池内ひろ美のニュース

今年のうちに悩みを解決!つらい恋の悩みは恋愛相談のプロにすべし【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年12月16日10時15分

夫婦・家族問題コンサルタントの池内ひろ美先生いわく、実際に年末は駆け込みの相談が多いそう。 池内「年末年始は、新しい年を迎える前にスッキリしたい!ということで特に相談される方が多い時期です。特に離婚や不倫問題など終止符を打ちたい関係についての相談が多いですね。」 そこで今回はそんな皆さんのお悩みに対し、恋愛相談のプロ・池内先生が電話で相談に乗ってくださる [全文を読む]

『TVタックル』など数々の情報番組にコメンテーターとして出演!夫婦・家族問題の専門家「池内ひろ美」のプレミアム電話相談を3名様にプレゼント♪

PR TIMES / 2015年12月15日16時32分

株式会社ザッパラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:玉置真理)は、WEBサービスの「電話占いロバミミ」(http://roba3.com/ikeuchi/)にて、「ビートたけしのTVタックル」「シアワセ結婚相談所」・・・などに出演の夫婦・家族問題の専門家・池内ひろ美のプレミアム電話相談を抽選で3名様にプレゼントいたします。 ■鑑定者紹介 池内ひろ [全文を読む]

今こそ“お見合い結婚”が理想的? 離婚率が低い理由と「選り好みする人間の常套句」

週プレNEWS / 2016年12月25日11時00分

』の著者・池内ひろ美氏が提唱するのが「とりあえず結婚=“とり婚”」だ。 「とりあえず」とは「何をさておき」「第1に」という意味だそう。日常会話では「何も考えずに」という使われ方をするが、そうではない。 結婚に対して、「あれこれ考えて“しない理由”を作らず、結婚して幸せな生活の優先順位を上げよう」という提案で、知らない世界のことに心配や不安を募(つの)らせず [全文を読む]

「自分は独身でいい」は非常に浅はか? 専門家が薦める“とりあえず結婚”とは…

週プレNEWS / 2016年12月24日06時00分

著者で夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏に聞いてみた。 ■結婚したい若者は減少…も“未婚の先輩”の多くが後悔 「今まで結婚に関して3万7千人以上の相談をお受けしていますが、60~70代の独身者の多くが後悔しているんですね。それも『周りが背中を押してくれなかった』と人のせいにするんですよ。だからこそ、『結婚願望がない』『まだ結婚しなくていい』と言っている場合 [全文を読む]

結婚しなかった、子どもを産まなかった「後悔」を一生抱えるくらいなら「とりあえず結婚する」“とり婚”がいい理由とは?【インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月29日17時30分

』(ヨシモトブックス)の著者・池内ひろ美さんは言う。「結婚は本来、大げさに考えたり、深く悩んだりするものではない。結婚を軽やかに、しなやかに行ってもいいのではないか」――。とは言え、結婚は人生の一大事。そう簡単に生涯の伴侶を決めていいのだろうか。池内さんに、とり婚の良さについてお話を伺った。――なぜ“とり婚”という発想が生まれたのですか?池内ひろ美さん(以 [全文を読む]

「とりあえず」結婚するという生き方

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月19日11時00分

池内ひろ美氏の著書『とりあえず結婚するという生き方 いま独身女性に考えてほしい50のこと。(ヨシモトブックス)』(池内ひろ美/ワニブックス)に、そういった日本の現状を踏まえたある画期的な生き方が提案されている。 著者によると、2010年の段階で25~29歳の女性の約60%、そして30~34歳の女性の約35%が未婚であるという。その事実を危惧したうえで、著 [全文を読む]

生理中の少女が家畜小屋に放り込まれる…インドの現状を変える「ガールパワー」とは

ウートピ / 2016年01月26日15時03分

Microsoftによる世界的キャンペーン「Upgrade Your World」のパートナーNGOにも選ばれた「Girl Power」が展開した同プロジェクトの概要について、代表理事の池内ひろ美さんに話を聞いた。インドでは生理や妊娠の仕組みが知られていない――「女性が自分らしく、自由に生きる」社会を目標に、グローバルな活動をされているGirl Power [全文を読む]

「コンドームを持つ女性はかっこいい」という文化を作りたい! “女性のための防災キット“が企画された理由

ウートピ / 2014年09月03日18時00分

代表理事の池内ひろ美さんに、ガール・パワーの活動内容と「Girl Power Promotionレディースサバイバルキット」の内容についてお話を伺いました。女性一人ひとりが誇りを持って生きていける社会になるように――「ガール・パワー」の活動コンセプトについて教えてください。池内ひろ美さん(以下、池内):女性一人ひとりが自分らしく生きていくことができる世の中 [全文を読む]

胡散臭い保守的思想ではなく、理論的でクールな人生訓【ブックレビュー『良妻賢母 ― 女が幸せになるヒント』池内ひろ美】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月16日05時50分

しかしこの『良妻賢母 ― 女が幸せになるヒント』(池内ひろ美/PHP研究所)の感想をひとことで表すならば、「クール」です。したたかな生き方のススメと言い換えてもいい。 誌面の画像を含む記事はこちら ネット書店のコメント欄などを見ると、「おおむね納得できるけど、浮気まで受け入れるなんて無理」という書き込みが目に入るのですが、ちゃんと読めば誰も「浮気を見逃せ」 [全文を読む]

夫婦別姓の意識調査 賛成62%「同姓強制する国は珍しい」

NEWSポストセブン / 2017年05月26日11時00分

現状の法律は、夫婦の話し合いでどちらかの名字にするという極めて自由度の高いものです」と語るのは、家族問題コンサルタントの池内ひろ美さん。 4万件に近い離婚相談を受けてきた池内さんは、「名字さえ一緒にできない夫婦は、日常のさまざまな問題にも対処できない」と主張。さらに、別姓による子供への影響も懸念する。 「名字が違うと家族同士の結束力が弱くなります。子供の成 [全文を読む]

『真田丸』の録画を消した63歳男性、妻と離婚協議に発展

NEWSポストセブン / 2017年03月21日16時00分

日本の夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏はこうアドバイスする。 「定年になったからといって夫が生活習慣を変えるのはそう簡単ではありません。 大切なのは言葉で『ありがとう』ということです。プレゼントを贈るということなどではなく、掃除や洗濯など、何気ない日常生活の行動の際に感謝の言葉を口にすることが大切。そうすることで、行動が伴わなくとも、妻のイライラはかなり [全文を読む]

実際にあった驚きの離婚理由「リンゴの皮を剥かずに食べた」

NEWSポストセブン / 2017年03月18日07時00分

日本の夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏によれば、食卓でのこうしたケースが離婚の引き金になることは少なくないという。 「年数を重ねると夫婦で対峙する時間も減ってきますが、食事の時は顔を合わせなければならない。必然的に食事上の所作に一番注目がいくようになり、不満を抱く機会も多くなる」 ◆リンゴの皮を剥かずに食べた 「夫がリンゴを剥かずに食べたことが理由で離婚 [全文を読む]

仰天離婚理由 「ドレッシングと一緒に捨てられた」58歳男性

NEWSポストセブン / 2017年03月13日16時00分

日本の夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏がいう。 「法務省の統計によれば、離婚の75%が妻からの申し出による“女性主導”のもので、私に相談に来られる方も、9割以上が女性です。一般論として、夫の定年後に自宅で夫婦一緒に過ごす時間が長くなると、妻は日常生活の様々な局面でイライラを溜め込むようになる」 もちろん、妻が離婚という大きな決断に至るには、それまでに積も [全文を読む]

「セックスレス関係に陥ったことはない」という田中みな実のタフネス

messy / 2016年11月09日21時15分

これに対し、家族問題評論家・池内ひろ美(54)が「ボーイフレンドを作りましょう(不倫ではなくて)」、タレント僧侶・水無昭善が「レスになったきっかけを確かめてみる」と悩み解決案を提示。 水無の解決案は、すぐに井上から「そんなの無理」「本当の恋をしていないからそんなこと言える」、田中からも「(きっかけは)10年前なんですよ」と却下され、池内のターンに。 池内は [全文を読む]

ボツイチ 愛妻家だった人が「第2の青春」を謳歌する傾向

NEWSポストセブン / 2016年10月24日16時00分

でも、何かのきっかけで前向きになり、人生を満喫する人も多いんです」 八洲学園大学教授で家族問題評論家の池内ひろ美氏が「立ち直りやすいタイプ」をこう分析する。 「意外に思われるかもしれませんが、愛妻家だった方のほうが“第2の青春”を謳歌される傾向があります。ずっと妻を愛してきたことへの自信があるからでしょう。しばらくすると妻に頼りきりだった生活を離れ、自分か [全文を読む]

妻と死別の「ボツイチ」65歳 後妻もらうべきか、諦めるか

NEWSポストセブン / 2016年10月23日16時00分

子供との衝突を避けるため、同居するが籍を入れない事実婚を選ばれる方も少なくない」 だが、そんな事実婚にも難点があると家族問題評論家の池内ひろ美・八洲学園大学教授はいう。 「例えば入院の手続きや手術の同意書、役所との手続きなどは、法律で定められた親族でなければできないため、急な病気で手術の判断を迫られるケースなどで判断が遅れて実の家族とトラブルになることがあ [全文を読む]

日本の高齢者は友達が世界一少ない 「恥の文化」が影響か

NEWSポストセブン / 2016年09月04日16時00分

東京家族ラボの主宰で家族問題コンサルタントの池内ひろ美氏はこう分析する。 「60歳以上の世代は、高度経済成長期のなかで、長時間勤務、サービス残業、休日出勤が当たり前で、地域の触れ合いが少なかった。海外では、キリスト教は教会、イスラム教はモスクを中心とした宗教コミュニティがあるが、日本にはそれもない。また、日本には村社会の『恥の文化』があり、相談することが恥 [全文を読む]

次は一生モノの恋を!結婚問題のプロが「相手を見抜く目」を養うコツを伝授【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年08月22日11時45分

夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美先生に伺いました。相手を見抜く目を養うコツ池内先生いわく「好きなタイプの男性」を聞かれたとき、外見などわかりやすい部分を挙げるのではなく、「優しい人」「まじめな人」「頼りになる人」といった抽象的な表現をする女性は、以下のことに注意したほうがいいそうです。◆優しい人「あなただけに優しいわけではなく、あなたのお母さまや他の女性に [全文を読む]

幸せのキーワードは「大人」になること?~池内ひろ美さん提唱の「とり婚」で幸せになる!(後編)【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年07月28日10時15分

』を出版し、「とり婚」のススメを呼びかける池内ひろ美先生へのインタビュー第3弾。池内先生の優しくも厳しい回答や書籍に綴られた言葉の数々は、時に容赦なく心に突き刺さります。一人でも多くの女性に結婚を通して成長してほしいと切に願うからこそ、強い言葉で背中を押しているのでしょう。そして、そこには「現実を見なさい」「目を覚ましなさいという」愛のあるメッセージが込め [全文を読む]

電車、コンビニ…出会いはここにもあそこにも!~池内ひろ美さん提唱の「とり婚」で幸せになる!(中編)【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年07月27日10時15分

前回の記事では、池内ひろ美先生の勧める「とり婚」=「とりあえず結婚」の真意に迫りつつ、なぜ結婚したほうがいいのかをヒアリング。「結婚の素晴らしさを知るには自分が経験するしかない、だから一度は結婚してみよう」という結論に至りました。今回の主題は「ではどうやってパートナーと出会うのか?」ということ。池内先生の最新刊『とりあえず結婚するという生き方 - いま独身 [全文を読む]

フォーカス