落合信彦のニュース

モサド 重要施設破壊、科学者暗殺でイランを挑発し空爆狙う

NEWSポストセブン / 2012年02月20日16時01分

果たしてイスラエルによる空爆はあり得るのか、落合信彦氏が解説する。 * * * 私が知る限り、イスラエルが米軍にイラン空爆支援を要請したことは、前大統領であるブッシュの時代に2度あった。だが、ワシントンでもきってのタカ派である当時副大統領のディック・チェイニーは、首を縦に振らなかった。当時のアメリカにはイラクやアフガンの戦線があり、拡大する余裕がなかったの [全文を読む]

ケネディ暗殺で残る謎 16人の重要証人が相次ぎ変死していた

NEWSポストセブン / 2014年01月13日07時02分

そのことにいち早く注目した国際政治ジャーナリストの落合信彦氏は話題の新刊『二〇世紀最大の謀略』(小学館文庫)の中で「重要証人の相次ぐ変死」という謎を指摘している。 * * * 暗殺事件後数年のうちに、事件の証人や、それに何らかの関係があった者達が、自殺、事故、他殺によって、16人も死んでいくという、前代未聞の現象が生じる。彼らの一部の名前と、その死に方を挙 [全文を読む]

「アラブ世界は革命で時計の針巻き戻された」と落合信彦指摘

NEWSポストセブン / 2012年08月22日07時00分

官邸を取り巻く反原発デモを“あじさい革命”と呼ぶ向きもあるが、作家・落合信彦氏は単なる美談で終わらせては意味がないと指摘する。同氏が例示するのは「ジャスミン革命」のその後である。 * * * 連日流れるシリアのニュースを見て、日本人は何を考えているだろうか。 自国民に対して殺戮を繰り広げる大統領のアサド。アラビア語で「アサド」とはライオンを意味するが、権力 [全文を読む]

落合信彦 イランの核開発はイスラム世界の覇権握るためと指摘

NEWSポストセブン / 2012年02月15日07時00分

イランはなぜ、核開発にこだわるのか、落合信彦氏が分析する。 * * * イランはなぜ強硬な対応を続けるのか? 大統領のアフマディネジャドは「イスラエルを地図の上から抹殺する」と公言し、最高指導者であるハメネイも、「アメリカの制裁の圧力には屈しない」という声明を出している。彼らは反イスラエル、反アメリカの姿勢を隠さないが、もう一つ、根本的な部分で忘れてはなら [全文を読む]

落合信彦氏が予測 レーガンを真似たトランプの行く末

NEWSポストセブン / 2017年03月27日07時00分

しかし作家の落合信彦氏は、安倍首相のこういった態度に否定的だ。その理由を落合氏はこう説明する。 * * * そもそも安倍はなぜ、あんな男に媚びへつらうのか。外交方針にまったく一貫性がなく、言っていることがコロコロ変わるトランプのご機嫌をうかがう必要などない。相手にしないほうがいい。 トランプは当選直後、台湾総統の蔡英文と異例の電話会談をした。1979年の米 [全文を読む]

落合信彦氏 2月の日米首脳会談は「まるで飼い主と犬」

NEWSポストセブン / 2017年03月19日07時00分

しかし作家の落合信彦氏は、「27ホールのラウンド」で浮かれている場合ではないと警告する。 * * * 「トランプとの首脳外交は、ロシアン・ルーレットのようなものだ」 ニューズウィークは、そう指摘している。日本はもう何度も、そのロシアン・ルーレットの弾に当たっている。トランプは突然、トヨタに対し「メキシコへの工場建設はあり得ない!」「アメリカに工場を建設しな [全文を読む]

ご存知ですか? 3月17日はアサヒスーパードライが発売された日です

文春オンライン / 2017年03月17日07時00分

アサヒスーパードライを手にする落合信彦(左はデーブ・スペクター)©文藝春秋 スーパードライといえば、国際ジャーナリストの落合信彦を起用したテレビCMも印象深い。当時、一般的には落合の知名度はけっして高くなかった。だが、手垢がついておらず、しかも商品コンセプトである「ドライ・アンド・ハード」というイメージに合致したことから起用が決まる。落合も、アサヒ側の「 [全文を読む]

落合信彦氏 就任式で大統領の「器」がわかる、でトランプは?

NEWSポストセブン / 2017年02月08日16時00分

作家の落合信彦氏が新しい米大統領の就任式について言及した。 * * * 私はこの半世紀あまりにわたって、実に11人の大統領就任式を見てきたが、ドナルド・トランプの就任式はその中でも最低のものだった。 なにしろ就任前から「不支持率」が51%にのぼり、多くの議員が就任式をボイコット。マルティン・ルーサー・キング牧師とともに活動し「公民権運動の闘士」として知られ [全文を読む]

遠くない未来に米国民全員がトランプ敵視すると落合信彦氏

NEWSポストセブン / 2017年01月23日07時00分

大統領選挙中から繰り返し移民やイスラム教徒を敵視する発言を繰り返していたドナルド・トランプ氏は、常に命を狙われ暗殺の危険にさらされていると作家の落合信彦氏は指摘している。だが、敵はトランプ氏が考える外側だけにあるのではない。身内も油断ならないのだと、落合氏が解説する。 * * * 警備当局や軍・情報機関は、表向き「大統領を守る」姿勢を見せている。それは当然 [全文を読む]

移民批判でトランプ自身の命が危ないと落合信彦氏

NEWSポストセブン / 2017年01月17日16時00分

作家の落合信彦氏が、2017年にトランプ氏を待ち構える苦難と危険について解説する。 * * * 新しい年は、この世界が破綻に向かう幕開けの年となるだろう。 昨年秋に上梓した『そして、アメリカは消える』では、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの戦いを「絶望の大統領選」と指摘した。そしてこの1月20日にトランプが大統領に正式に就任し、「絶望の世紀」が始ま [全文を読む]

フォーカス