小川敏夫のニュース

参院選の熱狂を歩く【前編】 共産党、田中康夫VS小川敏夫

3 / 2016年08月07日07時00分

まさにこの日の深夜、元長野県知事でおおさか維新から立候補した田中康夫と、「国会の鬼検事」として知られ4選目を狙う民進党・小川敏夫の死闘が繰り広げられていたのである。 私はタクシーに飛び乗り、まず六本木にある田中選対に向かう。今次参院選挙は静かな戦いであった。舛添前都知事の辞職に伴う東京都知事選挙の話題が、参院選挙中にもかかわらず広く耳目を集めた。マスメデ [全文を読む]

小川法相「取調べ可視化の導入は必要」 中身には触れず

3 / 2012年01月15日20時33分

小川敏夫法相は2012年1月13日、官邸で行われた大臣就任後の初会見で、取り調べの録音・録画(可視化)について、厚生労働省をめぐるいわゆる郵便不正事件を例に挙げ、「基本的な姿勢として可視化の導入は必要だ」と述べた。可視化をどのような形で導入するかについては「議論をしなければならない」と語り、刑事司法制度を抜本的に見直す法制審議会の答申を見守る姿勢を示した。 [全文を読む]

「路上やネットに差別的発言がまん延」 当事者らが「人種差別禁止法」実現をアピール

2 / 2015年06月26日16時52分

この集会は、超党派の議員連盟(小川敏夫参議院議員)が5月22日に参議院に提出した「人種差別撤廃基本法案」の成立を後押ししようというもの。提出された法案は、現行法で対応することが難しいヘイトスピーチを念頭に、人種差別を全般的に禁止する内容だ。 登壇した人種差別撤廃NGOネットワークの北村聡子弁護士は、民族的マイノリティへの差別を禁止する法律がないため、国連 [全文を読む]

「ウソの捜査報告書、なぜ作られたのか」 ジャーナリスト・江川紹子らが法相に真相究明を要請

2 / 2012年04月23日14時54分

小沢一郎元民主党代表の判決が3日後に迫った2012年4月23日、ジャーナリストの江川紹子氏や元検事の郷原信郎弁護士が、小川敏夫法務相と笠間治雄検事総長に真相究明を求める要請書を提出した。・小川敏夫法務大臣への要請書[PDF]http://p.news.nimg.jp/pdf/d/nw244777_yoseisho1.pdf・笠間治雄検事総長への要請書[PD [全文を読む]

稲田防衛相 弁護士のくせに自己弁護がヘタすぎる理由

1 / 2017年03月18日16時00分

「断定する前になぜ、確認しなかったのか」 謝罪する稲田氏に野党が何度もぶつけた質問だが、13日の衆院予算委員会での民進党、小川敏夫議員とのやり取りを見てみると、こう問いたくなる野党の気持ちもわかる。 追い詰める小川氏に反論する稲田氏。この質疑応答は、そこらへんの法廷ドラマより断然面白い。何が面白いのかというと、2人は共に弁護士同士。証拠や発言の重要性を誰よ [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

1 / 2017年03月17日05時00分

その動画をもとに小川敏夫議員が参議院予算委員会で稲田大臣に事実関係をただしたが、稲田大臣は「顧問弁護士だったことはない。法律相談を受けたこともない」と、新聞に動かぬ証拠資料がスクープされるまでかたくなに否定し続けた。その結果、ウソつき大臣として野党から辞任を要求されているのは周知のとおりだ。 必死に自分とは無関係であるかのように装う稲田大臣に対し、籠池夫 [全文を読む]

「自称・総理候補の嘘つき防衛大臣」稲田朋美の悪評…省職員に高圧的、国会答弁で醜態

1 / 2017年03月16日20時00分

「今回、彼女を追い詰めたひとりに、民進党の小川敏夫議員がいます。彼は裁判官から検事になり、その後、弁護士になった経験を持っています。検事というのは取り調べができる能力があるということです。容疑者の言い分を言いたいだけ言わせておいて、嘘を引き出して追い詰めるのが検事のやり方のひとつ。今回の森友学園問題での稲田さんに対する追い詰め方がそれで、『関係ない、関係な [全文を読む]

安倍政権を滅ぼす時限爆弾になりそうな「森友学園問題」の深い闇

1 / 2017年03月03日05時00分

そのことは2月28日の参院予算委員会における小川敏夫議員への政府答弁で確認されている。 財務省や国交省の担当官僚は国会で質問をはぐらかし紙に書いた同じ答弁を繰り返す。近畿財務局や大阪航空局の役人は民進党議員に問い詰められて口ごもるばかり。肝心な何かを組織的に隠しているとしか思えない。 いかにも、国が土地の価格を提示し、森友学園が「それなら買いたい」と定借か [全文を読む]

安倍トランプ"ゴルフ会談"で本当の人間力が試されている!|プチ鹿島の余計な下世話!

1 / 2017年02月11日18時36分

民進党の小川敏夫参院議員会長は24日の記者会見で「とんでもない暴言で、外交上非礼だ」と批判し、萩生田氏の罷免を求めた。 》(時事ドットコム・2016年11月24日) 私がここで問いたいのは官房副長官という立場の人が他国の大統領を不良と例えたことではない。首相が「不良と付き合うのが上手」で「堂々と話すことができる」という部分である。 果たして本当か。 その後 [全文を読む]

SEALDs・奥田氏と高校生未来会議・斎木氏の関係

1 / 2016年08月12日07時00分

* * * 新宿にある小川敏夫(民進党)の事務所前を歩いていたら、奥田愛基(24)に偶然出くわした。昨夏、安保法案成立の際に国会前でデモ活動を行った学生団体「SEALDs」の中心メンバーだ。今回の参院選でSEALDsは小川など野党の応援のため街頭に立っていた。 奥田に話し掛けてみると、「僕、今日は体調悪いんですよ」とテンションが低い。連日の選挙応援の疲れ [全文を読む]

フォーカス