加藤千恵のニュース

朝井リョウ氏が絶賛! 『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』バレリーナを目指して滝に打たれる?

ガジェット通信 / 2016年12月08日07時00分

加藤千恵さん/朝井リョウさんが『谷ゆき子』の超展開を絶賛! この『真夜中のニャーゴ』、先週11月30日に配信された加藤千恵さん/朝井リョウさんがパーソナリティーを務める回で、『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』を熱い想いを交えて紹介してくださいました! ◎放送前の朝井リョウさんの意気込み 本日23:05から「真夜中のニャーゴ」 #ニャーゴ水 に出演しま [全文を読む]

KDDIと幻冬舎によるコラボレーション企画が始動!

PR TIMES / 2014年01月17日18時41分

【参加女性作家8名】(五十音順 /配信順ではありません)青山七恵さんあさのあつこさん加藤千恵さん川上未映子さん椰月美智子さん山内マリコさん吉川トリコさんLiLyさん【『ラブソングに飽きたら』第1作目の配信作品について】恋愛アンソロジーのテーマタイトル「ラブソングに飽きたら」の通り、各作品には音楽がモチーフとして登場します。第1作目は 加藤千恵さん『約束のま [全文を読む]

オードリー若林「彼女が剥くマンゴーにイラッ」闇すぎて共感得られず

しらべぇ / 2017年05月09日08時00分

同番組にも出演していた中村航、加藤千恵をゲストに迎え、番組を手がける佐久間宣行プロデューサー進行のもと、イベントは始まった。■番組の企画を提案したのは若林今回の登壇者同士は、プライベートでも飲むことのある仲だという。そんな飲みの席のこと、加藤はとある番組に出演している若林について、「若林の良さが出ていなくて悔しい」と本人の前で2時間ずっとメソメソ泣いたこと [全文を読む]

本当のお別れだとは思えない 遠ざからない空を見ている【ウートピ短歌結果発表】

ウートピ / 2017年01月12日21時45分

加藤千恵です。2017年となりましたね。 わたしは新年を口実に、お餅ばかり食べています。 好きな食べ方は、からすみ(すりおろしたものかパウダー)をまぶす、 からすみ餅です。 さて、前回でも発表していましたように、 今回がこのページの最終回となります。 毎回、みなさまの短歌を楽しく読ませていただき、 わたしとしても勉強になっていたため、とても寂しいです。 [全文を読む]

秋風で思い出しちゃいそうになる 自分に蓋をして歩いてる【ウートピ短歌結果発表】

ウートピ / 2016年12月19日22時05分

加藤千恵です。すっかり冬ですね。 好きなおでんの具材は餅きんちゃくです。 一応普通に自己紹介を入れてはみたものの、数ヶ月ぶりに更新されるという違和感はぬぐい切れないものがあるでしょうか……。 いろいろな事情があったのですが、短歌をご投稿いただいたみなさまや、読んでくださっているみなさまを、お待たせすることになってしまって、 本当に申し訳なく思っております [全文を読む]

「Asia Remix 2016」リアルファーのアジア新進デザイナーグランプリに安藤優生 ディサヤxスタイリスト水嶋和恵スペシャルショーに紗羅マリーや福士リナら東京を代表する6名のモデルが登場

PR TIMES / 2016年11月09日12時54分

[画像2: http://prtimes.jp/i/22513/1/resize/d22513-1-816746-9.jpg ]アジア毛皮コンテストのファイナリストによるショーでは、ゴシック建築に使用されているステンドグラスから着想を得た韓国のEunjin Lee、こけしの柄をモチーフにデザインした日本の加藤千恵、Male Category優秀賞の碇山夏美 [全文を読む]

決断力に“キュンキュンさせる”力も!「大人の男」の7つの条件

anan NEWS / 2016年11月09日08時00分

それに加え、アンアン世代女性にとって、いま特に魅力的に映る年上男性たちには、どんな共通のチャームが? 歌人で小説家の加藤千恵さんとマーケティングライターの牛窪恵さんに分析していただきました。 (1)いざというときの決断力がある 悩んでいるときに頼れるのが大人の男。「いざという場面でびしっと決めてくれる、決断力のある方が多い気がします。若い世代の男性にくらべ [全文を読む]

言葉をうたえば、世界が変わる 『ウートピ』で短歌を大募集!(講師:加藤千恵さん)

ウートピ / 2016年05月02日15時00分

講師は、歌人で小説家の加藤千恵さん。毎月ひとつのテーマで募集し、加藤さんが優れた短歌を選び、その講評を記事としてウートピに掲載します。最後には、加藤さんの一首も添えられます。 短歌の作り方って? 短歌というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、決まりごとは「5・7・5・7・7の計31音で作る」ことのみ。俳句と違い、季語は必要ありません。言葉遣いも、文 [全文を読む]

【AM派?FM派?】「好きなラジオ」で多かったのは?オススメラジオ番組4選も

しらべぇ / 2015年05月15日17時00分

■熱狂的AMファンが選ぶ「この番組がアツい!」 ①「ニッポン放送 オールナイトニッポンゼロ http://www.allnightnippon.com/program/zero/wed/ 朝井リョウ・加藤千恵」(23歳男性) 言わずと知れた長寿番組。最年少直木賞作家の朝井リョウと作家の加藤千恵によるオールナイトニッポン。4月3日から始まったこの番組は、毎 [全文を読む]

オードリー若林正恭が「闇深すぎ!」とドン引きされたワケ

アサジョ / 2017年05月15日18時15分

しかし、プライベートでも若林と親しいゲスト作家の加藤千恵氏に「辻褄が合わない」と指摘されてしまう。過去に若林から「彼女がマンゴーを剥いてサイの目状に食べやすく切り、冷蔵庫で冷やしてくれていたことにすごくムカついた」と聞いてドン引きしたことがあるとバラされたのだ。 なんでも若林は、5年に1人くらいの割合で自分の面倒を見てくれる女の子が現れるそうで、最初は居心 [全文を読む]

理不尽な浮世を生き延びる、泣きながら踊るためのアンセム5曲

okmusic UP's / 2017年05月08日18時00分

「ついてない びっくりするほどついてない ほんとにあるの?あたしにあした」と詠んだのは歌人の加藤千恵さんですが、世の理不尽さに顔と声を失い、無彩色の虚無にまみれてGWを過ごした新社会人の方も決して少なくはないでしょう。努力すればした分だけ還元される景気のいい時代は遥か前に終わり、どれほど実績を積んでも給与が上がることもなく賞与も受給されず、「若者の○○離れ [全文を読む]

高橋一生から小林薫まで…anan読者が選ぶ「大人の男」40人を大公開!

anan NEWS / 2016年11月09日12時00分

また、仕事のスタンスや優しさなど、今の大人世代の男性から学べることもたくさんあると思います」(歌人、小説家の加藤千恵さん) 上手な距離感をとることができ、会話をしているとユーモアがある。でも、悩みを相談したら親身になってアドバイスをくれて頼りになり、ときおり、持ち前の色っぽさでドキドキさせてくれる。そんな“この人と飲んだら楽しそう…”と思わせる人こそが、今 [全文を読む]

また君は誰かのものになっていく このまま夜も秋も来ないで【ウートピ短歌結果発表】

ウートピ / 2016年09月15日14時00分

加藤千恵です。社長のみなさーん、9月ですよー!好きな物件駅は出雲です。と唐突を通り越して、文脈のつながらない自己紹介をねじこんでみたのは、今冬に、ゲーム「桃太郎電鉄」の新作が発表されるというニュースを目にして、とても浮かれているからです。やられたことある方も多いと思いますが、桃太郎電鉄、通称桃鉄、とてもおもしろいんですよ……。とてもとてもとても!日本中(シ [全文を読む]

秋の風は心地よい? それとも切ない? ウートピで短歌を大募集!

ウートピ / 2016年08月18日20時00分

加藤千恵さんによる選評は、9月第1週の掲載を予定しています。どんな短歌が選ばれるか、お楽しみに! 秋の風は心地よい? それとも切ない? さて、9月15日〆切のテーマは「秋の風」。猛暑を過ぎた9月の風は、涼しさをはらんでいます。心地よさを感じるのか、それとも季節の変化を切なく思うのか……どう解釈するかはあなた次第です。必ずしも「秋の風」という言葉そのものを短 [全文を読む]

芥川賞受賞・村田沙耶香の問題作!“10人生めば1人殺してOK“恐怖の少子化対策「殺人出産制度」が問うもの

リテラ / 2016年07月20日16時00分

そんなところも含めてなのか、村田は朝井リョウや加藤千恵、西加奈子ら作家仲間からは"クレイジー沙耶香"と呼ばれているという。しかし、彼女が"クレイジー"と評される最たる所以は、やはり作品や彼女が扱うテーマにあるだろう。 今回芥川賞を受賞した「コンビニ人間」の主人公は、常軌を逸した言動のため幼いころから"普通じゃない子"とされてきたが、コンビニで働くうちにマ [全文を読む]

「見つけてもらいたい」という欲求!? 東京に憧れる少女、葛藤の青春小説『ラジオラジオラジオ!』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月07日11時00分

今週も始まりました、カナアンドトモの、ラジオラジオラジオ!」 『ラジオラジオラジオ!』(加藤千恵/河出書房新社)は、高校三年生の華菜(かな)がパーソナリティーを務める地方ラジオ局の、オープニングコメントから始まる。 華菜は地方都市に住む、東京に憧れる女子高生だ。彼女は、フリーペーパーでラジオパーソナリティー募集の広告を見つけ、友人の智香(ともか)を誘い面接 [全文を読む]

オードリー若林が『ご本、出しときますね?』で引き出す、作家たちの素顔

日刊サイゾー / 2016年06月24日15時00分

出演する小説家ゲストは、前述の西や朝井をはじめ、長嶋有、加藤千恵、村田沙耶香、平野啓一郎、山崎ナオコーラ、佐藤友哉、島本理生、藤沢周、羽田圭介、海猫沢めろん、白岩玄、中村航、中村文則、窪美澄、柴崎友香、角田光代といった面々。その多くが、テレビにはめったに出ない人たちだ。「小説家」や「本」をテーマにすると、どうしても“堅い”番組になりがちだ。しかし、この番 [全文を読む]

ウートピで短歌を大募集! テーマは「眩しい朝」(講師:加藤千恵さん)

ウートピ / 2016年06月17日20時00分

加藤千恵さんによる選評は、7月第一週の掲載を予定しています。どんな短歌が選ばれるか、お楽しみに! 眩しい朝に、何を感じる? さて、7月15日〆切のテーマは「眩しい朝」。 短い夜が明けた夏真っ盛りの眩しい朝に感じるのは、喜びなのか切なさなのか。どう解釈するかはあなた次第。必ずしも「眩しい朝」という言葉そのものを短歌に入れなくてもOK。「眩しい朝」を連想させる [全文を読む]

【ウートピ短歌・結果発表】 忘れたくなかった夜や忘れられなかった夜が星座みたいに

ウートピ / 2016年06月03日20時00分

加藤千恵です。どうぞよろしくお願いします。普段、文章を書く仕事をしているくせに、自己紹介が苦手です。好きなものも嫌いなものも多すぎて、一回の原稿内ではとてもおさまりきりそうにないので、少しずつ書かせていただければと思います。とりあえず初回の今回は何を書くか迷ったのですが、麻雀で好きな役満は天和です。あがったことはありません。わたしの職業は、歌人・小説家です [全文を読む]

素材にこだわったコラージュ絵画60点を展示。長谷川洋子氏の個展を開催。

DreamNews / 2016年03月28日17時00分

http://www.haseyoko.com/ 【ギャラリートーク開催】 2016年4月15日(金)18:30~19:00 作品解説=長谷川洋子 聞き手=加藤千恵(歌人、小説家) 【本件に関する問い合わせ先】 合資会社サブライム(GALLERY SPEAK FOR担当=吉田) 電話03-3406-8605 http://www.galleryspeak [全文を読む]

フォーカス