る講演会を4月26日(日)に開催 音楽愛好家、賢治が愛用したヴァイオリンの生演奏も

PR TIMES / 2015年03月17日17時31分

阪神電気鉄道株式会社 (本社:大阪市 社長:藤原崇起) のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営する「六甲オルゴールミュージアム」(博物館相当施設)では、4月17日(金)から始まる特別展「宮沢賢治の音楽世界~オルゴールが紡ぐ物語~」の関連イベントとして、宮沢賢治の実弟、清六氏の孫である宮沢和樹(みやざわ かず [全文を読む]

鈴木亮平主演作に山崎育三郎ら出演決定!「亮平さんが愛おしくて…」

Smartザテレビジョン / 2017年04月26日06時00分

6月17日(土)夜10時にスタートする、鈴木亮平主演「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」のオールキャストが判明。また、鈴木がみずみずしい宮沢賢治の青春時代を体現したポスタービジュアルも公開された。本作は、漫画家・魚乃目三太の同名原作を実写化したもので、主人公・宮沢賢治を演じる鈴木と賢治の最愛の妹・宮沢トシ役の石橋杏奈をはじめ、賢治が愛した食や音楽を切り口とする [全文を読む]

鈴木亮平が“ヤング宮沢賢治”に!「ノビノビと演じられたら」

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日21時06分

日テレ×WOWOW×Hulu共同製作ドラマ「銭形警部」での銭形警部役も話題の俳優・鈴木亮平が、6月スタートの「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(毎週土曜夜10:00-終了時間未定、WOWOWプライム)で、主演を務めることが分かった。 役によって大幅な減量をしたり、増量をしたりとストイックな役作りが毎回話題を呼び、来年の大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合ほか) [全文を読む]

ホリデースペシャル 宮沢賢治生誕120周年!中川翔子、水樹奈々、天文学者の渡部潤一先生と宇宙の旅へ『三菱電機 presents 星に願いを~The Celestial Railroad~』

PR TIMES / 2016年09月14日11時30分

今年は宮沢賢治の生誕120年。番組では、彼の代表作『銀河鉄道の夜』をモチーフとしながら、年に1度だけ宇宙を走る「天空列車」に乗って“最新の宇宙にまつわるトピックをめぐる旅”へと、リスナーをご案内します。出演は、宇宙好きの中川翔子、そして天文学者の渡部潤一先生(国立天文台副台長)、そして同じく宇宙好きとして水樹奈々が登場します。秋の夜長、ラジオの中の「銀河鉄 [全文を読む]

近代文学の突き抜けた天才、宮沢賢治

NHKテキストビュー / 2017年03月29日17時00分

2017年3月の『100分de名著』では、「宮沢賢治スペシャル」と題し、彼の残した作品を数多く取り上げています。指南役を務める日本大学芸術学部教授の山下聖美(やました・きよみ)さんは、宮沢賢治を近代文学における、ただ一人の「突き抜けた天才」と評します。* * *今、文学の不人気が叫ばれています。「文学なんかやって何になるの?」「就職に不利なんじゃない?」私 [全文を読む]

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

現在、キャンペーン中!フォームに「kikubon会戦」を入力する事でポイントプレゼント!配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、ア [全文を読む]

「文学に見る、明治期日本の質素な『食』事情」を公開

えん食べ / 2012年10月21日07時00分

「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」で始まる宮沢賢治の作品「雨ニモマケズ」。正確には遺作のメモだったのですが、代表作として広く認知されています。その文中に「一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ」というくだりが出てきます。 現代の感覚からすると、1日にご飯4合(女性用の茶碗で8膳ほど)は量が多すぎるのではないかと疑問が湧いてきます。しかし、宮沢賢治が生きた明治~ [全文を読む]

鈴木亮平「体力勝負な現場でした」主演の宮沢賢治の食卓がクランクアップ

dwango.jp news / 2017年05月10日00時48分

自身が主演をつとめるWOWOW「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(6月スタート、毎週土曜よる10時~、第1話無料放送)がクランクアップを迎えたことを出演者との集合写真とともに報告した。 「ほんっまにめちゃめちゃ濃い一ヶ月ちょいやったなぁ…」「体力勝負な現場でした」と心境を綴った。京都で撮影をしていた同ドラマは、若かりし頃の天真爛漫な宮沢賢治の青春時代を、彼の [全文を読む]

12/19(金)eラーニング『化学が好きになる手引き』開講!

DreamNews / 2014年12月19日18時00分

宮沢賢治と地球温暖化」「ビールの泡」「胃のx線撮影とバリウム」等、身近な話題と化学の知識を繋げることで、化学がずっと身近になる講座です。お申込みは http://elearning.co.jp/?page_id=15208 から。株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、12/19(金)、eラーニング『化学が好きになる [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

<4月11日 配信作品> NHK朗読~中原中也「中原中也作品集」~ 朗読:蟹江敬三 NHK朗読~中原中也「晩年の日記抜粋」~ 朗読:蟹江敬三 <今後配信を予定している作品 ※4月中旬以降、順次配信予定> NHK朗読~太宰治 「雪の夜の話」 朗読:奈良岡朋子 NHK朗読~芥川龍之介 「少年」 朗読:橋爪 功 NHK朗読~芥川龍之介 「或る日の大石内蔵助」 [全文を読む]

鈴木亮平、宮沢賢治になりきった一ヶ月を振り返りクランクアップを報告

Smartザテレビジョン / 2017年05月10日12時23分

鈴木亮平が5月9日、 アメブロオフィシャルブログを更新し、自身が主演を務めるWOWOW「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(6月17日スタート、毎週土曜夜10時、第1話無料放送) がクランクアップを迎えたことを出演者との集合写真とともに報告した。「ほんっまにめちゃめちゃ濃い一ヶ月ちょいやったなぁ…」「体力勝負な現場でした」と心境を明かした。 京都で撮影をしてい [全文を読む]

『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』第4話 トーコの名言「夢にしがみつくと息苦しいんだよ」

日刊サイゾー / 2017年05月01日18時00分

37歳の若さで亡くなった宮沢賢治が『永訣の朝』に記した魂のリリックだ。『銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』など傑作童話や数々の詩を残した宮沢賢治だが、生涯を独身で通したため素人童貞だったと言われている。「SHO-GUNG」の不動のオリジナルメンバーであるIKKU(駒木根隆介)もまた、以前より童貞疑惑が囁かれている。唯我独尊の道を歩んだグレートな詩人・宮沢賢 [全文を読む]

なぜ「雨ニモマケズ」は国民的な文学となったのか

NHKテキストビュー / 2017年04月06日17時00分

教職を辞した宮沢賢治は大正十五年、農村における芸術の実践という理想を掲げ、死去した妹トシが療養した実家の別荘を改装してひとり暮らしを開始。畑を耕したり、近くの村へ農業指導や肥料相談に出かけたりする日々をスタートさせます。そして八月には、羅須地人協会を立ち上げます。ときには彼を慕ってやってくる者たちと音楽の練習をしたり、レコードコンサートを開いたり、近所の子 [全文を読む]

20代男性の「半分が交際経験なし」の調査結果...でも童貞の何が悪いのか? 歴史上の偉人にも童貞がいっぱい

リテラ / 2016年06月22日21時00分

たとえば、同書がその代表として取り上げているのが宮沢賢治だ。 春本のコレクターとしての側面も知られ、無性愛者ではなかった宮沢賢治が童貞を守り続けた理由には、宗教上の理由、家族の仲が親密過ぎて他者が入り込む隙間がなかった、性愛への恐怖があったなど、複数の説があり実際それらの原因が複合的に混じっていたのだと考えられているが、そのなかのひとつに「仕事に集中したい [全文を読む]

読み聞かせはもちろん、親子で楽しめる!お受験や入学準備にも使える、原文そのまま掲載のオムニバス絵本「心にのこる 日本のどうわ15話」。

PR TIMES / 2016年01月06日10時27分

幼児向けの絵本として、読み聞かせているうちに、すっかり大人も夢中になってしまうような、本当に素敵な童話がぎゅっとつまっています! 宮沢賢治「注文の多い料理店」、新美南吉「手袋を買いに」、浜田広介「泣いた赤鬼」などの定番作品から、与謝野晶子「金魚のおつかい」や豊島与志雄「おちぼひろい」など隠れた名作まで……。新しい年のスタートと合わせて、ぜひ親子で美しい日 [全文を読む]

宮沢賢治の世界を題材に花巻~遠野~釜石を走る「SL銀河」

NEWSポストセブン / 2014年09月10日11時00分

岩手県は作家・宮沢賢治ゆかりの地でもあり、『遠野物語』など古くから民話の町として知られる。その地を昔ながらのSLが黒煙を吹かしながら走る姿は、童話の世界そのものだ──。 東日本大震災後、復興支援の一環として始まったのがSL銀河だ。花巻駅~釜石駅を土日祝1日1便運行している。鉄道写真・映像カメラマンの佐々倉実さんはこう話す。 「車内は宮沢賢治の『銀河鉄道の夜 [全文を読む]

永六輔 「生きている人が覚えている限り、人は生き続ける」

NEWSポストセブン / 2012年12月23日07時00分

秋山さんは岩手の盛岡で「いきいき牧場」という障がい者の福祉施設を支援しているんですが、どういう活動をしようとか、いろんな会議をするとき、「宮沢賢治だったらどうするだろう」って考えるんですよ。 ぼくも東日本大震災以後、「宮沢賢治が生きていたら、東北の地震について、復興についてどう考えるだろうか、政府や政治家に何を望むだろうか」と考えます。東北の人の背骨には、 [全文を読む]

フォーカス