田中彩子のニュース

インスタフォロワー数9万人!オシャレすぎる“働くママ”田中彩子、オール私服&スタイリングで初の試み

モデルプレス / 2017年03月14日17時20分

田中彩子/モデルプレス=3月14日】Instagramのフォロワー数約9万人を誇り、バッグデザイナー、1児の母、読者モデルとして活躍する田中彩子が、3月28日に自身初のスタイルブック「AYAKO’s My Style」(ワニブックス刊)を発売する。デニムのお気に入りはハイウエスト&カットオフタイプ、カラフルな色をふんだんに着こなしに取り入れ、アクセサリー [全文を読む]

『情熱大陸』で話題の田中彩子さん ディレクターが語る魅力

NEWSポストセブン / 2016年09月05日07時00分

8月28日、長崎『とぎつカナリーホール』に集まった700人の観客を魅了したのは、オーストリア・ウィーンを拠点に活躍するソプラノ歌手の田中彩子さん(32才)。彼女の歌声は「100年に1人」といわれる「Coloratura」。一般的なソプラノよりはるかに高音域で、「天使の歌声」「小鳥のさえずりのよう」などと、世界の音楽シーンで絶賛されている。 そんな彼女に密 [全文を読む]

「100年に1人の美人すぎるソプラノ歌手」田中彩子の人物像

NEWSポストセブン / 2016年06月12日07時00分

この街に18才のときやってきたのが、美人すぎるソプラノ歌手の田中彩子さん(32才)だ。6月5日放送の『情熱大陸』(毎日放送系)に出演して以来、美人すぎるソプラノ歌手として話題沸騰中だ。 そしてそのルックス以上に注目されているのが、彼女の声。 「彼女は一般的なソプラノ歌手よりもはるかに高い音域を出すことができ、“100年にひとりのハイ・コロラトゥーラ”とし [全文を読む]

過去のノーブラ発言に視聴者興奮...壇蜜のようなエロさがあると評判のクラシック界の歌姫・田中彩子

メンズサイゾー / 2016年06月06日18時00分

"クラシック界の歌姫"と呼ばれるソプラノ歌手・田中彩子(32)が、「セクシーすぎる」と話題になっている。 5日放送のドキュメンタリー番組『情熱大陸』(TBS系)に出演した田中。幼少期からクラシック音楽を学んだ彼女は、高校生のときに音楽の都・ウィーンに留学し、超高音域を巧みに操る声楽テクニック「ハイ・コロラトゥーラ」を習得して一躍脚光を浴びた。繊細さと華麗さ [全文を読む]

【2016年ヒット予測/モデル】瑛茉ジャスミン、岡本夏美、れいぽよ…年代別に一挙紹介

モデルプレス / 2016年01月21日15時30分

・【10代/次世代ギャルの筆頭候補】土屋怜菜(れいぽよ) ・【10代/ティーンのカリスマ】岡本夏美 ・【10代/4誌争奪のニューカマー】塗木莉緒 ・【20代前/グラビア進出で男女共に支持】馬場ふみか ・【20代前/ブレイク最有力のハーフモデル】瑛茉ジャスミン ・【20代前/「Ray」専属モデルを目指す未完の大器】岡崎紗絵 ・【20代前/沖縄出身、期待のモデ [全文を読む]

奇跡の歌声!美しすぎるオペラ歌手が「ミヤネ屋」出演で男性視聴者から絶賛の嵐

AOLニュース / 2014年11月26日12時00分

現在注目を集めているのは、11月25日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』に出演したオペラ歌手・田中彩子さん(30)。この日の放送では、「神の声」を持つとされる彼女が、スタジオでその歌声を披露するという内容であったが、ネット上では彼女の歌声はもとより、その美貌について、「やっぱ見た目って大事だわ」「こんなんオキニ確定ですやん」「昼間から見といて正解だった [全文を読む]

JTBのチャータークルーズ2017年春 碧彩季航(あおいろきこう)飛鳥IIで航く 「春彩の日本一周クルーズ10日間」を発表

PR TIMES / 2016年08月05日15時12分

また、浦上天主堂では貸切コンサート「碧彩劇場」で臨場感を体感しつつ、ウィーンを中心に活躍する100年に1人の逸材とも言われるソプラノ歌手・田中彩子さんの迫力あるコンサートをお楽しみいただきます。飛鳥II船内では、「碧彩コンサート」として天才若手ピアニストとして有名な牛田智大さんの演奏によるピアノリサイタルや、山形・庄内でイタリアンレストラン「アル・ケッチァ [全文を読む]

金曜の夜、ひとりでのんびり過ごすのに似合う曲

okmusic UP's / 2016年05月12日18時00分

https://www.youtube.com/watch?v=8cMhQ_teEoY■2.「夜の女王のアリア」~歌劇≪魔笛≫より/田中彩子コンビニで買った缶ビールでも、自宅でグラスにちゃんと注いで、オペラを聴きながら飲めば、華やかな金曜日になりそう。この曲は、TVなどを通して聴き覚えがある曲かと思います。高い音域での技巧的な歌い方に圧倒され、一度聴いたら [全文を読む]

フォーカス