松井五郎のニュース

タッキー&翼 コラボアルバム参加アーティスト第二弾!ELT持田香織ら3組

dwango.jp news / 2015年11月01日10時00分

すでに第一弾アーティストとして、山田ひろし、クレイジーケンバンド横山剣、tofubeats、吉田山田の4組が発表されていたが、新たに、Every Little Thing持田香織、チャラン・ポ・ランタン、松井五郎の3組が発表された。 今作は4年前に発売し大好評だったコラボレーションアルバム「TRIP & TREASURE」の第2弾。 豪華アーティストとの [全文を読む]

城 南海、韓国ドラマ『馬医』テーマソング日本語カバー第一弾「いのちの橋」のビジュアル公開

okmusic UP's / 2014年06月10日18時30分

前作「チョネジア~天崖至睋~」に続き、松井五郎が日本語詞、馬飼野康二が編曲を手がけた『馬医』のテーマ曲・エンディング曲・挿入歌全3曲は、7月より1曲ずつ3ヵ月連続配信リリースされる。ドラマの壮大な世界観と合わせて楽しんでほしい。■配信リリース情報2014年7月16日配信 「いのちの橋」 ※韓国ドラマ『馬医』テーマソング「馬医 ペク・クァンヒョン」日本語カ [全文を読む]

城南海、韓国ドラマ「馬医」テーマソングカバー決定

okmusic UP's / 2014年04月15日14時00分

前作「チョネジア~天崖至睋~」に続き、松井五郎日本語詞、馬飼野康二編曲による「馬医」のテーマ曲・エンディング曲・挿入歌全3曲を1曲ず つ3ヶ月連続配信リリースする。 「馬医」もイ・ビョンフン監督が手がける韓国歴史大作ドラマである。今回のカバーに当たり、監督と城の対談が実現。その際、「あなたは原曲を、より感情豊かに歌ってくれていますね。私の手がけるドラマの曲 [全文を読む]

タッキー&翼、豪華コラボアルバムに持田香織や松井五郎の参加が決定

okmusic UP's / 2015年11月01日10時00分

【その他の画像】Every Little Thing第2弾アーティストとして発表されたのは、Every Little Thingの持田香織、チャラン・ポ・ランタン、松井五郎の3組。 今作は4年前に発売し大好評だったコラボレーションアルバム「TRIP & TREASURE」の第2弾。すでに第1弾アーティストとして、山田ひろし、クレイジーケンバンド横山剣、to [全文を読む]

中村雅俊、7年振りシングル「はじめての空」発売&秋ツアー決定

okmusic UP's / 2015年08月06日12時30分

作詞は松井五郎、作曲は都志見隆によるもので、昨年発売した『ワスレナイ』に収録されたリード曲「君がいてくれたから」も手掛けた近年の中村雅俊を支える強力タッグの作品。「東建コーポレーション イメージソング」として8月よりオンエアされる予定であり、9月末から行われる全国ツアーでも披露される。 中村のコンサートで盛り上がる定番曲となっている「100年の勇気」(19 [全文を読む]

城 南海、韓国ドラマ『馬医』楽曲第2弾「ただ一つ」MV解禁

okmusic UP's / 2014年08月19日11時30分

■「ただ一つ」MVhttp://youtu.be/stqRcV94Zf8■配信情報「いのちの橋」 2014年7月16日配信 ※韓国ドラマ「馬医」より テーマソング「馬医 ペク・クァンヒョン」日本語カバー 作曲:キム・ジュンソク/チョン・セリン 日本語詞:松井五郎 編曲:馬飼野康二 「ただ一つ」 2014年8月20日配信 ※韓国ドラマ「馬医」より エンディン [全文を読む]

城 南海が初出演した「THE カラオケ★バトル」で見事優勝を果たす!

okmusic UP's / 2014年07月09日21時00分

■【リリース情報】配信シングル「いのちの橋」 2014年7月16日より配信開始 ※韓国ドラマ「馬医」より テーマソング「馬医 ペク・クァンヒョン」日本語カバー 作曲:キム・ジュンソク/チョン・セリン 日本語詞:松井五郎 編曲:馬飼野康二 配信シングル「ただ一つ」 2014年8月20日より配信開始 ※韓国ドラマ「馬医」より エンディング「ただひとつの」日本語 [全文を読む]

“大人音楽の聖地”からヒットの予感!フィージン、優しさにあふれた“癒しのアルバム”が誕生!時代が求める歌声がここに

PR TIMES / 2012年02月17日09時11分

昨年10月の日本デビューシングルとなる「ただ愛のために」の歌詞を担当した、作詞家の松井五郎氏をして「この声には心を守れる力がある。この声には未来を変える力がある」と、言わしめたその柔らかく伸びやかな歌声はで既に日本でも大きな注目を集めています。そんな彼の日本デビュー・アルバムとなる本作は、松井五郎氏をはじめ、日本を代表するアーティストたちがこの「声」を全面 [全文を読む]

工藤静香 22年前のお宝発掘!松井五郎作詞ベストに収録

dwango.jp news / 2015年12月24日12時14分

2016年3月9日に発売される工藤静香のベストアルバム『My Heartful Best ~松井五郎コレクション~』に、22年前お蔵入りとなった秘蔵音源が収録されることがわかった。 注目の未公開楽曲は、1993年にレコーディングされていた『Without Your Love(仮)』。燃えたぎる情熱を秘めたラブ・バラードで、それまでの工藤静香に見られなかった [全文を読む]

KinKi Kids、作詞に松井五郎を迎えた1年ぶりのシングルリリース

dwango.jp news / 2014年10月28日14時47分

前作に続き、作詩に松井五郎氏を迎え、メロディアスでキャッチーなメロディーに、哀愁感のあるエバーグリーンな世界の詩がマッチした楽曲になっている。 [全文を読む]

田原俊彦の楽曲に新鋭作家を起用したジャニー喜多川氏の慧眼

NEWSポストセブン / 2014年07月09日16時00分

『Bonita』の作詞は、田原の大ヒット曲である『ごめんよ涙』『かっこつかないね』も担当した松井五郎氏だ。古参の芸能記者が話す。 「1980年のデビュー以降、阿久悠さんや筒見京平さんなど、超大御所が田原の楽曲を担当することもありました。ただ、ライバルと見なされていたマッチ(近藤真彦)と比べると、田原の場合は新鋭の作家が書くことも多かった。『ハッとしてGOO [全文を読む]

森山愛子「約束」(ドラマ「イ・サン」挿入歌の日本語カバー)、レコチョク演歌/歌謡曲フル・週間ランキング 初登場1位獲得!

PR TIMES / 2012年06月27日14時39分

日本語ver.は、原曲のイメージを踏まえ松井五郎氏が日本語詞を書き下ろした作品。原曲とはまた違った大きなテーマを持つラブ・ソングに仕上がっています。作詞・作曲を手掛けた“イム・セヒョン”は、韓国では「イ・サン」以外にも宮廷女官チャングムの誓い、トンイ等の音楽を手掛ける人気作詞家、作曲家で、美しいバラードから力強い音楽まで幅広いレパートリーを持つアーティスト [全文を読む]

Chage、ニューシングルに博多華丸・大吉が参加「狐につままれた気分」

dwango.jp news / 2017年04月11日12時00分

また、シングルに収録される『たった一度の人生ならば』は、作詞:松井五郎、作曲:Chageによるもので、悩んでも迷っても強く生きていく「人生について」のメッセージをうたうバラードで、この楽曲のMVも公開となった。 MVの監督には、第64回ベルリン国際映画祭・国際批評家連盟賞を受賞している坂本あゆみが担当。まるで一編の映画のような、美しい映像となっている。 [全文を読む]

【個別インタビュー】「Apeace」、新曲「CHANGE my LIFE」でパート争奪戦勃発!? Kの放った一言にメンバーたちが一喜一憂!

Wow!Korea / 2017年03月22日22時10分

また、「どこまでも続く道を…」は、作詞に松井五郎、作曲・編曲に「Ti-Amo」を手掛けたJin Nakamuraというヒットメーカーを迎えた、いまの彼らの等身大の姿を詞とメロディーにのせたメッセージ性の強いバラードとなっている。意外にも、インタビューは初登場となる「Apeace」。この日は、リーダーのゴンヒ、スンヒョク、ソンホ、ワンチョル、ジュンシク、ドゥ [全文を読む]

至高の美少女ユニット・X21「Beautiful X」が待望の発売 止まらない勢いも大きな話題に

もぐもぐニュース / 2017年03月16日18時48分

また2016年には小室哲哉、松井五郎氏&後藤次利氏とタッグを組んだシングルをリリースし、その楽曲のクオリティや、メンバーのパフォーマンスや歌唱力で、高い評価を受けてきた。 リーダーの吉本実憂は女優として華々しく活躍、他のメンバーも全日本国民的美少女コンテストのファイナリストだけあって、“芸能界1の美少女グループ”と言われてきた。 そんなグループの魅力を存分 [全文を読む]

『べっぴんさん』さくら役 井頭愛海のサプライズ生誕祭も 「X21」アルバム発売記念イベント

GirlsNews / 2017年03月16日05時14分

今回リリースされたアルバム『Beautiful X』は小室哲哉さんや後藤次利さん、松井五郎さんらが手掛けたシングル曲5作のほか、広義の「美」「多幸感」を感じられるようなコンセプトで作られた全12曲を収録。 CDの形態としてはエイベックス初となるVR(バーチャルリアリティ)のコンテンツを搭載したバージョンも発売。 [全文を読む]

「Apeace」、韓国出身“K”描き下ろしの新曲が収録された両A面シングル発売決定!

Wow!Korea / 2016年12月19日09時29分

作曲には、「Ti-Amo」を手がけたJin Nakamura、そして作詞には松井五郎というヒットメーカーの2名を迎えたことで、どのような作品になるのか今から期待が高まっている。ライブを中心に活動している「Apeace」にとって、キラーコンテンツになること間違いなしだ。さらに、来年に兵役任務に就くことが決定し活動を一時休止するリーダーのウォンシクへ向けた意味 [全文を読む]

夢アド「大人やらせてよ」、川谷絵音と冨田恵一が蘇らせた80年代末アイドルポップの悦楽

リアルサウンド / 2016年12月09日20時28分

作詞家でいうなら松本隆というより売野雅勇や松井五郎や銀色夏生、作曲家でいうなら筒美京平というより林哲司や後藤次利。自分はそんな作詞家、作曲家たちにも通じる美徳を、川谷絵音のバンド活動における楽曲群からずっと感じ取って、これまでもそれを指摘してきた。だから、今回の「大人やらせてよ」にはまさに「わが意を得たり」という感慨を覚えたのだった。 [全文を読む]

城 南海、アルバム『月下美人』スポット映像で徳光和夫が涙

okmusic UP's / 2016年11月23日12時30分

■4thアルバム『月下美人』スポット映像https://www.youtube.com/watch?v=huzt8c6VREY■アルバム『月下美人』2016年11月16日発売 PCCA.04443/¥2,778+税 <収録曲> 1.晩秋 (作詞・作曲 笹川美和) 2.夜の虹 (作詞・作曲 Yu) 3.彼岸華 (作詞・作曲 川浦正大) 4.月下美人 (作詞・ [全文を読む]

城 南海、奄美の風を感じる新作に笹川美和の書き下ろし楽曲を収録

okmusic UP's / 2016年10月11日11時00分

■アルバム『月下美人』2016年11月16日(水)発売 PCCA.04443/¥2,778+税 <収録曲> 1.晩秋(作詞・作曲 笹川美和) 2.夜の虹(作詞・作曲 Yu) 3.彼岸花(作詞・作曲 川浦正大) 4.月下美人(作詞・作曲 笹川美和) 5.七草の詩(作詞・作曲 城 南海) 6.風人(作詞・作曲 Gajin) 7.夜の風(作詞 こじまいづみ 作曲 [全文を読む]

フォーカス