吉田照美のニュース

企画:吉田照美・演出:鴻上尚史、中村メイコ・中山美穂のWキャストによる朗読劇 リーディング公演『HAKUTO~白兎(しろうさぎ)~』9月12日(土)よりチケット販売開始

@Press / 2015年09月10日11時00分

公式サイト http://www.hakuto2015.com/「吉田照美のやる気MANMAN!」「吉田照美 ソコダイジナトコ」など人気ラジオ番組のパーソナリティを長年務め、現在も「吉田照美 飛べ!サルバドール」、「伊東四朗・吉田照美 親父熱愛(オヤジパッション)」が好評オンエア中の吉田照美が、神話「因幡の白兎」に想を得て温めていた自身の企画を、満を持して [全文を読む]

押切もえが吉田照美にアドバイスした「若い女性を惹きつけるコツ」とは?

Woman Insight / 2014年11月08日15時30分

夕方には番組『吉田照美 飛べ! サルバドール』(月~金 15:30~17:50放送)に、押切もえさんがゲスト出演。 文化放送でこの4月から『押切もえのTokyo Discovery』のパーソナリティを務めている彼女は、ラジオパーソナリティ生活40周年を迎えた吉田照美さんに「あと30秒と言われたときに何をしゃべったらいいですか?」と質問。 吉田照美さんは、「 [全文を読む]

吉田照美が還暦過ぎて思う「ラジオの自分」との距離感

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

かつて吉田照美(65)もパーソナリティを務めた人気のラジオ深夜放送『セイ!ヤング』(文化放送)が1回限りの復活、テレビ番組として放送される(BS日テレ、9月25日21時~)。 吉田が文化放送を退社してフリーになったのは1985年。「おバカ企画で笑わせる」という方針は昔も今も変わらないが、実は5年前を境に大きく変わったことがある。 「東日本大震災のとき、政治 [全文を読む]

【文化放送】夕方ワイド『吉田照美 飛べ!サルバドール』は 9日に少年隊の錦織一清が 12日に内田裕也が出演

PR TIMES / 2014年06月04日16時15分

6/9(月)から1週間は「文化放送スペシャルウィーク」! 吉田照美がパーソナリティを務める夕方ワイド『吉田照美 飛べ!サルバドール』(月曜~金曜 午後3時30分から5時50分)は、6月9日(月)からの「文化放送スペシャルウィーク」 期間に合わせて様々なスペシャル企画を展開。 6月9日(月)には少年隊の錦織一清さんが、6月11日(水)にはダチョウ倶楽部が、そ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】春香クリスティーンが歌う『アナ雪』主題歌に反響。郷ひろみも絶賛「ぐっときました」

TechinsightJapan / 2014年05月20日11時15分

文化放送で吉田照美がパーソナリティを務める『吉田照美 飛べ!サルバドール』でのことだ。同番組で月曜日の“サルバトラー(コメンテーター)”を務める春香クリスティーンが生放送で『アナと雪の女王』主題歌の『Let It Go』を披露したところ、その上手さに反響が集まっている。 ディズニー映画『アナと雪の女王』が日本でも大ヒットしており、主題歌の『Let It [全文を読む]

本だからこそ感じられるものがある! 吉田照美が選ぶエンターテインメントを楽しむ本ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月11日11時20分

そこで今回は、「本」にフィーチャーし、ラジオパーソナリティーとして40年、エンタメ業界最前線に立ち続けている吉田照美さんに“エンターテインメントを楽しむ本”をランキング形式で紹介してもらった。 関連情報を含む記事はこちら ■1位『透明人間の告白』(上・下) H・F・セイント/著 高見 浩/訳 河出文庫 各998円 証券アナリストがある事故に巻き込まれ透明人 [全文を読む]

番組メインとナレーションは葛飾区出身の内山信二さんと吉田照美さん 葛飾区とJ:COMが協働し番組を制作 葛飾区広報番組『カツシカデシカ』

PR TIMES / 2017年05月30日15時00分

番組のメインキャラクターには、葛飾区出身で区観光大使を務めるタレントの内山信二さん、番組のナレーションも葛飾区出身フリーアナウンサーの吉田照美さんを起用し、「葛飾愛」に溢れるふたりが地域との触れ合いや葛飾の魅力をたっぷりとお届けします。また、番組はイベント「ふるさと葛飾盆まつり」や「葛飾区産業フェア」、「かつしかフードフェスタ」、「かつしかふれあいRUNフ [全文を読む]

安倍批判の風刺画「晋ゴジラ」が炎上した吉田照美...番組を降板させられても曲げない反権力への思い

リテラ / 2017年01月29日12時30分

吉田照美のやる気MANMAN!』(文化放送)をはじめ、数多くのラジオやテレビで司会を務めてきたフリーアナウンサーの吉田照美。先日、彼が自身のホームページで発表した絵が話題を呼んでいる。 実は、吉田は展覧会で入賞したり、個展を開いたりするほどの絵の腕前の持ち主で、自身のウェブサイトでは10年ほど前から「ニュース油絵」と称した風刺画を定期的に発表している。 [全文を読む]

「息を吐くように嘘をつき国民の税金を外国にばら撒く」 吉田照美アナがニュース油絵『晋ゴジラ』を発表

ガジェット通信 / 2017年01月16日17時51分

1月13日、元文化放送のアナウンサーで、現在はフリーで活躍している吉田照美さんが「ニュース油絵」の『この世界の片隅の君の名は、晋ゴジラ』を発表した。 昨年ヒットした映画、「この世界の片隅に」、「君の名は」、「シン・ゴジラ」をミックスし、ゴジラの顔が安倍晋三首相になっているというもの。 吉田さんのサイト(http://www.yoshidaterumi.co [全文を読む]

民放AMラジオ全47局ネット!「つながる・つなげる ラジオのちから2016」放送のご案内

PR TIMES / 2016年12月09日13時58分

パーソナリティは同じ九州出身の博多華丸・大吉様、フリーアナウンサーで被災地福島出身の唐橋ユミ様が務め、浜村淳様(MBSラジオ『ありがとう浜村淳です』)や吉田照美様(文化放送『吉田照美の飛べ!サルバドール』)など各局の名物パーソナリティの方もゲストで登場いたします。 ほかにも、リスナーの皆様より寄せられた「ラジオとの“つながり”」についてのエピソードをご紹 [全文を読む]

『セイ!ヤング』復活 吉田照美が語る深夜放送の魅力

NEWSポストセブン / 2016年08月05日07時00分

7月のある夜、文化放送で『吉田照美のラジオなテレビ~伝説のラジオ番組「セイ!ヤング」が一夜限りでBSに復活!~』の収録が行なわれた。かつて吉田照美(65)もパーソナリティを務めた人気の深夜放送『セイ!ヤング』を1回限りで復活させ、テレビ番組として放送するのだ(BS日テレ、9月25日21時~)。 吉田より前に『セイ!ヤング』のパーソナリティだったばんばひろ [全文を読む]

時には無茶スレスレの方法で著名人に会い、描く規格外の芸術家・ながさわたかひろの版画

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月17日06時30分

描かれたのは、吉田照美、野村克也、みうらじゅん、大林宣彦などなど、各界の有名人ばかり。普通なら、ながさわ氏に共感した美術関係者や編集者がアポ入れや段取りを組んだのだろうと考えてしまう。が、実はながさわ氏の作品づくりは徒手空拳。コネも伝手もないところから始まっている。 では、どのような方法をとったのか? そこに秘訣はない。著名な彼らに会い、作品づくりの意図 [全文を読む]

2/15(月)~2/21(金)総額100万円プレゼント!

PR TIMES / 2016年02月15日11時44分

月曜日から金曜日は、「福井謙二 グッモニ」と「吉田照美 飛べ!サルバドール」の2つの番組、土曜日は「玉川美沙 ハピリー」と「なかじましんや 土曜の穴」の2つの番組、日曜日は「高田純次 日曜 テキトォールノ」と「押切もえのTOKYO DISCOVERY」が対象の番組となります。 応募者の中から抽選で現金1万円を100名にプレゼント。応募口数に制限はなく、毎 [全文を読む]

中森明菜、悩の日々を歌ったシングルを発売

okmusic UP's / 2015年09月24日20時00分

また、この注目の新曲「unfixable」が、2015年9月25日(金)文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」(月~金 15:30~17:50)でいち早くオンエアされる。番組パーソナリティの吉田照美はデビュー当時からの中森明菜を知っているだけに、ファン必聴のオンエアになりそうだ。 [全文を読む]

中森明菜 “再生不可能”の謎が明らかに!苦悩の日々を歌った渾身のNEWシングル

dwango.jp news / 2015年09月24日18時15分

この注目の新曲「unfixable」が2015年9月25日(金) 文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」(月~金 15:30~17:50)でいち早くオンエアされる。 番組パーソナリティの吉田照美はデビュー当時からの中森明菜を知っているだけに、ファン必聴のオンエアになるに違いない。 [全文を読む]

小室哲哉、朝から「PON!」生放送に出演

dwango.jp news / 2014年10月24日18時53分

【10/27(月)出演スケジュール】◆日本テレビ「PON!」10:25~11:30(生放送)※小室哲哉出演:毎日が緊急企画ちょっとおトーク!◆ニッポン放送「大谷ノブ彦 キキマス!」13:00~16:00(生放送)MC:大谷ノブ彦(ダイノジ)13:00~13:30 TM NETWORK生出演◆TBSラジオ「Kakiiin」17:50~20:00(生放送)MC [全文を読む]

吉田照美が久米宏路線を目指して道が開けた人生を描いた書

NEWSポストセブン / 2014年01月16日16時00分

【書籍紹介】『ラジオマン』吉田照美/ぴあ/1680円 1974年に文化放送に入社して以来、ラジオ一筋に生きてきた著者による回顧録。〈明朗快活には程遠い、引っ込み思案〉な性格で、〈先行きが真っ暗〉だったという新人時代だったが、局の先輩で人気だったみのもんたのような明るくて押しの強い路線ではなく、小島一慶や久米宏といった他局のアナウンサーのしゃべりを目指したこ [全文を読む]

吉田照美 3.11以降の報道はフィルター通した情報でショック

NEWSポストセブン / 2014年01月08日07時00分

昨年、ラジオパーソナリティー生活40年を迎えた吉田照美(62才)が、対人恐怖症の少年時代から、話し下手の新人アナウンサー時代、伝説の深夜番組のDJに大抜擢されてから担当した番組ごとの思い出を振り返った自伝的エッセイ『ラジオマン 1974~2013 僕のラジオデイズ』(ぴあ/1680円)を出版した。 ADを担当した小山薫堂、尊敬する久米宏、ビートたけし…ラジ [全文を読む]

吉田照美「聴取率No.1男の“長くラジオを続ける秘訣”」

アサ芸プラス / 2013年03月29日09時54分

85年にフリーに転身するものの、以来、約40年にわたってラジオに関わり続けている吉田照美(62)。深夜放送の「セイ!ヤング」をはじめ、夜9時からの「てるてるワイド」、昼の「やる気MANMAN!」(全て文化放送)と、あらゆる時間帯で聴取率NO1を獲得してきた。長くラジオを続ける秘訣とは? 「今までにいちばんうれしかったのは、やっぱり『セイ!ヤング』を担当させ [全文を読む]

著名人が続々参入!! 新感覚の声アプリ『ボイスバーン(VoiceBahn)』 Android版8月21日サービス開始

@Press / 2012年08月21日09時30分

参加著名人は、内田裕也(特別参加)、HARAJUKU KAWAii!!!!(きゃりーぱみゅぱみゅ他)、つぶやきシロー、千葉麗子、吉田照美、山路徹、猪瀬直樹などに加え、新たにサンプラザ中野くん(ミュージシャン)、TAKUYA(元JUDY AND MARYギタリスト)、柳美里(作家)、かないみか(声優)、丸々もとお(夜景評論家)などの著名人が続々参加しており [全文を読む]

フォーカス