金子修介のニュース

「平成ガメラシリーズ」「デスノート前後編」を手掛けた金子修介監督の最新作「リンキング・ラブ」がクランクアップ!

@Press / 2017年03月14日12時00分

「平成ガメラシリーズ」「デスノート前後編」を手掛けた金子修介監督の最新作「リンキング・ラブ」(製作:アイア株式会社)、1月21日にクランクインした本作が、約1ヶ月の撮影を終え、無事にクランクアップいたしました。「リンキング・ラブ」 http://movie.linking-love.com/■「リンキング・ラブ」概要「リンキング・ラブ」は同名のネット小説を [全文を読む]

なんと!市民スタッフが35mm映写機の上映も手がける「三鷹コミュニティシネマ映画祭」

PR TIMES / 2013年11月07日18時01分

今年は、11月23日(土・祝)に「三鷹の映画人Vol.2」として金子修介監督特集を開催し、金子修介監督のトークショーのスペシャルゲストとして女優 佐伯日菜子さんが登壇します。 株式会社まちづくり三鷹(東京都三鷹市)は、11月22日(金)~24日(日)の3日間、三鷹産業プラザで「三鷹コミュニティシネマ映画祭」を開催します。当映画祭は「映画でまちを元気にしたい [全文を読む]

チュ・ジフン、金子修介監督の新作映画出演を検討中

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年02月26日19時00分

[スポーツソウルドットコム|ソン・ジヨン記者] 俳優のチュ・ジフン(31)が、日本映画「夢の愛」(監督:金子修介)への出演を前向きに検討していることが分かった。所属事務所のKEYEASTの関係者は26日、<スポーツソウルドットコム>との電話取材で、「チュ・ジフンが最近、日本映画『夢の愛』の出演オファーを受けた。前向きに検討しているシナリオだ」と明らかにした [全文を読む]

4Kデジタル復元された3作品が待望のブルーレイ化!

Walkerplus / 2016年07月23日12時00分

それを記念して平成ガメラ三部作の金子修介監督がトークイベントを開催。アニメ業界を牽引する一人であり、特撮愛にあるれる井上伸一郎(株式会社KADOKAWA代表取締役専務)が、約20年経った今だからこそ言える未使用カット集などのこぼれ話を聞き出した。 Blu-ray BOXには、平成ガメラ3部作の4Kデジタル修復版に加え、小さき勇者たち~ガメラ~」も収録してい [全文を読む]

風間杜夫×片瀬那奈の婚活映画「こいのわ」11月18日公開!場面写真も披露

映画.com / 2017年05月25日12時00分

「デスノート」や「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」を手がけた金子修介監督が、広島県庁の婚活事業「こいのわプロジェクト」を題材に、現代社会の問題をユーモラスに描いたラブストーリー。バツイチ、晩婚、シングルマザー、トランスジェンダーなど、さまざまな事情を抱える人々の婚活を通して、伴侶とは何かを問いかける。 突然社長を解任され、自らの会社と職を失った65歳・ [全文を読む]

「GYAO!」で『輝け!第19回みうらじゅん賞』の独占生配信が決定!

PR TIMES / 2016年12月14日09時26分

<歴代受賞者(敬称略)> 第1回(1994年):杉作J太郎、中野まり子、カーツ佐藤、いとうせいこう 第2回(1995年):薮下秀樹、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ 第3回(1996年):金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎 第4回(1997年):宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる、水道橋博士 第5回(1998年):スター [全文を読む]

出演強要をはじめとするAV業界の問題に迫る! モザイクの向こう側にナニがあるのか? 黒でも白でもないAV業界最前線ルポ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月22日17時30分

映画『失楽園』の森田芳光監督や平成『ガメラ』シリーズを撮った金子修介監督などのように、ポルノ映画(成人映画)の制作を経験してから有名になった監督は少なくない。女性の裸さえ出せば、演出や物語などについては比較的自由に撮れたことにより若手が腕を磨く場だったとも云われている。それが映画産業自体の斜陽とともに、家庭で手軽に観られるAV(アダルトビデオ)に取って代わ [全文を読む]

橋本愛もハマった日活ロマン系映画が28年ぶりに新作復活

アサジョ / 2016年09月23日17時58分

たとえば「デスノート」で知られる金子修介監督も、84年にロマン系からデビュー。それが「エースをねらえ!」をパロディ化した作品『宇能鴻一郎の濡れて打つ』で、お笑い要素をたっぷり盛り込んだ学園ドラマとなっています。 さて、そんな日活のロマン系映画は今年で45周年を迎えるそう。それを記念して特別プロジェクトも始動しました。 そこでは28年ぶりに、5人の監督によ [全文を読む]

音楽に着目したゴジラ映画通史『ゴジラ映画音楽ヒストリア 1954-2016』(小林淳 著)発売。最新作『シン・ゴジラ」までの全作品ガイド&11人の作曲家紹介と映画音楽論。

DreamNews / 2016年08月25日09時00分

タイトル『ゴジラ映画音楽ヒストリア 1954-2016』著者小林 淳ISBN9784865980196判型・ページ数4-6・296ページ定価本体2,500円+税刊:アルファベータブックス構成目次はじめに──ゴジラ映画音楽の小宇宙第一章 ゴジラ映画音楽の産声 音楽担当者プロフィール[伊福部昭、佐藤勝] 1 『ゴジラ』(一九五四/監督:本多猪四郎、音楽:伊福部 [全文を読む]

誕生から62年を迎えたゴジラの魅力とは? その答えはこの本の中にあり! 『シン・ゴジラWalker』7月22日発売!

PR TIMES / 2016年07月21日14時35分

開田裕治×麻宮騎亜 怪獣絵師対談、大森一樹×金子修介 監督特別対談、一峰大二、坂井孝行、山本サトシ、KENTOOの描き下ろしゴジライラスト という、この本だけのスペシャル企画にも大注目。 また、旧ゴジラシリーズ特集では全作品を振り返るだけでなく、「ゴジラ防衛白書」や「ゴジラ上陸ハザードマップ」「特撮ミュージアム」など、旧作をより深く楽しめる記事も満載! [全文を読む]

フォーカス