角川春樹のニュース

角川春樹氏初となる映画ロングインタビュー連載スタート 雑誌FLIX「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」 連載開始 メディアミックスで日本映画界に大変革を起こした男が過去のすべてを初めて語る

DreamNews / 2014年08月21日11時30分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年8月21日(木)に発売する『FLIX10月号』(隔月刊)にて、「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」の連載をスタートいたします。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年8月21日(木)に発売する『FLIX10月号』(隔月刊)にて、「いつかギラギラす [全文を読む]

メディアミックス戦略の先駆け! 「角川映画」の歴史を紐解く

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月16日09時20分

タイトルの後には白抜きの明朝体、そして縦横に文字が走る特徴あるタイポグラフィで「制作 角川春樹」と出る。この人こそ、70年代から90年代にかけて一世を風靡した「角川映画」の総帥・角川春樹だ。そしてこの映画が、角川春樹事務所第1回作品となった『犬神家の一族』だ。後に「角川映画」と呼ばれることになる映画界の風雲児の歴史を追ったのが、『角川映画1976-1986 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『文春』記者はレベル高い! 東国原氏と角川春樹の娘が生放送でぶっちゃけ

TechinsightJapan / 2016年02月05日20時15分

この話題を取り上げたお昼のバラエティ『バイキング』で、東国原英夫氏と角川春樹の娘・角川慶子が『週刊文春』の取材力について「記者のレベルが高い!」「他とは比にならない」と評価した。しかも2人は具体例をあげて生々しく語るので、坂上忍らも「生放送で言っていいのか?」とハラハラしながら聞いていた。 角川春樹氏は1993年、コカイン密輸事件に絡む麻薬取締法違反などで [全文を読む]

角川春樹事務所とINCLUSIVE、『美人百花デジタル』を正式公開

PR TIMES / 2017年05月12日16時56分

~雑誌「美人百花」と連動したウェブマガジンを展開~ INCLUSIVE株式会社(インクルーシブ)(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 誠)は、株式会社角川春樹事務所(本社:東京千代田区、代表取締役社長:角川 春樹)が発行する女性ファッション誌「美人百花」のウェブマガジン『美人百花デジタル』を、両社の共同事業として開始し、2017年5月12日に正式リリー [全文を読む]

“経営者を殺すことはやめる“ 今こそ読みたい富野由悠季のリハビリ日記『ターンエーの癒し』

おたぽる / 2015年03月27日19時00分

そんな富野監督が1999年放送の『∀ガンダム』制作を通じて、いかに回復していったか、現場の事情も交えて書かれているのが、今回紹介する書籍『ターンエーの癒し』(角川春樹事務所)だ。 本書は『∀ガンダム』の企画段階から放送終了直前までを書き記したエッセイ集だが、執筆にあたり前もって構成を考えていたわけではないようで、本筋とはなんの脈絡もなく、突然富野監督の昔 [全文を読む]

夏八木勲 映画に起用した角川春樹との「時には飲み明かした仲」

アサ芸プラス / 2014年01月08日09時58分

角川映画の黄金時代、公私にわたり親交のあった角川春樹氏(71)が、知られざる役者バカ人生を語った──。 夏八木くんのような真面目な役者を私は知りません。彼の存在感、人間性はとてもピュアで、男らしい人でした。今の役者みたいに軽くないし、浮ついてませんから。二度と現れないタイプで、本当に惜しい男を亡くしたと思います。 最初に彼を起用したのは、1977年の映画「 [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2017年2月12日~2月18日)

PR TIMES / 2017年02月21日10時35分

[画像: https://prtimes.jp/i/11577/220/resize/d11577-220-636045-0.jpg ]■hontoランキングhttps://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『火花(文春文庫)』又吉直樹 文藝春秋(https://honto.jp/netstore/pd-book_282 [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別(総合、本の通販ストア、電子書籍ストア、店舗:丸善、ジュンク堂書店、文教堂)ランキング発表!!(2016年11月13日~2016年11月19日)

PR TIMES / 2016年11月22日11時30分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/196/resize/d11577-196-728185-0.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 スペシャルリハーサルエディションスクリプト』J.K.ローリング 静山社( [全文を読む]

【著者に訊け】平岡陽明氏 『ライオンズ、1958。』

NEWSポストセブン / 2016年09月12日16時00分

』/角川春樹事務所/1600円+税 1番センター高倉、2番ショート豊田、3番サード中西、4番ライト大下、5番レフト関口、6番ファースト河野、7番セカンド仰木、8番キャッチャー和田。今見ても惚れ惚れするような〈流線型打線〉である。投手陣も稲尾和久らが大活躍し、1956~1958年には名将・三原脩監督の下、3年連続の日本一に輝いた西鉄ライオンズは、福岡市民の夢 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年2月14日~2016年2月20日)

PR TIMES / 2016年02月23日09時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/130/resize/d11577-130-399443-2.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『あきない世傳金と銀 1 源流篇(ハルキ文庫)』高田 郁 角川春樹事務所(http://honto.jp/netsto [全文を読む]

Fukaseは変な男? 益若つばさ、ゲッターズ飯田の弟子と密会! ギャル文化衰退で、セカオワファンからは「売名目的!」

おたぽる / 2016年01月06日12時00分

「『Popteen』(角川春樹事務所)のモデルとして活躍していた頃は、着用した服やアクセサリーが飛ぶように売れたことから、『100億円ギャル』と称され、500億円以上もの経済効果があるといわれるほどのカリスマ性を誇った益若ですが、最近では『egg』(大洋図書)や『BLENDA』(角川春樹事務所)といった、かつてはギャルにとってバイブル的存在だったギャル雑 [全文を読む]

ギャルブームは終焉なんかしていない!?白、清楚…復刊「小悪魔ageha」は時代遅れ?

Business Journal / 2015年03月22日06時00分

1999年には発行部数50万部を誇っていたギャル雑誌の雄『egg』(大洋図書)が昨年、19年の歴史に幕を下ろして休刊したのを筆頭に、『EDGE STYLE』(双葉社)、『Happie nuts』(インフォレスト)、『BLENDA』(角川春樹事務所)といった主要ギャル雑誌が相次いで休刊になったことは記憶に新しいところです。また、意外と知られていませんが、ギャ [全文を読む]

なぜ人気? それでも僕らが“ギャル”に惹かれる理由とは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月20日11時30分

その後も8月の「BLENDA」(角川春樹事務所)の休刊や、つい先日発表され話題となったギャルのカリスマ・浜崎あゆみの紅白落選など、彼女の言葉を借りれば、ギャル文化が“ひとつの終焉”を迎える形となった。 不景気や、SNSの隆盛で雑誌の発信力が相対的に落ちた、など理由はいろいろと考えられるが、「ギャルの清楚化」という流れが止めを刺したことは間違いない。数年前か [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(5)“夏八木抜き”の演出を進言

アサ芸プラス / 2014年12月15日09時56分

主演は高倉健、その養女役で薬師丸ひろ子がデビューした「野性の証明」(78年、角川春樹事務所)である。 脚本は「三代目襲名」(75年、東映)や「日本任侠道 激突篇」(75年、東映)で高倉と組んだ高田宏治である。当初は別の脚本家が予定されていたが、仕上がりに不満を持った角川春樹プロデューサーにより交代。 「私が書いた『や○ざ戦争日本の首領』(77年、東映)を角 [全文を読む]

ハイブリッド書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2014年11月16日~2014年11月22日)

PR TIMES / 2014年11月25日10時28分

10(ガガガ文庫)』渡 航 小学館(http://honto.jp/netstore/pd-book_26410390.html)2位『新友禅の謎(ハルキ文庫)』佐伯 泰英 角川春樹事務所(http://honto.jp/netstore/pd-book_26432314.html)3位『PK(講談社文庫)』伊坂 幸太郎 講談社(http://honto [全文を読む]

宮沢りえ主演『紙の月』原作文庫が首位獲得!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月21日19時00分

2014年11月24日付オリコン週間本ランキング(集計期間:11月10日~11月16日)の文庫部門で、角田光代の『紙の月』(9月13日発売/角田光代/角川春樹事務所:ハルキ文庫)が初の首位を獲得した。 宮沢りえ×犬童一心、WOWOWの注目ドラマ 同小説が原作の宮沢りえ主演映画が今月15日に封切られ、その公開開始週が集計期間となる今週付では、先週付の週間売上 [全文を読む]

女子高生読者モデルと共同開発したボールペンとシャープペン『プレフィール ポップティーンコレクション』 2014年11月7日(金)数量限定発売

PR TIMES / 2014年11月06日12時41分

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川真一)は、角川春樹事務所(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:角川春樹)発行の10代女の子向け雑誌『ポップティーン』の読者モデルと共同開発したカスタマイズペン『プレフィール ポップティーンコレクション』を2014年11月7日(金)より全国の文具取扱店にて数量限定で発売します。 『プレフィール』は、ホ [全文を読む]

女子高生読者モデルと共同開発したカスタマイズペン『プレフィール×ポップティーン』2014年11月7日(金)数量限定発売

PR TIMES / 2014年11月06日12時41分

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川真一)は、角川春樹事務所(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:角川春樹)発行の10代女の子向け雑誌『ポップティーン』の読者モデルと共同開発したカスタマイズペン『プレフィール×ポップティーン』を2014年11月7日(金)より全国の文具取扱店にて数量限定で発売します。 『プレフィール』は、ホルダー(軸) [全文を読む]

turno jeana金沢フォーラス店3月15日(金)オープン!~タレント・優木まおみさん来店イベント開催決定~

PR TIMES / 2013年03月05日14時11分

また、同日にオープンを記念し、女性ファッション誌『美人百花』(角川春樹事務所)企画による、タレントの優木まおみ(ゆうき・まおみ)さん来店イベントを開催します。金沢フォーラスは、北陸エリア最大級の商業施設。常に最新のファッショントレンドを発信しながら、多様化するライフスタイルを提案し、多くのお客さまから支持され続けています。そして今回、オン・オフ共に活用度の [全文を読む]

泉里香、フォーリンラブのバービーと険悪ムード!?

日刊大衆 / 2017年06月06日12時05分

高田によると泉はファッション雑誌『Ray』(主婦の友社)の専属モデルを務めるなど、もともと女性からの高い支持があったが、2016年発売のスタイルブック『RIKA』(角川春樹事務所)で下着姿を披露したところ、男性からの人気が急上昇したのだという。 そこで、抜群のプロポーションを維持するため、ストレッチを欠かさないという泉が、スタジオで両脚を180度開いて体の [全文を読む]

フォーカス